ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中牡蠣は食べてもいいの?胎児に及ぼす影響や牡蠣を食べることのメリットは?

   

妊娠中はとてもデリケートな時期なので、食事に気を使う機会も増えますよね。その際に「妊娠中は牡蠣を食べないほうがよい」「妊婦さんは生牡蠣を控えたほうがよい」など、牡蠣に関する話はよく聞かれます。

実は、牡蠣には妊娠中に必要な栄養が多く含まれているのです。その反面、食べる際に注意が必要であるため、上記のような話を耳にするのかもしれませんね。

そこで今回は、妊娠中のママでも牡蠣で必要な栄養を補給するために、妊娠中の牡蠣の食べ方や影響について、また牡蠣を食べる際の注意点など詳しくご紹介していきましょう。

妊娠中は牡蠣を食べてもよい?

結論から言うと、牡蠣は妊娠中に食べても問題はありません。冒頭でご説明したとおり、牡蠣は「海のミルク」とよばれるほど栄養満点なので、ぜひ取り入れてほしい食材のひとつといえるでしょう

そのため産院によっては妊娠中の病院食として、カキフライがメニューで出されることもあるようです。

しかし「妊娠中に牡蠣を食べてはいけない」と噂される点についても、きちんと理由があります。以上のように加熱処理された牡蠣であれば問題はありませんが、生牡蠣は避けたほうがいいとされています。

生や半生の牡蠣には、ノロウイルスや大腸菌、腸炎ビブリオなどが付着している可能性があり、調理をせずに食べると食中毒にあたってしまう危険性があるのです。

また妊娠中でなくても、牡蠣を食べることで「貝毒」を摂取してしまい、お腹を壊す原因になります。牡蠣にも個体差があるため必ずしも症状を引きおこすとは限りませんが、一般的には5個以上の牡蠣を食べると下痢になりやすくなると言われています。

したがって妊娠中のデリケートな時期は、万が一のことを考えて1日3個程度にとどめておくとよいでしょう。

妊娠中に牡蠣を食べたことによる胎児への影響は?

妊娠中は少量の牡蠣を食べるぶんには胎児への影響はありませんが、1日にたくさん食べてしまうのは注意が必要です。

牡蠣に含まれるビタミンAと水銀の過剰摂取

まず牡蠣には、ビタミンAや水銀といった成分が含まれています。これらは妊娠中に過剰摂取してしまうと、胎児への影響が大きいと言われています。

ビタミンAは胎児が奇形になるリスクを高め、水銀は聴覚神経への問題を引きおこす可能性があるといわれています。

しかし、そちらの成分も過剰摂取した場合におこるリスクであり、牡蠣に含まれる二つの成分は非常に少ないため、大量に食べることを避ければ問題ないでしょう。

貝毒による下痢や嘔吐にも注意

牡蠣を食べた際に食中毒や貝毒などにあたっても、これらが対胎盤に通って直接影響を及ぼすことはありません。

しかし症状としておこる下痢や嘔吐などは、子宮収縮を伴うことがあるため注意が必要です。これが原因となって早産や流産に繋がる可能もあります。

妊娠中に牡蠣を食べるメリットは?

ここまで妊娠中に牡蠣を食べる際の注意点を述べてきましたが、牡蠣は栄養価が高く、特に妊娠初期に必要な栄養素がたくさん含まれています。食べ過ぎなければ妊婦さんにもおすすめの食べ物だといえます。

以下にて、妊娠中のママにも嬉しい牡蠣に含まれる成分をご紹介していきましょう。

葉酸

まず牡蠣には妊娠中にはうれしい「葉酸」が豊富に含まれています。大体牡蠣100gあたり40g含まれています。

葉酸は胎児の細胞分裂を促すほか、脳や神経など中枢神経系の基礎となる神経管の合成をする働きをもっているので、特に妊娠初期に必要な栄養素だといえます。

亜鉛

また牡蠣には「亜鉛」も豊富に含まれています。亜鉛は牡蠣100gあたり13.2mg含まれており、亜鉛も胎児の細胞分裂を促すはたらきを担っています。

さらに亜鉛は、中枢神経系をはじめ、免疫系や知能の発育にも欠かせない栄養素であり、妊娠中は積極的にとりたい栄養素だといえます。

ただし妊娠中における亜鉛摂取量の上限は11mgとされているため、やはり妊娠中は2~3個程度にとどめておくことが望ましいでしょう。

DHA・EPA

さらに牡蠣には「DHA・EPA」も含まれています。これは魚介類に含まれ、胎児の脳の発達を促します。このDHAは記憶や判断力、学習機能を司る「海馬」という部分に多く存在することがわかっているため、脳細胞の活性化にもつながります。

また目の網膜にも多く存在しているため、視力の構成にも大きな役割を果たします。

そのほかにも、ミネラルやグリコーゲン、カルシウム、タウリンといった妊娠中に必要な栄養素をたくさん含んでいるので、食中毒や一日の摂取量などに気を付ければ、妊娠中にもぜひ取り入れたい食材です

妊娠中、どうしても牡蠣を食べたい!牡蠣を加熱調理すれば大丈夫?

牡蠣には妊娠中に嬉しい栄養がたくさん含まれているので、自宅でも安全に食べたいと考えるママも多いでしょう。

そこでまず大事なのは、加熱調理を行うことです。食中毒を引きおこすウイルスは、85度以上の熱で1分間、中心部分まで加熱することにより死滅します。

また生牡蠣を家で加熱調理する際には、半生の状態にならないよう注意しましょう。市販のものには、「生牡蠣用」と「加熱用」と2種類ありますが、どちらが食中毒を引きおこしにくいということはないそうです。そのため、どちらにしてもしっかりと加熱調理を行いましょう。

中心部分まで加熱させるポイントとしては、最低でも3分間しっかりと火を通すことです。カキフライの場合は、5分程度揚げるとよいでしょう。

そして貝毒については加熱調理を行っても、対処できないという特徴があります。さらに種類によっては水に溶ける性質があり、貝毒を含んだ牡蠣の煮汁でもあたってしまうことがあるようです。

しかし貝毒は都道府県ごとに徹底した検査が行われ、貝毒を含むものが出荷されないように配慮さています。そのため貝毒によって不調を引きおこす確率は、非常にまれといえるでしょう。

妊娠中、一度に多く取りすぎなければ、牡蠣は食べても大丈夫!

妊娠中の牡蠣は生牡蠣や半生を控えれば、妊娠中に必要な栄養素が豊富に含まれているので、ぜひ取り入れたい食材でしょう。そのため食べるときはしっかりと加熱調理して食べることが大切です。

秋冬から春にかけて牡蠣の旬となるため、寒い季節を迎える時期にはお鍋などに入れて、しっかりと熱を加えながら楽しむのもおすすめですね。しかし、ついつい美味しくて食べすぎてしまうことのないように注意しましょう。

その際に牡蠣を選ぶときは、人が海などから採ってきたものを直接受け取るのではなく、都道府県で検査されたものを選ぶことが大切です。

これらをきちんと守ることで妊娠中も安心して牡蠣を食べられるうえに、牡蠣は胎児の成長にも有効な食材といえます。生活に上手に牡蠣を取り入れて、妊娠生活を送りましょう。

  関連記事

妊娠中の水分補給!何を飲んだほうがいい?控えるべき飲み物は?

妊娠中は水分不足になりがちです。ママの身体は、血液を水分で薄めて赤ちゃんに栄養を …

妊娠初期の流産の原因は何?種類と症状を知っておこう!

流産とは、妊娠22週以内に妊娠が終了してしまうことをいいます。とても悲しい出来事 …

せっかく買ったのに合わなかった…じゃもったいない!マタニティウェアの失敗しない選び方とは?

妊娠中はマタニティウェアがおすすめ!その選び方についてご紹介します マタニティウ …

妊娠後期の辛い肩こりの原因と対処法を知っておこう!

それまでは経験がなかったのに、妊娠後期のママが肩こりに悩むようになるのは、よくあ …

妊娠中の旅行の注意点&避けるべきスポットは?

旅行プランを考え中の妊婦さんへ!避けるべき場所・注意点を紹介します 授かり婚も珍 …

マタニティマークはどこでもらえる?マークをつけることで危険な目にあうことも!?

マタニティマークの配布場所やカバンなどにつける際の注意点とは? 出典:厚生労働省 …

つわりのとき、吐き気止めなどの薬は飲んで大丈夫なの?

つわりがおきたときに吐き気止めの薬を飲んでも大丈夫なの?と疑問を抱くママは多いの …

妊娠中にひじきを食べるのがよくないとされる理由は何?

かつての日本では、妊娠中の女性に対し、「ひじきには鉄分やミネラル、食物繊維が豊富 …

乳がん治療に使われているフェマーラ(レトロゾール)が不妊治療に効くって本当?

不妊治療の一環として、排卵誘発剤が使われることがあります。「フェマーラ(レトロゾ …

妊娠14週は妊婦らしい体型に!ストレスにも注意しよう

ストレスを感じると赤ちゃんにも悪影響が!妊娠14週に注意したいこととは? 多くの …