ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

マシュマロで子供の将来がわかる?マシマロテストって一体何?

   

「マシュマロテスト」というものをご存知でしょうか?「セルフコントロール」とも言われていますが、子供の自制心をはかるテストで知られています。

そもそも1960年代から1970年代においてスタンフォード大学の心理学者である「ウオルターミシェル」氏が子供をたちを対象にして行われたこのような実験を「マシュマロテスト」と呼称されています。

マシュマロは目先の美味しいものとして代名詞で、チョコレートやクレープなどでも置き換えることができます。

マシュマロテストってどんなもの?

「マシュマロテスト」という名称は、子供の社会的成功と自制心の関連性を実験するためのテストです。

正確には、「将来の大きな成功のために、自己の衝動や要求をコントロールし目先の欲求をコントロールする能力」と定義されています。

実験のプロセス

  1. 被験者である子供を密室に通して、机の前の椅子に座らせてみます。
  2. 部屋の中には机と椅子以外のなにもなく、机のお皿の上にはマシュマロが一個置かれています。
  3. 準備が整えば実験者は、被験者に次のように声をかけます。「(実験者である)私は用事で出かけるため15分ほど席を外す。そのマシュマロは君にあげるけれど、被験者である君が私が戻るまで待つことができたら、マシュマロを2個あげる。もし、被験者である君が私の留守中にマシュマロを食べてしまえば、二個目はないよ。」と告げておきます。
  4. 被験者である子供達の様子を隠しカメラで撮影します。

自制心をはかるために、このような④つのプロセスをたどります。

マシュマロテストで何がわかるの?

マシュマロテストによって、隠しカメラで被験者の子供の行動が確認されますが、主に以下の様子が伺われます。

  • マシュマロを目の前にして、匂いを嗅いだりマシュマロを撫でたりする被験者
  • 目を手で隠したり、目を背けたりする被験者
  • 机を蹴りとばしたり、自分の髪をいじることで気をそらしている被験者

映像分析の結果、二個目のマシュマロを与えられた被験者は、目をふさいだり、体を背けたりという行動でマシュマロから興味をそらした者に見られていることが分かっています。

一方、マシュマロの匂いを嗅いだり、触れたりと興味を示した被験者は結局マシュマロを食べてしまう結果が多く見受けられるというものです。

自制心をはかる目的のテストでは、前者のマシュマロから目を背けて我慢し、二個目を与えられた被験者が優れているという評価になります。

何歳くらいの子どもにテストするの?

スタンフォード大学での実験においては、子供の将来の成功と自制心の関係をはかるテストは、4歳児を対象に行われていました。別の機会においては7歳児から9歳児の子供を対象に行われています。

「マシュマロテスト」の適齢期とその事由

「マシュマロテスト」の被験者には4歳児が適切とされています。4歳児では大人の言葉の意味を解釈できるようになってきた頃であり、知恵がつく前の発育段階であることからという事由から対象に行われています。

5歳児以上を対象に行われた場合、すでに子供に知恵がついており率直な自制心をはかることが難しいということがあります。

3歳児未満では、まだ大人の説明を解釈できずに、目の前のマシュマロを食べてしまい被験者としては適切ではないと判断させるためです。

似たようなことって日常生活でもおこりうるの?

スタンフォード大学での実験において、当時4歳時の被験者の結果と将来においての相関関係を調査された際に以下のような結果が判明しています。

マシュマロを我慢して食していない子供におきたこととは?

  • 当時のマシュマロテストにおいて、マシュマロを食していない子供はそうでない子供と比較して周囲から優秀と評価された。
  • 大学進学適正試験において、食した子供の成績よりも高いことが判明した。
    スタンフォード大学でのマシュマロテストで、自制心が働いた子供は、将来の成績が優秀であったことが認められています。

私たちの日常では、受験勉強においての自制心やダイエットなどにも自制心が関係していることは周知されています。友人からの遊びやテレビ、まんがの誘惑を絶って受験勉強に集中した者は志望校への入学を得ています。

また、ダイエットや禁煙においても目標達成のためには自制心の有無が関係してくることもあるものです。

夢を叶える秘訣

有名なスタンフォード大学での実験においては、こどもの自制心と将来の成功においての相関関係が立証されています。自制心が働く子供には大脳の活動が認められている研究結果もあるのです。

そもそも、将来の成功と表現されていても具体性がないですよね。これは子供の将来の目標と表現した方が適切かもしれません。

大人には周知の事実ですが、目標を何処に据えて努力を行うのかという認識が重要で、将来の成功を掴むことに繋がるのでしょう。

  関連記事

骨盤位(こつばんい)・さかご

さかごという言葉を耳にしたことはありませんか?赤ちゃんの頭が上にきていて、お尻が …

アンダーマイニング効果〜ご褒美で子供のやる気がピンチ!?

自発的なやる気に基づいて何かを行うということは、誰にでもある自然な行為です。趣味 …

小学校でも導入、アクティブ・ラーニングってどんなこと?

「アクティブラーニング」という言葉を耳にすることはありますか?お子さんが、学生の …

遊んでいるだけで子供の発達を促す!?ボールプールの効果とその実態とは?

屋内で思いっきりはしゃがせたいとき、「ボール プール」の遊具が有効になります。ビ …

暴力的な子どもが育ってしまう原因には夫婦の特徴にあった!?どんな特徴?対処法はある?

近年”いじめ”が社会問題となっていますよね。そこで、問題としてあげられるのが、加 …

クラミジア頸管炎(くらみじあけいかんえん)

性感染症はいくつかありますが、その中の一つクラミジア頸管炎はおりものが普段と比較 …

子どもの宿題は親がチェックすべき?そのチェック方法とは?

子どもが小学校に入学したら、1年生でも宿題が出ることに驚くことがあるかもしれませ …

愛着形成の方法は?見逃してはいけない赤ちゃんの愛着行動

生まれたてで目もしっかり合わなかった赤ちゃんが、日に日に成長しじっと一点を見つめ …

知ってますか?通知表の評価方法のこと

子どもが小学生になると、学期の区切りごとに学校からもらってくる通知表。その評価に …

内診(ないしん)

妊娠中に行われる内診とは? 妊娠に気づいた時から行われるのが産婦人科での内診です …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss