ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

【保存版】何より注意が必要な妊娠初期(5週~15週目)の過ごし方のポイントや体調の変化のまとめ

   

妊娠初期は気を付けたいことがたくさん!知っておきたい情報とは?

a3528e0b42bfca3e3aba6ba98479c8d3_s

流産などの大きなトラブルは妊娠初期に発生しやすく、ママの体の中では様々な変化が起きています。その中には、体からの不調にいち早く気付くことで予防できるトラブルもあります。

そこで、妊娠初期に起こりやすいトラブルや身体の不調についてご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

また、妊娠初期には赤ちゃんの脳など重要な器官が育つ時期ですので「葉酸」が特に必要になります。この時期に葉酸が不足していると「無脳症」などの先天性疾患にかかるリスクが高くなってしまいます。

このようなリスクを避けるためにも、葉酸サプリで十分な量の葉酸を摂取することをおすすめします。

>>赤ちゃんの成長のためにもしっかりと葉酸を取りましょう!

妊娠初期(妊娠5週~15週)の胎児の変化

妊娠5週目~15週目までの赤ちゃんはどのように変化しているのでしょうか?
エコー写真で赤ちゃんの様子を見ていきましょう。

妊娠5週 5w

[拡大]

妊娠5週の胎嚢は7mm~8mmぐらいになります。卵黄嚢も見られ心拍も確認できるようになります。
妊娠6週 6w

[拡大]

6週の胎芽は卵黄嚢の直径より大きくなり、頭殿長が4mm~8mmになります。胎児の心拍数は110bpm~140bpm。
妊娠7週 7w

[拡大]

7週目の胎芽は腹側に強く湾曲したC字型になっています。胎児の心拍数は140bpm~160bpm。
妊娠8週 8w

[拡大]

8週になると胎芽から胎児とよばれるようになります。胎児の心拍数は170bpm~180bpmとほぼピークになります。
妊娠9週 9w

[拡大]

妊娠9週目になると胎児の運動が活発になり、心拍数は180bpmのピークとなります。
妊娠10週 10w

[拡大]

10週になると胎児の大きさが30mm以上になります。そのため超音波で全身像の観察ができるようになります。
妊娠11週 11w

[拡大]

11週目になると頭殿長、大横経、上腕骨、大腿骨長の測定ができるようになります。また、心臓や大血管、胃、腎臓、尿なども観察できます。
妊娠12週 12w

[拡大]

妊娠12週になると骨格がほとんどできがってきます。手足も確認できるようになります。
妊娠13週 13w

[拡大]

13週になると手や足を自由に動かせるようになり、握りこぶしを作るなどの複雑な動きもできるようになります。
妊娠14週 14w

[拡大]

14週目になると皮膚が厚みを増してくるようになります。またうっすらと産毛が生えてくる時期です。
妊娠15週 15w

[拡大]

妊娠15週目になると赤ちゃんの体の大まかな部分が出来上がり、指紋や爪など細かい部分が作られるようになります。


妊娠5週目のエコー写真ではまだ胎芽の状態でまだまだ人の形をしていませんでしたが、妊娠15週目にもなると、だいぶ大きく成長していますね。

それでは、妊娠初期のママや赤ちゃんの変化についてみていきましょう。

妊娠5週(妊娠2ヵ月)

母体の変化

体調の変化を感じる人が多い時期!

この時期になると妊娠検査薬が反応するようになります。また、人によっては悪性出血というものがあり、妊娠に気づくこともあるでしょう。

101

 
他には体調の変化で妊娠を疑う方もいるようです。例えば、何となく体がだるい、眠い、胸が張る、下腹部痛があるなどの自覚症状があります。

胎児の変化

心音を確認

赤ちゃんの大きさは1~2ミリほどではありますが、心音が確認できます。この頃から赤ちゃんの体の重要な臓器がものすごいスピードで作られ始めるというのも5週目の特徴です。

5w

 
また、エコー写真を使うことによって胎嚢と呼ばれる小さな袋が子宮内に確認できます。この頃の赤ちゃんはまだ胎芽(たいが)と呼ばれる状態で、母体からは栄養を受け取っていません。

気をつけたいポイント

化学流産に注意!

妊娠5週目は化学流産と呼ばれる症状が起きやすい時期でもあります。これは、受精卵が長く着床できずに流れてしまった状態のこと。

1021

 
他には子宮外妊娠の可能性もあるため、早期発見のためにも早めに産婦人科を受診したほうが良いでしょう。残念ながら化学流産や子宮外妊娠を防ぐことはできません。少しでもおかしいと感じたら病院で診察を受けましょう。

化学流産は予防できるの?化学流産してしまってもまた妊娠することはできる? | ハグー!
妊娠を望んでいる人が「化学流産」をしたという話を聞いたことがあるかもしれません。妊娠検査薬では「陽性」を示しても実際には…

この時期からつわりに悩むことも…

妊娠5週目あたりからつわりを感じる方もいるため、つわりがひどい間は無理をしないようにしましょう。

つわりがひどい時期なので安静に過ごすことが大事な妊娠5週 | ハグー!
つわりやホルモンの影響で不安定になりやすい時期&。 生理不順の方などは妊娠4週目の時点ではまだ妊娠に気付けないこともあ…

104

どのような症状が出るかというのは人によって違うものの、かなり重い方だと少し動いただけで吐き気を感じてしまうこともあります。つわりがひどい間は旦那さんの協力も必須となるため、協力しながら乗り越えましょう。

旦那さんはつわりが辛いママの代わりに家事をやってあげたり、ママが食べられるものを用意してあげるなどの気遣いをしてあげましょう。

【プレパパ必見!】パパにしかできないんです!妊娠中のママがしてほしいサポートって? | ハグー!
奥さんが待望の妊娠!とても嬉しいけど、自分の体に変化があるわけじゃないし、何かできるわけでもないし、自分は変わらなくてい…

妊娠6週(妊娠2ヵ月)

母体の変化

食欲低下が心配…

この時期は味覚が変わりやすい時期でもあります。そのため、それまで好物だったものがまずいと感じるようになってしまったり、食欲が落ちてしまうこともあります。

103

無理をしてたくさん食べる必要はありませんが、食べられるものを探し、少しずつでも口にしましょう。また、体のだるさを感じる方も多いのでゆっくり休むことも大切です。

胎児の変化

急激に成長する時期

赤ちゃんの大きさは4~8ミリ程。鼻の穴や口、耳といったパーツが少しずつ作られていきます。体の器官も成長し始め、頭も形成されるのが妊娠6週目頃です。

6w

 
妊娠5週目あたりまではおたまじゃくしのように尻尾が生えていますが、妊娠6週目に入ると少しずつ目立たなくなります。

気をつけたいポイント

早期流産に注意!

妊娠1~2ヵ月の時期というのは、早期流産が起こりやすい時期でもあります。残念ながら予防することは非常に難しいのですが、いち早く気づけた場合は適切な対応をとることで早期流産を防げる場合があるのです。

105

 
痛みを伴わない出血はそれほど心配する必要がありませんが、痛みを伴う場合は流産の兆候があるかもしれません。気になる症状がある場合はすぐにお医者さんの診察を受けた方が良いでしょう。

妊娠6週は出血に注意!母子手帳を受けとる方が多い時期 | ハグー!
妊娠6週はママの体や心にも大きな変化がある時期です! 妊娠6週目の時期は、早い人だと赤ちゃんの心拍数を確認できる時期で…

葉酸を積極的に取るべき時期

葉酸といえば胎児の先天性異常のリスクを下げるためにも大切な栄養素です。厚生労働省は1日に400μgの葉酸の摂取を推奨していますが、十分な量の葉酸を食事から摂取するのは難しいのです。

mamanic

それは、葉酸が水に溶けやすく熱にも弱いため調理の段階で失われやすい栄養素だからです。そのため、食事からの摂取にプラスして「葉酸サプリ」も取り入れていきましょう。

また妊娠初期はつわりに悩まされている方も多いですよね。つわりはビタミンB6が不足することによって症状が悪化すると言われています。

葉酸サプリの中にはビタミンB6など妊娠初期に必要な栄養素が含まれているものが数多くあります。つわりで悩んでいるママも是非試してみてはいかがでしょうか。
 

おすすめの葉酸サプリご紹介
ベルタ葉酸サプリ [レビューを見る]
ママニック葉酸サプリ [レビューを見る]
美人通販の葉酸 [レビューを見る]
はぐくみ葉酸 [レビューを見る]
AFC葉酸サプリ [レビューを見る]
葉酸サプリベジママ [レビューを見る]
パティ葉酸サプリ [レビューを見る]
ヤマノの葉酸サプリ [レビューを見る]
BABY葉酸 [レビューを見る]
めぐりの葉酸 [レビューを見る]
愛され葉酸 [レビューを見る]
オーガニックレーベルの葉酸 [レビューを見る]
美的ヌーボ [レビューを見る]
美タミーナ葉酸サプリ+ [レビューを見る]

 

【保存版】妊活~授乳中まで必要な葉酸サプリをおすすめランキングでご紹介!大切な赤ちゃんのために葉酸サプリの必要性と正しい選び方を学ぼう | ハグー!
元気な妊娠・出産のために知っておきたい葉酸サプリパワー 胎児の先天性異常などを予防する効果がある「葉酸」は、妊活中のプ…

また、この時期は一日に必要とされている摂取カロリーが妊娠していない時期とそれほど変わりありません。妊娠がわかったからといって必要以上に食べ過ぎないよう注意が必要です。

卵子の質を上げて妊娠力アップ!妊活に大事な栄養素を徹底調査! | ハグー!
妊娠率をアップさせるために妊活をしているという方も最近では多くなってきています。しかし「妊活と言われてもなにをすればいい…

妊娠7週(妊娠2ヵ月)

母体の変化

つわりがひどくなる方も…

早い人だと妊娠5週の頃から始まるつわりですが、妊娠7週目あたりになると更に症状がひどくなる方もいます。それまで普通にできていたことがつわりによってできなくなる場合もあるため、仕事をしている方は上司にも早めに相談しておいた方が良いでしょう。

c1db15aeebf0b146c50ef330e9d65e1d_s

また、つわりによって体重が減ったりすると、赤ちゃんに悪影響があるのではないかと必要以上に心配してしまう方もいます。これがストレスになり更なるつわり悪化を招いてしまうこともあるので、ストレスを溜めこまないように注意しましょう。

胎児の変化

心拍が確認できれば一安心

妊娠6週目の時点で既に心拍が確認できる場合もありますが、7週目を過ぎると心拍が確認できる赤ちゃんが増えます。心拍が確認できるようになると流産の確率が5%まで下がるため、ママも安心できるでしょう。

7w

 
また、人間の心臓は4つの心房に分かれていますが、妊娠7週を迎えた赤ちゃんの心臓もやっと同じ状態になります。それまでは1つしか心房がない状態なので、大きな変化だと言えるでしょう。

気をつけたいポイント

ビタミンAの摂取量には注意が必要

つわりのせいで好きなものが食べられない状態になってしまうと、栄養素に偏りが起きてしまう方も多いです。この時期には貧血予防としてレバーをたくさん食べる方もいますが、食べ過ぎはおすすめできません。

106

レバーにはビタミンAも多く含まれているのですが、摂りすぎると奇形児の発症率を高めてしまうためです。つわりがひどい方は大変ですが、無理のない範囲でバランスの良い食事を心がけましょう。

母子手帳をもらいに行こう!

母子手帳受け取る時期は人によって違うものの、心拍が確認できた時期をひとつの目安にしている方が多いです。

107

 
市町村の役所や保健センターでもらうことができます。

心拍数が確認できる妊娠7週目!体調的には辛い時期に& | ハグー!
精神的・体調的にも不安定になりやすい時期! 妊娠7週目といえば、生理予定日から1ヵ月が経過している時期です。 生理周期…

妊娠8週(妊娠3ヵ月)

母体の変化

お腹の痛みの正体は?

8週目になると妊娠3ヵ月目となります。下腹部に痛みを感じることがありますが、その原因は子宮が大きくなったことにより、筋肉が引っ張られているためであるケースがほとんどです。痛みがひどい場合は医師に相談した方が良いでしょう。

0f5feddce3bd1d11e339f5186415de7b_s

妊娠8週目になると体のラインも少しずつ変わっていきます。

胎児の変化

へその緒も重要な役割を果たすようになる

妊娠8週目に入るとそれまで胎芽(たいが)と呼ばれていた赤ちゃんも胎児(たいじ)と呼ばれる段階に入ります。呼び名が変わる理由の一つが、骨の形成が始まるということ。それまでは人としての行動が未熟ですが、妊娠8週をすぎると徐々に人の形に近づいていきます。

8w

 
重さはまだ1~3グラムほどしかありません。胎盤は少しずつ完成に近づいており、へその緒からも栄養をもらうことができるようになります。

気をつけたいポイント

妊娠悪阻の危険性

妊娠悪阻(にんしんおそ)とは、つわりが悪化してしまい、嘔吐を繰り返す症状です。そのまま放置してしまうと脱水症状に繋がってしまうこともあるため、尿が出なくなったなど脱水症状を感じている場合は早めに病院を受診しましょう。

2df2caa2293a0dbd82455c532fba0dc9_s

激しい運動は禁止

この時期は早期流産をしやすい時期でもあります。そのため、激しい運動を避け、安静に過ごしましょう

33be5b0e938f88fcd553b0deafad8c2e_s

マタニティブラについて

8週目頃から胸の張りを感じる方もいます。出産に向けて少しずつ大きくなっていきますが、それまでと同じブラジャーをつけていると産後に母乳の出が悪くなってしまうこともあるため、ブラジャーがきついと感じたら早めにマタニティブラに切り替えましょう。

111

 

妊娠8週は赤ちゃんが胎児に!顔などのパーツも出来上がってくる | ハグー!
赤ちゃんは胎芽から胎児に!その時期に感じやすい体調の変化などをご紹介します。 妊娠8週目の時期は、やっと赤ちゃんが胎児…

妊娠9週(妊娠3ヵ月)

母体の変化

小さな体の変化

少しずつお腹に膨らみを感じる方もいますがほとんど目立ちません。今まで着ていた服がきついと感じるようであれば、マタニティウェアを取り入れると良いでしょう。

img63466596

 

胎児の変化

ぐっと人間に近づく

赤ちゃんの大きさは22~30ミリほど。体重も3~7グラムほどです。妊娠8週頃までは尻尾がありますが、9週を過ぎるとなくなり、人間に近い身体付きとなります。

9w

 
2頭身になり、指などの細部も形成されていきますが、この時点ではまだ性別はわかりません。

気をつけたいポイント

妊娠9週の壁

妊娠をして喜んでいてももしかしたら途中で流産してしまうかも…と心配に思っている方は非常に多いはず。ですが、「妊娠9週の壁」という言葉があります。これは、全体の流産後約7割は妊娠9週までに起こるということ。つまり妊娠9週を過ぎると流産のリスクが低くなるのです。

安定期に入った後も流産の可能性がゼロになったとは言えませんが、過去に流産を経験しているなどの理由から極端に心配していた方にとっては大きな安心に繋がる時期だといえるでしょう。

便秘を予防しよう

妊娠9週をすぎると子宮が大きくなっていきます。そのため、周囲の臓器が圧迫され便秘になってしまうことがあるので注意しましょう。朝起きたら冷たい水を飲んだり、食物繊維が含まれる野菜を積極的に取り入れるのがおすすめです。

2a66bca9e43085131b3dae7e3d34fbfc_s

ただ、これらの対策をとってもなかなか便秘が改善されない場合は自己判断で便秘薬を飲んでしまうのではなく、医師に相談した上で対策を考えた方が良いです。

ストレス対策の実践

おなかの膨らみを感じたり便秘になると、その変化を不安に感じてしまい、ストレスに繋がってしまうことがあります。

11a0078421c806ac276eb0ae2c97c44a_s

人によってストレス解消法は違いますが、ストレスはお腹の中の赤ちゃんにとっても良いものではないため、自分に合った方法で対策を取ると良いですね。

つわりのピークを迎える方も多い妊娠9週!頻尿にも注意して | ハグー!
妊娠9週になると母体に様々な変化が!便秘や頻尿にも気を付けましょう 妊娠9週目になるとつわりのピークを迎える方もいます…

妊娠10週(妊娠3ヵ月)

母体の変化

つわりは落ち着くものの…

それまでひどいつわりに悩まされていた方も多いかもしれませんが、妊娠10週を過ぎると落ち着いてきます。

8fb457488d41e6fc78454187686951c9_s

赤ちゃんの成長をサポートするために母体ではたくさんの血液が作られるのですが、これがむくみの原因になってしまうこともあるので、注意しましょう。足も疲れやすくなるため、横になる時には足の下にクッションを敷くなどして対策を取ると良いですね。

胎児の変化

この時期は成長スピードが速い!

妊娠10週になると赤ちゃんの歯が形成されます。それだけでなく、神経系統が作られるなど、赤ちゃんの体の中では様々な変化がある時期です。

10w

 
体調は31~42ミリほどで、体重は5~8グラム、2頭身から3頭身に成長します。また、性器も作られていきますが、まだ性別を判断することはできません。

この時期になるとドップラー聴診器という心音計を使うことによって赤ちゃんの心音が聴ける状態となります。

切迫早産の原因や対策は?早産のリスクを回避するために知っておきたいこと | ハグー!
切迫早産になると早産のリスクが高まります!原因や対策を知っておきましょう 切迫早産とは、正期産と呼ばれる時期よりも早い…

気をつけたいポイント

積極的に栄養素を摂ろう

それまでつわりがひどくてあまり食べられなかったという方も多いと思いますが、つわりが落ち着くことにより食欲が出てきます。ですが、食欲があるからといってほとんど栄養素がないようなお菓子類ばかり食べないようにしましょう

a2a09e249513bb330514cc7e0ad767d8_s

なにか口にする際には、ついでに栄養素も摂取するつもりで取り入れるのがおすすめです。

【保存版】妊活~授乳中まで必要な葉酸サプリをおすすめランキングでご紹介!大切な赤ちゃんのために葉酸サプリの必要性と正しい選び方を学ぼう | ハグー!
元気な妊娠・出産のために知っておきたい葉酸サプリパワー 胎児の先天性異常などを予防する効果がある「葉酸」は、妊活中のプ…

ダイエットはNG

食欲が出てくることもあり、体重の増加が気になる方もいるでしょう。ですが、この時期にダイエットするのは避けた方が良いです。

28fd50ba85b4bb60bfad015e6a2b0760_s

妊娠10週目頃にダイエットをしてしまうと、赤ちゃんに栄養が行き届かない状態になってしまう可能性があります。これが切迫早産の原因になってしまうこともあるため、妊娠前からプラス2キロ程度であれば正常ですが、それより多い場合は食事などで調整をすると良いでしょう。

妊娠10週は特に葉酸が必要な時期!出生前診断も可能に | ハグー!
妊娠10週になったらチェックしたい情報。葉酸の摂取も忘れてはいけません! 妊娠も10週目にさしかかると、ママの体には嬉…

妊娠11週(妊娠3ヵ月)

母体の変化

ビタミンCを摂ろう

この時期になるとすっぱいものが食べたくなる方が多くなります。妊娠している時期はたくさんのビタミンCが必要になるので、積極的に取り入れましょう。

uid000198_20141024111018417a5fd6

 
ただビタミンCは水溶性の栄養素であるため、一度にたくさん摂取したとしても体内に留めておくことができません。そのため毎日こまめに採り入れることが大切です。

胎児の変化

重要な器官が完成

赤ちゃんの大きさは5cmほどとなり、体重も10~15グラムまで成長しています。妊娠十一週目の大きな特徴といえば、赤ちゃんの体の器官がすべてできあがる時期だということ。

11w

 
すい臓も作られるため、インスリンの分泌も始まります。ただ、体の器官ができあがるといっても、それらが成熟していくのはこれから先の話です。

気をつけたいポイント

目まいや立ちくらみに注意

つわりが落ち着いたあとも、立ちくらみ、めまい、貧血などの症状に悩まされる方もいます。これは、子宮に送られる血液の量が増えるためです。

f8b440e3d3deec43e48419fed1d3e6a9_s

ひどい場合には失神してしまうような方もいるので、調子が悪い時は無理をせずに横になりましょう。貧血のような症状が現れると心配になるかもしれませんが、これは赤ちゃんにしっかり栄養が届けられているというサインでもあります。

体重が減っている方は…

妊娠10週目頃からつわりが落ち着く方が多いのですが、妊娠11週目を過ぎてもつわりがひどい場合は体重が落ちてしまうこともあります。そのような状態になってしまうと心配になるかもしれませんが、まだ妊娠初期の段階であるため、思うように体重が増えなくてもそれほど心配する必要はありません。

lgf01a201407291000

つわりが落ち着けば徐々に食べられるようになるので、この時期は心配しすぎによるストレスを溜め込まないように心がけましょう。

不正出血に注意が必要な妊娠11週!赤ちゃんは排尿ができるように | ハグー!
妊娠11週になるとつわりもだいぶマシに!この時期の不正出血には注意しよう 妊娠11週の時期にはすでに何度か定期検診に通…

妊娠12週(妊娠4ヵ月)

母体の変化

体調が落ち着く時期

妊娠12週目になると妊娠4ヵ月目に突入します。体調も落ち着くため、診察は月1回になります。

この時期になると子宮がグレープフルーツくらいの大きさになるため、膀胱が圧迫され頻尿になる方も多いです。外出先では常にトイレの場所を確認しておくとよいでしょう

112

 

胎児の変化

安定期目前!

妊娠4ヵ月目に突入し、初期流産の心配は非常に小さくなりました。赤ちゃんの大きさは6センチを超え、体重も10~15グラムほどとなっています。

12w

 
11週目には重要な臓器が完成しましたが、12週目にはまつげや眉毛、体毛といった細かいところも作られるので、かなりのスピードで成長していることがわかるでしょう。

気をつけたいポイント

羊水検査を検討している方は

高齢出産の際に心配なのが遺伝子異常や染色体の異常に関することですよね。これは羊水検査というものを行うことによって知ることができますが、検査が可能なのは妊娠15週~妊娠18週の時期です。

109

 
検討している方は、妊娠12週目あたりから医師と相談をし、考えておくことが大切になります。

体重管理を始めよう

妊娠中は赤ちゃんに栄養を届けるために必要以上に食べ過ぎてしまう方もいます。妊娠初期のうちはつわりがひどくて思うように体重が増えないという方もいますが、妊娠12週頃になったら体重管理を始めましょう。

1日の体重増加は明日0.3キロから0.5キロほどが理想となっており、増えすぎるのはママにとっても赤ちゃんにとっても良くありません。妊娠中は妊娠前に比べ7キロから12キロほど体重が増えますが、それ以上増えてしまうと妊娠高血圧症候群や糖尿病を引き起こしてしまうこともあるため、毎日体重計に乗って自分の体重を把握しましょう。

体重管理が簡単にできるおすすめの無料アプリ

・シンプルだから続く!体重記録 – RecStyle – 無料ダイエットで体脂肪やBMIを管理

Appstore
GooglePlay

 

・超簡単!体重管理ダイエットbyだーぱん

Appstore
GooglePlay

 

・ゆるっとダイエット カナヘイの体重管理アプリ

Appstore
GooglePlay

 

・ネスレ 体重コントロール

Appstore
GooglePlay

 

妊娠12週は食べ過ぎによる体重増加に注意! | ハグー!
体が落ち着いてくる時期ではありますが、だからといって食べ過ぎないように この頃からお腹の膨らみが少しずつ目立つようにな…

妊娠13週(妊娠4ヵ月)

母体の変化

ママもしっかりとした準備を始めよう

どれくらいの時期からお腹か膨らんでくるかというのは人によって違いますが、13週目にもなると、周りから見ても妊娠していることがわかるほどの膨らみが確認できます。

b004-13

 
ゆったりとした服を着て過ごしていたという方は本格的にマタニティウェアやマタニティブラ、マタニティショーツご用意した方が良いでしょう。体調も落ち着き、妊娠12週目に比べると頻尿も少なくなります。

胎児の変化

すくすく成長する時期

赤ちゃんの大きさは70~80ミリほど、体重は20~25グラムほどになっています。手を開いたり閉じたりすることができるようになり、指をくわえられるようになる時期です。

13w

 

この頃から赤ちゃんの成長スピードは非常に速くなっていくため、体調の変化にも気をつけましょう。

思い通りの出産を行うためにも!適切な病院の選び方とは? | ハグー!
どんな出産を望むかで、選ぶ産院も変わります 一口に「産院」と言っても、3種類の産院があることはご存知でしょうか。どの産…

気をつけたいポイント

妊娠線を予防しよう

赤ちゃんが大きくなるのは嬉しいものの、くっきりとした妊娠線ができてしまうのは女性にとって悲しいことですよね。妊娠線ができる理由は、お腹が大きくなるスピードに対し、皮膚が伸びるスピードがついていけなくなってしまうためなので、妊娠線予防に効果のあるクリームなどを使い、お腹の皮膚が伸びやすい状態を作ってあげることが大切です。

belta

残念ながら完璧に予防できない場合もありますが、なにも対策をとらなかった場合に比べ妊娠線の発生を抑えられるため、妊娠13週目に突入したらクリームを使ったマッサージを始めましょう。
 

おすすめの妊娠線予防クリームをご紹介
ベルタマザークリーム
AFC ストレッチマーククリーム
プラジェントラ クリームプラス
ノコア アフターボディトリートメントクリーム
primo 超保湿クリーム
AMOMA マタニティーベリーオイル

 

妊娠線は突然現れる!その予防方法と出来てしまった後の対処法とは? | ハグー!
妊娠線は気づいたときに突然できているものです。赤ちゃんが成長して急激にお腹が大きくなり、皮がその成長についていけずに目一…

本格的な病院探し開始

妊娠13週に突入したら分娩予約を取る病院を考える必要があります。まだ焦る必要はありませんが、できれば妊娠20週目までには分娩予約を済ませておきたいところなので、この頃から病院探しを始めると良いですね。

妊娠検査薬で陽性反応!産婦人科と婦人科どこに行けばいい?違いは? | ハグー!
妊娠検査薬で陽性反応が出た際に多くの人が迷ってしまうのが、産婦人科と婦人科のどちらに行けばいいのか?ということです。 婦…

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s

人気の病院は早めに予約を締め切ってしまうこともあるため注意が必要です。

体調の良い日も増える妊娠13週!散歩もおすすめ | ハグー!
お腹が膨らみ始める時期でもあるので、体調の変化には注意しましょう! 多くの妊婦さんが体が安定したと実感するのがこの時期…

妊娠14週(妊娠4ヵ月)

母体の変化

子宮底長をチェック

妊娠14週目になると、妊婦健診に行った際に子宮底長というものを測るようになります。これは、恥骨の上から子宮の一番上までがどれくらいの長さになっているかを測るものなのですが、羊水の量や胎児の発育状態をチェックするための一つの目安ともなるものです。超音波検査と組み合わせながら赤ちゃんの様子を確認していく形になります。

113

 

それから、妊娠14週目に入ったら少しずつ体を動かしていきましょう。体重が増えやすい時期でもあるため、運動を取り入れて体重管理をするのがおすすめです。もちろん無理をするのは良くないので、体調が良い時に少しずつ体を動かしていくようにしましょう。

胎児の変化

ストレスは溜め込まないようにしよう

赤ちゃんの大きさは80~93ミリ、体重は25グラム~60グラム程度となります。少しずつ筋肉もついていくのですが、まだまだ弱いため胎動を感じられるようになるのは先の話です。

14w

 
脳も成熟していくのですが、これにより赤ちゃんもストレスを感じやすい状態となります。ママのストレスを感じ取ってしまうこともあるので、心穏やかに過ごすようにしましょう。

また、3Dや4Dエコーを使うことによって赤ちゃんの性別が確認できる場合もあります。赤ちゃんの姿勢によっては判別が難しいこともあるので確実にわかるとは言えませんが、気になっている方は医師に確認してみるのも良いですね。

気をつけたいポイント

カフェインに注意

妊娠14週目になると血液の量がとても多くなります。通常時に比べて5割ほど増えるため、血管を収縮させる働きのあるカフェインやタバコの煙には十分に注意しましょう

110

旦那さんがタバコを吸っている家庭もあるかもしれませんが、旦那さんにお願いをして離れたところで吸ってもらう工夫も必要です。

カフェインは赤ちゃんの脳に蓄積される?プレママがカフェインを避けるべき理由とは? | ハグー!
妊娠中にカフェイン摂取を控えるべき理由、また摂取する際の上限とは? 妊娠中は、カフェインを控えるべきという知識は、…
おりものが増える

妊娠14週目に突入すると腟が緩み、赤ちゃんが生まれてくるための道を整える準備を始めます。これによりおりものが増えてしまうため、おりものシートを使うなどして清潔な状態を保ちましょう。

01_px400

 
注意しなければならないのは、においが強かったり、色がおかしいなど通常のおりものとは違うものが出てしまった場合です。赤ちゃんに何らかの異常が発生している可能性があります。こういった小さなサインも見逃さないようにしましょう。

妊娠14週は妊婦らしい体型に!ストレスにも注意しよう | ハグー!
ストレスを感じると赤ちゃんにも悪影響が!妊娠14週に注意したいこととは? 多くの方が「妊婦さんらしい体型になってきたな…

妊娠15週(妊娠4ヵ月)

母体の変化

お腹の圧迫感が大きくなる

赤ちゃんが大きくなることでお腹の張りを感じるママも増えるのですが、お腹を圧迫した状態で過ごすのは良くありません。ゆったりとした服を選んだり、お腹が苦しくならない姿勢を見つけましょう。

a0001_013695_s

体調が優れない時は無理をすることなく横になるなどして安静に過ごすことが大切です。旦那さんや周りのサポートも必要とする時期なので、極力してもらいましょう。

胎児の変化

胎動で性別がわかる?

