ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中はカンジダ膣炎になりやすい!?予防法や対策を知ってならないように気をつけよう

   

妊娠中は特にこのカンジダにかかりやすいので注意が必要です!

07e39f7b07dc958679814b14609649a5_s

女性にとって、結構悩んでいる人も多いのがカンジダ膣炎ではないでしょうか。カンジダ膣炎は、体力がなくなったりするとかかりやすいものですが、デリケートな部位の症状ですし、辛い場合もあってなかなか人に相談するのも難しいものです。

そんなカンジダ膣炎なのですが、実は妊娠中にはとてもかかりやすくなってしまうと言われています。カンジダ膣炎がずっと続いてしまうと出産の時に赤ちゃんに影響が出てしまう場合もあるのでしっかりと治しておきたいですよね。

そんなカンジダ膣炎になってしまう原因や対策、治療法、赤ちゃんへの影響などを調べてみました。

カンジダ膣炎の原因と妊婦さんのかかりやすさ

カンジダ膣炎というのは、真菌という一種のカビが膣の中で増えてきて炎症をおこすもの。カンジダ真菌そのものは、私たちの体の中で常在菌として存在しています。

体が健康で元気な時には全く影響はないのですが、疲れがたまって抵抗力が落ちている時や、体調不良、ストレスなどで増殖し、炎症がおこるのです。

膣の中は、普段は酸性に保たれていて、雑菌などの繁殖を抑えるようにになっています。妊娠するとホルモンのバランスが崩れて、膣の中がアルカリ性に傾いてしまうことでカンジダ真菌が増えやすくなってしまうのです。

妊婦さんは妊娠中は総じて抵抗力が低い状態になっているのでカンジダにかかりやすいんですよね。さらに妊娠の初期は、つわりなどで体調も悪く体力を消耗します。さらに免疫が弱ってきてしまうので、カンジダを発症する環境が揃ってしまうのです。

カンジダ膣炎の症状は?

主なカンジダ膣炎の症状は、外陰部のかゆみと織物の増加です。普段のオリモノはさらっとしていますが、カンジダにかかってしまうとカッテージチーズのようなポロポロとしたものに変化します。

外陰部は熱を持ち、ひどくなると腫れてくることもあるほどです。かゆみもひどく、夜も眠れないほどの痛痒さに参ってしまう人も多いんですよね。

ひどくなると日常生活にも影響が出てきてしまうので、カンジダにかかってしまったらなるべく早く診察を受けるようにしましょう

妊娠時のカンジダ膣炎の影響は?

妊娠中のカンジダ膣炎は、お腹の中の赤ちゃんに影響があるわけではないのですが、出産の時にカンジダ膣炎になっている場合は注意しましょう。

というのも、赤ちゃんが生まれてくる時に産道を通る際にカンジダ真菌に感染してしまう恐れがあるのです。

赤ちゃんがカンジダ真菌に感染すると、鵞口瘡と言って赤ちゃんのお口の中や股が白くなってしまったり皮膚炎やおむつかぶれが酷くなるなどの症状が出ます。

そのため、妊娠後期に入ったらカンジダ膣炎にかからないようにする努力をしたり、かかっている場合には治療を急いでおく必要があります。

カンジダ膣炎を防ぐためには

カンジダを防ぐには、何と言っても清潔にすることです。蒸れを防ぐようになるべく下着を通気性のいいものに変えたり締め付けがないものを選ぶようにしましょう。

食事や睡眠が不規則になりがちな妊娠中ですが、体力がなくなってくるとカンジダにかかる危険性が高まります。しっかりと休養をとり食事もとって健康的でストレスを溜めないような生活を心がけましょう

つわりの時には、食事を取るのも辛いものですがなるべく栄養があって食べやすいものを口に入れるようにしましょう。

カンジダになってしまったら、いち早く婦人科で見てもらい処置してもらうことが大切です。症状がひどくなっていればそれだけ完治するのに時間がかかります。毎日の生活でカンジダ膣炎になりにくい状態をキープしつつ、かかってしまったら早く病院に行くようにしたいですね。

  関連記事

足の痙攣は血行の悪化が原因!おなかの痙攣は?

足のしびれや痙攣、だいじょうぶ? 妊娠初期には、体にそれまでとは違う変化がたくさ …

スモークサーモンにはリステリア菌が!妊娠中の妊婦は食べてはいけない?

妊娠中は、生肉や刺身は避けておいた方が良いと言われます。これは、加熱されていない …

鉄分が豊富なレバーを、妊娠中に食べてはいけない理由は?

妊娠中に、鉄分不足になってしまうママは多いものです。鉄分が豊富な食材といえば、真 …

妊娠初期に茶色のおりものが出る原因と対処法とは?

茶色のおりものが正常かどうかをチェックする方法 妊娠初期に、これまで見たことがな …

妊娠初期症状と妊娠5~15週の体調の変化、赤ちゃんの様子を時系列順にまとめました

・妊娠初期は気を付けたいことがたくさん!知っておきたい情報とは? ママの体の中で …

経膣エコーと経腹エコーって何が違うの?いつからできるの?

妊婦健診では、超音波検査(エコー検査)が行われます。これは、体内に送った超音波が …

つわりが酷い時に摂取したいビタミンB6の効果とは?妊娠中に必要な栄養素はほかにもある?

妊娠期間で多くの人が経験するトラブルである「つわり」。つわりにも様々な症状があり …

胎盤とは?完成する時期や役割、健康的な胎盤を作る方法をチェック

胎盤といえば、赤ちゃんが健康的に育つために欠かせないものということは、多くの方が …

妊娠初期に飲んでいい薬と飲んではいけない薬って何?飲んでしまった場合の影響とは?

少しでも頭が痛いと感じたら頭痛薬を飲んだり、ビタミン剤を飲んでいるという人は多い …

妊娠すると今までの口内ケアではダメ?適切な方法とは?

妊娠すると体にいろいろな変化がおこりますが、口の中も例外ではありません。妊娠した …