ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中に電車通勤するママの心得!安全に電車通勤するためにチェックしておきたいことは?

   

妊娠がわかって、仕事を辞めるママはいまや少数派でしょう。産休に入るまでは仕事を続けようと考えているママは、気を付けたいことがたくさんあります。その一つに、電車通勤があるのです。

特に妊娠初期は、見た目は妊婦さんに見えないのに、つわりが始まるなど、体調が大きく変化しますし、妊娠中期から後期はそれまでと同じように歩けなくなるママも多いです。

電車通勤を続ける必要があるのなら、どんな点に注意すべきかをきちんと把握し、無理がないように心がけた方が無難です。無理をして電車通勤を続けることで、あなたと赤ちゃんを危険にさらす可能性があることを、自覚しておくことが大事です。

そこで今回は、妊娠中の電車通勤の注意点や社内での身の守り方などについて、紹介します。

電車通勤の時に注意すべきこととは?

朝夕のラッシュ時は、電車の乗車率が100%を超えることも珍しくありません。定時に出勤する、あるいは登校するために電車に乗っている乗客のみなさんが、全員妊婦さんに優しいとはいえないので、自分にもお腹の赤ちゃんにも負担がかからないよう、電車通勤の方法に工夫が必要です。

まず電車通勤をするなら、時間に余裕をもって家を出る習慣をつけましょう。つわりが辛かったり、歩くスピードが思うようにあがらないなど、体調が悪くなった時に対処できる時間の余裕をつくり、1~2本見送っても大丈夫なようにしておけば、途中下車して休むこともできます。

そして、可能であれば妊娠中は時差出勤にしてもらい、空いている時間帯や車両に乗る方が無難です。会社と相談してみましょう。

車内の立ち位置や途中にある駅の様子もチェックしておく

電車通勤の時に確実に座れるのは、始発駅から乗車する場合だけですよね。だからこそ、立ったまま乗車することになっても転倒しないよう、お腹を押されることがないよう、つかまりやすいバーやつり革のあたりに立つように心がけましょう。また、優先席の側に立つことで、席を譲ってもらえるかもしれません。

また、妊娠後期に向かうにつれて、子宮が大きくなり、膀胱が圧迫されることが増え、トイレが近くなります。通勤途中の駅で、トイレが清潔で使いやすいところはどこかを、あらかじめリサーチしておくと役に立つはずです。

同様に、途中で具合が悪くなった時に、タクシーが利用しやすい駅もチェックしておくと、身体を休めながら通勤しやすくなります。

電車通勤しやすい格好を心がけよう

電車通勤をする時には、階段の昇り降りを避けることはできません。電車内だけでなく、階段でも転倒しないように、服装や持ち物に配慮する必要があります。妊娠中はヒールの低い靴をはき、腹帯をするなどお腹を冷やさない工夫をした上で、身体を締めつけない、ゆったりとした服を着るようにしましょう。

また、妊娠中は暑さを感じやすいので、体温調節がしやすいカーディガンなどをはおっておくと便利です。電車通勤の際は、両手を使えるバッグを持つのがおすすめです。

つわりが辛い時に社内でチョコレートや飴を口に入れたり、脱水を避けるために水分補給をしやすいよう、ものが取り出しやすいようになっていると安心です。リュックかショルダーバッグかは、ママの好みで選びましょう。

いざという時に困らない準備をして、電車通勤しよう!

maternitymark_04

 
妊娠中に電車通勤をするママは少なくありませんので、すし詰めの満員電車に乗り込むことを避ければ、それほど神経質になる必要はありません。ですが、乗客の匂いでつわりがひどくなったりむくんで立っているのが辛いなど、想定外の事態がおこることもあります。そんなとき、他の路線やバスを使うことで、もう少し楽に通勤できる方法を知っておくと便利です。

また、通勤途中に体調が悪くなることもあるので、初期からマタニティーマークをつけるとともに、健康保険証と母子手帳は必ず携帯するようにしましょう。電車通勤の際に席を譲ってもらったら、必ずお礼を言うことを忘れず、社内で具合が悪くなった時には無理せずに途中下車して、休むことを心がけてくださいね。

  関連記事

その喉の痛み、妊娠初期症状かも!?薬を飲むのはちょっと待って!

妊娠するとつわりを始めとする、さまざまなマイナートラブルに悩まされることは有名で …

嬉しいはずなのに気持ちが沈む…。妊娠うつに効く食事改善法とは?

妊娠は夫婦にとっても、双方の実家にとっても喜ばしい出来事のはずです。ですが、妊娠 …

絨毛膜下血腫は妊娠初期におこりやすいって本当?お腹の赤ちゃんへの影響は?

安定期に入る前の妊娠初期に出血がみられると、赤ちゃんに何かあるのではないかと、心 …

妊娠すると今までの口内ケアではダメ?適切な方法とは?

妊娠すると体にいろいろな変化がおこりますが、口の中も例外ではありません。妊娠した …

妊娠初期に出血、その原因とは?なかには大きなトラブルの兆候も

妊娠中は粘膜が充血しやすく、ちょっとした刺激でも出血が起こりやすい状態です。実は …

つわりが酷くて身の回りのことが何も手に付かない時はどう乗り越えればいいの?

つわりの症状の出方は人それぞれで、その辛さは本人にしかわからないものです。 つわ …

妊娠中にバランスのいい食事を取りたい!簡単な献立の立て方とは?

妊娠したら、もう一人の体ではありません。病院や、妊婦さん向け雑誌でも「バランスの …

妊娠初期におこる不全流産って何?原因や症状、処置方法を教えて!

妊娠したママの約15%が、流産を経験していることを知っていますか?流産とは、妊娠 …

溶連菌は子供だけの病気じゃない!妊婦さんがかかると危ない理由と対策など

溶連菌感染症という言葉を知っていますか?子供がかかりやすい病気のひとつで、かかる …

妊娠初期の流産の原因は何?種類と症状を知っておこう!

流産とは、妊娠22週以内に妊娠が終了してしまうことをいいます。とても悲しい出来事 …