ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

自立した子に育てるには見守る子育てが大事って本当?その際の注意点とは?

   

共働き家庭が専業主婦家庭を上回っている現代、働くママは仕事と家庭を両立させるため、常に時間に追われているといっても過言ではありません。そのため、着替えや食事などを手伝ったり、子どもが最短で正解にたどり着けるように手助けすることも少なくないのではないでしょうか。

ですが、親が手や口を出し過ぎると、子どもの自立を妨げてしまいます

そこで今回は、最近話題となっている「見守る子育て」とは何か、そのメリットと注意点について、お話しします。

見守る子育てって何?どんな子に育つの?

「親」という漢字は、木と立つ、見るという字で構成されてます。これは、木の上に立って子どもを見守るのが親だから、この字になったといわれています。

子どもが小さなうちは、食事も排泄物の処理も着替えも、親がしてあげるのが当たり前です。ですが、子どもが成長しているのに、いつまでも親が手や口を出しているようでは、子どもが自立することができません。

子どもが自分でやろうとしていることを、どんなに時間がかかっても、がんばる姿を見ながら対応することが、「見守る子育て」です。子どもを見守るということは、その子の行動を認めることでもあります。

ママやパパに見守ってもらうことで、子どもが自分の存在や意思を認めてもらったと感じれば、自信が持てるようになります。その結果、自分で物事を考え、自主的に取り組める子どもに育つのです。

見守る子育てのメリットとは?

では、見守る子育てにはどんなメリットがあるのでしょうか。

まず、親が必要以上に手や口を出さないことで、親子にほどよい距離感が生まれるようになります。それは、親にとっては、何もかもを自分でやらなくてよくなる分、心に余裕をつくってくれるはずです。

また、親が過干渉だと、子どもが言われたことしかできないひとに育つことが多いです。そうなると、子どもが社会生活を営むうえで弊害になります。

自信をもてる子どもは自立心が旺盛になるので、周囲への興味・関心が高まり、冒険心や探求心も育まれます。自分から何事にもチャレンジするようになり、その結果失敗したとしても、どうしたらうまくいくのかを自分で考えるようになります。

そうした経験を積んでいくことが、とても大切なのです。

見守る子育ての注意点とは?

とはいえ、働くママには特に、子どもの一挙手一投足を見守るのは難しいと感じることも多いでしょう。子どもが何でも自分でできるように、時間に余裕をもって生活リズムをつくったとしても、何もかもを子どものペースに合わせるのは無理だと考えるひともいそうです。

そこで、子どもが自発的に何かしようとしたときと、失敗しつつも物事に集中して取り組んでいるときだけは、手出しせずに見守るようにしてあげてほしいのです。

特に、第一次反抗期である2~3歳のころは、着替えや歯磨きなど、自分でやろうとしていることをママやパパがやってしまうと、「邪魔された!」と反発することが多いです。

そして、4~5歳になると、大抵のことは自分でできるようになりますが、任せきりにするのではなく、子どもがサポートを求めたときに、すぐに応えてあげることが大切です。

我が子のために見守る子育てを実践しよう!

働くママは、常に時間に追われているといっても過言ではありません。そのため、家事や自分の時間を削ってまで、見守る子育てを実践していると、ストレスがたまってしまいます。

そのため、見守る子育てをするときと、スピードアップのためにサポートするときのメリハリをつけながら、子どもと接するのがおすすめです。

とはいえ、さまざまな経験を通して、子どもは成長していくので、自主性を大切に見守る子育てを実践してあげてくださいね。

  関連記事

学力とは関係ない?知ってるようで知らないIQのこと

アメリカではI.Qの高い子供において、飛び級が認められていることもあることは良く …

暴力的な子どもが育ってしまう原因には夫婦の特徴にあった!?どんな特徴?対処法はある?

近年”いじめ”が社会問題となっていますよね。そこで、問題としてあげられるのが、加 …

子どもの考える力を伸ばすコツやポイントとは?どんな経験をするといい?

2020年度からは大学入試センター試験が廃止され、新しい試験制度になるというニュ …

おしるし

臨月における「おしるし」とは、出産間近にみられるおりものの一種です。血液や経血に …

ワンオペとは?育児中のママも標的…乗り切る6つの対策

近年では核家族化が進み、子供が生まれてもなかなか他の人の手を借りる事が出来ない家 …

安静(あんせい)

妊娠中の状態によっては、医師から安静にするよう言われることがあります。安静とは、 …

子供の習い事をやめるタイミングはいつ?誰の都合でやめるべき?

子供が幼児のうちは、その可能性を伸ばしてあげたいと思い、いろいろな習い事をさせる …

本当に必要な幼児教育とは?しっておきた幼児教育の基礎知識とは?

『幼児教育』と聞くと、英会話やピアノ・塾など知的教育の面を思い出す人も多いかと思 …

子どもの悩みに寄り添うのは担当教員だけじゃない!スクールカウンセラーの役割とは?

子どもが学校生活で悩んでいるときに、相談を持ち掛けるのは担当の教員ということが多 …

後陣痛(こうじんつう)

陣痛といわれると通常、出産前の痛みと認知している人が多いはずです。ところが出産が …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss