ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

幼児教育で使用されているフラッシュカードとは?

   

幼児教育には多種多用なものがありますが、過去にはリトミック教室が流行していたこともありましたね。リトミックとは音楽に合わせて幼児の身体を動かすという教育ですが、リズムに合わせて比較的小さな年齢のお子様にも体験できるという要素があり、ブームにもなりました。

しかし、いつの時代にも流行があるものです。昨今注目されている「フラッシュカード」はご存知でしょうか?その名の通りに、乳幼児に記憶させたいカードを見せて、右脳へダイレクトに記憶させる方法です。

ここでは今話題のフラッシュカードのメリット、デメリットをご紹介します。

幼児教育ってどんなことをするの?

子供の親の信念や子供が置かれる環境によって、幼児から施される教育が個々で異なります。しかし、文部科学省により提唱されている幼児教育の充実のための具体的方策には、以下の様な項目があげられています。

まず、3つの課題と課題に伴う重点施策が数点あげられています。

幼稚園施設などの教育施設の強化、拡大

全ての幼児に対する幼児教育の機会の提供、発達や学びの連続性を踏まえた幼児教育の充実、幼児教育者の資質及び専門性の向上

家庭、地域社会の教育上の再生、向上

幼稚園施設などによる家庭や地域社会の教育上の再生および向上、生涯学習振興施策や働き方の見直しなどによる家庭や地域社会の教育上の再生

幼児教育を支える基盤などの強化

地域の人材の積極的な活用、幼児教育を地域で支える基盤の強化

以上の項目が提唱されています。

幼児教育で使われるフラッシュカードとは?

フラッシュカードは幼児教育に使用されている教材を指します

例えば、自動車の車種についてのフラッシュカードを用意して幼児に見せます。この時の見せ方は、例えばトヨタ自動車の車種のグループをひとまとまりにして、一枚ごとに次々と自動車の絵や車種名を見せていきます。カードを見せられた幼児は右脳にこのカード情報をインプットして、情報が記憶されていくという理屈です。

フラッシュカードの種類は多種多用ですが、単語カードを繰り返し見ることで、いつの間にか英単語を覚えるという学習方法に近いと考えられますね。昔から行われていた学習方法ですが、最近は幼児期から短時間に「フラッシュカード」を次々に見せる方法が流行しているようです。

子供の記憶力は良く、すぐに覚えてしまうことから、効果的と注目されています。

フラッシュカードのメリット・デメリットは?

「フラッシュ カード」のメリット

幼児教育において「フラッシュカード」を用いるメリットは、固有名詞を記憶させるには大変効率が良い学習方法ということでしょう。

例えば、昆虫の名前を記憶させるために昆虫の名前の「フラッシュカード」を幼児に見せると、すぐに記憶してしまいます。

「フラッシュ カード」のデメリット

三つ子の魂百までとも言われていますが、幼児体験ほど後生に残ってしまいやすものです。「フラッシュ カード」は使用方法や頻度を念頭において学習教材に使用することが重要です。受験学生の様に単語を必死に記憶しようとすると、他のことは考えられなくなりませんか?

例えば、テレビを長時間無制限に見させていると、自ら思考する力が減退してしまうことがあります。主体的で積極性のある思考が身につかないままで大人になることもあります。「フラッシュ カード」は記憶させる教材としては良いですが、過剰な用い方は幼児の思考や主体生を奪行かねないリスクがあります

自宅でもフラッシュカードは使用できる?

「フラッシュ カード」を繰り返し見ることで記憶されていくという理屈は周知の通りでしょう。

応用されたものが、受験生の単語カードやノートに当たるのですが、一度は単語帳を作成した経験が誰しもあるはずです。塾や同級生の勉強の仕方を見ていると、だいたいは単語カードを持っていたはずです。また、成績の良い子供の学習ノートほど、明確に詳細が記されていることもあり、後日見直した場合によく理解できる様に仕上がっています。

このように自身で「フラッシュ カード」を作成することは誰にでも可能であり、多くの機会が与えられます。何度も繰り返して参考書の様に見れる学習ノートは、勉強においては「フラッシュ カード」と置き換えられそうです。

学習ノートは成人でも検定試験の受験や職務の資料作成や勉強のたびに必要不可欠になります。セルフの「フラッシュ カード」は、作成時にますます理解が深まるというメリットもあり、学習には適切といえそうです

フラッシュガードの使用方法に注意しながら活用していこう

聞きなれない言葉の「フラッシュカード」ですが、その用途を知れば誰もが経験があるでしょう。そもそも、単語カードやノート以外にも「フラッシュ カード」になるものは世間に溢れています。

例えば、テレビを長時間または頻繁に見させている環境では、放映されているCMが何度も繰り返されている点に気がついている人も多いでしょう。夜間のテレビ視聴はいつまでもまぶたの裏に焼きついた映像が離れずに就寝の妨げにもなることも。

過去にはフラッシュカードを用いた幼児が、天才的な記憶力を誇ると紹介された時代もありましたが、幼児教育においては過度に「フラッシュカード」に依存しすぎずに、適切に使用させる必要がありそうです。

  関連記事

小学校でも導入、アクティブ・ラーニングってどんなこと?

「アクティブラーニング」という言葉を耳にすることはありますか?お子さんが、学生の …

相手のやる気を引き出してくれる!?アイメッセージとは何か

ドラマ「嫌われる勇気」をご覧になっていたママやパパにはなじみ深い「アドラー心理学 …

一人で大丈夫かな…ママもドキドキのお泊り保育のこと

お泊り保育というのは保育園に泊まることです。子どもを保育してくれる機関というのは …

こんなに多いの!?意外な負担、食品調査票とは

保育園に入る時には指定された持ち物のなど、様々な準備が必要になりママはとても大変 …

「はじめてのおつかい」は何歳からはじめる?始める時のポイント注意点、メリット・デメリットとは?

はじめてのおつかい、という人気テレビ番組がありますね。子供はそれを見ると「自分も …

アンダーマイニング効果〜ご褒美で子供のやる気がピンチ!?

自発的なやる気に基づいて何かを行うということは、誰にでもある自然な行為です。趣味 …

やりすぎてない?教育ママのいい影響と弊害について

「教育ママ」というとどのようなイメージをもっていますか?「無理やり子どもに学歴を …

エンパシー教育ってどんなもの?共感力を高める秘訣とは

罪のない子供たちが傷つき、最悪の場合自ら死を選んでしまうほど苦痛に苛まれる「いじ …

子どもの将来をダメにする!?過干渉な毒親ってなんのこと?

最近「毒親」という言葉を聞いたことはないでしょうか。アメリカの精神医学者が書いた …

子供のプログラミング教室が増えた理由は?そのメリット・デメリットが知りたい!

近年、子供の習い事として、プログラミング教室が増えているといいます。では、なぜ子 …