ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

遊んでいるだけで子供の発達を促す!?ボールプールの効果とその実態とは?

   

屋内で思いっきりはしゃがせたいとき、「ボール プール」の遊具が有効になります。ビビットカラーな遊具に目が惹かれるこどもがすぐに飛びついて、女の子は同系色のボールを集めてみたり触れたり、視覚や感触を確かめます

男の子は、ボールを投げたり、踏んだり、時にはボールの中に潜ってみたりして、体感的に遊ぶ様子がみられます。では、この「ボール プール」を上手に利用するには、どのようなことに注意してこどもを遊ばせると良いのでしょう。

そもそもボールプールって一体何?

「ボール プール」は、長方形のピットに、小さくカラフルなプラスチックでできたボールがたくさん満たされた、子供の遊び場および子供用のおもちゃです。子供が「ボール プール」の中で自由にボールと戯れて遊べることが特徴です。

おもにイベントやパーティなどにおいての大人の社交場で、子供の退屈しのぎの目的に貸し出されることが多く、託児所、遊園地、イベントの会場、ゲームセンターetcにおいて設置されています。

「ボール プール」には、大人が入れる面積をもつ規模のものから、家庭用の小型のものに至るまで多種多様にあります。

ボールプールは子供の発達にどんな影響を与えるの?

「ボール プール」で遊ぶことで、こどもの運動神経の発達に効果的といわれています。

こどもの身体への触覚の刺激

まず最初は触覚への刺激から、こどもの運動能力への刺激が得られると考えられています。プールの中にはプラスチック状のボールが敷き詰められていますので、そこへ身体を寄せることにより、こどもが全身の触覚の刺激をえることになります。

多様なボール遊びから得る運動機能の向上

初期ではボールの上をただ歩いたり、ボールを踏んでみたり、ボールに埋もれたり、という様な遊びを展開していた子供も、遊び方に慣れてくるとボールを投げる、ボールをより分けて進むことへと、遊び方をシフトしていく傾向がみられます。

こうして、こどもの年齢ごとに異なる遊びが運動機能の発達につながっているといいます。

ボールプールの効果的な遊び方とは?

こどもは遊び方の天才ですが、「ボール プール」においても例外ではないようです。とは言っても、一応は効果的な遊び方を学びましょう。

1歳から3歳児への遊び方

パパやママがこどもの手を引いて、「ボール プール」へと導きます。親の監視下の元に同系色のカラーボールを集めさせたり、ボールを放る、拾うという小さなキャッチボールを行うこともおすすめです。

3歳以上のこどもの遊び方

親は監視下に戻り、1人でボール投げを行うようにします。輪投げのようにボールを投げる先を決めておいて、いろいろな投球方法を体験させます。

ほかにも、身体をたくさんのボールに寄せてみたり、ボールをかき分けて進んでいくことも、けして間違った遊び方ではないようです。こどもは遊びの名人です。こどもの好奇心を上手に利用してたくさんの遊び方を促しましょう

ボールプールを使用する時の注意点はある?

海外において歴史的には、「ボール プール」での事故もおきているようですが、安心して利用できるように、取り扱い専門家による注意点をご紹介します。

  • 低年齢のこどもには親が一緒に付き添って参加すること。
  • 年齢問わずに、親の監視下の元で遊ぶこと。
  • 周囲に大勢の人が「プール ボール」を利用しているときは、投げる方も、ボールの投球に注意する。
  • 特に小さなこどもが周囲にいるときは、親が目を離さないようにする。
  • 小さな子供の窒息事故に注意させる。
  • 小さなこどもの場合には口にボールを入れさせないように大人が見守る。
  • ボールは持ち帰らない。

etc、公共の施設であそばせる際の周囲への配慮から、家庭用に至るまで、おおむねこどもの安全上に注意を払う姿勢が大切になります。こどもと大人がともに遊べる遊具という認識で、子供を導きましょう。

遊び力で楽しく発達を促してあげよう

家庭用「ボール プール」も販売されていることもあり、屋内遊びでは人気を呼んでいるようです。

天候や時間の影響を受けることなく利用できる反面で、「ボール プール」は親と子供の遊具に位置ずけられているため、監視下の元で遊ばせる必要に注意せねばなりません。

子供がどのような遊び方をするのか楽しみな遊具でもあります。ビビットカラーのおもちゃを見ると、飛びつく子供もいますが、パパやママが先導して安全に枠の中で遊ばましょう

  関連記事

学力とは関係ない?知ってるようで知らないIQのこと

アメリカではI.Qの高い子供において、飛び級が認められていることもあることは良く …

因果応報?子どもを叩くと自分に返ってくるって本当?

子どもを叩くなんて良くないと思いつつ、つい手が出てしまったことはあるでしょうか。 …

愛着形成の方法は?見逃してはいけない赤ちゃんの愛着行動

生まれたてで目もしっかり合わなかった赤ちゃんが、日に日に成長しじっと一点を見つめ …

将来自立できる子供を育てるために、子供に見せたい親の姿勢とは?

いまはかわいい盛りのお子さんも、成長していつか、パパやママのもとから巣立っていく …

きっとママの味方に!ごほうびシールの活用法

子どもがトイレに行ってくれない。子どもが着替えをしてくれない。子どもが歯磨きを嫌 …

色が子どもに影響を与えるって本当?色育の意味とその効果、方法が知りたい!

「食育」「木育」「音育」「花育」「布育」という言葉に象徴されるように、子どもの知 …

作文に苦手意識を持つ子どもが多いって本当?それを克服する方法は?

ママやパパの中にも、「作文が苦手」というひとは案外多いのではないでしょうか。そし …

子どもの考える力を伸ばすコツやポイントとは?どんな経験をするといい?

2020年度からは大学入試センター試験が廃止され、新しい試験制度になるというニュ …

子どもに時計の読み方を教えるにはどうしたらいいの?教え方のコツとは?

携帯電話や電化製品の時刻表示は、ほとんどがデジタル表示になっています。そして、子 …

子どもの心を大きく育てる!旅育ってなんのこと?

学校の授業では教科書どおりの内容を学習します。これは当たり前ですが、教科書とノー …