ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

学力とは関係ない?知ってるようで知らないIQのこと

   

アメリカではI.Qの高い子供において、飛び級が認められていることもあることは良く知られていることです。高校生が大学院の授業に参加するという光景をメデイアで目にしたこともあるのではないでしょうか。

日本の教育では比較的横並びを好む世代には、あまり口に出されることも少ないI.Qのこと、知りたいとおもう人も多いと思います。

I.Qが高いとはどのようなことを言うのかということについて、ここでご紹介していきます。

IQってなに?

そもそも、I.Q(intelligence quotient)とは知能指数を数字で表した結果をいいます。

算出された数字が高いほどに知能指数も高く、数字が低ければ知能指数も低いと判断され、年齢問わず上限は160から下限は40程度といいます。

I.Qの算出方法には、生活年齢と知能年齢とが知られていますが、昨今では同年齢集団内での位置を基準にした算出方法が採用されています。検査内容は、言語性知能検査と動作性知能検査があり、両者から数値が算出されることになっています。

従来では、知能年齢÷生活年齢×100で計算され、数値が100に近いほど多数になり、50-70軽度知的障害、35-50は中度知的障害、20-30は重度知的障害と判断します。

子供の頃にはかったパパ、ママも今では従来型の算出方法と異なる場合もあるようですね。

学力との違いは?

国語や算数、理科、社会と学童期に入るとたくさんの勉強を学んでいきますが、学校や塾で学習することで習得した実力のことを学力をつけると言われます。

このような努力で得た学力とI.Qの数値の違いを疑問におもう人も多いのではないでしょうか。

I.Qで算出される数値は、一言でまとめると知能検査としての数値です。

知能は親からの遺伝や生育環境、検査時期の生活環境など、研究者によって何がI.Qの高低を左右するかという見解に諸説があります。

しかし、どちらにしても学業を学んだり、学習したりというような当人の努力によって得られるものではない能力の高低をはかられるものです。

ここまでくると、学業成績の高低もI.Qの高低との相関関係があるのだろうかということに疑問を呈することになりますよね。そこでI.Qと学力の関係について少しご紹介していきます。

学力とIQは無関係?

I.Qテストで数値の高い人は学力が高いのかどうかということは、子供の学業成績の向上を願う親心として、大変に気になるところです。

一般的な見解を集めてみたとしても、個々人で意見が異なるものであることは、周知されています。

I.Qは、従来式では生活知能と精神知能(知的知能)に二分されており、このような算出方法の知能指数の高さと生活態度の優秀さは比例すると言われています。

学業についていうと、本来の知能指数が高い場合には勉強においても努力家でありその結果、学業成績も好成績を維持するといえます。

しかし、一般的には得意不得意があり、全ての教科が均一的に好成績を維持するという子供は珍しく、大半は国語の成績が良ければ、算数が苦手という具合に差があるものです。

いずれにしても、努力家であるかどうかは知能指数の高さと相関関係があるということがわかります。

子供向けのIQテストもあるの?

小学校入学時に、I.Qテストを受けたという記憶が残る人も多いのではないでしょうか。このような就学前の健康診断の機会にI.Qテストを実施されていることもあります。

これは、知的障害者を見極める目的から行われており、検査内容が本来と比較して簡単なものに用意されています。

例えば、私立小学校の入試試験にもI.Qテストを設けている場合もあります。このような機会のI.Qテストの目的は、I.Q数値が一定以上の子供を入学させることあるようです。

その後、大学入試、公務員入試というように段階を得て、入学者をセレクトするための試験の一つとして利用する教育機関もあります。

学力偏差値と知能偏差値を比較した場合において、知能偏差値が高く学業成績が低い子供をオーバーアチーバーといい、その逆をアンダーアチーバーと区別されています。

両者の能力が均衡されている場合、バランストアチーバーと呼べれます。このような比較は、学業指導の目的をもとに行われるようです。

あくまで一つの指標

I.Qと学業成績の相関関係は、頻繁に調べられていますが、オーバーアチーバー、アンダーアチーバー、バランストアチーバー、というようにいずれのケースも見受けられます。

知能と学力を比較するために標準学力検査が用いられておりますが、これは学校評価につながります。結論的には、知能指数と学力の相関関係については偏見の域を出ておらず、明瞭な方法やプロセスが揃っているとは言い難い状態です。

周囲の見解を聞いてみても、十人十色の答えが返ってくることが多いものです。

  関連記事

子どもの感受性を育てるだけで運動神経や心の発達にも影響する!?その方法とは?

子どもはすごいスピードで成長します。つい最近生まれたはずなのに「もうこんなに大き …

子どもの悩みに寄り添うのは担当教員だけじゃない!スクールカウンセラーの役割とは?

子どもが学校生活で悩んでいるときに、相談を持ち掛けるのは担当の教員ということが多 …

超音波検査(ちょうおんぱけんさ)

目次1 超音波検査とは?2 実際に超音波検査ではどのようなことをするの?3 超音 …

愛着形成の方法は?見逃してはいけない赤ちゃんの愛着行動

生まれたてで目もしっかり合わなかった赤ちゃんが、日に日に成長しじっと一点を見つめ …

後陣痛(こうじんつう)

陣痛といわれると通常、出産前の痛みと認知している人が多いはずです。ところが出産が …

子どもの成績アップの秘密はリビング学習?注意点を知って効果的に勉強に取り組んでもらおう

リビング学習ということばを聞いたこともあるかと思います。 自宅学習していた場所は …

うちの子、友達付き合いが苦手かも!?そんなときに親ができるサポートとは?

子供が小学校に入学すると、親が関われない世界が増えてきます。活発なお子さんなら、 …

こんなに多いの!?意外な負担、食品調査票とは

保育園に入る時には指定された持ち物のなど、様々な準備が必要になりママはとても大変 …

あなたは大丈夫?最近耳にするヘリコプターペアレントってどういうもの?

ヘリコプターペアレントとはアメリカ発祥の言葉で、最近は諸外国でも社会問題になって …

どうやって相談したら良い?幼稚園、保育園に不満が出た時の対処法

子どもが幼稚園や保育園に通い始めると、ある時、園の方針や先生に対して不満を感じて …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss