ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

その喉の痛み、妊娠初期症状かも!?薬を飲むのはちょっと待って!

   

妊娠するとつわりを始めとする、さまざまなマイナートラブルに悩まされることは有名ですね。多くの人が経験するのは吐き気やむくみ、妊娠線等ありますが、人によって体質が違うようにマイナートラブルもいろいろ。

たとえば頭痛や関節痛など本当に風邪とそっくりな症状が出ることがあり、風邪だと勘違いしてしまう妊婦さんが多いのです。なかでも、これからの季節に特に気に掛けて欲しいのが「喉の痛み」です。

空気が乾燥し始め、ウイルスも流行するこの季節、喉の違和感=風邪と思ってしまいがちですが、もしかしたら妊娠初期症状かもしれません。

そこで今回は、妊活中の人に知ってもらいたい、妊娠初期症状と喉の痛みの関係性についてお話ししていきます。

どうして妊娠初期に喉が痛くなるの?いつまで続く?

妊娠と喉の痛みという、一見何の関係もなさそうな二つの出来事。あまり聞いたことがありませんよね。しかし多くのママに妊娠初期に喉のトラブルがあったかと聞くと、「そういえば喉が痛かった!」「確かに喉に異物感があった!」と答える人が多くいます。

経産婦ですら妊娠と無関係だと思うくらい些細な症状なのであまり話題になりませんが、見落とされやすさ№1の妊娠初期症状の一つだと言えるでしょう。

妊娠初期に喉が痛くなるメカニズムは、はっきりとは言い切れません。しかし最もよく言われるのがホルモンバランスの影響です。排卵後のいわゆる高温期と呼ばれる期間はプロゲステロンという黄体ホルモンが分泌されます。

プロゲステロンは妊娠を継続させるために重要な役割を担うホルモンで、妊娠希望者にとってはとてもありがたいものですが、それと同時に精神不安定・頭痛や肌荒れなど引きおこす月経前症候群(PMS)の原因とも考えられています

そしてプロゲステロンは月経前だけではなく、着床するとその働きはますます活発に!体内で高温期がずっと続いている状態になるので、なんだか熱っぽい…と感じる人が多いのも、これが理由です。

この着床に伴う急激なホルモンバランスの変化から、喉の痛みを始めとする、頭痛やだるさなど、多くの風邪に似た症状が出ると考えられています。

しかし、ずっとは続かないので大丈夫です。一般的には15~20週くらいで高温期も落ちつきますから、その頃には症状も緩和されると言われています。

風邪と妊娠初期症状を見分ける方法はある?

上記の通り、プロゲステロンによって風邪のような喉の痛みが出てしまう妊娠初期。しかし残念ながら、それが本当にホルモンバランスの変化によるものか、風邪なのか、この二つの違いを素人がはっきりと見分けることは難しいと言えるでしょう。

基本的に風邪による喉の痛みは、ウイルスや細菌に攻撃されたことによって喉が炎症をおこしている状態です。反対に着床によるホルモンバランスの乱れで引きおこされる喉の痛みは、高温期が維持されることが原因なので、直接的な喉の炎症などはないと言えるでしょう。

しかし妊娠中は免疫力が下がることから、ウイルス等にとてもかかりやすい時期。特に、もともと喉が弱い等の体質の人は、喉へのウイルス攻撃を一層受けやすくなります。

「妊娠初期症状で熱っぽいのかと思ったら、本当に風邪だった!」なんてことになってしまうと困りますから、違和感のある人は早めに病院を受診しましょう。もちろん妊娠の可能性があることは必ず医師に伝えてくださいね。妊婦でも問題のない漢方などを処方してくれますよ。

妊婦でも大丈夫!辛い喉の痛みに効く方法

薬に頼れない妊娠中は「おばあちゃんの知恵袋」的な民間療法がいちばんです。昔からある代表的なものをあげておくので、妊婦だけでなく授乳中の人もぜひ参考にしてみてくださいね。

生姜を摂る

身体を中から温めてくれる生姜は、喉にも効くことで有名。代謝を良くしてくれ、つわりにも効果的だと言われています。トライするなら癖がない生姜紅茶などが手軽でおすすめです。最近はスーパーで一回分毎に小分けになった顆粒の生姜湯も売られています。

蜂蜜レモン・蜂蜜大根

昔から喉の痛みといえば蜂蜜ですね!紅茶やミルクに入れたり、直接舐めてもOKですが、レモンや大根を蜂蜜に漬け置く蜂蜜レモン&蜂蜜がおススメです。

お湯で割ってドリンクにしても良いですし、出てきたシロップをそのままスプーンで口に運んでも美味しいです。冷蔵庫で保管しておくとひんやりとして、喉がすっきりします。

加湿器やマスクで保湿する

喉の痛みには乾燥が大敵!軽い喉の痛みならば、喉の保湿をしっかりと行うだけで解消することも。最近はアロマ加湿器やマスクにスプレーするアロマミストもたくさん出ていますから、つわり対策アロマを選ぶのも一石二鳥です。

うがい

原始的ですが、予防にもなり喉の爽快感が得られるうがい。特に、殺菌効果の高い緑茶や塩水でのうがいが効果てきめんです。このとき、うがい薬を使いたくなってしまいますが、商品によっては妊婦にはあまりおススメできない成分が入っていることもあるので、避けた方が良いでしょう

玉ねぎ

玉ねぎを切るときに目にしみる原因となる硫化アリルという成分ですが、硫化アリルには殺菌効果や炎症を抑える効果があります。

シンプルに玉ねぎの匂いを嗅ぐのでも良いですし、半分に切って枕元に置いて寝るという方法もあります。硫化アリルは熱に弱いので、生の玉ねぎでやるようにして下さいね。

喉の痛みを悪化させるNG習慣

それでは逆に、喉の痛みを悪化させてしまう習慣についてもご紹介していきましょう。

煙草

妊娠中はもちろん煙草を辞めると思いますが、妊婦が吸わなくても周囲の煙草の煙でも喉を痛めます

旦那さんにも煙草をお休みしてもらい、カフェなどでも禁煙席を利用するようにしてなるべく煙の影響を受けないようにしましょう。

刺激物の摂取(カフェイン、炭酸など)

少量ならば問題ないと言われていますが、カフェインを多量に含むような飲物は喉に強い刺激を与えます。

炭酸飲料もすっきりして飲みたくなりますが、これも喉にとっては刺激物。回復を妨げることになりますから、ほどほどにしましょう。同様に、熱すぎる飲物なども粘膜にダメージを与えてしまいます。

睡眠不足

寝不足による疲労は扁桃腺の回復が遅らせます。寝室を加湿し、良い睡眠をたっぷりとるように心掛けましょう。

大きな声を出す

大きな声を出して喉に負担をかけてしまうことは炎症の原因にもなります。マスクを着用し、痛みを感じるような行動は控え、喉を休めてあげましょう。

風邪薬を飲んじゃった…赤ちゃんに影響はある!?

妊娠4~7週は赤ちゃんの臓器が作られる「器官形成期」と言われ、この時期の投薬は特に控えるように言われています。

そうは言っても、妊娠二カ月では生理が若干遅れている程度の時期なので、妊娠に気が付かずに薬を飲んでしまう人も多いようです。

しかし、よほど成分の強い薬や大量摂取でもない限り、赤ちゃんに大きな影響があるとは考えられていません

むしろ薬を飲んだことで自分を責めるストレスの方が心配ですから、あまり責任を感じすぎないように注しましょう。不安な人は、薬の名前を控えて産婦人科医に相談してみてくださいね。

妊娠を希望する人は、自分の身体の変化に敏感になろう

いろんな人がいるように、妊娠中の症状も多種多様です。同じママでも、第一子と第二子の時では全く違うマイナートラブルが現れるということも良くあります。

どんな育児書を読んでも、正解はありません。もし妊娠を希望して避妊をしていないのであれば、自分の身体により一層関心を持ち、小さな変化を見逃さないようにしましょう。

自分を大切にすることは、赤ちゃんを慈しむことですから、無理しないようにして下さいね。

  関連記事

妊娠中にてんかん発作がおこると、お腹の赤ちゃんに影響する?

てんかんを持病に持っている女性にとって、赤ちゃんは欲しいけれど、病気が遺伝しない …

妊娠中にいきなり発症…妊婦さんを襲うアナフィラキシーショックの恐ろしさとは

アナフィラキシーショックという言葉を知っていますか?スズメバチに刺されたり、アレ …

妊娠初期にげっぷって、つわりなの?その対処法は?

妊娠がわかってから、何だかげっぷの回数が増えていると感じているママは、案外多いの …

鉄分補給したいママ必見!ヘム鉄と非ヘム鉄の違いとは

妊娠中のママは、貧血がおこりやすいものです。それは、お腹の赤ちゃんの成長に必要な …

妊婦健診補助券を有効活用!自己負担額を減らすコツとは?

妊婦健診補助券は、女性が妊娠したと確定して産婦人科や助産院で妊婦健診の際に使用す …

妊娠初期の過ごし方はどうする?その注意点とは?

妊娠をすると体調が変化しやすくなる!妊娠初期に気をつけることをチェック 厚生労働 …

プレママのうちに知っておきたい!乳幼児医療費助成制度のこと

乳児に限らず、子どもは成長の過程でケガや病気を避けて通ることはできません。そんな …

鉄分が豊富なレバーを、妊娠中に食べてはいけない理由は?

妊娠中に、鉄分不足になってしまうママは多いものです。鉄分が豊富な食材といえば、真 …

つわりが酷くて身の回りのことが何も手に付かない時はどう乗り越えればいいの?

つわりの症状の出方は人それぞれで、その辛さは本人にしかわからないものです。 つわ …

つわりのとき、吐き気止めなどの薬は飲んで大丈夫なの?

つわりがおきたときに吐き気止めの薬を飲んでも大丈夫なの?と疑問を抱くママは多いの …