ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

いつから着るべき?マタニティウェアの注意点とおしゃれの小技

   

ママも赤ちゃんも負担がかからないのがいいですね

270815

赤ちゃんができたら気になるのが、マタニティウェアはいつから着るべき?ということです。

マタニティウェアが普通の服と異なるのは、おなか周りなどがゆったりしているということや、おなかが大きくなっても服のバランスが崩れないように服の前と後ろの丈がほんの少し違うということです。

また、妊娠された時期(夏・冬)によっても選ぶべきものが変わってきます。そして、ベビー服も用意しないといけないので、マタニティウェアはできる限り予算を抑えたいという方もいらっしゃるかもしれません。そこで、今回はマタニティウェアの疑問についてお答えしますね。

マタニティウェアはいつから着たらいい?

dd375236a11f597118efa0637bfa1423_s

出産に向けてだんだん大きくなっていくおなかの締め付けをなくすのがマタニティウェアの役割です。

個人差はありますが、妊娠初期の2~4か月前後はお腹がポッコリと出始めるだけなので、タイトなスカートやズボンでなければ、お持ちの服がまだ着れると思います。ですので、妊娠してもおなかがまだ大きくなっていない時期は普段の服で大丈夫です。

おなかが大きくなってくるのは妊娠4ヵ月から5ヵ月頃なので、この頃からマタニティウェアを着始めるママが多いようです。普段の服装にもよりますが、日頃ぴったりした服を着ていることが多いママはおなかが目立ってきたら苦しくならないうちに早めにマタニティウェアに移行するといいですね。

いつもゆったりした服装をしているママはおなかがきつくならなければいつも通りの服でも大丈夫でしょう。

そして、トップスは冬の時期に妊娠後期になられる方と夏の時期に妊娠後期になられる方で、必要になるアイテムも変わってくると思います。必要最低限の下着は用意しておき、妊娠過程でその都度必要なものを購入するのがベストでしょう。

せっかく買ったのに合わなかった…じゃもったいない!マタニティウェアの失敗しない選び方とは?

マタニティウェアだけじゃない!気をつけたい足元

妊娠前からの服装の好みにもよりますが、マタニティウェアは柔らかい素材だったりシンプルなデザインのものが多い傾向にあります。

買い方としては普段の服と合わせられるようなものを少しずつ買い足すのがいいですが、なかなか好みのものがないというママが多いのも実状です。ただ、気をつけたいのは、服装の好みにこだわりすぎると赤ちゃんに負担をかけてしまうこともあるということです。

たとえば、ヒールの高い靴が好きなママもいると思いますが、妊娠中はヒールのある靴は禁物です。普段は高いヒールでも転ぶことがないからと安心していても、おなかが大きくなってきて体のバランスが不安定になるので、なにもないところでつまづいたりしてしまうことも十分あり得ます。

妊娠中の転倒は流産や早産につながってしまいますので、足元のおしゃれは産後までおあずけですね。

切迫早産の原因や対策は?早産のリスクを回避するために知っておきたいこと

産後のことも考えて!マタニティウェアの選び方

赤ちゃんが生まれてからの生活で大変なのは、生まれてすぐは授乳の回数がとても多いということです。1日に10回以上授乳する必要があるので、胸元を開けやすい服が必要になります。

マタニティウェアを購入する際にその点に留意して買えば、産後しばらくもマタニティウェアを着ておくことで授乳しやすい状態にすることができます。マタニティウェアとしてトップスを購入するときは、授乳しやすいように開け閉めが簡単なものを選びましょう

また、ストレッチ機能のあるもの、ゆったりとしたチュニックやワンピースといったデザインは、最後まで使えるマタニティウェアとして人気があります。

妊娠初期は体の変化もそれほどないのでお持ちの服が着れますが、ブラジャーなどの下着は少しゆったりしたものに変えると、つわりの軽減に役立ちます。

ワイヤレスでブラパッドがついたキャミソールタイプ、授乳対応しているものを選べば産後まで活用できます

また、ボトムスはベルト部分が調整可能なタイプや、お腹の冷えが気になる方ように、腹巻が取り外しできるタイプのマタニティパンツを購入されると、妊娠後期まで活用できます。

トップスは出産後にも活用できるように、授乳対応(ファスナーで開け閉めができるタイプなど)のデザインを選ばれると長く使用できますので、予算を抑えたい方にピッタリです。

妊娠中はオシャレができない!?そんなことはない!マタニティファッションのポイントはここをチェック!

マタニティウェアにはどんな種類があるの?

2b62aa09c23f2c1f2ca926486d08e79c_s

初期(2~4か月)、中期(5~7か月)、後期(8~10か月)、出産後、というように一般的に4段階に分かれている場合が多いです。

一昔前と違い、普段の洋服を楽しむようにマタニティウェアも下着から上着まですべての種類があり、店頭やネットショッピングをみると、妊娠初期から出産後まで幅広いマタニティウェアが提供されています。

マタニティウェアと気づかないおしゃれなデザイン性の高いものもあります。また、フォーマル服や、出産の入院時にも着れるマタニティパジャマも販売されています。

着心地にこだわって100%コットンといった製品や、産後の骨盤サポートを目的としたショーツなど、用途に合わせて様々な種類があります。

妊娠中期以降になるとお腹の冷えや重さもずっしりとしてくるので、腰痛に悩まされる方も多いですが、腰の負担を和らげる妊娠帯も販売されています。

マタニティウェアの小技とおしゃれ

シンプルなものが多いマタニティウェアでどうやっておしゃれを楽しむかはなかなか難しいですよね。しかも一時期しか着ないものなのでお金をかけたくないところでもあります。

マタニティウェアのボトムスはゴムが入ったりアジャスターが付いたりしたものが多いですが、アジャスターだけの商品も実はあるのです。妊娠中期は手持ちのボトムスにアジャスターをつけて着用すれば、いつも通りのおしゃれを楽しめます

ct-019-1

 
>>アジャスターの詳細はこちら

その他にも、妊娠してもおしゃれを楽しみたい方には特にマタニティジーンズは、産後も着れる優れものです。上着がどうしても大きめのものになりますが、ボトムがすっきりしていると妊婦さんに見えないほどおしゃれです。

マタニティウェアと関連して、足のむくみも一般的な悩みとして出てくると思います。そんな時は着圧ソックスがお勧めです。あまりに着圧のきついものではなく、むくみ具合と足のサイズに合ったものを選ばれるとベストです。

冬に出産をされる妊婦さんには、やはり発熱綿が織り込まれたマタニティインナーは必需品です。お腹の冷えを予防するだけでなく、産後の授乳時(特に夜間は冷えが厳しいので)にも重宝します。

薄手でもきちんと暖かさをキープしてくれるので1着は必ず持っていたい服です。

また、小物類でおしゃれをするのも妊娠中のちょっとした技ですね。バッグやスカーフ・ストール・アクセサリーなどで個性を出しましょう。小物であれば出産後も使えるので便利です。

ただ、気をつけたいのはアクセサリーやジュエリーの類です。妊娠中は大いに使っていきたいですが、出産後はほぼ使えなくなると考えていいでしょう。なぜなら、赤ちゃんは首元や耳、髪の毛などにつけたアクセサリーをいじるのが大好きです。ネックレスを引きちぎられたり、ピアスを引っ張られたりしては大変です。

妊娠中には、出産後に楽しめなくなるアクセサリーやジュエリーを活用しておしゃれを楽しみたいですね。

周囲からお下がりをもらったりすることが多く、お金もあまりかけられないマタニティウェアですが、工夫次第でおしゃれに楽しむこともできます。授乳服との兼ね合いや、手持ちのゆったりした服との合わせやすさなどを考えて効率よく購入してくださいね。

プチプラから人気ブランドまでマタニティウェアを選ぶならここ!

  関連記事

育休中に2人目を妊娠!育休や産休はどうなるの?

職場復帰するつもりで育休をとっていたけれど、その間に2人目を授かってしまったとい …

妊娠中にローストビーフを食べてはいけない?妊婦はトキソプラズマに注意

妊娠前や妊娠中はママが食べるものにも注意していかなければなりません。食べ物の中に …

妊娠中の肩こりや腰痛に湿布やバンテリンは大丈夫?赤ちゃんへの影響は?

湿布で赤ちゃんに悪影響!?妊娠中の肩こりや腰痛はどうしたらいいの? 妊娠中は、お …

妊娠中の抗生物質を飲む際に、胎児に影響は大丈夫?妊娠初期は特に注意したい抗生物質の危険性とは?

妊娠から出産までの期間において、女性が留意するべき生活週間はとても多いものです。 …

反復流産は不育症?赤ちゃんを産むことはできないの?

妊娠を経験した女性の約10~15%が、流産経験者だということを知っていますか?受 …

妊娠中にMRI検査を受けても大丈夫って本当?時期によっても違う?

近年は働く女性が増えていることもあり、産休に入るまで仕事を続けるママも多いです。 …

HTLV−1にかかってしまったら赤ちゃんはどうなるの?予防法や対策は?

聞きなれない言葉ですがHTLV-1という感染症に妊婦さんは気をつける必要が! H …

妊娠中に食べた方がいい物は?妊娠中にどんな物を食べたら赤ちゃんにいいの?

妊婦さんに必要な栄養素がとれる食材とは? 妊娠中は元気な赤ちゃんを育てるためには …

むくみやすくなる妊娠15週目!早いと胎動が感じられる人も

妊娠15週の特徴は?突然の鼻血や身体のむくみの対処法についてもご紹介! 胎盤が完 …

妊娠中はオシャレができない!?そんなことはない!マタニティファッションのポイントはここをチェック!

妊娠中のおしゃれを楽しむためには着回しについてもチェックしてみましょう! 妊娠中 …