ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠中に電車通勤するママの心得!安全に電車通勤するためにチェックしておきたいことは?

   

妊娠がわかって、仕事を辞めるママはいまや少数派でしょう。産休に入るまでは仕事を続けようと考えているママは、気を付けたいことがたくさんあります。その一つに、電車通勤があるのです。

特に妊娠初期は、見た目は妊婦さんに見えないのに、つわりが始まるなど、体調が大きく変化しますし、妊娠中期から後期はそれまでと同じように歩けなくなるママも多いです。

電車通勤を続ける必要があるのなら、どんな点に注意すべきかをきちんと把握し、無理がないように心がけた方が無難です。無理をして電車通勤を続けることで、あなたと赤ちゃんを危険にさらす可能性があることを、自覚しておくことが大事です。

そこで今回は、妊娠中の電車通勤の注意点や社内での身の守り方などについて、紹介します。

電車通勤の時に注意すべきこととは?

朝夕のラッシュ時は、電車の乗車率が100%を超えることも珍しくありません。定時に出勤する、あるいは登校するために電車に乗っている乗客のみなさんが、全員妊婦さんに優しいとはいえないので、自分にもお腹の赤ちゃんにも負担がかからないよう、電車通勤の方法に工夫が必要です。

まず電車通勤をするなら、時間に余裕をもって家を出る習慣をつけましょう。つわりが辛かったり、歩くスピードが思うようにあがらないなど、体調が悪くなった時に対処できる時間の余裕をつくり、1~2本見送っても大丈夫なようにしておけば、途中下車して休むこともできます。

そして、可能であれば妊娠中は時差出勤にしてもらい、空いている時間帯や車両に乗る方が無難です。会社と相談してみましょう。

車内の立ち位置や途中にある駅の様子もチェックしておく

電車通勤の時に確実に座れるのは、始発駅から乗車する場合だけですよね。だからこそ、立ったまま乗車することになっても転倒しないよう、お腹を押されることがないよう、つかまりやすいバーやつり革のあたりに立つように心がけましょう。また、優先席の側に立つことで、席を譲ってもらえるかもしれません。

また、妊娠後期に向かうにつれて、子宮が大きくなり、膀胱が圧迫されることが増え、トイレが近くなります。通勤途中の駅で、トイレが清潔で使いやすいところはどこかを、あらかじめリサーチしておくと役に立つはずです。

同様に、途中で具合が悪くなった時に、タクシーが利用しやすい駅もチェックしておくと、身体を休めながら通勤しやすくなります。

電車通勤しやすい格好を心がけよう

電車通勤をする時には、階段の昇り降りを避けることはできません。電車内だけでなく、階段でも転倒しないように、服装や持ち物に配慮する必要があります。妊娠中はヒールの低い靴をはき、腹帯をするなどお腹を冷やさない工夫をした上で、身体を締めつけない、ゆったりとした服を着るようにしましょう。

また、妊娠中は暑さを感じやすいので、体温調節がしやすいカーディガンなどをはおっておくと便利です。電車通勤の際は、両手を使えるバッグを持つのがおすすめです。

つわりが辛い時に社内でチョコレートや飴を口に入れたり、脱水を避けるために水分補給をしやすいよう、ものが取り出しやすいようになっていると安心です。リュックかショルダーバッグかは、ママの好みで選びましょう。

いざという時に困らない準備をして、電車通勤しよう!

maternitymark_04

 
妊娠中に電車通勤をするママは少なくありませんので、すし詰めの満員電車に乗り込むことを避ければ、それほど神経質になる必要はありません。ですが、乗客の匂いでつわりがひどくなったりむくんで立っているのが辛いなど、想定外の事態がおこることもあります。そんなとき、他の路線やバスを使うことで、もう少し楽に通勤できる方法を知っておくと便利です。

また、通勤途中に体調が悪くなることもあるので、初期からマタニティーマークをつけるとともに、健康保険証と母子手帳は必ず携帯するようにしましょう。電車通勤の際に席を譲ってもらったら、必ずお礼を言うことを忘れず、社内で具合が悪くなった時には無理せずに途中下車して、休むことを心がけてくださいね。

  関連記事

乳がん治療に使われているフェマーラ(レトロゾール)が不妊治療に効くって本当?

不妊治療の一環として、排卵誘発剤が使われることがあります。「フェマーラ(レトロゾ …

妊娠中に生卵を避けたほうがいいと言われる理由とは?サルモネラ菌の危険性について

妊娠中には生卵はNGとされていますが、その理由や心配されることとは? 妊娠中は様 …

妊娠中の水分補給!何を飲んだほうがいい?控えるべき飲み物は?

妊娠中は水分不足になりがちです。ママの身体は、血液を水分で薄めて赤ちゃんに栄養を …

妊娠中の肩こりや腰痛に湿布やバンテリンは大丈夫?赤ちゃんへの影響は?

湿布で赤ちゃんに悪影響!?妊娠中の肩こりや腰痛はどうしたらいいの? 妊娠中は、お …

上の子の断乳前に妊娠してしまった!授乳は続けて大丈夫?

女性の身体は、授乳中は妊娠しにくいといわれています。ですが、生理が再開して夫婦生 …

妊娠中はカンジダ膣炎になりやすい!?予防法や対策を知ってならないように気をつけよう

妊娠中は特にこのカンジダにかかりやすいので注意が必要です! 女性にとって、結構悩 …

パパの助けが必要!つわりが酷い、そんなときにパパができること

つわりは人によって重さは異なるものの、妊婦さんの大多数が経験するものです。新しい …

妊娠中にうなぎを食べるのはいけないの?その理由は?

妊娠中は、お腹の赤ちゃんの成長と健康を守るため、ママの食生活にも何かと制限がかか …

急な体調の変化にも!マタニティショーツの意外な役割って?

妊娠中のおなかをしっかり守ってあげましょう! たくさんあるマタニティアイテムの中 …

あせもと勘違いしがちの汗荒れ。原因を知り、適切に対処しよう!

汗でかゆみを伴う発疹が出るのは、すべて「あせも」だと思っていませんか?実は、あせ …