ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中のバストの変化に!マタニティブラの種類は?どう選べばいい?

   

妊娠前に比べて圧迫感がありませんか?

妊娠中に気をつけたいのが、下着の事情です。マタニティブラ、マタニティショーツなど妊娠中の体に合うものを選びたいですね。

今回はマタニティブラについてお話ししましょう。

マタニティブラの役割って?妊娠中の体の変化は?

妊娠すると、おなかが少しずつ大きくなるだけでなくママの体は産後に赤ちゃんを迎える準備を始めます。

とくに、産後に必要なのは赤ちゃんへの授乳です。授乳に備えて胸も少しずつ変化し、乳腺が発達することによってアンダーもカップもサイズが大きく変わります。アンダーは1サイズ、カップは2サイズくらい変わるのが平均的です。

妊娠前に女性が普段つけているブラジャーは、バストや体型を補正する役目が大きいので、妊娠中のバストが発達する時期に着用するには締め付けがきつめであると言えます。

大きくなったバストを支える役目、乳腺の発達を妨げない役目をするのがマタニティブラです。いろいろな種類があるので、選ぶのが難しいですが、記事を参考にして自分に合ったものを選んでくださいね。

いつから着るべき?マタニティウェアの注意点とおしゃれの小技

どんな種類があるの?好みに合ったものを選ぼう

マタニティブラには、大きく分けて以下の2種類があります。ブラジャータイプのものは、ノンワイヤーブラのようなものを思い浮かべるとわかりやすいです。ハーフトップタイプのものは、スポーツブラやナイト用のブラジャーのようなものです。

ブラジャータイプ

ブラジャータイプのものは、通常のブラジャーと比べて伸縮性がありますが、アンダーを支える機能もあり、バストを安定させます。バストが垂れてしまうのも防ぐことができるので、このタイプのものを普段は用いるといいですね。

bura

 

ハーフトップタイプ

ハーフトップタイプのものは、リラックス用と考えるといいでしょう。着用感や締め付けを感じさせないので、つわりがつらい時やおうちでゆっくりしたい時におすすめですね。素材も綿のものが多く、汗をかいても安心です。

10000016_21

 
どちらも、締め付けの点では普通のブラジャーよりもやさしいものなので、乳腺の発達を邪魔しません。両方を用意して体調に合わせて使用するといいでしょう。

>>マタニティブラジャーの詳細はこちら

人気のマタニティ通販サイトをご紹介!通販だからこそできるクオリティを楽しんで!

どうやって選ぶ?マタニティブラの選び方

マタニティブラは、妊娠中だけでなく授乳する時のことも考えて選びましょう。

まず気にしたいのは、ホックの伸縮性の点です。アンダーバストの大きさも変化するので、ホックが4段になっているものがいいでしょう。5センチ程度の変化であれば、アンダーのサイズが大きなっても対応できます。

カップの大きさも重要です。妊娠中にもバストは大きく変化します。妊娠初期と妊娠後期ではカップの大きさがとても変わるので、妊娠初期に購入するのであれば、妊娠後期のことも考えて購入する必要がありますね。

妊娠中期までには1カップから2カップ、妊娠後期までには3カップ近く変化するので、深めのカップで大きめのものを選びましょう。

ストラップの選び方は、着用感を大きく左右します。通常のブラジャーのような細いストラップのものでなく、幅広なストラップのものが主流です。なぜかというと、妊娠中に大きくなるバストをしっかりと支える必要があるからです。細いものに比べて、肩に食い込まず、肩から落ちたりもしないので安定感があります。

フロントホックの開閉方法は授乳時に重要になってきます。授乳スタイルに合わせて選ぶ必要があるので最初はわかりづらいかもしれません。具体的には、ホックがなくカップの部分をずらせば授乳できるもの、フロントの真ん中でカップが開いてバスト全体を出すことができるもの、ストラップの部分にホックがありカップが前に開くものなど、種類がたくさんあります。

妊娠中はわからないかもしれませんが、授乳していくうちに自分に合ったものが見つかるので、好みに合ったものを着用しましょう。

マタニティブラは、妊娠中から産後まで付き合っていかなければいけないマストアイテムです。赤ちゃんのためというよりも、ママの着用感や利便性を重視して選びたいですね。

急な体調の変化にも!マタニティショーツの意外な役割って?

  関連記事

妊娠中にも続けたい!妊娠時期別のストレッチ方法とは?

妊娠中は、ママの体型の変化が激しく、行動も制限されることから、運動不足に陥りがち …

妊娠判定が陽性なのに、胎嚢が見えない原因は何?

市販の妊娠検査薬の精度が上がったことで、産婦人科を受診する際には、陽性反応が出て …

妊娠中の服薬の副作用としておこる、催奇形性と胎児毒性について

市販薬の注意書きを読むと、妊娠中の服用を控えるように明記されているものが多いと思 …

妊娠中に運転しても大丈夫…だけど守ってほしいコトがあるんです!気を付けるべき行動や時期など

妊娠していても、車が必須の地域に住んでいたり、上の子や夫の送迎で車を運転しなくち …

つわりが酷くて身の回りのことが何も手に付かない時はどう乗り越えればいいの?

つわりの症状の出方は人それぞれで、その辛さは本人にしかわからないものです。 つわ …

妊娠初期の過ごし方はどうする?その注意点とは?

妊娠をすると体調が変化しやすくなる!妊娠初期に気をつけることをチェック 厚生労働 …

妊娠14週は妊婦らしい体型に!ストレスにも注意しよう

ストレスを感じると赤ちゃんにも悪影響が!妊娠14週に注意したいこととは? 多くの …

血液検査でC型肝炎に感染していることが判明!胎児への影響は?

妊婦健診では、定期的に血液検査を行っています。これは、お腹の赤ちゃんが健康に発育 …

妊娠中の海やプールは大丈夫?妊婦さんと水場の危険な点

できれば避けたい妊娠中の海やプール 妊娠中は、マタニティスイムなどでプールを利用 …

行動範囲が限られてまう妊婦生活!有効的な時間の使い方とは?妊娠中にするべきことは?

妊娠がわかるととても嬉しいもの。ですが、妊婦さんには食べていいものダメなもの、や …