ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中に花粉症に薬を飲んでも大丈夫?薬を飲まずに対処する方法や症状にてついて知っておこう

   

花粉症の症状は、妊娠中のホルモンバランスの乱れなどが原因となり、妊娠前よりもひどくなることがあります。また妊娠をきっかけに発症してしまうひともいます。

ただでさえ体調が崩れやすい妊娠中に、花粉症でも悩まされるとなれば、ストレスもたまりますよね。そうなるとママ本人はもちろん、お腹の赤ちゃんにとっても良くありません。

少しでも症状を軽くするために、妊婦さんが飲める薬はあるのでしょうか?そこで今回は、妊娠中の花粉症対策や原因などを紹介していきます。

そもそも花粉症とは?

花粉症とは、植物の花粉が目や鼻などの粘膜に付着することにより、くしゃみ、鼻水、涙目や目の痒みなどを引きおこすアレルギー性の病気です。この病気は、実は誰にでも発症の可能性があるのです。

特に毎年2月~5月に飛散するスギやヒノキの花粉に反応を示す人が多く、その時期には天気予報でも花粉情報を提供していますよね。そんな花粉症はなぜおこるのか、ご存知でしょうか?

IgE抗体とは「コップに注がれる水」

まずはIgE抗体というものについて説明しましょう。これは、体内に侵入した異物を排除するために血液中につくられるもので、あらゆるアレルギーの引き金となっています。アレルゲン物質ごとに異なる種類のIgE抗体がつくられます。

この抗体が、人体にとって本来有害ではない物質に対して、過剰に反応するのです。それにより、くしゃみや鼻水などといった、異物を身体の外に追い出そうとする症状を引きおこすヒスタミンが大量に放出されてしまいます。

IgE値(抗体の濃度)はよく「コップに注がれる水」に例えられており、満杯になり溢れたときがアレルギー発症のタイミングというわけです。IgE抗体はアレルゲンの侵入のたびに作られるため、その頻度が高いとそれだけIgE値=発症の可能性が高まるのです。

コップの大きさは人それぞれで、また、その日の体調によっても変わってきます。ですから、なかには一生かけてもIgE抗体が限界量に達することなく、花粉症などのアレルギーを発症しないひともいます。

妊娠をきっかけに発症する?

妊娠すると、ママの身体はお腹の赤ちゃんの成長とともに日々変化します。

ホルモンバランスの乱れやストレスから体調を崩しがちになったり、体質や神経が過敏になることもあるでしょう。

さきほど説明したように、IgE値の限界量は体調によっても上下します。妊娠中は体力・免疫力も下がっていますから、妊娠前よりもアレルギー反応が出やすい状態といえます。妊娠してから花粉症になったというひとは、普段よりコップのサイズが小さくなったために、一気にIgE抗体が限界量に達してしまったのです。

妊娠中の花粉症の症状では、くしゃみ、鼻水、涙目に目のかゆみといったものがあげられます。一般的な症状とあまり変わりませんね。しかし妊娠する前とは症状のあらわれ方が異なる場合もあります。

今までは軽い症状で済んでいたひとが、妊婦になったことで飛散時期に過度なアレルギー反応をおこしてしまう事もあります。症状の内容自体は変わらずに重くなるケースのほか、頭痛や発熱がおこる場合もあります。

また妊娠中期から後期になると、くしゃみをすることでお腹に力が入り、張りを強く感じることもあるようです。

どの時期に強い症状・新しい症状があらわれるかにも個人差がありますし、花粉の飛散状況でも変わってきます。

花粉症じゃないなら血管運動性鼻炎かも?

妊娠することでホルモンバランスが変わり体質が変化することがあるのは、先ほどもお話ししたとおりです。

妊娠と体質の変化についての詳しいメカニズムはわかっていませんが、なかには「アトピーで悩んでいたのが妊娠後に治った」というような話も。

このように好ましい状態への変化ならよいのですが、花粉症などのアレルギーや、その他の病気を発症してしまうこともあります。

気になる症状があるときにアレルギー検査で陰性となった場合は「血管運動性鼻炎」というものにかかっている可能性もあります。

症状としては鼻の粘膜がむくんだり、くしゃみ、鼻づまり、鼻水などがあらわれます。そしてこの病気は季節の変わり目にも発症しやすいとされます。

判別のつかないときは一度耳鼻科を受診し、花粉症か血管運動性鼻炎か診断してもらうと安心ですね

妊婦さんが花粉症のときは胎児に影響する?

