ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠初期に電磁波を受けるのは悪影響を及ぼす?こたつは控えた方がいいの?

   

妊娠すると気になってくるのが、「電磁波」の影響です。電磁波というのは目に見えないけれどあちこちに飛び交っているもの。そして特に冬に気になるのが、こたつの電磁波です。

寒ーい冬はこたつに入ってゆっくりするのが最高だけど、ずっと入っていると赤ちゃんにも影響があるんじゃ…と心配になってしまうかも。

そこで今回は、妊娠初期に電磁波を受けると悪影響が本当にあるのかどうか、そしてこたつは控えたほうが良いのか…という点についてまとめました。

妊娠初期と電磁波の関係とは

妊娠したら、なんとなく電磁波は避けたほうがいいような感じがしますよね。しかし実際のところ、電磁波が体に悪影響があるのかどうか、現時点でははっきりしたことはわかっていません。

ただ、海外では電磁波により小児白血病やがんの発生率が高くなるなどの研究結果もあり、特に海外においては、「電磁波ははっきりと結論づけられていないものの、おそらく何らかの影響が人体にあるようだ」と考えられています。

また、妊娠初期に電磁波を浴びることで流産や胎児の奇形のリスクが増すという意見もあります。実際に電磁波の影響を気にして、電磁波予防エプロンなどを購入して使っている妊婦さんもいますね。

妊娠初期はこたつに入るのは危険?どんな影響があるの?

そもそも家庭の中には様々な電化製品があります。

キッチン回りで言えばIHクッキングヒーターや電子レンジ・ミキサー、そしてその他にもパソコン、洗濯機、エアコン、電気ストーブ…などなど、電気で動くものは強弱はあれど全て電磁波を発生させています。

なので、家の中では常に電磁波にさらされていると言っても過言ではありません。

実際のところ、「妊娠初期にこたつに入ることは危険だ」というはっきりしたデータがあるわけではありませんが、こたつそのものの電磁波が強いというよりも、長時間使用で電磁波を浴び続けることが危険だと言えるでしょう。

前述のとおり、妊娠初期にこたつに入ることで流産や産まれてきた赤ちゃんの先天性障害、小児がんやぜんそくなどの影響があるという意見もありますが、現時点でその因果関係がはっきりしているわけではありません。

こたつを利用する時に注意したい点とは?

こたつの電磁波がお腹の赤ちゃんに与える影響はまたはっきりと解明されていませんが、影響があるかも…という意見もあり、特に妊娠初期は気になるものですよね。

妊娠初期にこたつを利用する際に注意したいのは、こたつに長時間入り過ぎないということ。長時間入れば入るほど、それだけ多くの電磁波を浴びることになります。

また、こたつに入っているとついついそのまま横になって眠ってしまいたくなりますが、それは実はかなり危険です。というのは、こたつで寝ることで脱水症状に陥ってしまう可能性があります。

人間というのは眠っている間に大量の汗をかきますが、その水分の喪失量は気温が上がるごとにどんどん増えていってしまいます。こたつ内部の温度というのは高めにしていると60℃を超える場合もあります。

そのような高い温度の中で寝ていると、どんどん水分を失ってあっという間に脱水状態になってしまうのです。

そして脱水症状で怖いのは血液がドロドロになり、血栓ができやすくなってしまうということ。実際、こたつで寝ていて心筋梗塞で亡くなったというケースもあります。

こたつを利用する際は、長時間入りっぱなしだったりこたつで寝ることがないように気を付けたいものです。

こたつを使用する際の対処方法はある?

電磁波は気になるけど、かといってこたつを全く使わないわけにはいかないですよね。

こたつを使用する際、体や、お腹の赤ちゃんに影響がないようにするためには、出来るだけ弱めの設定で使う、もしくは電気をつけずに入ることで一応電磁波を浴びる量としては抑えられます。

ただ、その点であまり神経質になるより、やはり長時間入りっぱなし・こたつ寝をしないということのほうが大事でしょう。また、こたつに入っていることで長時間同じ姿勢になってしまうことも妊婦さんにとっては良くありません。

血行が悪くなるということ子宮の内部への血のめぐりも悪くなってしまうということですから、ひいてはお腹の赤ちゃんへも必要な栄養が十分に届けられないということになってしまいます。

こたつに頼るのではなく、出来るだけ防寒用の下着を着るなどして体をあたため、またこたつに入りっぱなしにならずにたまには出て体を動かし、血行が悪くならないようにしましょう。

注意しながらこたつを利用しよう

今回は、妊娠初期に電磁波を受けると悪影響が本当にあるのかどうか、そしてこたつは控えたほうが良いのか…という点についてまとめました。

電磁波のリスクに関しては、まだはっきりと悪影響があると結論づけられているわけではありませんが、気になる場合は出来るだけ控えるほうが精神的にも良いかもしれませんね。

電磁波の影響はもちろんですが体への影響も考えて、1日中入っていたりこたつの中で寝ることがないように注意するなど、気を付けて利用したいものです。

  関連記事

妊娠中はオシャレができない!?そんなことはない!マタニティファッションのポイントはここをチェック!

妊娠中のおしゃれを楽しむためには着回しについてもチェックしてみましょう! 妊娠中 …

鉄分補給したいママ必見!ヘム鉄と非ヘム鉄の違いとは

妊娠中のママは、貧血がおこりやすいものです。それは、お腹の赤ちゃんの成長に必要な …

パパの助けが必要!つわりが酷い、そんなときにパパができること

つわりは人によって重さは異なるものの、妊婦さんの大多数が経験するものです。新しい …

妊娠12週は食べ過ぎによる体重増加に注意!

体が落ち着いてくる時期ではありますが、だからといって食べ過ぎないように この頃か …

妊娠初期の腹痛や下腹部痛って何が原因なの?痛み方によっては要注意!?

妊娠初期にあたる5~15週ごろは特に、ママの体にさまざまな変化が起こります。する …

妊娠初期に感じるお腹の張りと注意したいこととは?

待望の赤ちゃんを妊娠したことがわかって、つわりを感じ始めるようになるころ、下腹部 …

妊娠11週目は不正出血に注意が必要!赤ちゃんは排尿ができるように

妊娠11週になるとつわりもだいぶマシに!この時期の不正出血には注意しよう 妊娠1 …

妊娠13週目は体調の良い日も増えてきて散歩もおすすめ

お腹が膨らみ始める時期でもあるので、体調の変化には注意しましょう! 多くの妊婦さ …

知らない人が多い!妊娠中にトキソプラズマに感染するとどうなるの?症状や妊婦さんへの影響とは?

具体的にどんな病気かよくわからないという人が多いのがトキソプラズマです 妊娠して …

妊娠中に運転しても大丈夫…だけど守ってほしいコトがあるんです!気を付けるべき行動や時期など

妊娠していても、車が必須の地域に住んでいたり、上の子や夫の送迎で車を運転しなくち …