ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中に注意すべきタンパク尿とは?症状や対策について理解しよう

   

タンパク尿が出てしまった場合早めに対策を取らなければなりません!

妊娠中はタンパク尿にも注意しなければなりません。妊婦健診の際に尿検査をしますよね。

その際に尿の中からタンパク質が検出されてしまうとタンパク尿という扱いになってしまいます。そこで、タンパク尿についてきちんと知って、できれば予防に努めましょう。

タンパク尿とは?

健康な人であれば尿にタンパク質がまざるようなことはありません。これは、心臓が血液をろ過する際に血液の成分やタンパク質は必要なものとして排出しないように機能しているからです。

ですが、腎機能が低下してしまった場合、本来であれば排出されてはいけないはずのタンパク質が尿に混ざってしまうことがあります。

なぜ妊娠するとタンパク尿が出やすくなってしまうのかというと、妊娠中は自分の血液だけでなく、赤ちゃんの血液もろ過しなければならないからです。

つまり、妊娠中はろ過しなければならない血液の量が増えるということ。そうなると腎臓の負担が増え、処理しきれなかった分がタンパク尿として出てきてしまうのです。

タンパク尿になるとなにが問題?

医師からタンパク尿だと言われてもなかなかピンときませんよね。なぜ尿からタンパク質が出てしまうと良くないのでしょうか。その大きな問題ともいえるのが妊娠高血圧症候群のサインとしてタンパク尿が出る場合があるからです。

妊娠高血圧症候群とは、ママだけでなく赤ちゃんも危険な状態に繋がってしまうことがある症状で、高血圧やむくみ、タンパク尿といったサインが現れます。

常位胎盤早期剥離という出産前に胎盤がはがれる症状も妊娠高血圧症候群によって引きおこされることがあるため、タンパク尿が出てくると非常に警戒しなければならないのです。

医師からタンパク尿について説明される際には「プラス(陽性)」や「マイナス(陰性)」といった表現がされます。これは、1+、2+、3+、4+の順番で症状が重くなり、正常な時は「マイナス(陰性)」です。

「+-(プラスマイナス)」と言われた場合は陽性であることが疑われるということになるのですが、+-(プラスマイナス)や1+が出ただけではそれほど緊急性はありません。

というのも、妊娠中はタンパク尿が出やすい状態であるため、疲れが溜まっただけで+-プラスマイナスや1+が出てしまうこともあるからです。

妊娠中のタンパク尿対策

まず、食事から摂取する塩分を控えることが大切です。塩分をたくさん摂りすぎてしまうとタンパク尿が出やすくなってしまうので、毎日の食生活を見直してみましょう。

ジャンクフードやラーメンの食べ過ぎなども塩分の摂取量が増えることに繋がってしまうため、注意しなければなりません。今は高血圧に悩む人が増えているため、減塩ができるレシピや調味料などもたくさん出ているのでそういったものも取り入れてみると良いですね。

また、甘いものを食べ過ぎるのも避けた方が良いです。腎臓に負担をかけることにも繋がってしまうので、医師からタンパク尿に注意するように言われた場合などは気をつけなければなりません。それから、疲れを溜めすぎないことも大切です

一度タンパク尿が出てしまうとなかなか改善しないことも多いので、タンパク尿を指摘されてから慌てるよりも普段から塩分や糖分の取りすぎに注意し、ヘルシーな食生活を心がけると良いでしょう。もしもタンパク尿の症状がなかなか良くならなかったり、悪化してしまった場合には精密検査を行わなければなりません。

精密検査を行うことで妊娠高血圧症候群の早期発見にもつながります。ただ、妊婦健診をさぼっている方などは正しいペースで尿検査が行えず、タンパク尿に気づくのが送れてしまうこともあるため、妊婦健診は必ず決められた頻度で行いましょう。

  関連記事

妊娠12週は食べ過ぎによる体重増加に注意!

体が落ち着いてくる時期ではありますが、だからといって食べ過ぎないように この頃か …

妊娠初期に出血、その原因とは?なかには大きなトラブルの兆候も

妊娠中は粘膜が充血しやすく、ちょっとした刺激でも出血が起こりやすい状態です。実は …

夫のサポートが必須!妊娠中の妻のために夫ができること

妊娠中の女性を旦那さんはしっかりサポートしてあげましょう 妊娠は女性1人だけのも …

知らない人が多い!妊娠中にトキソプラズマに感染するとどうなるの?症状や妊婦さんへの影響とは?

具体的にどんな病気かよくわからないという人が多いのがトキソプラズマです 妊娠して …

妊娠中牡蠣は食べてもいいの?胎児に及ぼす影響や牡蠣を食べることのメリットは?

妊娠中はとてもデリケートな時期なので、食事に気を使う機会も増えますよね。その際に …

妊娠中は車の運転を避けるべき?運転する場合の注意点とは?

妊娠初期はいざ知らず、お腹が大きくなってからも、住んでいる地域や仕事の状況によっ …

妊娠8週は赤ちゃんが胎児に!顔などのパーツも出来上がってくる

赤ちゃんは胎芽から胎児に!その時期に感じやすい体調の変化などをご紹介します。 妊 …

妊娠中にいきなり発症…妊婦さんを襲うアナフィラキシーショックの恐ろしさとは

アナフィラキシーショックという言葉を知っていますか?スズメバチに刺されたり、アレ …

赤ちゃんの小頭症のリスクを上げるジカ熱とは?症状や治療などについて

ブラジルで流行しているジカ熱というものが話題になっています。これは、蚊を媒体にし …

妊娠中に漢方薬は飲んでもいいの?時期によって違うの?

妊娠中のママの身体は、女性ホルモンの分泌のバランスが急激に変化するため、免疫力が …