ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

せっかく買ったのに合わなかった…じゃもったいない!マタニティウェアの失敗しない選び方とは?

   

妊娠中はマタニティウェアがおすすめ!その選び方についてご紹介します

マタニティウェアには様々な種類があります。そのため、選び方を間違えてしまうとせっかく購入したものの合わなかったということも考えられるのです。

そのようなトラブルを避けるためにも、マタニティウェアの失敗しない選び方についてご紹介するので参考にしてみてくださいね。

基本的な選び方のポイント

妊娠した後になぜマタニティウェアを着るのかというと、これはお腹が大きくなっていくため普通の服だと窮屈になってしまうからです。そのため、マタニティウェアの基本的な選び方として考えたいのが、ゆとりのあるもの選ぶということ

締め付けが強いと感じるものは体に合っていないということになります。特にトップスはゆとりがあるものを選んだ方が良いでしょう。

マタニティウェアとして販売されているものはどれもゆるめに作られているのですが、ゴムで調整されているのかボタンで調整されているのかなどは商品によって違います。

まだそれほどお腹が大きくなっていないのであれば、きつくないワンピースなども着られるでしょう。ママにとって窮屈だと感じる服は赤ちゃんにとっても窮屈です。赤ちゃんがゆったりとのびのび成長するためにもゆとりのある服を選びましょう。

試着してから選ぶのがおすすめ

マタニティウェアを購入したものの、実際に着てみたらイメージと違っていたというケースは珍しくありません。これはマタニティウェアに限った事ではありませんが、見た目のイメージと着てみたイメージが全く違うこともありますよね。

特にマタニティウェアは自分で着てみないと体のラインがわかりにくかったりするので、必ず試着した上で選ぶと良いでしょう。

インターネット通販でマタニティウェアの購入をしようと思っている方も購入者の口コミを確認した上で検討した方が良いです。

マタニティウェアは必ず必要?

妊娠したら必ずしもマタニティウェアを購入しなければならないのかというとそうではありません。実際に妊娠前に購入していた服で間に合わせるという方もいるようです。特にゆったりとしたワンピースなどは妊娠中も大活躍してくれます。

ですが、妊娠前に着ていたパンツやスカート類は徐々にきつくなってくるため、無理をしてそういったものを着続けるのはおすすめできません。こういったものを着続けてしまうとお腹周りの血行が悪くなり、赤ちゃんに悪い影響をもたらしてしまうことがあるのです。

妊娠中にしか着られないものを購入するのはちょっと…と思ってしまう方もいるかもしれませんが、マタニティウェアの中には妊娠後も引き続き着続けられるようなデザインのものも数多くあります

何となくもったいないような気がしてマタニティウェアの購入を悩んでいる方はそういった商品を選ぶと良いでしょう。また、2人目、3人目を希望しているのであれば、ある程度買いそろえておいた方が妊娠生活が快適なものになります。

  関連記事

妊娠中はシミができやすい!日焼け予防に力を入れよう!

妊娠中には、気を付けなければならないことがたくさんあります。その中の一つが日焼け …

胎盤とは?完成する時期や役割、健康的な胎盤を作る方法をチェック

胎盤といえば、赤ちゃんが健康的に育つために欠かせないものということは、多くの方が …

赤ちゃんの小頭症のリスクを上げるジカ熱とは?症状や治療などについて

ブラジルで流行しているジカ熱というものが話題になっています。これは、蚊を媒体にし …

何度も流産をくり返す習慣性流産は治療できる?出産することは可能?

妊活中のママの中にも、妊娠すればそのまま出産できると思いこんでいる人は、案外多い …

いつから着るべき?マタニティウェアの注意点とおしゃれの小技

ママも赤ちゃんも負担がかからないのがいいですね 赤ちゃんができたら気になるのが、 …

妊娠中にてんかん発作がおこると、お腹の赤ちゃんに影響する?

てんかんを持病に持っている女性にとって、赤ちゃんは欲しいけれど、病気が遺伝しない …

妊娠中は車の運転を避けるべき?運転する場合の注意点とは?

妊娠初期はいざ知らず、お腹が大きくなってからも、住んでいる地域や仕事の状況によっ …

これもダメ?妊娠中にやってはいけない意外なこと!

赤ちゃんのことを第一に考えて! 妊娠中どうしても気にしてしまうのが、体に無理をか …

乳がん治療に使われているフェマーラ(レトロゾール)が不妊治療に効くって本当?

不妊治療の一環として、排卵誘発剤が使われることがあります。「フェマーラ(レトロゾ …

妊娠中の貧血原因はこれだった!?葉酸欠乏症ってなに?

葉酸は妊娠前の妊活中から、積極的に摂取したい成分のひとつだといわれています。それ …