花粉症の症状でつらいときに「お腹の中で過ごす赤ちゃんへ影響があったらどうしよう」と不安に感じることもあるでしょう。しかし母体の花粉症による胎児への影響はありません。

くしゃみをすればお腹に力が入りますが、子宮の収縮に働きかけることはありませんし、また痛みを感じたときも、それは子宮周辺の筋肉からくるものなので心配いりません。

くしゃみでお腹に張りを感じたときは、しばらく体を休めて安静にすることをおすすめします。また、痛みが軽減できるくしゃみの仕方を工夫してみましょう。

花粉症は赤ちゃんに遺伝する?

花粉症などアレルギーで悩むママなら、胎児にも遺伝するのではないかという心配が出てくるかもしれません。たしかにアレルギー体質は親子間で遺伝しやすいといわれています。

しかし、100%遺伝するというわけでもありませんし、生まれてきた赤ちゃんの体質や、その後の生活環境により花粉症にかかる可能性も変わってきます。

いざその状況になってみなければ分からないものなので、あまり考えすぎないようにしましょう。もしかかったとしても、育つにつれ、症状を軽減させる治療方法も増えてきます。

妊娠中に花粉症の薬は飲めるの?

つらい花粉症を改善するために市販薬や処方薬などを使用する人は多いのではないでしょうか。

しかし妊娠中のママにとっての一番の心配ごとは、お腹の赤ちゃんの健康ですよね。もし薬によって悪影響があっては大変ですし、妊娠中には禁忌とされる薬もたくさんあります。

そこで、妊婦さんでも安心して飲める花粉症対策薬や服用可能な時期について、詳しく紹介していきましょう。

服用可能な時期や薬の種類は?

まず妊娠16週までは薬の影響が大きいとされるため、服用を避けましょう。それまではつらいでしょうが、お腹の赤ちゃんのためにも頑張って耐えてください。

16週以降であれば、産婦人科で相談して薬を処方してもうことが可能になります。耳鼻科へ行く場合には必ず妊娠中であることを伝えましょう。独自の判断で市販の薬をつかうのは危険なので、必ずお医者さんの指示のもと服用しましょう。

また目薬や点鼻薬であれば、局所的な使用となるため問題はないとされています。ただしプラノプロフェンといった成分が含まれているものは、出産を遅らせてしまうなどの影響があるので避けましょう。

それではまず、妊娠中の花粉症でも大丈夫な薬を紹介していきましょう。妊婦さんによく処方される薬は以下のようなものがあります。

小青竜湯などの漢方薬

漢方は「証」という体質別につくられており、自分の証に合ったものが処方されます。ですので、医師や薬剤師の判断で小青竜湯以外の漢方薬が出されることもあるでしょう。重篤な副作用はありませんが、血圧を上昇させてしまう、むくみをおこす、などの可能性があります。

また妊娠中には小青竜湯などの漢方薬に含まれる麻黄という成分が、交感神経を刺激して動悸がおこることもあります。先ほどの「証」の判別や副作用が出るかどうかの注意が必要なので、服用の際は必ず医師に確認しましょう。

ポララミン錠(抗ヒスタミン剤)

アレルギーをおこす原因となる物質の動きを抑える効果があります。副作用として強い眠気と喉の渇きが現れやすく、人によっては頭痛やめまい・吐き気などをおこす場合もあります。妊娠4ヶ月になるまでは、胎児の神経系と臓器をつくっている大切な時期なのでそれ以降に処方されます。

アレグラ(抗ヒスタミン剤)

くしゃみや鼻水など花粉症の症状全体に効果があります。副作用は頭痛や眠気、吐き気などがおこる可能性があります。ポララミン錠と同じく、妊娠初期の妊婦は服用することはできません。

妊娠中に気を付けたい花粉症対策薬も紹介!

次にあげる薬は、動物実験により危険性が高いとされています。

アレギサール(抗アレルギー薬)

アレルギーの原因となる物質が出てこないように抑える効果のある薬ですが、胎児の発育を妨げる可能性があるため妊娠中は使用してはいけません。

リザベン(抗アレルギー薬)

目の痒みなどアレルギー反応を抑える効果がある薬ですが、胎児に骨格異常の奇形を及ぼす可能性があるため妊娠中は使用してはいけません。

セルテクト(抗ヒスタミン剤)

くしゃみや鼻水に効果が高い薬ですが、胎児に合指症や指骨の形成不全など奇形の可能性があり妊娠中は使用できません。

花粉症に効果的なタラゴンはの妊娠中でも大丈夫?

薬以外にも抗アレルギー作用を持つものがあるのをご存知でしょうか。タラゴンというハーブです。タラゴンは精油として販売されているほか、フランス料理ではサラダやソースにも使われています。

精油はインターネットショップや、アロマオイルを扱う専門店で販売されており、鼻がスースーと通るようなフレッシュな香りがします。鼻づまりや鼻水がひどいときにその香りを嗅げば、鼻が通り、不快な症状を緩和できます。

ハンカチやハンドタオルに含ませて持ち歩けば、症状のつらいときに、いつでもその香りを嗅ぐことができ便利です。またその香りには吐き気をおさえる作用もあるため、つわりのひどい時期にもおすすめです。

タラゴンは香りを嗅ぐ方法に限り、妊娠中でも使用できるハーブです。ただし、タラゴンには女性ホルモンに働きかける作用もあるため、妊娠中の食事での摂取や肌への塗布、マッサージなどは避けてください。特に妊娠初期のそうした使用は禁忌とされています。

妊娠中の花粉症対策

妊娠の有無にかかわらず、花粉症対策の基本は花粉を寄せ付けないことが肝心です。まずはマスクや花粉症用のメガネを着用したり、帰宅時に必ず花粉を払うなど、簡単なところから習慣として実践しましょう。

また以下のようなことも意識すると、ずいぶん花粉症の症状が緩和されますので参考にしてくださいね。

規則正しい生活を送ろう

不規則な生活や過労、ストレスなどは自律神経を乱し免疫が低下してしまいます。よって花粉症の症状の悪化につながりますので、できるだけストレスはためずに規則正しい生活を心がけましょう。

乳酸菌やビタミンAを積極的に摂取しよう

ヨーグルトなどの乳酸菌が多く含まれる食品を摂取すると、腸環境が整い免疫力が高まります。腸や鼻の粘膜を守ってくれる作用があるビタミンAが豊富な緑黄色野菜などもオススメです。

しかし、妊娠中にビタミンAを過剰摂取するとお腹の赤ちゃんに先天性異常がおこる可能性が高くなりますので、妊娠初期のママは特に摂取量に気をつけましょう。

難しい…妊娠中のビタミンAは「過剰摂取しちゃダメ・でも適度に摂らなきゃダメ」なんです! | ハグー!
妊娠中は普段よりも体にいいものを食べたい!と気にする妊婦さんも多いですよね。しかし、体にいいものだからと言って食べ過ぎてしまっては逆効果なことも。 特にビタミンAの過剰摂取はお腹の赤ちゃんに奇形などの悪影響が出る恐れがあるんです。一方で、適切な量を摂ることで発育障害などのリスクが減るとも言われています。 しかし、過剰摂取ってどのくらいなのか、そもそもどんな食べ物が危険なのかわかりにくいですよね。そこで、気を付けたい食べ物の名前や適切な量、また赤ちゃんに影響が出る時期などをまとめました。 ビタミンAはどうして過剰摂取してはいけないのか? そもそも、ビタミンAには二種類あり、動物性由来の「レチノール」と、植物性由来の「βカロチン」です。 ビタミンといえば、ビタミンCのように摂りすぎても体外へ排出されてしまうイメージが強いのですが、それは「βカロチン」のみ。 レチノールは脂溶性ビタミンといわれる「脂に溶けるが、水には溶けにくい」性質を持っているので、多く摂取すると排出されずに体内に蓄積されてしまい、赤ちゃんの発育に悪影響を与えるといわれています。 このレチノールが多く含まれている食品は以下の通りです。 うなぎのかば焼き 牛・豚・鶏のレバー ぎんだら ほたるいか 特にレバーに関しては、貧血対策や鉄分摂取のために食べようと思う人が多いかもしれませんが、非常に多く含まれています。 特に鶏・豚のレバーは内閣府のガイドラインに沿うと一日に数グラムほどしか食べられないといわれていますので、避けた方がよいでしょう。 ちなみに、ビタミンAの過剰摂取による赤ちゃんの奇形としては、口蓋裂や水頭症などが例としてあげられます。特に水頭症などは非常に辛い病気ですので、やはり過剰摂取には気を付けたいですよね。 ビタミンAは植物性の「βカロチン」から摂取しよう 一方、過剰摂取を恐れるあまりにビタミンAを避けてしまうと、それはそれで赤ちゃんの発育に問題が出てくることがあります。 ビタミンAは、赤ちゃんの臓器や皮膚などの形成に作用する大事な要素なので、欠乏することで発育不全をおこすことも。 また、粘膜を強くして体の抵抗力を高める効果があるといわれていますので、免疫力が低下している妊娠中には、風邪をひきにくくするビタミンAは適量とっておきたいですよね。
妊娠中の花粉症で避けたい栄養素は?

花粉症時に避けたい食材として、ほうれん草、なす、タケノコやトマトがあります。これらはアレルギー反応をおこすヒスタミンを多く含んでいるので、食事の際には注意が必要です。しかし加熱調理をすることにより、ヒスタミンは消滅しますので、生食を避けるようにしましょう。

またバナナやパイナップル、モモ、リンゴなど、果物はアレルギー反応がおきやすい食材です。人によっては体調を崩したり、まれに重篤な反応があらわれることもあるため、アレルギー体質を自覚している人は控えたほうがよいでしょう。

そのほかインスタント食品やファストフードは栄養が偏り免疫力を低くするため適度な量に留めておきましょう。

またハムやソーセージなどの加工物には、食品添加物や刺激物質が含まれており、過敏な反応がおこることもあります。

部屋の中に花粉を持込まないようにしよう

空気清浄機を活用する、布団や洗濯物は外に干さない、など花粉を室内に持ち込まないようにしましょう。

外出時の服装にも気をつけよう

外出の際は感染症予防も兼ねてマスクをつけましょう。また髪の毛に花粉が付くのを防ぐため、帽子をかぶる、目に花粉が入ることを防ぐため花粉症用メガネをかける、など装飾品を活用すると効果的です。

そして服はできるだけツルツルとした素材のものを選ぶとよいです。気温が低く寒い時期にはナイロン製の上着がオススメです。

それにより花粉が洋服に付着しづらくなるので、鼻や口からも吸い込みにくくなるし、家の中へ持ち込むリスクも減らせるのです。

上手に妊娠中の花粉症を乗り切ろう

妊娠中は飲める薬が限られるなど、花粉症でつらい思いをしなければならないこともあるでしょう。しかし赤ちゃんにも安心な対策方法もあり、症状の緩和は充分可能です。

食生活や外出時の服装で工夫するなど、手軽に取り入れられる方法で、少しでもつらさを減らしていきましょう。

また花粉症の症状に効果的な市販薬や漢方薬は、ドラッグストアなど身近なところで販売されていますが、妊娠の可能性がある時や妊娠中の自己判断での服用は避けましょう。

胎児への影響や副作用の心配がありますので、服用前には必ず医師に相談しましょう。

妊娠中は何が何でも薬を飲んではいけないというわけではないので、症状がつらいときは、妊婦であることを病院に伝えた上で、適切な薬を処方してもらうようにしましょう。

また、あまりにもひどい症状を放置してしまうと、ストレスからお腹が張って「切迫流産や切迫早産」を引きおこしてしまう可能性もあります。決して無理をせず、産婦人科や耳鼻科で相談するなどして対処していけるとよいですね。

花粉症はつらいものですが、妊娠中でも上手に付き合って心に不安やストレスをため込まないように過ごしましょう。

  関連記事

2人目だと、1人目の時よりつわりが軽いって本当?

2人目の妊娠は、経験がある分、余裕をもって受け止められるママが多いのではないでし …

妊娠初期症状と妊娠5~15週の体調の変化、赤ちゃんの様子を時系列順にまとめました

・妊娠初期は気を付けたいことがたくさん!知っておきたい情報とは? ママの体の中で …

妊娠中の旅行の注意点&避けるべきスポットは?

旅行プランを考え中の妊婦さんへ!避けるべき場所・注意点を紹介します 授かり婚も珍 …

むくみやすくなる妊娠15週目!早いと胎動が感じられる人も

妊娠15週の特徴は?突然の鼻血や身体のむくみの対処法についてもご紹介! 胎盤が完 …

葉酸が多い食品と食材ってどんな物?妊娠中に必要な摂取量と効率的に摂る方法や調理法についてもご紹介

妊娠中の女性が必要な葉酸の量は1日480㎍とされていますが、妊活中と妊娠初期は1 …

つわりが酷い時に摂取したいビタミンB6の効果とは?妊娠中に必要な栄養素はほかにもある?

妊娠期間で多くの人が経験するトラブルである「つわり」。つわりにも様々な症状があり …

吐き気や眠気だけじゃない!「めまい」もつわりの症状だって知っていますか?

妊娠初期に多くの妊婦さんが苦しめられる、「つわり」。食欲がなくて常に気持ち悪い状 …

妊娠届出書はどのタイミングでもらうの?その方法とは?

妊婦健診には、健康保険が適用されません。そのため、地方自治体ごとに、様々な助成を …

多胎妊娠のママが経験する可能性があるバニシングツインって何?

みなさんは、「バニシングツイン」という言葉を聞いたことがありますか?双子の妊娠を …

妊娠初期の腹痛や下腹部痛って何が原因なの?痛み方によっては要注意!?

妊娠初期にあたる5~15週ごろは特に、ママの体にさまざまな変化が起こります。する …