ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

なってしまった時に慌てないために!知っておきたい、切迫流産の本当の話

   

切迫流産は流産とは違う!切迫流産についてしっかり知っておこう

8d377bbd9900a901138cc0ccf752fc48_s

「切迫流産」と聞いた時、あなたはどんな状態をイメージしますか?「もう赤ちゃんが助からない」と思ったのだとしたら、それは間違いです。

切迫流産はまだ赤ちゃんが流れていない状態なので、いち早く対処することで赤ちゃんの命を守れる可能性が高いです。

とはいえ、完全な予防法はなく、自覚症状があったらすぐに病院に行くしかありません。そこで、切迫流産とは何か、何が原因でおこるのか、どんな前兆があるのか、治療方法はどんなものかについて紹介します。

切迫流産というのはどんな状況のこと?原因は?

流産とは、妊娠22週未満で妊娠が終わってしまうことを言います。妊娠したにも関わらず、着床できなかったり、お腹の中で赤ちゃんがなくなってしまうのです。ですが、切迫流産とは、妊娠21週6日までの間にお赤ちゃんが子宮の中に残っているのに流産しそうになっている状態のことです。

つまり、流産しかかっている状態のことなので流産しているわけではありません。完全に流産となってしまうと妊娠継続は不可能ですが、切迫流産であれば赤ちゃんを救える可能性があります。

流産のほとんどが妊娠初期におこるのですが、切迫流産もその例にもれません。とはいえ、妊娠12週までに切迫流産になった場合、有効な薬はないとされており、どのお医者さまも経過観察しながら対処することになります。

そう聞くと不安になるママも多いと思いますが、妊婦さんのうち約15%には流産の経験があるといわれています。神経質になりすぎず、冷静に対処するしか、妊娠を継続できる方法はありません。

妊娠して初期の頃の流産の原因は赤ちゃんの染色体異常なことが多いのですが、切迫流産になると原因もいろいろ考えられます。

  1. 体の冷えや疲れ、ストレス
  2. 多胎妊娠
  3. 子宮の中が炎症をおこしている
  4. 胎児の染色体異常
  5. 子宮筋腫、子宮頸管無力症、絨毛幕羊膜円などの病気

こういったことが原因で切迫流産になってしまうことも多いようです。

切迫流産の前兆や症状にはどんなものがあるの?

切迫流産は、流産が始まろうとする状態をさします。妊娠初期はお腹の張りに気づかないママも多く、前兆として出血がおこります。出血といっても鮮血ではなく、下着に茶色のおりものがつく、薄いピンクの出血がある、尿に血が混じる、生理のような出血があるなど、出る症状には個人差があります。

出血と同時に下腹部痛を感じるママもいるので、妊娠初期に出血が疑われたら、すぐに病院で診察を受けましょう。特に、鈍い下腹部痛が長く続く場合は、注意が必要です。また、切迫流産の症状として、腰痛が出るママも多いです。

子宮が大きくなる過程で、下腹部痛や腰痛がおこることもあるのですが、妊娠初期は用心するに越したことはありません。軽い痛みであれば様子をみるという選択肢もありますが、自己判断せずにお医者さまに電話で相談してみましょう。

切迫流産の治療はどんなふうに行われるの?

切迫流産は、早期発見することで、妊娠を継続できる可能性が高まります。切迫流産したママの約半数が、その後に無事に赤ちゃんを出産したというデータもあるので、まずは病院で診察を受けることが大事です。

とはいえ、妊娠12週までに切迫流産がおこった場合、有効な治療法はなく、安静にしているしかありません。切迫流産の原因は、お腹の赤ちゃんの染色体異常だった場合は、残念ながら助けられないこともあります。

痛みや出血がひどい場合には入院することもありますが、基本的には自宅安静といわれることが多いです。また、子宮の収縮が強いなどの重い症状の場合は止血剤や収縮抑制剤などを投与して医療措置をとります。子宮内に血腫があることで切迫流産しかかっている場合は、安静にすることでおさまることがあるので、お医者さまの指示に従いましょう。

切迫流産と診断されたら絶対に安静にしよう!

安静に過ごすことが重要!

切迫流産で自宅安静を言い渡されたときは、トイレと食事以外はベッドで横になって過ごすのが基本です。家事や仕事はもっての他で、重いものを運んだり、長時間立つ、歩くということも好ましくありません。

症状が軽い時には、普段通りの生活をするように指示するお医者さまもいるようですが、出血や痛みがあるうちは無理は禁物です。パパやそのほかの家族の協力を得たり、家事代行サービスをお願いするなど、自宅で横になって過ごせる環境をつくりましょう。お腹に負荷がかかるような動作は厳禁なので気をつけましょう。お医者さまの指示をきちんと守れば、無事に出産できる可能性が高まるはずです。

お風呂はどうしたらいい?仕事は?

お風呂やシャワーも医師の指示を仰いだ方がいいでしょう。仕事をしている人は、安定するまでは仕事を休むようにしてください

切迫流産になってしまう原因の一つにストレスがありますが、仕事などでストレスがかかっているとやはり負担になってしまいます。

切迫流産になってしまっても神経質になりすぎないで!

赤ちゃんがお腹にいると考えると、ちょっとのことでも神経質になってしまいがちですが基本的に毎日健康的に過ごしていくことが一番です。

出血があったり、腹痛があるなどの異常があればすぐに医師に診察してもらうことで、切迫流産になったとしてもきちんと対処してもらえます。あまり焦らず穏やかに過ごしていくようにしましょう。

  関連記事

妊娠初期にげっぷって、つわりなの?その対処法は?

妊娠がわかってから、何だかげっぷの回数が増えていると感じているママは、案外多いの …

妊娠初期に感じるお腹の張りと注意したいこととは?

待望の赤ちゃんを妊娠したことがわかって、つわりを感じ始めるようになるころ、下腹部 …

あせもと勘違いしがちの汗荒れ。原因を知り、適切に対処しよう!

汗でかゆみを伴う発疹が出るのは、すべて「あせも」だと思っていませんか?実は、あせ …

妊娠中にフルーツを食べるのがおすすめって本当?食べるときの注意点はある?

妊娠中は、お腹の赤ちゃんのことを考えて、摂取する栄養や体重管理を気にかけながら、 …

妊娠中にまつげエクステをしても大丈夫?注意点はあるの?

妊娠中は肌が敏感になるので、メイクが辛いと感じる女性が多いものです。また、出産後 …

妊娠中に運転しても大丈夫…だけど守ってほしいコトがあるんです!気を付けるべき行動や時期など

妊娠していても、車が必須の地域に住んでいたり、上の子や夫の送迎で車を運転しなくち …

絨毛膜下血腫は妊娠初期におこりやすいって本当?お腹の赤ちゃんへの影響は?

安定期に入る前の妊娠初期に出血がみられると、赤ちゃんに何かあるのではないかと、心 …

もしかしてつわり?つわりの主な症状とは?

妊娠をするとつわりという現象がおこります。その症状として吐き気やおう吐といったも …

妊娠中のネイルはお腹の赤ちゃんに影響する?する場合の注意点は?

日ごろからネイルを楽しんでいる女性の中には、妊娠したからといって、その習慣をなく …

上の子の断乳前に妊娠してしまった!授乳は続けて大丈夫?

女性の身体は、授乳中は妊娠しにくいといわれています。ですが、生理が再開して夫婦生 …