赤ちゃんの大きさは100~130ミリ、体重は40~100グラム程度となりました。胎盤も完成するため、それまでママの身体が行っていた働きを胎盤が代わりに果たしてくれるようになるのです。これにより、ママの体調も安定します。

15w

 
胎動は妊娠16週目頃から現れるのが一般的です。ですが一つのジンクスとして妊娠週数が早いうちから胎動を感じた場合は男の子、遅い場合は女の子と言われているので、この時期に胎動を感じると「男の子かも?」と感じる方もいるかもしれません。

詳しく知りたい場合はエコーでチェックしてみると良いですね。まだ完全に性別がわからない場合もありますが、写り方によっては性別の判断が可能です。

気をつけたいポイント

しっかりとした体重管理を

筋肉の他、体や手足の骨も成長するため、ママの体重も増える時期です。ですが、この段階で妊娠前よりも5キロ以上体重が増えてしまっている場合は注意が必要です。

食欲が沸きやすい時期ではありますが、食べ過ぎてしまった場合はウォーキングを取り入れるなどして無理のない範囲で運動を取り入れましょう。

114

食欲が沸くと好きな物ばかりを食べて栄養素が偏ってしまう方も多いので注意しなければなりません。

むくみ対策をしよう

お腹が大きくなるということは血管が圧迫されるということです。これによりむくみが発生しやすくなりがちなので、マッサージを取り入れるなどしてむくみ対策を実践すると良いですね。水分をしっかり取り入れることも効果的です。

115

むくみやすくなる妊娠15週目!早いと胎動が感じられる人も | ハグー!
妊娠15週の特徴は?突然の鼻血や身体のむくみの対処法についてもご紹介! 胎盤が完成するのが15週目です。体の中では羊水…

妊娠初期のまとめ

安定期に入ってしまえばある程度は安心できますが、無理をするのは禁物です。妊娠をしたばかりの時期というのは誰でも身体や心境の変化に戸惑ってしまうものではありますが、ママと赤ちゃんのどちらにとっても重要な時期となります。

中期以降を安静に過ごすためにも、妊娠初期のうちからストレスを溜めこまないように生活しましょう。心も体も少しずつママになるための準備を始めています。周りのママに話を聞くのも不安の解消に繋がるので、気になることがあったら相談してみると良いですね。

  関連記事

産婦人科では分娩予約が必要って本当?いつまでにすべき?

妊活を始めるなら、考えておいてほしいことがあります。それは、出産先をどこにするか …

妊娠初期に起こる進行流産ってどんな状態?原因と処置方法を教えて!

流産とは、妊娠22週未満までに妊娠が終了してしまうことをいい、妊娠した女性の約1 …

うれしいはずの妊娠初期なのに不安がいっぱい。取り除く方法とは?

妊活に励んでいたママが、赤ちゃんを授かったとき、喜びにあふれていたはずです。です …

妊娠中にいきなり発症…妊婦さんを襲うアナフィラキシーショックの恐ろしさとは

アナフィラキシーショックという言葉を知っていますか?スズメバチに刺されたり、アレ …

不正出血に注意が必要な妊娠11週!赤ちゃんは排尿ができるように

妊娠11週になるとつわりもだいぶマシに!この時期の不正出血には注意しよう 妊娠1 …

手術よりも妊娠中絶薬のリスクは低い?入手方法とは?

妊娠は必ずしも喜ばしいことだけではありません。身体的、あるいは経済的に事情がある …

妊娠中にてんかん発作が起こると、お腹の赤ちゃんに影響する?

てんかんを持病に持っている女性にとって、赤ちゃんは欲しいけれど、病気が遺伝しない …

卵管破裂の恐れもある子宮外妊娠の兆候や症状とは?

子宮外妊娠は早期発見が大切!兆候を見逃さないで 妊娠初期に発覚しやすいトラブルの …

妊娠中の水分補給!何を飲んだほうがいい?控えるべき飲み物は?

妊娠中は水分不足になりがちです。ママの身体は、血液を水分で薄めて赤ちゃんに栄養を …

妊娠中に野菜をいっぱい食べると、子供の好き嫌いがなくなるって本当?

最近の子供は偏食で、食べられないものが多いという話をよく見聞きします。ですが我が …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss