ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どもの成績アップの秘密はリビング学習?注意点を知って効果的に勉強に取り組んでもらおう

   

リビング学習ということばを聞いたこともあるかと思います。

自宅学習していた場所は?と東大生や慶応大など有名大学生に聞いたところ、「リビング・ダイニング」など家族の共有スペースでの学習が多い結果が出ました。そして兄弟全員東大に合格した著者も、学習場所はリビングでした。

子供には、できるだけ学習能力を身に着けてあげたいと思う親も多いですよね。今注目される「リビング学習」そのメリットやデメリット、家族が気を付けなければいけないのはどういったところなのでしょうか。

リビング学習って?

リビング学習とは、リビングやダイニングなど親の目が届く範囲で勉強をすることを言います。基本的には子供部屋などではなく、学習の習慣をつけるために親が見守り、そして教えながら補助します。

そこで学習する習慣を身に着けると思春期などで自室での勉強を始めたとしても、理解の深め方・集中力を保つ方法を習得しているので、難なく勉強を始められるというメリットがあります。

小学生など勉強始めたばかりのころは、どうやって学習したらいいのかわからない場合、そこで躓いてしまい勉強が嫌になってしまう子も少なくないようです。リビング学習は勉強のしかたを教える機会でもあります。

どうしてリビング学習で成績が上がるの?

成績があがりやすい理由

誘惑に負けずらい

子供部屋には誘惑がいっぱいあり、気が付いたら机の上のおもちゃやマンガなどを読んでいたり…。勉強が苦手な子ほど、他の誘惑を見つけるのが上手なので、誘惑のたくさんある子供部屋での勉強よりも、リビングでの勉強の方が誘惑が少ないのです。

緊張と安心感がある

リビングでの学習は、親が目を光らせている緊張感と、同じくいつでも見守ってもらえる安心感があります

集中力があがる

しんと静まり返った状態での学習より、多少の雑音があった方が集中力が上がるトレーニングに最適だという研究結果が出ています。

子供の学習能力を把握できる

子供部屋で学習している場合わからないところがあっても、わざわざ部屋を出てまで聞きに来ることって少ないですよね。めんどくさいなどの理由から、そのまま見て見ぬふりをして進んでしまったりなど。

リビングで学習するとわからないところを聞きやすかったり、見守っているうえで躓いている部分や困っている部分を把握しやすくなります。

成績を上げるうえで重要な「集中力をつける」「わからないところを解決する」を一緒に行えるため、成績が上がりやすいと言えますね。

ビング学習のデメリットは?

リビング学習のデメリット

リビングが片付かない

学習道具をリビングにおくので、散らかりやすくなります。

勉強をしている最中は配慮が必要

いくら集中力を高めるために多少の雑音は必要といっても、TVやゲームなどの音はかえって集中力を阻害してしまいます。それに苦手な勉強や、したくない勉強をしているのに、自分の好きなことを目の前でされてはやる気もそがれてしまいますよね。

勉強をしている時はTVやゲームをしない、物音をたてないなどの過度な配慮はいりませんが、子供の好きなことをやらない程度の配慮をしてあげましょう。

他の兄弟の邪魔が入りやすい

上の子が勉強しているとき、下の子が低年齢などの理由でまだ勉強をしない時期は、下の子が上の子の勉強を邪魔してしまうことがよくあります。

大声をだして騒いだり遊んだり、一緒に勉強するようになればいいのですが中々そうはなりません。下の子に言い聞かせ、協力してもらうことも大切です。

せっかくはじめたリビング学習に水をささないよう、家族の気遣いが必要になります。

リビング学習で親や周りが気をつけるべきことは?

親が気をつけるべきこと

叱らない

ついつい止まっている手を見て、問題集を覗き込むと「なんでこんなこともわからないの?」と思うこともあるかも知れません。しかし、それは思うだけで心にとどめておきましょう。決して口に出してはいけません。

子供の頃「早く勉強しないさい」「なんでわからないの?」と言われやる気がなくなった経験はありませんか?子供はガミガミ言われるとやる気をなくすものです。子供のペースに合わせて口を出さす、自分から質問してくるまで待ちましょう。

質問されたら答える

ごはんの用意をしていたり、洗濯をしていたりとタイミング悪く質問されることもありますよね。「あとでね」や「自分で調べて」ではなく一緒に手伝って考えてあげましょう。一緒に考え答えてあげることで、子供のやる気はあがります。

子供の真正面に座らない

意外と何気なくやってしまう行為ではないでしょうか。「どれくらい進んだかな?」「できてるかな?」と親としては気になってしますよね。

見守っているつもりでいても、真正面に座られては見守るではなく「監視」されているように感じる子も少なくないようです。真正面ではなく、横かななめ前の席に座るようにしましょう。

リビング学習は、本人のやる気が大切です。やる気を引き出してあげれるよう、周りの気遣いも大切になります。

便利なアイテムも活用しよう

リビングで学習するということは、テーブルが汚れることや、学習用の机といすではないので姿勢が崩れやすくなるなどのデメリットもあります。しかし、リビング学習の成果が書籍になるほどの効果がありぜひ取り入れていきたい学習方法です。

ダイニング用の姿勢矯正の椅子や、消しゴムカスなどで汚れないようにするマットなど色々な便利グッズが販売されていますので、それらをうまく活用して子供の学習する意欲を伸ばしていけたらいいですね。

  関連記事

子どもの学習能力と朝ごはんには関係があった!?朝ごはんを食べる子は成績が伸びる真相とは?

朝は時間との勝負。身支度をしたり朝ごはんを食べたり…と、とにかく忙しいものですよ …

カナダ式教育で世界に飛び出す人間に!その内容とは?

子育てのなかでも関心が高くなるのが、教育についてだと思います。インターネットが普 …

知らず知らずのうちにやっているかも!?脅し育児と子どもへの影響について

子育てをするうえで、子どもを叱らなければならない場面は必ず生まれます。 その際に …

マイナスに見られがちな「消極的性格」!実はメリットもたくさんあった!消極的な子どもを育てるコツは?

一般的に、大人しくて消極的な性格より、明るく積極的な性格のほうが良い…というイメ …

一人で大丈夫かな…ママもドキドキのお泊り保育のこと

お泊り保育というのは保育園に泊まることです。子どもを保育してくれる機関というのは …

「はじめてのおつかい」は何歳からはじめる?始める時のポイント注意点、メリット・デメリットとは?

はじめてのおつかい、という人気テレビ番組がありますね。子供はそれを見ると「自分も …

成績の悪い子どもには特徴があった!?その気になる特徴や、改善方法はある?

幼稚園の頃や小学校低学年のころにはあまり気にならなった子供の学力。 最近になって …

やりすぎてない?教育ママのいい影響と弊害について

「教育ママ」というとどのようなイメージをもっていますか?「無理やり子どもに学歴を …

子どもの字が汚い!綺麗な字を書かせるコツとは?便利グッズはある?

小学校に入ったばかりの頃はどの子もあまり字の綺麗さに差はないような感じがしますが …

将来、子どもが犯罪者にならないための対策はある?なりやすい子の特徴とは?

最近いろんな事件が多発していて毎日ニュースにあがってきています。その中でも毎年少 …