ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

せっかく買ったのに合わなかった…じゃもったいない!マタニティウェアの失敗しない選び方とは?

   

妊娠中はマタニティウェアがおすすめ!その選び方についてご紹介します

マタニティウェアには様々な種類があります。そのため、選び方を間違えてしまうとせっかく購入したものの合わなかったということも考えられるのです。

そのようなトラブルを避けるためにも、マタニティウェアの失敗しない選び方についてご紹介するので参考にしてみてくださいね。

基本的な選び方のポイント

妊娠した後になぜマタニティウェアを着るのかというと、これはお腹が大きくなっていくため普通の服だと窮屈になってしまうからです。そのため、マタニティウェアの基本的な選び方として考えたいのが、ゆとりのあるもの選ぶということ

締め付けが強いと感じるものは体に合っていないということになります。特にトップスはゆとりがあるものを選んだ方が良いでしょう。

マタニティウェアとして販売されているものはどれもゆるめに作られているのですが、ゴムで調整されているのかボタンで調整されているのかなどは商品によって違います。

まだそれほどお腹が大きくなっていないのであれば、きつくないワンピースなども着られるでしょう。ママにとって窮屈だと感じる服は赤ちゃんにとっても窮屈です。赤ちゃんがゆったりとのびのび成長するためにもゆとりのある服を選びましょう。

試着してから選ぶのがおすすめ

マタニティウェアを購入したものの、実際に着てみたらイメージと違っていたというケースは珍しくありません。これはマタニティウェアに限った事ではありませんが、見た目のイメージと着てみたイメージが全く違うこともありますよね。

特にマタニティウェアは自分で着てみないと体のラインがわかりにくかったりするので、必ず試着した上で選ぶと良いでしょう。

インターネット通販でマタニティウェアの購入をしようと思っている方も購入者の口コミを確認した上で検討した方が良いです。

マタニティウェアは必ず必要?

妊娠したら必ずしもマタニティウェアを購入しなければならないのかというとそうではありません。実際に妊娠前に購入していた服で間に合わせるという方もいるようです。特にゆったりとしたワンピースなどは妊娠中も大活躍してくれます。

ですが、妊娠前に着ていたパンツやスカート類は徐々にきつくなってくるため、無理をしてそういったものを着続けるのはおすすめできません。こういったものを着続けてしまうとお腹周りの血行が悪くなり、赤ちゃんに悪い影響をもたらしてしまうことがあるのです。

妊娠中にしか着られないものを購入するのはちょっと…と思ってしまう方もいるかもしれませんが、マタニティウェアの中には妊娠後も引き続き着続けられるようなデザインのものも数多くあります

何となくもったいないような気がしてマタニティウェアの購入を悩んでいる方はそういった商品を選ぶと良いでしょう。また、2人目、3人目を希望しているのであれば、ある程度買いそろえておいた方が妊娠生活が快適なものになります。

  関連記事

吐きつわりにはズバリ「生姜」がおすすめ!生姜の効能とおすすめ簡単レシピ

妊娠初期のつらいつわり…早く終わってほしい気持ちでいっぱいになりますが、なかなか …

プレママでもディズニーに行きたい!避けるべき期間・アトラクションとは?

妊娠中のディズニー、おすすめシーズンやNGアトラクションの紹介! 妊娠中の体は、 …

妊婦は熱中症になりやすいので注意!対策も確認を

いざという時のために妊婦の熱中症対策について知っておきましょう 暑い時期に特に注 …

妊娠初期にげっぷって、つわりなの?その対処法は?

妊娠がわかってから、何だかげっぷの回数が増えていると感じているママは、案外多いの …

妊娠中に漢方薬は飲んでもいいの?時期によって違うの?

妊娠中のママの身体は、女性ホルモンの分泌のバランスが急激に変化するため、免疫力が …

デング熱とはどういった病気?妊婦や赤ちゃんが感染したらどうなるの?ハッカ油を使った虫よけ対策方法も教えます!

テレビでも騒がれたデング熱について詳しく知りましょう テレビなどでもかなり話題に …

妊娠中でも海外旅行に行きたい!その注意点とは?

挙式・披露宴から新婚旅行までにブランクがあったり、授かり婚の場合、妊娠中でも海外 …

流産を引きおこすこともある胞状奇胎の原因と治療法とは?

赤ちゃんを授かるのはとても喜ばしいことですが、中には異常妊娠を経験するママもいま …

妊娠中は刺身や生ものを食べちゃいけないって本当?

日本では昔から、妊娠したら刺身や生ものを食べない方がよいといわれています。とはい …

妊娠中の抗生物質を飲む際に、胎児に影響は大丈夫?妊娠初期は特に注意したい抗生物質の危険性とは?

妊娠から出産までの期間において、女性が留意するべき生活週間はとても多いものです。 …