ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

これもダメ?妊娠中にやってはいけない意外なこと!

   

赤ちゃんのことを第一に考えて!

8355b1e299937efb57fea4480d609f80_s

妊娠中どうしても気にしてしまうのが、体に無理をかけて流産してしまわないかということです。妊娠初期に流産する確率が高くなっていて、安定期に入ればできることも増えます。

しかし、それでもやらないほうがいいこと、やってはいけないことはあるので注意が必要です。妊娠中にやってはいけないことを意識して、安心のマタニティライフを送りましょう。

知っておきたい!妊娠中にやってはいけないこととは?

重いものは持っちゃダメ

よく言われるのが、重いものは持ってはいけないということです。これはなぜかというと、腹圧の関係があります。妊娠してすぐの状態は、赤ちゃんをママとつないでいる胎盤も不安定な状態で、少しのことで胎盤にも赤ちゃんにもママにも負担がかかってしまいます。

お仕事をしているママはとくに、業務で重いものを持つ必要もあるかもしれませんね。妊娠していることで迷惑をかけたくないから、と遠慮していては赤ちゃんに影響が出てしまいます。何かある前に、重いものを持つ必要のない業務に変えてもらいましょう。

日常生活でも、お米など重いものを持つのは禁物です。少しでも不安があったら重いものを持つのは避けておきたいですね。同じように、高いところに登るのも厳禁です。もし落ちて尻餅をついたりおなかを打ったりして赤ちゃんに何かあったらということを考えて行動しましょう。

猫は飼わないほうが無難!

先天性トキソプラズマ症というのをご存知でしょうか。トキソプラズマというのは猫のうんちに含まれる病原菌です。妊娠中にママがトキソプラズマ症にかかると、胎盤を通して赤ちゃんにもうつり、流産や死産などを引きおこしたり、赤ちゃんが水頭症になったりしてしまうのです。

ただ、ママを経由してトキソプラズマに感染する確率はとても低いという研究結果も出ています。猫の中でも、とくに子猫がトキソプラズマの病原菌を持っていることが多いので、気をつけたいのは妊娠初期に子猫を飼い始めない、ということです。

猫のうんちに含まれる病原菌なので、猫をすでに飼っている場合は猫のトイレ掃除をマメにするのをおすすめします。

知らない人が多い!妊娠中にトキソプラズマに感染するとどうなるの?症状や妊婦さんへの影響とは?

おふろはOKだけど長風呂は避けましょう

妊娠していても、お風呂に入ること自体は何の問題もありません。とくに、お風呂に入るとリラックスできるという人は、妊娠前と同じように入浴しても構いません。

しかし、気をつけたいのは、長風呂は禁物ということです。赤ちゃんを育てている子宮は、体の中でも熱によって影響を受けやすくできています。もちろん、体を冷やしても影響を受けますが、体を温めすぎても血流の問題で流産や早産などをしやすくなってしまいます。

また、入浴の際に気をつけたいのは、浴室での転倒です。ふだんお風呂場で転んだりしないという人も、妊娠中は立ちくらみをおこしやすいので注意は必要になります。

妊婦さんがお風呂に入る時の注意点は?妊娠後期だから気を付けたいこと

妊娠中のサウナは短めに

温泉や銭湯が趣味でストレス解消になるという人も多いでしょう。もちろん、妊娠前はサウナもよく利用していたという人もいるかもしれません。

しかし、妊娠中はできるだけサウナは避けましょう。長時間のサウナは体の芯まで温めるので、赤ちゃんにもその熱の影響が出てしまいます。どうしてもサウナに入りたい場合は、体の表面だけを温める程度の短時間で済ませましょう。

また、貧血の心配や心臓への負担などもサウナにはあります。ただでさえ妊娠中は鉄分が不足しがちで貧血をおこしやすいのに、熱いサウナに長時間入って心臓にまで負担をかけてしまっては、赤ちゃんにも悪影響です。

意外なことも禁止!自転車には気をつけて

自転車は、身近な交通手段としてふだん使っているかもしれません。しかし、お腹の赤ちゃんとママの体に負担をかけるのも事実なのです。

まず、自転車の振動は子宮を刺激します。そのため、赤ちゃんは疲れてしまってお腹が張りやすい状態になります。妊娠中はお腹の張りが長時間続くようなら安静にしておく必要があるので、自転車に乗っておなかに張りを感じたら自宅でゆっくりしましょう。自転車をこぐ時も、腹圧がかかるので注意が必要です。

それだけでなく、単純におなかが大きくなると自転車のバランスを取りにくいというのもあります。バランスを崩して転んでしまうときけんなので、おなかが大きくなってきたらとくに自転車は避けましょう。

これら5つのことは、妊娠中にしてはいけないことの基本であると言えます。習慣的に行っていることもあるかもしれませんが、妊娠中だけでも日頃から注意して、危険のない妊娠生活を送ってくださいね。

妊娠中に自転車に乗るのは問題ない?乗る場合の注意点は?

  関連記事

思い通りの出産を行うためにも!適切な病院の選び方とは?

どんな出産を望むかで、選ぶ産院も変わります 一口に「産院」と言っても、3種類の産 …

妊娠中にMRI検査を受けても大丈夫って本当?時期によっても違う?

近年は働く女性が増えていることもあり、産休に入るまで仕事を続けるママも多いです。 …

妊娠後期の辛い肩こりの原因と対処法を知っておこう!

それまでは経験がなかったのに、妊娠後期のママが肩こりに悩むようになるのは、よくあ …

妊娠中に野菜をいっぱい食べると、子供の好き嫌いがなくなるって本当?

最近の子供は偏食で、食べられないものが多いという話をよく見聞きします。ですが我が …

妊娠初期に喘息が出てしまったら赤ちゃんに影響する?喘息の薬は辞めた方がいいの?

もともと喘息を持っている女性が妊娠したり、妊娠して初めて発症するケースも少なくあ …

完全流産って何?次の妊娠に影響するの?

流産とは、妊娠22週未満で妊娠が中断してしまうことをいい、全妊婦さんの約15%に …

妊娠初期症状と妊娠5~15週の体調の変化、赤ちゃんの様子を時系列順にまとめました

・妊娠初期は気を付けたいことがたくさん!知っておきたい情報とは? ママの体の中で …

上の子の断乳前に妊娠してしまった!授乳は続けて大丈夫?

女性の身体は、授乳中は妊娠しにくいといわれています。ですが、生理が再開して夫婦生 …

妊娠中に気をつけたいサイトメガロウイルスってどんなもの?

妊娠中の感染に注意しなくてはならないウイルスの1つがサイトメガロウイルスです 日 …

つわりのとき、吐き気止めなどの薬は飲んで大丈夫なの?

つわりがおきたときに吐き気止めの薬を飲んでも大丈夫なの?と疑問を抱くママは多いの …