ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中の肩こりや腰痛に湿布やバンテリンは大丈夫?赤ちゃんへの影響は?

   

湿布で赤ちゃんに悪影響!?妊娠中の肩こりや腰痛はどうしたらいいの?

妊娠中は、お腹の赤ちゃんを支えるためやホルモンバランスの変化によって肩こりや腰痛に悩まされることが多いものです。そんな時、手軽で頼りになるのが湿布やバンテリンなどです。

しかし、市販の湿布の中には使用上の注意として「妊婦、または妊娠していると思われる人は使用しないこと」と決められているものがあります。こんな注意書きがあると、湿布を使うのも怖くなってしまいますよね。また、今まで気付かず使ってしまっていた方もいるのではないでしょうか?

今回は妊娠中に湿布やバンテリンを使うリスクや注意点、どんな商品や成分を選べばいいのかについて、詳しくご紹介します。

どうして妊婦さんに湿布が危険なの?

湿布で肩こりや腰痛が治まるのは、湿布に含まれる強力な消炎鎮痛剤が素早く皮膚に吸収され血管の収縮を促し、痛みの元になっている炎症がこれ以上広がらないように食い止めてくれるからです。

しかし、この血管の収縮が、お腹の赤ちゃんに栄養を運ぶ動脈管という血管まで収縮させてしまい、赤ちゃんの心臓を止めてしまう可能性があるのです。実際に、妊娠後期にモーラステープという湿布を使用して赤ちゃんが動脈管収縮や肺高血圧症になった事例も報告されています。

これは血管収縮作用のある「ケトプロフェン」という成分によるものと考えられています。この報告から、2014年3月に厚生労働省は「ケトプロフェンは妊娠後期の妊婦には使用を禁止する」と定めました。

こういった湿布が原因の重篤な症状が100%おこるというわけではありませんが、お腹の赤ちゃんのためにできるだけ使用を避けることをおすすめします。

赤ちゃんのために避けた方がいい湿布の成分と副作用とは?

湿布に使われている消炎鎮痛剤の種類は1つではありません。妊婦さんにとってリスクがある成分と、その副作用を詳しく見てみましょう。

ボルタレン

ボルタレンは筋肉や関節の痛みを和らげてくれる効果がありますが、妊娠中はやはり注意が必要です。

妊娠中の使用では、動脈管の収縮・閉鎖、羊水過小、徐脈(不整脈の一種)のリスクが、出産が近い時期に使用すると、動脈管開存症、胎児循環接続、乏尿のリスクが高まる可能性があります。

実際にボルタレンの投与が原因で赤ちゃんが心停止するという悲しい報告もあり、現在は妊娠中のボルタレンは使用禁忌とされています。

インドメタシン

ボルタレンと同じく、炎症、熱、痛みを抑える強力な効果がある成分です。

妊娠後期に使用で、胎児循環接続、動脈管開存症、胎児腸穿孔、胎児腎不全、羊水過少症がおきたと報告されています

その他にも早期出産となった新生児には、壊死性腸炎、頭蓋内出血、消化管穿孔などのリスクも指摘されています。

ケトプロフェン

炎症をしずめ、痛みをやわらげる作用があります。主にテープに使用されています。

妊娠中期に使用すると羊水過小、妊娠後期では胎児動脈管収縮が報告されており、妊娠後期の妊婦さんには使用禁忌に指定されています

湿布薬の選び方はどうすればいいの?

では、湿布薬はどのようにして選べばいいのでしょうか?一番は、かかりつけの産婦人科の医師に相談したうえで、医師に処方してもらうことです。

なぜなら湿布薬には種類によって、妊娠初期なら使用して問題のない成分が含まれているものや、妊娠中期でも、この成分が入っていないなら大丈夫などといったように、時期に応じて使用可能な湿布が様々にあるからです。

自分の妊娠周期や症状を明確に医師に伝えれば、症状に応じた湿布薬を処方してくれますよ。

薬局で売っている湿布はどれが使えるの?

ただ、処方していもらった湿布のストックが無くなってしまったり、病院を受診する時間が確保できなかった場合、近所にあるドラッグストアや薬局で市販薬を購入したいと思うこともあるはずです。では、薬局で湿布を購入する際にはどんなところを気をつければいいのでしょうか?

市販薬でも、湿布薬には色々な種類のものが用意されています。強い効果のある湿布薬や、刺激の弱い湿布薬など様々です。また、湿布薬の裏には配合成分が記載されているので、「妊娠又は妊娠していると思われる人は使用しないこと」といった注意事項を書いてくれているものもあります。

そこで、ここでは市販されている湿布のうち、どれが使えてどれを避けるべきなのか、具体的な製品名とともにご紹介します。

第1類医薬品の湿布は高リスクで妊婦さんは使えない

第1類医薬品とは、副作用のリスクが高く必ず薬剤師が対面して販売しなければいけない医薬品です。

製品名

フェイタスZ、ジクロテクト、ボルタレンACなど

第2類医薬品は医師・薬剤師に相談が必要

第2類医薬品は、1類ほどではないけれど副作用のリスクがあり、薬剤師に相談して購入することが前提とされている医薬品のこと。

妊婦さんや赤ちゃんにとって使用してはいけない成分を含む湿布もあるので、購入の前には必ず薬剤師さんまたはかかりつけの医師に相談しましょう。

製品名

パスEX、バンテリンハップ、アンメルシン、アンメルシンサロンパスEXなど

第3類医薬品なら妊娠中でも安心して使用できる

薬剤師不在でも登録販売者がいれば販売できるのが第2類医薬品です。登録販売者のいるコンビニやスーパーでも販売されていることがあります。

副作用のリスクがとても低く、基本的に妊婦さんでも使用することができます。

製品名

サロンパスA、サロンパスローション、アンメルツヨコヨコ、腰痛パテックス、パテックスうすぴたシップなど

しかし妊娠中でも使用できる湿布の商品名を忘れてしまったり、どの湿布なら大丈夫か不安があるような場合には、薬剤師さんに確認してから購入するようにしましょう。

湿布以外で肩こりや腰痛を改善することもできる

以上のように、湿布薬には様々な種類、様々な成分があることがわかりました。妊娠中は本当に身体が言う事を聞かなくなりますし、身体にトラブルもおきやすいものです。

肩こりや腰痛の原因で最も多いのが、血行不良からくる冷えと、筋肉を酷使している2つのケースです。妊婦さんはホルモンバランスの乱れから体が冷えやすく、お腹が大きくなるにつれて肩・背中・腰に負担がかかります。

こういった肩こりや腰痛は湿布だけでなく、以下のような対処法で改善することができます。

温める

血行不良や冷えが原因で痛む場合は、蒸しタオルやホッカイロなどで温めてあげると痛みが軽減します。

日ごろからストレッチや軽い運動をする

妊娠中は体が重くて動くのもおっくうになりがちですが、あまり動かないでいると肩こりや腰痛を悪化しやすくなります。無理してまで運動する必要はありませんが、マタニティヨガやマタニティスイミング、近所を散歩するなど、ちょっとした運動を習慣にしてみましょう。

これらをしてもどうしても身体の痛みが取れない場合や、ひどくなる一方の場合は、独自の判断は絶対に控えて、必ずお医者さんや薬剤師さんに相談をしましょう。

その時期に合った湿布を使用するようにしてくださいね。

  関連記事

妊娠初期の過ごし方はどうする?その注意点とは?

妊娠をすると体調が変化しやすくなる!妊娠初期に気をつけることをチェック 厚生労働 …

プレママのうちに知っておきたい!乳幼児医療費助成制度のこと

乳児に限らず、子どもは成長の過程でケガや病気を避けて通ることはできません。そんな …

妊娠中に牛乳を飲んではいけない?注意点もご紹介!

妊娠中にカルシウム摂取のために牛乳を飲むのは良いこと?悪いこと? 人間の体にとっ …

デング熱とはどういった病気?妊婦や赤ちゃんが感染したらどうなるの?ハッカ油を使った虫よけ対策方法も教えます!

テレビでも騒がれたデング熱について詳しく知りましょう テレビなどでもかなり話題に …

なってしまった時に慌てないために!知っておきたい、切迫流産の本当の話

切迫流産は流産とは違う!切迫流産についてしっかり知っておこう 「切迫流産」と聞い …

妊娠中に葬儀に参列してもいい?その際のマナーとは?

妊娠中のママでも、身近な人を亡くすことはあります。体調を考えると、妊娠中の葬儀の …

妊娠中はカンジダ膣炎になりやすい!?予防法や対策を知ってならないように気をつけよう

妊娠中は特にこのカンジダにかかりやすいので注意が必要です! 女性にとって、結構悩 …

パパの助けが必要!つわりが酷い、そんなときにパパができること

つわりは人によって重さは異なるものの、妊婦さんの大多数が経験するものです。新しい …

妊娠超初期のアルコール摂取で胎児に影響はある?妊娠に気づかずお酒を飲んでいた場合は大丈夫?

妊娠超初期とは妊娠0~4週を指し、生理予定日前なので妊娠していても自覚症状のない …

寝ても寝ても眠い…。眠りつわりと戦う方法とは?

妊娠すると、いつも以上に睡魔に襲われたり、眠気に勝てなかったりする日がありますよ …