ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

幼稚園受験は子どもだけの試験じゃない!親子で取り組むお受験ガイド

   

早期の教育が重要であると言われるようになった昨今、「良い幼稚園」に入るため幼稚園受験をする子が増えています。

幼稚園受験は「子どもだけの受験」と思っていませんか?それは大きな間違い!実は子どもだけでなく、親の力も試されます。

希望の幼稚園に合格するためには、コツコツと日常生活の中で体と心、知識を育んでいくことが大切です。

そのために必要な親と子の準備があります。今回は、幼稚園受験に必要な「親力」と準備について詳しくお話ししていきます。

幼稚園受験のメリット・デメリットは?

幼稚園受験をして教育体制のしっかりした幼稚園に入ることは、小さな子どもにとって良い刺激となるでしょう。しかし、その反面でデメリットもあります。

そこでまずは、幼稚園受験のメリットとデメリットについてご紹介します。

幼稚園受験することのメリット

幼稚園の頃からしっかりと学習させたい、エスカレーター式に進学させたい、小学校受験を予定しているといったご家庭の場合には、幼稚園受験は大きなメリットとなります。付属幼稚園などであれば、進学の際に強みとなりますね。

また、小学校受験に対する理解のある幼稚園が多いことも今後の進学のときに役に立ちます。同じ幼稚園受験をするママ友とも出会えるため、普段では得られにくい受験の情報を手に入れることも可能です。

幼稚園受験のデメリット

受験の無い公立・私立幼稚園よりも費用が高い傾向にあります。幼稚園だけでなく、習い事などをさせる場合には教育費がかさみがちです。

また、模試の順位が気になる、子どもができないことが目に付くなど、特に受験直前には親が神経質になってしまうことも。

受験に対して熱を持った親御さんが集まるため、保護者関係でのトラブルもおこりやすいです。

幼稚園受験は「親力」が重要!?

幼稚園受験の主役は「子ども」なのですが、実際のところ「親力」が重要です。希望の幼稚園を受験して合格するためには、親も努力する必要があります。

幼稚園受験の合格基準は、一般的な受験のような「知識量」ではありません。子どもに「基本的な生活習慣が備わっているか」が重要なポイントとなります。

規則正しい生活を送っているか、心と体の発達が年齢相応か、親子の信頼関係が築かれているか…。等、項目は多岐にわたり、さらにワンランク上の行動ができているかもチェックされています。

生活習慣には、親の働きかけが大きく関係しますよね。また、親が離れても情緒が安定しているなどの精神面も大切です。

これは幼児教室などでは身につかず、普段の生活の中で親がどのように関わっているかが影響します。だから、幼稚園受験には「親力」が必要なのです。

合格への一歩!幼稚園受験の準備

幼稚園受験は、小学校受験などとは異なり、難しい知識を問われるようなことはあまりありません。それ故に、「教えてできる」ではなく、早い段階から普段の生活の中でしっかりと準備をしていく必要があります。

幼稚園受験に必要な準備についてご紹介していきます。

入試問題の対策をする

何の受験においても、入試の傾向を知り対策を取ることがとても大切です。受験する幼稚園の過去の入試について調べ、それに合った対策を取りましょう。

ネット上にも情報はたくさん出ていますが、不正確なものも多々。入試に特化した幼児教室や塾に入れると、入試の際有利になるかもしれませんね。

幼児教室では、子どもの知識や集中力を養い、面接での受け答えも練習してくれます。さらに受験する幼稚園の情報も得られて安心です。

親と離れられるようにする

普段はハキハキと答えられる子どもも、受験当日は不安からできなくなることも。いつも親が近くにいると、離れる時にどうしても不安になってしまいます。

受験は子ども一人で臨みます。普段から親子の信頼関係を築き、他の大人ともさまざまな場所で関わっていると、知らない場所で一人でもしっかり力を発揮できるようになります。

2~3歳児は親と離れるのが苦手なので、一日二日ではできるようになりません。だからこそ、早めの時期から親と離れる練習をしておきましょう

当たり前のことができるように

幼稚園受験ではその年齢でできて当たり前のことを、より高いレベルでクリアしなければなりません。そのためには親から言われてやるのではなくて、本人の意思で行っていくことが大切です。

親に口酸っぱく言われてやったことは、子どもの身にはつかず試験でも活かされません。食事やトイレのマナー、あいさつや返事の自発性、約束やお片付けなどのルール等、日常生活を自分で考え行動できるように働きかけることが大切です。

親の言葉づかいも要注意!

子どもの言葉や語彙力の発達は、親の話す言葉や絵本の読み聞かせなどの影響を大きく受けます。そのため、親はできるだけ正しい言葉づかいを心掛け、日頃から絵本などで多くの言葉に触れさせることが大切です。

家族全員で良いお手本となるよう、しっかりと「言葉」に気を付けていきましょう。また、試験中ふとした時に普段の声のかけ方が出てしまうこともあります。子どもとの接し方や声掛けの仕方も見直してみましょう。

教育方針を一致させておこう

夫婦間での教育に対する方針が違うと、受験のときに失敗してしまうことがあります。不一致により夫婦仲が悪くなると、子どもにとって不利益です。

事前にご家庭の育児・教育の方針を話し合い、夫婦で足並みをそろえて取り組んでいけるようにしましょう。

円満家庭をめざそう

幼稚園受験をするとき、子どもの情緒が安定していることが問われます。落ち着いて物事に取り組める、人と接することができることが大切です。

子どもはどうしてもわがままを言いますが、そのときに親が穏やかに接して見守ることで、子どもも落ち着いた態度を取るようになってきます。

子どもの本来の性格もありますが、家庭が円満で穏やかであれば子どもも落ち着くことができます。幼稚園受験を良い機会に、円満な家庭環境を目指してみてはいかがでしょうか。

受験に適した身だしなみを

受験のとき子どもに着せる服は、幼稚園によりフォーマル度が異なります。事前にどのような服装がふさわしいか確認しておきましょう。

当日に初めて着せると、子どもは緊張してしまいます。受験日までに何度か着せて慣らしておきましょう。

ママももちろん、フォーマルな装いです。座った時に膝が出ない長さのワンピースやスーツを選びましょう。色については特に決まりはありませんが、あくまで「子どもが主役」ですので清潔感のある服装にしてください

バッグはシンプルなハンドバッグ、靴は3~5㎝のヒールがあるパンプスがお勧めです。いずれも慣れないものだとぎこちなくなるため、慣らしておきましょうね。

幼稚園受験は親子で臨むもの!

いかがでしたか?幼稚園受験は、子どもだけでなく親の協力と関係性が重要なポイントとなります。直近に勉強してどうにかなる試験ではありません。受験対策はできるだけ早い時期から、日常生活の中で取り組んでいきましょう。

ママだけでなく、パパの協力も得られるようしっかり話し合ってくださいね。

幼稚園受験はあくまでも「子どものため」のものです。子どもがのびのびと受験に臨めるように、穏やかに受験対策に取り組んでいきましょう。

  関連記事

近頃人気のレゴスクールに通わせるメリットは?どんなカリキュラムなの?

近年、子どもの習い事の中で人気が上昇しているものの一つに、「レゴスクール」があり …

子どもは朝怒っちゃいけないって本当?朝怒らないメリットと対処法とは?

働くママにとって、朝おきてから子どもを保育園や幼稚園に連れて行く、小学校に送り出 …

教育困難校は全国に広がっている?その実態と問題とは?

みなさんは「教育困難校」という言葉を知っていますか?「モンキー校」と呼ばれること …

作文に苦手意識を持つ子どもが多いって本当?それを克服する方法は?

ママやパパの中にも、「作文が苦手」というひとは案外多いのではないでしょうか。そし …

子供の自立性や主体性を伸ばすのは「褒める」よりも「感謝の言葉」を伝えるほうが効果的!?

子育てをしていく上で「叱る」よりも「褒める」という事を意識しなくては…とプレッシ …

愛着形成の方法は?見逃してはいけない赤ちゃんの愛着行動

生まれたてで目もしっかり合わなかった赤ちゃんが、日に日に成長しじっと一点を見つめ …

心の強い子になって欲しい!折れない心をつくるには

逆境に自分で立ち上がって挑戦していく子供になって欲しいと思うのは親心ですよね。し …

安静(あんせい)

妊娠中の状態によっては、医師から安静にするよう言われることがあります。安静とは、 …

子どもの心を大きく育てる!旅育ってなんのこと?

学校の授業では教科書どおりの内容を学習します。これは当たり前ですが、教科書とノー …

子どもが「伸びる」「ダメになる」根本には親の特徴が大きく関わっていた!どんな親が子どもを伸ばしたりダメにするの?

幼い頃の性格は歳をとっても変わらないという意味の、「三つ子の魂100まで」という …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss