ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠検査薬で陽性反応!産婦人科と婦人科どこに行けばいい?違いは?

   

0030531

妊娠検査薬で陽性反応が出た際に多くの人が迷ってしまうのが、産婦人科と婦人科のどちらに行けばいいのか?ということです。

婦人科で不妊治療をしている最中に妊娠がわかったということであれば、婦人科でもいいでしょう。ただ、基本的には妊娠や出産に関することは産婦人科のほうで行うということを頭に入れておくといいですね。

産婦人科と婦人科の違い

産婦人科の特徴

確かにどちらも女性に特化した病院ではありますが、それぞれ違った役目を持っています。産婦人科は産科と婦人科の両方の役割を兼ね備えた病院のことなので、とりあえず産婦人科に行けば確実だろうと考える人もいるでしょう。ただ、産婦人科の中には検診には対応していても出産ができない所があるということを理解しておきましょう。

昔は多くの産婦人科で出産ができていました。ですが、人手不足や設備的な問題があって分娩ができない所が増えてしまい、出産をする際には産科へ移動しなければならない所もたくさんあるのです。妊娠初期の検査から出産までなるべく同じ病院で済ませたいと思っているのであれば、初めから産科か分娩受け入れのある産婦人科を選ぶといいでしょう

婦人科の特徴

婦人科とは、生理不順・下腹部痛・おりものの異常・乳汁分泌のような女性特有の病気治療や不妊治療など、女性の健康に関する医療を行う所です。ただ、妊娠や出産ということになると対象外になると思ったほうがいいです。もちろん、婦人科でも妊娠検査や心音確認などは行ってくれます。

ですが、検診は産科や産婦人科のほうで行うように案内されることも多いため、妊娠が分かったら産科か産婦人科を受診したほうがいいでしょう。それと、婦人科でも妊娠の検査をしてもらうことが可能だといっても、妊婦さんをあまり見かけません。こういったこともあり、妊娠の検査などでは産科や産婦人科を選ぶ人が多いようです。

産婦人科の種類と特徴

総合病院が合っているのはどんな人?その特徴とは
総合病院の基本情報

総合病院での出産が向いている人といえば、持病がある人や高齢出産である人、健康や体調に不安がある人です。また、前回出産をした際に帝王切開を行ったという人も総合病院を選ぶといいでしょう。

なぜ産科などではなく総合病院をおすすめするかというと、妊娠初期の不調対策はもちろん、分娩中に何らかのトラブルがあったとしてもすぐに適切な対処をすることができるからです。

小さな病院や産婦人科では正常分娩時にはなんの問題もなくてもトラブルが発生した際にその場では対応できない可能性があります。その場合は総合病院などに運ばれることになってしまいますが、初めから総合病院での出産であれば安心ですよね。

また、総合病院はベッド数が多いため、受け入れ可能な病院を見つけやすいという特徴もあります。そのため、本当は産婦人科での出産を希望していたものの、どこもベッドがいっぱいだった…という理由で総合病院を選ぶ人も珍しくありません。

総合病院を選ぶメリット
  • 安全で安心できる
  • 様々なトラブルに対応できる
  • ベッド数が多い
  • 費用が安い

費用に関してですが、公立の総合病院を選択すれば費用を安く済ませることができます。出産一時金の範囲内で収められる程度の費用で済むことが多いのも魅力です。特に大きなメリットは安全性に関することなので、リスクのある出産になりそうな場合は総合病院を選んだほうがいいでしょう。

総合病院を選ぶデメリット
  • 診察の待ち時間が長い
  • 大部屋にストレスを感じる人もいる
  • 途中で医師が変わることがある

総合病院には非常に多くの妊婦さんが通院しています。そのため、クリニックや助産院などに比べると診察の待ち時間が長くなってしまうというのがデメリットです。また、入院をしたあとは大部屋になるケースが多く、他の妊婦さんとコミュニケーションが取れるというメリットはあるものの、プライバシーが保てずストレスを感じやすいというデメリットがあります。

急なトラブルでも安心!産婦人科病院について知ろう

産婦人科病院の基本情報

産婦人科病院には医師がいるため、出産の際に何らかのトラブルが発生してしまったとしても迅速に対処をしてもらうことができます。ただ、産婦人科病院では分娩をする際に最初から最後まで医師がつきっきり対処してくれるわけではないということを理解しておかなければなりません。

分娩が始まる時に医師がいないということに不安を感じてしまう人もいるようですが、産婦人科病院では出産直前までのサポートは看護師が行ってくれます。そのため、医師は最後にならないと現れないこともあるのです。もちろんこれは各ケースによって違いますが、自然分娩である場合は医師ではなく助産師が担当することもあります。

産婦人科病院を選ぶメリット
  • 医師がいるため帝王切開などの医療行為ができる
  • 急なトラブルにも対処することができる
  • 対応が速い

産婦人科病院には多くのスタッフが揃っているため、お願いなどをした時でもすぐに対応してもらえる可能性が高くなります。妊娠中はなにかと不安が多いものなので、すぐにかけつけて対処してもらえるということに魅力を感じ、産婦人科病院を選ぶ人もいるようです。

産婦人科病院を選ぶデメリット
  • 医師と話せる機会が少ない
  • 待ち時間が長い

医師と話せる機会がどれくらいあるかというのは産婦人科病院によって違いますが、直接話をする機会はあまりないという所が多いようです。それでも看護師や助産師がしっかり話を聞いてくれたり相談に乗ってくれる所が多いので、それほど気にする必要はないでしょう。ただ、分娩を担当してくれる医師と信頼関係を築いたうえで出産に挑みたいという人には向いていないと言えます。

また大規模な産婦人科病院ほど待ち時間が長くなり、病院によっては1~2時間ほどかかってしまうことも珍しくありません。妊娠初期であれば問題ないかもしれませんが、体が重くなってくると待ち時間が辛いと感じる人も多いようです。

サービスや信頼を重視して産院を探す人から選ばれている個人産院とは?

個人産院の基本情報

個人産院で出産をしたいと思っているのであれば、◯◯産婦人科のように医師個人の名前がついている所を探すといいでしょう。大きな特徴ともいえるのが、ベッド数が19床以下であるということです。

総合病院などで出産する人が安全性や安心感を重視するのに対し、個人産院を選ぶ人の多くはサービスや信頼を重視する傾向にあります。ただ、総合病院ではほとんどの人が受け入れ可能なのに対し、個人産院では基本的にリスクの少ない妊婦さんしか受け入れをしてくれません。

体に不調があるなどの理由で出産時のリスクが高く個人産院で受け入れを断られてしまった場合、無理をして受け入れ可能な個人産院を探すよりも総合病院などを選択したほうが安心して出産できるでしょう。

個人産院を選ぶメリット
  • 診察から分娩まで一人の医師に担当してもらえる
  • 子供連れでの入院が可能な所が多い
  • 融通が利く

個人産院の多くは妊婦さんひとりひとりに対して行き届いたケアをしてくれます。そのため、総合病院では頼みづらいお願いを聞いてもらえたり、小さい子供がいる場合は子供を連れて入院する許可を得ることもできるのです。また、一人の医師が初診時の診察から分娩まで担当してくれるケースが多いので、信頼関係を築くこともできます。

個人産院を選ぶデメリット
  • 個人産院で対処できないトラブル発生時は大型病院に搬送される
  • 待ち時間・サービスは病院によって大きく違う
  • リスクが高いと受け入れを拒否される

まず、個人産院は大型の総合病院と違って用意している機械の数や性能が全く違います。そのため、個人産院では対処することができなくなってしまった場合はすぐに他の病院に搬送されることになるのです。分娩中に搬送されることになるかもしれないという不安があり、個人産院を検討できないという人もいます。

最新の医療設備にこだわりたいなら大学病院での出産がおすすめ!

