ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中に生卵を避けたほうがいいと言われる理由とは?サルモネラ菌の危険性について

   

妊娠中には生卵はNGとされていますが、その理由や心配されることとは?

妊娠中は様々な食べ物に注意しなければなりません。注意が必要な食材の中には、私たちの食生活にとって非常に身近なものもあるため、NG食材について知っておくことが非常に大切です。

その中の一つが生卵。普段からよく口にしているという方が多いかと思いますが、妊娠中は生卵を食べないほうがいいとされています。

妊娠中に生卵を食べてはいけないのはなぜ?

なぜ妊娠中に生卵を食べてはいけないのかというと、サルモネラ食中毒の危険性があるためです。サルモネラ菌といえば食中毒の原因としても知られている菌で、感染してしまうと激しい腹痛や嘔吐、吐き気、発熱などに繋がってしまうことがあります。

妊娠中にNGとされている食材の中には母体が感染することで胎児も感染の危険性がある食材もありますよね。ですが、生卵の場合はサルモネラ菌が胎児に直接感染するようなことはありません。しかし、激しい腹痛などが原因で子宮が収縮し、早産などに繋がってしまうことが心配されているのです。

また体調不良が大きなストレスに繋がってしまい、それが赤ちゃんに悪影響を与えてしまうことは十分に考えられます。サルモネラ菌は生卵自体に存在しているというよりも、特に注意しなければならないのが殻です。

しっかり洗浄されている卵であれば心配はないとされていますが、購入した卵の殻がどれほど丁寧に洗浄されているかどうかというのはわかりませんよね。そのため、汚れている前提で取り扱った方が良いです。

サルモネラ菌は熱を加えることで死滅するのですが、生卵の状態で食べてしまうとサルモネラ菌に感染する危険性が高まってしまうので、妊娠している間は調理したものを食べましょう

また、卵を調理して食べる際にも殻を割った際に手にサルモネラ菌が付着している可能性があるため、生卵を触ったらその都度手を洗った方が良いです。

妊娠中は体の免疫力が低下しているということもサルモネラ菌による食中毒のリスクが高まる理由となります。そのため、そのリスクを少しでも下げるために生卵は避けておいた方が良いでしょう。

卵といえばとても栄養価が豊富で妊娠中も積極的に食べたほうが良いように感じるかもしれませんが、妊娠中は調理した卵を食べた方が良いです。

切迫早産の原因や対策は?早産のリスクを回避するために知っておきたいこと | ハグー!
切迫早産になると早産のリスクが高まります!原因や対策を知っておきましょう 切迫早産とは、正期産と呼ばれる時期よりも早い段階で赤ちゃんが生まれそうになる状態のことをいます。赤ちゃんが生まれてしまった場合には「早産」という扱いになるのですが、「切迫早産」と呼ばれる段階であればまだ生まれてはいないということになるのです。 切迫早産になってしまったとしても、すぐに病院で適切な対処してもらったり、日常生活に注意することで早産が防げるケースもあります。 切迫早産になってしまったからといって必ずしも早産になるというわけではないのですが、妊娠中は切迫早産にならないように注意することが大切です。 切迫早産の原因 妊娠中は様々なことに注意している方が多いかと思いますが、いくら注意していても切迫早産が防げないケースもあります。 例えば、双子以上の多胎妊娠をしている場合や羊水が少なかったり多すぎる場合には切迫早産になりやすいので、検診の際にこのようなことを指摘された場合には十分注意して過ごしていかなければなりません。 また、ママの体の問題として妊娠高血圧症候群や心臓病、腎臓病、糖尿病といった症状がある場合にも切迫早産になりやすいです。 切迫早産の対策 まず、できるだけ疲労を溜め込まないようにしましょう。疲労を溜め込んでしまうと子宮収縮が頻繁におこる状態になり、これが切迫早産に繋がってしまうのです。 医師から切迫早産になりやすい状況にあると言われた場合にはできるだけ体を休めて過ごしましょう。働いている方はぎりぎりまで仕事を頑張ってしまうこともありますが、無理をしないことが大切です。家事などで無理をするのも良くないので旦那さんや家族など、いろいろな人にサポートをお願いしておきましょう。 それから、しっかりとした睡眠を取ることも大切です。睡眠不足は疲れに繋がってしまうだけでなく、ストレスも招きます。どちらも妊娠時の体にとって負担をかけてしまうものであるため、十分な睡眠時間を取りましょう。 夜にまとまった睡眠時間が取れないという方は昼寝などを取り入れるのも良いですね。バランスの良い食生活を心がけたり、体を冷やさないというのも大切なポイントです。 また、一度早産を経験していると次回は切迫早産になってしまう可能性が高いので、早産を経験していることは十分に注意して過ごしましょう。 切迫早産のリスク

それほど心配する必要はないという意見も

日本の卵は非常に清潔に管理されています。そのため、日本国内で製造された卵であれば生卵であってもそれほど神経質になる必要はないと言われているのです。

ただ、常温保存した卵を生のまま食べるのはおすすめできません。サルモネラ菌は冷蔵庫の温度では増殖できないため、必ず冷蔵庫で保存したものを食べましょう。

また、ほんの一度だけ生卵を食べた程度ではサルモネラ菌感染の恐れは高くないと言われています。毎日生卵を食べるというのは避けておいた方が良いのですが、たまに食べるくらいならばあまり神経質にならなくても良いかもしれませんね。

あくまで万全を期すという意味では生卵を避けておいた方が良いでしょう。

  関連記事

健康が気になる妊娠初期こそビタミンEが含まれた食材を取って栄養をしっかり補給しよう

妊娠中の摂取が推奨される栄養素は数多くありますが、なかでも特に妊娠初期に欠かせな …

妊娠中の肩こりや腰痛に湿布やバンテリンは大丈夫?赤ちゃんへの影響は?

湿布で赤ちゃんに悪影響!?妊娠中の肩こりや腰痛はどうしたらいいの? 妊娠中は、お …

おなかの赤ちゃんの疾患がわかる!カラードップラー検査のすごいところって?

妊娠中に定期検診に行くと、頻繁に行うのが超音波検査機によるエコー検査です。エコー …

妊娠中にバランスのいい食事を取りたい!簡単な献立の立て方とは?

妊娠したら、もう一人の体ではありません。病院や、妊婦さん向け雑誌でも「バランスの …

あせもと勘違いしがちの汗荒れ。原因を知り、適切に対処しよう!

汗でかゆみを伴う発疹が出るのは、すべて「あせも」だと思っていませんか?実は、あせ …

妊娠6週は出血に注意!母子手帳を受けとる方が多い時期

妊娠6週はママの体や心にも大きな変化がある時期です! 妊娠6週目の時期は、早い人 …

妊娠中は車の運転を避けるべき?運転する場合の注意点とは?

妊娠初期はいざ知らず、お腹が大きくなってからも、住んでいる地域や仕事の状況によっ …

その喉の痛み、妊娠初期症状かも!?薬を飲むのはちょっと待って!

妊娠するとつわりを始めとする、さまざまなマイナートラブルに悩まされることは有名で …

絨毛膜下血腫は妊娠初期におこりやすいって本当?お腹の赤ちゃんへの影響は?

安定期に入る前の妊娠初期に出血がみられると、赤ちゃんに何かあるのではないかと、心 …

妊娠中にうなぎを食べるのはいけないの?その理由は?

妊娠中は、お腹の赤ちゃんの成長と健康を守るため、ママの食生活にも何かと制限がかか …