ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

急な体調の変化にも!マタニティショーツの意外な役割って?

   

妊娠中のおなかをしっかり守ってあげましょう!

たくさんあるマタニティアイテムの中でも重要なのがマタニティショーツです。日々大きくなるおなかに合わせるという意味だけでなく、意外と大切な役割を持っているのです。

マタニティショーツの必要性、いつから履くといいの?、どんな種類のものを選んだらいいかなどの疑問にお答えしますね。

マタニティショーツは必要?役割と安心ポイント

妊娠初期のママの中には、妊娠前に履いていたいつもの下着ではいけないのかなという疑問をもつ人も多いのではないでしょうか。

マタニティショーツではない普通の下着は、体のラインを補正したりする目的で作られていたり、素材やデザインが見た目重視で作られています。つまり、妊婦さんにとっては、体を不必要に圧迫したり機能的でなかったりすることが多いのです。赤ちゃんのこと、ママ本人の体のことを考えると、マタニティショーツは必要であると言えます。

マタニティショーツが安心な点として、おなかを覆ってくれるというのがあります。普通の下着は浅履きなものが多いですが、マタニティショーツはおへその上まであって、おなかをすっぽりとカバーしてくれます。おなかを冷やしてしまう心配がありません。

また浅履きの下着はウエストのゴムがちょうど妊娠中期からのおなかのふくらみに当たってしまいがちです。圧迫感を感じてママにとって不快になるだけでなく、赤ちゃんにも不要なストレスを与えてしまいます。マタニティショーツは伸縮性のある素材でできているので、肌触りもやさしく安心です。

マタニティショーツデビューはいつからがいいの?

妊娠がわかったらマタニティショーツを履き始めるのが理想ですが、すぐに準備しないと!と焦る必要はありません。最近は妊娠しているかどうかわかるのが早いので、妊娠超初期の段階ではなかなか妊娠の実感や兆候が分かりにくいこともありますね。

だいたい妊娠3ヵ月から、おなかが少しふくらみはじめる妊娠4ヵ月の頃に向けてマタニティショーツを準備するのがよいでしょう

しかし、妊娠がわかったらマタニティショーツを履くのが理想であるというのには理由があります。マタニティショーツは、普通の下着よりも色がベージュや白など薄いものが多く、おりものや出血がわかりやすくできているのです。おなかに異変があったときにすぐに気づくことができるので安心です。

サイズは?素材は?マタニティショーツの選び方

マタニティショーツは普通の下着よりも大きめにできています。そのため、自分のサイズ以上に大きめのものを選ぶ必要はなく、普段がMサイズならMサイズのものを選びましょう。でも、おなかの大きさに合わせて、圧迫感を感じたり苦しいようなら臨機応変に対応するのがいいですね。

2015-10-20_140713

 
素材は綿のものがマタニティショーツの主流でした。最近はおしゃれなものが多く、普通の下着と同じようなレース素材のものもあります。色も肌色に近いものから黒系まであり、妊娠中のママのおしゃれを応援してくれます。

しかし、安心なのは綿素材で色の薄いものです。ちょっとおしゃれしたいかなというときのためにレース素材のものを用意してもいいですが、冷えなどを感じるようなら綿素材で汗を吸収しやすく温かいものを選びましょう

価格は1枚800円から1500円程度のものが多いようです。産前産後両方使えるものや、タレントプロデュースのおしゃれで機能的なもの、一分丈で冷えを防ぐものなど種類があるので、予算や好みで選ぶといいですね。

マタニティショーツは、機能の面だけ考えても妊娠中のママには必須のアイテムです。妊娠がわかってすぐのママにはピンとこないかもしれませんが、おなかが大きくなるにつれて必要になるときが来るのでしっかりチェックしておくことをおすすめします。

>>マタニティショーツの詳細はこちら

  関連記事

妊娠中の飛行機利用は何をどう気をつければいいの!?

妊婦さんによる飛行機の利用についてお話しします! 「妊娠中、飛行機は避けた方がい …

つわりのとき、吐き気止めなどの薬は飲んで大丈夫なの?

つわりがおきたときに吐き気止めの薬を飲んでも大丈夫なの?と疑問を抱くママは多いの …

卵管破裂の恐れもある子宮外妊娠!妊娠の約1%を占める子宮外妊娠の兆候や症状とは?

子宮外妊娠は早期発見が大切!兆候を見逃さないで 妊娠初期に発覚しやすいトラブルの …

妊娠中にまつげエクステをしても大丈夫?注意点はあるの?

妊娠中は肌が敏感になるので、メイクが辛いと感じる女性が多いものです。また、出産後 …

妊娠中や授乳中に帯状疱疹にかかったら、赤ちゃんに影響する!?

「帯状疱疹」という病名は知っていても、どんな病気かを説明できる人は、それほど多く …

血液検査でC型肝炎に感染していることが判明!胎児への影響は?

妊婦健診では、定期的に血液検査を行っています。これは、お腹の赤ちゃんが健康に発育 …

妊娠中の風邪はどうやって治せばいい? 赤ちゃんへの影響や病院にいくタイミングについて

妊娠中は女性ホルモンの分泌バランスが変わるので、免疫力が低下すると言われています …

B型肝炎を妊婦健診で調べるのはどうして?感染してしまったらどうしたらいい?

B型肝炎は妊婦さんが感染すると赤ちゃんにも感染してしまいます 妊婦健診の中で、B …

知らない人が多い!妊娠中にトキソプラズマに感染するとどうなるの?症状や妊婦さんへの影響とは?

具体的にどんな病気かよくわからないという人が多いのがトキソプラズマです 妊娠して …

手術よりも妊娠中絶薬のリスクは低い?入手方法とは?

妊娠は必ずしも喜ばしいことだけではありません。身体的、あるいは経済的に事情がある …