ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

単身赴任の子どもへの影響とは?乗り越えるにはどうしたらいい?

   

bd878468dbfe8adb7eb6bcbb1b4f909c_s

子どもが誕生することは、夫婦にとって大きな喜びです。ですが、会社に勤めるパパの都合で、仕事が左右されることはありません。そのため、子どもが小さい頃に、パパが単身赴任を余儀なくされることもあります

近年は、共働き世帯が増えているので、ママが仕事を続けるために、泣く泣く単身赴任するパパもいそうです。ですが、パパが単身赴任をすることで、子どもに影響はないのでしょうか。

そこで今回は、パパの単身赴任が子どもに与える影響や、その乗り越え方について、一緒に考えてみましょう。

単身赴任は子どもにどんな影響を与えるの?

パパが単身赴任をすると、子どもにも影響があるといわれています。その影響は、主に精神面にあらわれるようです

物心ついた子どもの場合は、それまで一緒に暮らしていたパパが不在になることで寂しさを感じたり、生活の中で違和感を覚え、不安を感じやすくなります。また、ママも一人で家事や育児を行うことになり、その不安が子どもに伝わることもあります。その結果、吃音といった言語障害があらわれることがあります。

子どもの年齢によっては、パパがいなくなることでママに反抗的になるケースもあります。そして、パパの単身赴任期間が長くなると、戻ってきたときに、子どもがパパにどう接してよいかわからなくなったり、親子関係が希薄になることもありえます

単身赴任を避けた方がいい年齢があるって本当?

子どもを育てるうえで、単身赴任はしないにこしたことはありません。中でも、子どもが物心ついてから小学校低学年になるまでは、単身赴任は避けた方がよいといわれています。これは、子どもの幼児期にパパが不在になることでママの負担も大きく、子どもが寂しさを我慢する機会が増えることが、情緒面の成長によくないと考えられているからです。

小学校高学年になると、パパやママより友だちとの関係を大事に思うようになったり、いまの友だちと離れてパパと一緒にいるより、単身赴任を受け入れる方がよいと感じる子どもも増えてきます。また、幼い時期に単身赴任で思い出が少ないと、大きくなって同居したときに、親子関係を築くのが難しくなりがちです。

単身赴任を乗り越えるための対処法は?

とはいえ、家庭の事情で単身赴任を断るなど、会社員のパパにはできないのが現実です。そこで、単身赴任を乗り越えるために、パパとママが協力して対処する必要があります。

単身赴任のパパと子どものコミュニケーションの機会を増やすため、実践してほしいことがあります。まず、週末や連休などを利用して、パパが帰省する機会をつくることです。そして、帰省したときには、子どもとのスキンシップをとることです。反対に、単身赴任先にママと子どもたちが訪れるのもよいでしょう。旅行気分で、パパとお出かけできると、子どもにもよい思い出になります。

また、毎日朝や夜に電話をする、メールを送りあうことも、子どもにパパの存在を感じさせやすくなります。パパが不在でも、ママがよくパパの話題をあげたり、パパががんばっていることを伝えるのもおすすめです。常に子どもに、パパの存在を感じさせてあげましょう。

家族の絆を深める機会を意識してつくろう

012

単身赴任は、パパ・ママ・子どもの誰にとっても、淋しいことです。ですが、毎日一緒に暮らして会話がないよりも、単身赴任だからこそ、パパと子どもをつなぐ努力をママがすることで、家族の絆を深めることができます。

離れていても家族は一つだと認識し、お互いを思い合うこと、それを伝え合うことを意識して生活しましょう。そして、パパは子どもへの愛情をストレートに伝えてあげてください。単身赴任を前向きにとらえ、お互いのありがたみを実感することを、意識してみてください。

  関連記事

子どもを起業家にする育て方が知りたい!どんな教育が必要なの?

あなたはお子さんに、将来どんな職業についてほしいと思っていますか?公務員など安定 …

速く走る子は憧れの的!かけっこで速く走れるようになる秘訣とは

子どもにとって、運動会で一番盛り上がるのが「かけっこ」ですよね。そこで一等をとっ …

花育が子どもによい影響を与えるって本当?その実践方法とは?

「食育」「木育」「布育」など、子育ての過程でいろいろな気持ちや体験を育むことを「 …

いま話題のタブレット教育が子どもに与える影響とは?そのメリット・デメリットを考える

近年、文部科学省では初等中等教育におけるICT活用を推進しています。そのため首都 …

ユダヤ人の教育の特徴とは?天才をつくるって本当?

みなさんは、ユダヤ人にグローバル企業のトップや、ノーベル賞受賞者が多いことを知っ …

レゴを使うと算数がわかりやすいって本当?その習得方法とは?

レゴブロックが知育によいことは、みなさんもご存知のことと思います。テレビ番組の中 …

「はじめてのおつかい」は何歳からはじめる?始める時のポイント注意点、メリット・デメリットとは?

はじめてのおつかい、という人気テレビ番組がありますね。子供はそれを見ると「自分も …

自立した子に育てるには見守る子育てが大事って本当?その際の注意点とは?

共働き家庭が専業主婦家庭を上回っている現代、働くママは仕事と家庭を両立させるため …

子どもは朝怒っちゃいけないって本当?朝怒らないメリットと対処法とは?

働くママにとって、朝おきてから子どもを保育園や幼稚園に連れて行く、小学校に送り出 …

本当に必要な幼児教育とは?しっておきた幼児教育の基礎知識とは?

『幼児教育』と聞くと、英会話やピアノ・塾など知的教育の面を思い出す人も多いかと思 …