ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

勉強の習慣は小学校低学年でつけるべし!その方法とは?

   

2020年から、大学入試制度が変わります。

その内容は、読解力や論理的思考力、自分の考えを述べる表現力が重視されるものになる予定です。つまりこれまでのように、暗記や例題に慣れるだけでは、新たな入試制度に対応できないということです。

そして現在、教育現場では学習内容が変わり、授業を受けているだけでは対応できなくなっています。

そこで今回は、小学校低学年のうちに勉強の習慣を身につけさせる方法について、お話しします。

親子のコミュニケーションがあることが大前提!

勉強の習慣は、受験などの必要に迫られてからでは、身につきません。小学校に入学したときから、生活リズムの中に学習時間を組み込むことが大切です。

とはいえ、小学校低学年ともなると、子どもは幼児期のように、親の思うままに行動しようとはしません。そこで、勉強の習慣をつけるうえでも、日ごろから親子のコミュニケーションがとれていることが大前提となります。

子どもが学習や学校でがんばりためには、愛情を感じて安心できる家庭がしっかりあることが大切です。

そこで、子どもと話す機会を多くつくる、ときには一緒に遊ぶなど、子どもとコミュニケーションをはかるように心がけましょう。また、小学校低学年の子どもが勉強するときには、ママやパパが隣りで見守ってあげることをおすすめします。

小学校低学年で勉強の習慣をつけるポイントは?

小学校低学年のうちに、勉強の習慣をつけるためには、毎日の中で勉強する時間をつくることです。その時間は、最初は短くて構いません。

小学校から帰ったら10分は机に向かわせる、あるいは外遊びから戻って、夕食を食べる前にリビングで宿題を済ませるなど、勉強する時間帯は毎日同じがよいでしょう。

両親が共働きで帰りが遅いなら、家族そろって早起きをして、朝食前に勉強するのもいいですよね。まずは10分からスタートし、慣れてきたら、15分、20分と時間を長くしていきます。

そして、きちんと勉強時間に机に向かっていたなら、その中身は問わずに、子どもを褒めてあげましょう。

机に向かっているからと言って、勉強に集中しているわけでなくても、習慣を守ったことは褒めてあげるべきことと、考えてくださいね。

自宅で学習させるときの注意点とは?

勉強は、小学校のころからの積み重ねです。

小学校のうちに理解できないまま放置すると、中学校や高校に進学しても、その悪影響が残り、それをリカバーするのに大変な苦労をすることになります。
そこで、小学校低学年のうちは、学校の宿題をするほかは、習ったことの復習をしっかりさせましょう。そして、勉強を苦にしないコツとして、特異な科目を伸ばしてあげることがあります。

漢字や計算など、子どもによって得意科目が違います。苦手な科目の復習ももちろん大事ですが、特異な科目で自信をもたせてあげると、小学校でも積極的に授業に取り組むようになることが多いです。

また、都道府県の名前が全部いえるなど、教科には結びつかない特技を伸ばしてあげるのも、おすすめです。

得意なことで自信をつけてあげよう!

ママやパパが我が子の勉強を見てあげることには、実はデメリットもあります。

毎日「勉強しなさい!」「どうして、こんなこともわからないの?」などと、ママやパパに言われ続ければ、やる気をなくすのは当たり前です。また、ママやパパが学校や塾の先生でもない限り、現行の教育要綱に則って、正しく指導することなどできません。

子どもに質問されれば、わかる範囲で答えたり、一緒に調べるのは問題ありませんが、子どもが勉強する様子を見守るというスタンスが大切です。

そして、宿題やドリルを済ませたときには、一緒に答え合わせをして、できているところと、間違ったところを把握して、本人にやり直しをさせるように促します。

自ら考えることで、その学習が定着していきます。そのくり返しの中で得意なことを増やし、子どもに自信をつけてあげましょう。

  関連記事

子どものやる気スイッチは一体どこにあるの!?子どものやる気スイッチを入れる方法とは?

子供は気分屋ですよね。親が思うようには全く動いてくれず、モヤモヤすることも多いと …

3歳までは脳の発達が盛ん!子どもの思考力を伸ばす方法とは?

まず、子どもの脳の発達過程について、説明しておきましょう。子どもの脳は、三歳、七 …

小学校で正課になるなら、英語は習わせるべき?そのメリットや教室の選び方は?

2018年より、小学校3年生から英語の授業が行われることになっています。そして、 …

うちの子、友達付き合いが苦手かも!?そんなときに親ができるサポートとは?

子供が小学校に入学すると、親が関われない世界が増えてきます。活発なお子さんなら、 …

家庭教育でイメージトレーニングを行うメリットとは?その方法は?

現代は、家庭教育をしっかり行わないと、授業を聞いているだけでは学力の定着が難しい …

こんなに多いの!?意外な負担、食品調査票とは

保育園に入る時には指定された持ち物のなど、様々な準備が必要になりママはとても大変 …

自宅学習を定着させたいなら、机の設置方法も大切!その選び方や使い方とは?

子どもの学習習慣をつけるためには、小学校入学からスタートするのが一番です。子ども …

家庭訪問って必要なことなの?お迎えをするマナーとは?

共働き家庭が増えている現代、幼稚園や小学校の先生が家庭訪問に来ることを、負担に感 …

悪露(おろ)

悪露(おろ)とは、出産のあとに子宮から出る血液に似たおりもののようなものをいいま …

待機児童とは別物?隠れ待機児童って何のこと?

保育園問題の話が取り上げられると、耳にする待機児童という言葉。保育園に入りたくて …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss