ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中の高熱にはどう対処したらいい?病院に行くタイミングは?

   

妊娠中に高熱が出てしまうといろいろ心配になってしまうもの…。

妊娠中は妊娠していない時期に比べて体に様々な変化が現れやすくなりますが、妊娠中の高熱に高熱が出てしまうと心配ですよね。

ママに高熱が出てしまうと、赤ちゃんにも何らかの影響があるのではないかと不安になってしまう方も多いはず。そこで、妊娠中の高熱の注意点などについてご紹介します。

風邪が原因で高熱が出てしまった場合

風邪をひくと高熱が出てしまうことがありますが、これは体内に侵入したウイルスを追い出そうとして体が体温を上げているからです。高熱だけでなく、鼻水や咳、くしゃみといった症状も現れます。

発熱時の対応についてですが、これはどれくらいの熱が出ているかによって違ってくるので注意しましょう。風邪のような症状が出た場合、それほど熱が高くないのならば安静にして過ごすだけで数日で体調場合良くなることが多いです。

ですが、38度以上の高熱が出てしまった場合には気をつけなければなりません。あまりにも高熱が続いてしまった場合、お腹の中の赤ちゃんにも影響が考えられます。

妊娠中の発熱と赤ちゃんへの影響について

軽い風邪であればそれほど熱も高くなりませんが、38度~40度といった高熱が続いてしまった場合、羊水の温度が上がってしまうことも考えられます。それだけでなく、風邪の症状がひどくなると激しい咳が出てしまうこともありますよね。これがお腹を圧迫することにも繋がってしまう場合があり、症状がひどいと赤ちゃんの酸欠状態にも結びついてしまうのです。

特に、病院側から切迫流産や切迫早産のリスクが高いと言われている方は注意しなければなりません。咳止めを飲んだりしながら対策を取りましょう。ただ、どの薬を飲むか自己判断で決めてしまうのはおすすめできません。妊娠中には飲めない薬もあるので、市販薬を選ぶよりも病院を受診して薬を処方してもらった方が良いでしょう。

すぐに病院を受診する方もいますが、軽い風邪くらいの症状であればしばらく自宅で様子を見るのがおすすめです。というのも、病院には病気の方がたくさん集まっているわけなので、インフルエンザなどの感染症にかかってしまう可能性もありますよね。

37度くらいの発熱であれば病院に行くよりも自宅で安静に過ごしておいた方が良いでしょう。ただ、何日経っても症状が良くならなかったり38度以上の熱が出た場合にはマスクを着用した上で病院を受診するのがおすすめです。

切迫早産の原因や対策は?早産のリスクを回避するために知っておきたいこと

高熱が出てしまった場合の対処法

風邪をひいたらとにかく安静にしておくことが大切です。軽い風邪をひいた場合、妊娠していない時期であればそれほど気にせず普段通りに過ごしてしまう方も多いでしょう。しかし、妊娠中は免疫力が低下しています。そのため、自分では体調がそれほど崩れていないと感じていたとしても、簡単にこじらせしまうこともあるのです。

発熱がある間は脱水症状にならないように注意しましょう。妊娠中に脱水症状がおきてしまうとママだけでなくお腹の赤ちゃんにも大きな悪影響が考えられます。

高熱が出てしまうと食欲も落ちますが、食事がとれないとしても水分補給だけは忘れないようにしたいですね。妊娠中は安易に薬を飲むことができないため、できるだけ食事から栄養を取り、早めに症状が改善できるようにしましょう。

気をつけなければならないこととして、風邪と思っていたもののなかなか症状が良くならないという場合には風邪以外の病気が隠れている可能性も考えられます。症状が長引いたり、悪化する場合には勝手に風邪だと決めつけずに病院を受診しましょう。

特に強力なウイルスに感染してしまった場合、流産を招いてしまうこともあるため、自分の体調変化には常に敏感な状態になっておかなければなりません。

なってしまった時に慌てないために!知っておきたい、切迫流産の本当の話

  関連記事

戌の日に水天宮をお参りする際のマナーとは?

初めて妊娠したママが、戌の日に水天宮にお参りに行くように、双方の実家に促されるこ …

妊娠中に牛乳を飲んではいけない?注意点もご紹介!

妊娠中にカルシウム摂取のために牛乳を飲むのは良いこと?悪いこと? 人間の体にとっ …

妊娠中の海やプールは大丈夫?妊婦さんと水場の危険な点

できれば避けたい妊娠中の海やプール 妊娠中は、マタニティスイムなどでプールを利用 …

溶連菌は子供だけの病気じゃない!妊婦さんがかかると危ない理由と対策など

溶連菌感染症という言葉を知っていますか?子供がかかりやすい病気のひとつで、かかる …

これもダメ?妊娠中にやってはいけない意外なこと!

赤ちゃんのことを第一に考えて! 妊娠中どうしても気にしてしまうのが、体に無理をか …

妊娠中の旅行の注意点&避けるべきスポットは?

旅行プランを考え中の妊婦さんへ!避けるべき場所・注意点を紹介します 授かり婚も珍 …

夫のサポートが必須!妊娠中の妻のために夫ができること

妊娠中の女性を旦那さんはしっかりサポートしてあげましょう 妊娠は女性1人だけのも …

マタニティマークはどこでもらえる?マークをつけることで危険な目にあうことも!?

マタニティマークの配布場所やカバンなどにつける際の注意点とは? 出典:厚生労働省 …

気づかないと母子ともに危険がある、子癇前症の原因と治療法とは?

妊娠は喜ばしいことですが、妊娠特有の病気を発症するリスクを常に抱えているものです …

妊娠中に温泉はNGではない!妊娠中こそ温泉のススメ

プレママの温泉、アリなの?ナシなの? 「旦那と二人っきりで過ごす思い出に、温泉旅 …