ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

これもダメ?妊娠中にやってはいけない意外なこと!

   

赤ちゃんのことを第一に考えて!

8355b1e299937efb57fea4480d609f80_s

妊娠中どうしても気にしてしまうのが、体に無理をかけて流産してしまわないかということです。妊娠初期に流産する確率が高くなっていて、安定期に入ればできることも増えます。

しかし、それでもやらないほうがいいこと、やってはいけないことはあるので注意が必要です。妊娠中にやってはいけないことを意識して、安心のマタニティライフを送りましょう。

知っておきたい!妊娠中にやってはいけないこととは?

重いものは持っちゃダメ

よく言われるのが、重いものは持ってはいけないということです。これはなぜかというと、腹圧の関係があります。妊娠してすぐの状態は、赤ちゃんをママとつないでいる胎盤も不安定な状態で、少しのことで胎盤にも赤ちゃんにもママにも負担がかかってしまいます。

お仕事をしているママはとくに、業務で重いものを持つ必要もあるかもしれませんね。妊娠していることで迷惑をかけたくないから、と遠慮していては赤ちゃんに影響が出てしまいます。何かある前に、重いものを持つ必要のない業務に変えてもらいましょう。

日常生活でも、お米など重いものを持つのは禁物です。少しでも不安があったら重いものを持つのは避けておきたいですね。同じように、高いところに登るのも厳禁です。もし落ちて尻餅をついたりおなかを打ったりして赤ちゃんに何かあったらということを考えて行動しましょう。

猫は飼わないほうが無難!

先天性トキソプラズマ症というのをご存知でしょうか。トキソプラズマというのは猫のうんちに含まれる病原菌です。妊娠中にママがトキソプラズマ症にかかると、胎盤を通して赤ちゃんにもうつり、流産や死産などを引きおこしたり、赤ちゃんが水頭症になったりしてしまうのです。

ただ、ママを経由してトキソプラズマに感染する確率はとても低いという研究結果も出ています。猫の中でも、とくに子猫がトキソプラズマの病原菌を持っていることが多いので、気をつけたいのは妊娠初期に子猫を飼い始めない、ということです。

猫のうんちに含まれる病原菌なので、猫をすでに飼っている場合は猫のトイレ掃除をマメにするのをおすすめします。

知らない人が多い!妊娠中にトキソプラズマに感染するとどうなるの?症状や妊婦さんへの影響とは?

おふろはOKだけど長風呂は避けましょう

妊娠していても、お風呂に入ること自体は何の問題もありません。とくに、お風呂に入るとリラックスできるという人は、妊娠前と同じように入浴しても構いません。

しかし、気をつけたいのは、長風呂は禁物ということです。赤ちゃんを育てている子宮は、体の中でも熱によって影響を受けやすくできています。もちろん、体を冷やしても影響を受けますが、体を温めすぎても血流の問題で流産や早産などをしやすくなってしまいます。

また、入浴の際に気をつけたいのは、浴室での転倒です。ふだんお風呂場で転んだりしないという人も、妊娠中は立ちくらみをおこしやすいので注意は必要になります。

妊婦さんがお風呂に入る時の注意点は?妊娠後期だから気を付けたいこと

妊娠中のサウナは短めに

温泉や銭湯が趣味でストレス解消になるという人も多いでしょう。もちろん、妊娠前はサウナもよく利用していたという人もいるかもしれません。

しかし、妊娠中はできるだけサウナは避けましょう。長時間のサウナは体の芯まで温めるので、赤ちゃんにもその熱の影響が出てしまいます。どうしてもサウナに入りたい場合は、体の表面だけを温める程度の短時間で済ませましょう。

また、貧血の心配や心臓への負担などもサウナにはあります。ただでさえ妊娠中は鉄分が不足しがちで貧血をおこしやすいのに、熱いサウナに長時間入って心臓にまで負担をかけてしまっては、赤ちゃんにも悪影響です。

意外なことも禁止!自転車には気をつけて

自転車は、身近な交通手段としてふだん使っているかもしれません。しかし、お腹の赤ちゃんとママの体に負担をかけるのも事実なのです。

まず、自転車の振動は子宮を刺激します。そのため、赤ちゃんは疲れてしまってお腹が張りやすい状態になります。妊娠中はお腹の張りが長時間続くようなら安静にしておく必要があるので、自転車に乗っておなかに張りを感じたら自宅でゆっくりしましょう。自転車をこぐ時も、腹圧がかかるので注意が必要です。

それだけでなく、単純におなかが大きくなると自転車のバランスを取りにくいというのもあります。バランスを崩して転んでしまうときけんなので、おなかが大きくなってきたらとくに自転車は避けましょう。

これら5つのことは、妊娠中にしてはいけないことの基本であると言えます。習慣的に行っていることもあるかもしれませんが、妊娠中だけでも日頃から注意して、危険のない妊娠生活を送ってくださいね。

妊娠中に自転車に乗るのは問題ない?乗る場合の注意点は?

  関連記事

妊娠初期の腹痛や下腹部痛って何が原因なの?痛み方によっては要注意!?

妊娠初期にあたる5~15週ごろは特に、ママの体にさまざまな変化が起こります。する …

妊娠中の飛行機利用は何をどう気をつければいいの!?

妊婦さんによる飛行機の利用についてお話しします! 「妊娠中、飛行機は避けた方がい …

昆布出汁もダメ!?プレママが避けたい食品は?

妊娠期間中に避けておきたい食品についてお話しします! 妊娠中は、“食べるべきでは …

嬉しいはずなのに気持ちが沈む…。妊娠うつに効く食事改善法とは?

妊娠は夫婦にとっても、双方の実家にとっても喜ばしい出来事のはずです。ですが、妊娠 …

吐きづわり、食べづわりなど悪阻には種類がいろいろある!種類別での体調改善法とは?

妊娠した人の多くが経験する「悪阻(つわり)」。 一昔前はつわりというと吐くもの… …

妊娠中に注意すべきタンパク尿とは?症状や対策について理解しよう

タンパク尿が出てしまった場合早めに対策を取らなければなりません! 妊娠中はタンパ …

妊娠初期のセックスは安全?注意すべきことは?

妊娠したあとは毎日の生活に慎重にならなければなりませんが、妊娠初期のセックスはど …

妊娠中のネイルはお腹の赤ちゃんに影響する?する場合の注意点は?

日ごろからネイルを楽しんでいる女性の中には、妊娠したからといって、その習慣をなく …

淋病ってどんな病気?お腹の赤ちゃんに感染するの?

妊婦健診では、母子感染を避けるために、様々な項目の血液検査を行います。ですが、性 …

妊娠中にひじきを食べるのがよくないとされる理由は何?

かつての日本では、妊娠中の女性に対し、「ひじきには鉄分やミネラル、食物繊維が豊富 …