ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

都庁の中のとちょう保育園!どんなところなの?

   

少子化傾向といえども保育園の不足が叫ばれている昨今、苦労している子育て世代も多いのではないでしょうか。そこでいま、首都圏である東京都に開設された「とちょう保育園(とちょうほいくえん)」が世間で話題を読んでいます。

子育て世代から、いままで耳にしたこがない人まで、国の施策の1つである「とちょう保育園」と聞けば、自ずと関心が向くのではないでしょうか。ここでは「とちょう保育園」の設立目的と機能についてご紹介していきます。

とちょう保育園ってどんな保育園?

「とちょう保育園」は、待機児童の解消を目的として、民間事業者における地域へ開放した事業所内保育園の設置を促進して開設された保育園です。

運営業者は、社会福祉法人 尚徳福祉会が担います。利用者の受け入れ対象年齢は「0歳から2歳まで」、地域枠は新宿区民の24名ほど

従業員枠も職員の2分の1程度に設けられています。設置、運営場所は東京都、「都議会議事堂1階南側」で開所されています

以上は東京都から公開されているあらましですが、都の取り組みに少しでも関心の向いた人は是非に調べてみましょう。

どこにあるの?

とちょう保育園は、東京都新宿区に所在する都庁に開所された保育園です。該当保育園は、地域の待機児童の解消をはかることを目的にして、民間事業者における地域へ開放した事業所内保育園が設置されています。

都庁のなかで開設された「とちょう保育園」は「都庁」保育園という意味であり、東京都の都庁の建物内に所在しています。まだ昨年に開所されたばかりですが、関心のある人は一度見学に訪れてみてもいいかもしれません。

対象者となる人はどんな人?

とちょう保育園の所在地周辺に居住する、区民や来庁者などが主な利用者とされています。利用者枠では新宿区民と条件に限定が設けられていますが、都庁来庁者であれば一時預かり枠にも利用することが可能です。

普段はアクセスのない人でも都庁に用事がある場合には、一時あずかりを利用することが可能です

どんなシステムになっているの?

東京都から公表されている「とちょう保育園」の取り組みですが、本来の目的である待機児童数の解消をはかり、定員の2分の1を地域へ開放しています。また、従業員枠の2分の1は、都庁の近隣企業のお子さんを受け入れると決められています。

その他の取り組みとしてキャリア志向のママをバックアップしたサービスが幾つか行われています。

  • 早朝7時からの開園と夜間22時までの延長保育。
  • モーニングカフェ。(有料 )
  • おむつや衣類を持参する必要のない手ぶらで登園。(有料)
  • 登園後の体調不良への対応。
  • 来庁者のための生後半年以降の子供の一時お預かり。

以上の中には申し込みが必要な有料のサービスも含まれています。書類手続きも必要になる場合もあります。事前に問い合わせを行い確認の上に利用を検討しましょう

利用するための料金は?

最も気になる保育料金ですが、パート勤務や様々な事情により子供を保育することができない場合には、定期保育のサービスを受ける対象になります

利用日時は月曜日から金曜日の平日、午前8時から午後6時までの保育を条件にした料金は、一月に8000円から60000円までと幅があります。

保育園の利用対象者の各サービス内容については各々、数百円から有料サービスが受けることができます。例えば、モーニングカフェのサービスは大人が400円、子供が300円で利用が可能です。

朝早くから出勤する際の、朝の仕度の手間暇が省けてとても助かりそうです。

「とちょう保育園」を利用するためには予約や選抜があり、枠組みは限られているので狭き門ですが、サービスに対する料金は、子育て世代に優しいと言えるのではないでしょうか。

利用できる場合は積極的に利用していこう

東京都庁に開園された「とちょう保育園」は、待機児童の解消に寄与する目的で開所されました。恩恵に授かれる対象者は、東京都民と限られています。東京都民の中でも、都庁の近隣企業に勤務する者と新宿区民に限られています

しかしながら、「とちょう保育園」がその他の都心部のモデルケースとなることを想定して、見守っている人も多いのではないでしょうか。昨年開所されたばかりの「とちょう保育園」のサービスですが、今後も見守っていく必要がありそうです

  関連記事

子どもの学習能力と朝ごはんには関係があった!?朝ごはんを食べる子は成績が伸びる真相とは?

朝は時間との勝負。身支度をしたり朝ごはんを食べたり…と、とにかく忙しいものですよ …

男の子だってままごとで遊びたい!男の子にとってのままごと遊びの効果とは

男の子の遊びと言えば車や電車を走らせたり、自分が活発に体を動かして遊ぶというイメ …

子どもに時計の読み方を教えるにはどうしたらいいの?教え方のコツとは?

携帯電話や電化製品の時刻表示は、ほとんどがデジタル表示になっています。そして、子 …

利息0円の奨学金制度!?経済問題で進学できない子どものために作られた「ミライ塾」とは?

子どもの貧困問題は発展途上国だけの問題ではないようです。我が国日本においても、介 …

胎盤機能不全(たいばんきのうふぜん)

胎盤機能不全とは? 妊娠中のママにとって、胎児が元気に生まれてくるかどうかはとて …

アクティブバース(あくてぃぶばーす)

アクティブバース(active birth)とは、お産のとき分娩台の上にいるとい …

子どもの心を大きく育てる!旅育ってなんのこと?

学校の授業では教科書どおりの内容を学習します。これは当たり前ですが、教科書とノー …

花育が子どもによい影響を与えるって本当?その実践方法とは?

「食育」「木育」「布育」など、子育ての過程でいろいろな気持ちや体験を育むことを「 …

子どもの感受性を育てるだけで運動神経や心の発達にも影響する!?その方法とは?

子どもはすごいスピードで成長します。つい最近生まれたはずなのに「もうこんなに大き …

自宅学習を定着させたいなら、机の設置方法も大切!その選び方や使い方とは?

子どもの学習習慣をつけるためには、小学校入学からスタートするのが一番です。子ども …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss