ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

将来自立できる子供を育てるために、子供に見せたい親の姿勢とは?

   

いまはかわいい盛りのお子さんも、成長していつか、パパやママのもとから巣立っていくものです。

現代は、パラサイトシングルやニートなど、大人になっても親に生活の面倒をみてもらっているひとも多いですが、子育てしている親であれば、将来きちんと自立できる子供に育ってほしいと思うはずです。

とはいえ、子供の性格形成には、親の育て方が大きく影響します

そこで今回は、将来自立できる子供を育てるために、親が日ごろからどんな姿勢を見せるべきかについて、一緒に考えてみましょう。

子供の性格は親で決まるって本当?

みなさんは、「サイモンズ式分類」という言葉を聞いたことがありますか?これは、親の態度と子供の性格の法則を分類したものをいい、親のタイプを「支配型」「服従型」「保護型」「拒否型」の4つに分けています。このタイプの組み合わせで、子供がなりやすい性格が予測できるというものです。

支配型タイプ

親が子供を言いなりにする支配型の場合、子供は常に親の顔色を窺い、服従的な態度をとることが多くなります。そのため、自分で考えて行動するのが苦手で、消極的な性格になることが多いです。

服従型タイプ

親が子供の顔色を窺う服従型の場合は、子供がひとに従おうとしない、無責任になる、乱暴になることが多いです。

保護型タイプ

必要以上に子供を守ろうとする保護型は、危険に対して思慮深い子供を育てることができます。そして、子供は常に親に守られているという安心感を得られるので、情緒が安定し、人に対して親切にできるようになります。

拒否型タイプ

子供に冷淡な態度をとる拒否型の場合は、子供が不安や劣等感を持ちやすく、神経質になりがちです。親の気を引くことを目的に、反社会的な態度をとることもあります。

このように、親によって、子供の性格の特徴が変わるのです。

子供に見せたい親の姿勢とは?

では、自立できる子供に育てるためには、親は日ごろからどんな姿勢を見せたらよいのでしょうか。

まず、家族であっても意見の相違があることを認めるよう、パパとママが努力することです。どちらかが正しくて、どちらかが従うのではなく、意見が違っても折り合って一緒にがんばる姿勢を見せてあげてください。

そして、間違ったときには素直に謝りましょう。親も人間ですから、間違うこともあります。それを素直に認めて、謝れる尊さを子供に感じさせてあげましょう。

また、家族に大きな問題がおこったときには、子供も一緒に話し合うようにします。家族を絆を深めるとともに、子供に自分が尊重されていることを体感してもらうのです。

ひとに対して誠実で真摯な親の姿勢は、きっと子供にも受け継がれるはずです。

夫婦間の愛情を隠さないことも大切

そしてもう一つ、苦手とする日本人が多いのですが、ぜひ実践してほしいことがあります。それは、パパとママの夫婦間の愛情を、常に表現することです。

パパが出かけるときには、必ずママが玄関までお見送りに行く、夫婦間でキスやハグが日常的に行われているのは、パパとママが愛し合っているからこそです。そうした夫婦仲のよさは、子供の心の安定にもつながります

また、パパやママが、お互いに何かやり遂げたときに、その成功を素直に祝福しあうこと、相手のことを自分のことのように喜ぶ姿を見せることで、子供も他者に対して、同じような気持ちを持てるようになるはずです。

パパとママだけが仲良くするのではなく、そこに子供もまぜてあげると、きっともっと幸せな気持ちになれるはずです。

子供のお手本となる家庭を築こう!

子供の自立にも、いろいろなものがあります。経済的自立だけでなく、精神的に自立して、一人で生活していけるようになることが、親としてなすべきことなのです。

そして、夫婦円満な家庭に育った子供は、自分が結婚することも、子供をもつことも、肯定的にとらえられるようになります。我が子が「パパとママのような家庭を築きたい」と思うのが、親として一番の幸せといえるのではないでしょうか

我が子の幸せのためにも、円満な家庭を築く努力を、夫婦二人で続けていってくださいね。

  関連記事

話題のセレブ保育園!どんなところなの?

保育園といえば共働きの家庭や、家庭で子どもを見ることが難しい人が子どもを通わせる …

こんなに多いの!?意外な負担、食品調査票とは

保育園に入る時には指定された持ち物のなど、様々な準備が必要になりママはとても大変 …

アンダーマイニング効果〜ご褒美で子供のやる気がピンチ!?

自発的なやる気に基づいて何かを行うということは、誰にでもある自然な行為です。趣味 …

レゴを使うと算数がわかりやすいって本当?その習得方法とは?

レゴブロックが知育によいことは、みなさんもご存知のことと思います。テレビ番組の中 …

学級委員に興味がある我が子。立候補させるべき?選ばれるポイントは?

子どもが小学校高学年になると、委員会活動が始まります。いろいろな種類の委員会があ …

家事をしているときに子供が邪魔をしてくる!そんな時の上手な切り抜け方とは?

さぁ家事を始めようと思ったら子供がぐずり出したり、「私もやりたい」と言って邪魔さ …

小学校でも導入、アクティブ・ラーニングってどんなこと?

「アクティブラーニング」という言葉を耳にすることはありますか?お子さんが、学生の …

0歳〜3歳は耳の黄金期!英語耳を育てることによるメリットやその方法とは?

「英語耳」という言葉を聞いたことはありますか。近年では、英語は日本人にとってもと …

心の強い子になって欲しい!折れない心をつくるには

逆境に自分で立ち上がって挑戦していく子供になって欲しいと思うのは親心ですよね。し …

子どものやる気スイッチは一体どこにあるの!?子どものやる気スイッチを入れる方法とは?

子供は気分屋ですよね。親が思うようには全く動いてくれず、モヤモヤすることも多いと …