大学病院の基本情報

大学病院は安全性を重視したい人から選ばれています。直前までは自然分娩の予定だったけれど急に帝王切開をしなければならない状況になってしまったという場合でも対応できるため安心です。

大学病院の大きな特徴として理解しておきたいことが、教育病院として指定を受けている所が多いということ。つまり、大学病院で出産をするということは医学生や助産学生とも接することになるということです。そのため、精神的に落ち着かないという人もいます。

大学病院を選ぶメリット
  • 新生児の集中治療室である「NICU」がある病院が増えている
  • 医師や助産師、看護師の数が多い
  • 万が一のトラブルにも対処できる

最新の医療体制が整っている場合が多いため、安心して出産できます。また、小さなクリニックなどでは夜中のケアが行き届いていない場合もありますが、大学病院は24時間体制でサポートしてくれるので、万が一夜中になにか起きても安心です。

大学病院を選ぶデメリット
  • 研修医などが見学に来ることがある
  • 待ち時間が長い
  • 個人産院などに比べて食事に不満を感じる人が多い

研修医の分娩見学が嫌だという理由で大学病院を避ける人もいるようですが、見学を拒否することは可能です。ただ、中には事前の承諾なしに研修医がぞろぞろ入ってきて分娩の見学をされたという口コミもあります。

そのため、気になる場合は妊娠初期の検診時などに自分から確認しておいたほうがいいでしょう。待ち時間は総合病院並みかそれ以上にかかってしまうこともあるので、この点は理解しておかなければなりません。

それから、食事の質に不満を感じてしまう人も多いようです。おいしくなかった、メニューがつまらなかったという口コミを寄せている人もいるので、そういったことよりも安全性を重視する人に向いています。

婦人科クリニックでは出産ができない?分娩可能病院への移動タイミングは?

婦人科クリニックの基本情報

産婦人科であれば別ですが婦人科クリニックでは出産をすることができないため、検診のために通う形になるでしょう。そのため、出産は別の病院や助産院で行うことになるわけですが、婦人科クリニックはどのような人から選ばれているのでしょうか。

例えば、「出産は里帰りして実家で行いたい」と考えている人が、里帰りするまでの間に通う定期検診先として婦人科クリニックを選んでいるようです。

婦人科クリニックでできること

分娩ができないとしても婦人科クリニックでできることはいくつかあります。まず、妊娠の確認や確定です。心拍の確認などをし、妊娠が確定したら次回からは産婦人科などに行くのが一般的な流れになります。その後出産予定日が決定されるので、市役所や出張所、保険センターで母子手帳の交付を受けましょう。

産婦人科ではなく婦人科クリニックに通っている場合、「どれくらいの時期に出産ができる病院に移ればいいのか?」疑問に思っている人もいるようです。これは人によって違うのですが、できることならば早めに移っておいたほうがいいでしょう。

というのも、できるだけ出産を行う病院に慣れておいたほうがいいからです。婦人科クリニックの医師や看護師とコミュニケーションを取って仲良くなったとしても、実際に分娩の際は別の病院で出産することになりますよね。やはり分娩を担当してくれる医師や看護師と信頼関係が築けているのが理想です。

ただ、分娩できる病院や助産院に空きがないという理由で、転院手続きができるようになるまでの間は婦人科クリニックに通うという人もいます。また、分娩もできる病院が自宅から遠いために通いやすい婦人科クリニックを選んでいるという人もいるので、自分のケースに合わせて分娩もできる病院への移動時期を考えましょう。

おいしい料理を楽しんでリラックスしながらお産したいなら助産院!

助産院の基本情報

昔から「子供を産むなら助産院がいい」という人も多く、出産をする場所としてはとても人気があります。病院との大きな違いとして言えるのは、正常分娩以外のお産ができないということです。

その理由として挙げられるのは、産科医がいないということ。つまり、医療行為を受けることができないので、正常分娩以外のお産は不可能になります。帝王切開だけでなく、早産や逆子も助産院では対応することができません

妊娠初期は順調に胎児が育っていても、途中で状態が変わってしまうこともありますよね。経過観察の中で助産院で分娩するのはリスクがあると判断された場合は、提携している病院などに転院することになるでしょう。

切迫早産の原因や対策は?早産のリスクを回避するために知っておきたいこと | ハグー!
切迫早産になると早産のリスクが高まります!原因や対策を知っておきましょう 切迫早産とは、正期産と呼ばれる時期よりも早い…
助産院を選ぶメリット
  • 自然なお産ができる
  • 診察の待ち時間が短い
  • 料理がおいしい

助産院では病院と違って医療行為ができませんが、これをメリットだと考える人も多くいます。機械などに頼ることなく自分自身の力で産めるというのが魅力で、無事出産ができた時に大きな達成感を感じられるでしょう。また、病院などに比べると手の込んだ料理がたくさん出てくるので、食事の満足度を重視して助産院を選ぶ人もいるようです。

助産院を選ぶデメリット
  • 個室が多い
  • 助産師が選択できない人もいる
  • 万が一の事態を考えると不安が残る

個室であることをデメリットだと感じる人もいればメリットだと感じる人もいます。総合病院などでは大部屋になることが多く、妊婦さん同士での悩み相談やコミュニケーションも取りやすいで。

しかし、こういったことが苦手な人は個室を用意してくれる助産院を選択するのもいいのではないでしょうか。逆に人と話すのが好きな人だと、個室で過ごすことにストレスを感じてしまうこともあるようです。

それと、先に説明したように正常分娩にしか対応できないため、助産院で出産したいと希望したとしても受け入れてもらえないことがあります。安心して助産院で出産するためには提携先の病院に関する情報なども確認しておいたほうがいいでしょう。

初診で行うこととポイント

妊娠が分かったあとの初診ではどういった検査をする?

初診ではまず問診票を記入することから始めます。詳しいことについては医師と直接やりとりをしながら相談や質問をすることになるので、問診票で書きにくいことなどがあったら医師に直接伝えるといいでしょう

例えば、過去に妊娠中絶をしたことがあるけれど、それをご主人に内緒にしているため問診票に書きたくないというケースでは、医師に直接話をするといいですね。

初診で行われる検査について

体重測定

初診時に体重を測定しておけば、胎児の成長具合を確認したり、体重管理が適切であるかどうかを判断しやすくなります。病院によっては初診では体重測定を行わず、問診票に自己申告という形で記載する所もあるので、初診に向かう前に測定しておいたほうがいいでしょう

内診

医師が指や器具を使い子宮を確認します。内診が苦手という人が多いようですが、何度か通っているうちに慣れるようです。リラックスして行わなければ正確な結果が出ないこともあるので、あまり緊張しないように心がけましょう。

尿検査

全ての病院や産婦人科で尿検査を行うわけではありませんがほとんどの病院で行っているので、ある程度はトイレを我慢しておいたほうがいいでしょう。妊娠をすることによって分泌されるHCGというホルモンが尿に含まれているかなどをチェックします。

血液検査

病気に感染していないかということだけでなく、尿検査だけではわからなかった体の不調などを検査します。血液検査を受けるかどうか自分で選択できる所もありますが、何か異常があった場合の早期発見にも繋がるので行っておいたほうがいいでしょう。血液検査は初診時ではなく数回目の検診で受けることもあります。

血圧検査

緊張していたりすると正しい血圧が測定できないこともあるので、リラックスすることが大切です。血圧を測定することにより妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の可能性などを判断することができます

超音波検査

胎児の大きさや双子や三つ子の可能性、正常な妊娠ができているかというのを調べます。経膣プローブという器具を膣内に挿入して子宮の状態を確認するのですが、尿が溜まっているとうまく状態が把握できないため、検査前にトイレを済ませておきましょう

細胞診

子宮口の細胞を採取する検査のことで、子宮頸にかかっていないか確認ができます。妊娠初期のうちに行っていたほうがいいと言われる検査です。また、全ての病院で細胞診を行うわけではありません。

初診時の持ち物をチェック!服装も注意しないと恥ずかしい思いをするかも…

持ち物について

初診時の持ち物は、事前に電話で確認しておいたほうがいいでしょう。最低限の持ち物として健康保険証、2万円程度のお金は用意しておかなければなりません。過去にその病院を受診したことがあるのならば診察券を持っていくといいですね。他に持って行きたいものとして次のようなものが挙げられます。

生理用ナプキン

内診の際に出血してしまうことがあるので、生理用ナプキンを持っていくことをおすすめします。

筆記用具

医師から伝えられたことや、こちらから質問したことへの返答をメモするために筆記用具を持って行きましょう。特に初めての妊娠では気が動転してしまって医師から聞いたことがうまく頭に入らないこともあります。

月経日などのメモ

初診では問診票を記入しますが、そこに最終月経日などを記入する欄があります。病院に行ってから考えると時間がかかってしまうこともあるので、自宅でゆっくり考えてメモしていったほうが安心です。それと妊娠初期には体に様々な変化が現れやすいので、気になる体調の変化などがあればメモしておいたほうがいいでしょう。

初診の服装について

初診では内診が行われるので、服装にも注意しなければなりません。下着を脱いで内診台に乗る形になるわけですが、ストッキングやタイツを履いていくとゆっくり脱いだり履いている時間が取れず、慌ててしまうこともあります。

それと、パンツスタイルは避け、ゆとりのあるスカートを選択しましょう。スカートであれば履いたままで診察を受けることができるのですが、パンツスタイルで行くと脱がなければならないので、恥ずかしいですよね。

服装の注意は初診時だけでなく、検診の際にも同じことが言えます。慣れてくるとスカートで行くのを忘れて恥ずかしい思いをしてしまったという人もいるので注意しましょう。

初診前に覚えておきたいポイント!赤ちゃんが確認できないこともある?

初診では赤ちゃんが確認できない場合がある

赤ちゃんができたかもしれないと考えて病院を訪れる人の多くは、妊娠検査薬で陽性反応が出たために受診を決意しているようです。ですが、近年は妊娠検査薬の精度が非常に高くなっており、かなり早い段階で陽性反応が出るようになっています。

そのため、病院で検査をしても正常に妊娠しているかどうかまだ判断ができず、一週間後または二週間後にまた来て下さいと言われることがあるのです。妊娠検査薬を使って確認ができるのはあくまで妊娠しているかどうかということだけなので、細かいことは検査してみなければわかりません。

稀に子宮外妊娠をしている場合もあるのですが、これも早い段階では確認できないことがあるので、病院から伝えられた時期にもう一度診察を受けましょう。妊娠を心待ちにしていた人はできるだけ早く妊娠を確信したいという気持ちは分かりますが、再度受診するように言われたのであればそれまでの間は焦らず安静に過ごすことが大切です。

妊娠の検査は保険適用外

理解しておきたいこととして、妊娠は病気ではないため、検査は全額自己負担です。そのため、初診料が1万円を越えてしまうこともあります。母子手帳が交付されたあとは妊婦健診の助成券などを利用できるため負担は減りますが、初診時は多めに考えて2万円ほど持って行ったほうがいいでしょう。

全額自己負担ということであれば健康保険証は持って行かなくてもいいのでは?と考える人もいるかもしれませんが、投薬があったり、何らかの治療が必要になるケースでは保険が適用されることもあります。それと、逆子の超音波検査をする際にも保険が適用できるので、健康保険証は持って行ったほうがいいですね。

  関連記事

妊娠判定が陽性なのに、胎嚢が見えない原因は何?

市販の妊娠検査薬の精度が上がったことで、産婦人科を受診する際には、陽性反応が出て …

妊娠判明!赤ちゃんのために見直したい生活習慣まとめ

妊娠が分かると新しい生命がお腹に宿ったことに母としての喜びを感じ、夫婦一緒に赤ち …

尖圭コンジローマってどんな病気?お腹の赤ちゃんへの影響は?

出典:tabuchi-clinic.org/blog 妊婦健診で行われる血液検査 …

プチプラから人気ブランドまでマタニティウェアを選ぶならここ!

妊娠中でもおしゃれは忘れたくない! シンプルなものが多い印象のマタニティウェアで …

妊娠中の水疱瘡にはどのような危険がある?予防法は?

まだ水疱瘡にかかっていない妊婦さんは注意が必要!時期によっては胎児にも影響が 妊 …

妊娠中に気をつけたいサイトメガロウイルスってどんなもの?

妊娠中の感染に注意しなくてはならないウイルスの1つがサイトメガロウイルスです 日 …

妊娠初期の肌荒れはどうして起こるの?改善方法はあるの?

妊娠初期は、女性ホルモンの分泌バランスが変わり、身体にいろいろな変化が起こるもの …

妊娠中に牛乳を飲んではいけない?注意点もご紹介!

妊娠中にカルシウム摂取のために牛乳を飲むのは良いこと?悪いこと? 人間の体にとっ …

妊娠初期に感じるお腹の張りと注意したいこととは?

妊娠初期にお腹が張る原因と対処法とは? 待望の赤ちゃんを妊娠したことがわかって、 …

むくみやすくなる妊娠15週目!早いと胎動が感じられる人も

妊娠15週の特徴は?突然の鼻血や身体のむくみの対処法についてもご紹介! 胎盤が完 …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss