ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

日本語も英語もマスターしよう「バイリンガル教育」!親子で取り組めば一石二鳥!

   

早めの英語教育が注目されている昨今。グローバルに活躍できる子どもを育てるために「バイリンガル教育」が人気を集めています。

「日本語はもちろん、英語もペラペラ話せるようになってほしい!」「自分が苦手だったから、子どもには苦労させたくない。」と思っている親御さんも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、バイリンガル教育について詳しくお話ししていきます。この記事が、バイリンガル教育を選択する上で参考になれば幸いです。

バイリンガル教育って何?

そもそもバイリンガル教育とは、どのようなものなのでしょうか。

バイリンガル教育とは、「2つ以上の言語を使い分けることができる人」を育成するための教育です。バイリンガルに対して、1つの言語のみを使う場合を「モノリンガル」とも言います。

一口に「バイリンガル教育」と言っても、実はバイリンガル教育を実施している国や教室によってタイプはさまざま。イマ―ジョン型、維持型、双方向型、主流バイリンガル型など、教育の方法と到達目標によって分類することが可能です。

最終的にどのような形で2言語を習得させたいのか、明確にしておく必要がありそうですね

バイリンガル教育は子どもにどんな影響を与えるの?

日本においてバイリンガル教育の代表的な目標は、「英語」の習得ではないでしょうか。英語を話すことができれば、多くの国で活用することが可能です。

日本語と英語、どちらも話せるようになると、学校の成績に大きく反映されます。さらに将来、どのような場所でどのような仕事に就くか、幅広く考えていくことが可能です

英語が話せると、英語圏の文化に関心を持ったり、外国人の友達が出来たり、実際に行ってみたくなったりと子どもの想像力や興味、交友関係を膨らませることもできるでしょう。

子どもが英語などの外国語を学ぶと、親も必然的に英語に触れるようになります。苦手意識があっても、自然に親子で英語に慣れることができます

また、子どもと話したい!教えたい!という思いがあればモチベーションを保つことができ、上達していくこと間違いなしです。

バイリンガル教育のメリット・デメリットは?

母国語以外に、他の言語を話せることを目指す「バイリンガル教育」。言葉を複数使えると、将来選択の幅が広がりそうですね。

良いことばかりのように見えますが、もちろんデメリットもあります。バイリンガル教育のメリットとデメリットについてお話ししていきましょう。

メリット

外来語の習得が早くでき、知識の幅も広がる

幼い時は本当に言葉の吸収が早く、大人の言葉を真似してグングンと覚えていきます。小さなころから英語など他言語に触れておくと、楽にマスターすることが可能です

また、他言語を話せるようになると、小さなころから外国の文化に興味を持つこともあり、日本語のみ使うよりも知識や関心の幅が広がります。

発音が上手くなる

発音の上達には、英語に耳を慣らしておくことが大きなポイントとなります。日本人の多くは、発音に自信が無く積極的に英語を使えない傾向にあります。使わないから上達せず、最終的にコンプレックスとなってしまいがち。

バイリンガル教育では、小さなころから耳を英語に慣らすことができ、自信を持って話すことができるようになります。

その他の外国語を習得することも簡単

小さなころから日本語とは発音の違う言葉を聞きなれていると、英語以外の外国語もすんなりマスターしやすくなります。英語で使われるアルファベットを知っていれば、ヨーロッパの言語にも応用できます。

2言語話せるバイリンガルではなく、2言語「以上」話せるのも夢ではありません。

デメリット

親子への負担が大きい

家庭以外でバイリンガル教育をする場合、どうしてもお金がかかってしまいます。英語教材や英会話教室、バイリンガルに対応した幼稚園など、さまざまな面で通常より教育費がかさみます

また、日本語の勉強もおろそかにはできないため、子どもは言語の勉強だけで人より2倍の時間を費やすことになります。

どの言語も中途半端になってしまうことも

バイリンガル教育は、同時に2つの言語を学習していきます。これには実際のところ、人によって向き不向きがあります。

日本語が正しく使えない、外国語もイマイチ…なんてこともおこり得るのです。中途半端な言語だと、学校の成績にも影響が及んでしまいます。

バイリンガル教育を受ければ全員が複数言語話せるようになるわけではない事を念頭に置き、しっかりと検討していきましょう。

バイリンガル教育は親子で取り組む!親も子も一緒にマスターしていこう!

バイリンガル教育は、日本語に加えて他の言語を習得していくことができる教育です。

教育の方針や方法は、教室・学校によって異なります。目標を明確にして、ご家庭やお子さんにあった教育の場を見つけていけると良いですね。

バイリンガル教育は、場合によって2言語とも中途半端になってしまうことがあります。これを防ぐためにも無理に教え込もうとするのではなく、お子さんが楽しく学習できているか見極めてあげましょう。

また、バイリンガル教育の場は、教室や学校だけではありません。ご家庭においても英語に触れる機会を作り、親子でマスターしていきましょう!

  関連記事

相手のやる気を引き出してくれる!?アイメッセージとは何か

ドラマ「嫌われる勇気」をご覧になっていたママやパパにはなじみ深い「アドラー心理学 …

なぜスクールカーストはおこるの?生徒たちへの弊害とは?

学園もののドラマの中でも、「スクールカースト」が取り上げられることが増えています …

褒めて伸ばすのにはコツがいる?褒めるだけじゃだめ!褒める育児で注意したいことは?

子育てをしていると褒める育児が良いということをよく耳にします。 しかし、褒める育 …

暴力的な子どもが育ってしまう原因には夫婦の特徴にあった!?どんな特徴?対処法はある?

近年”いじめ”が社会問題となっていますよね。そこで、問題としてあげられるのが、加 …

少しの意識で大きく違う!息子をマザコンにしない方法とは!?

マザコンという言葉と概念は、80年代からすでに風潮されていた和製英語でした。現代 …

将来自立できる子供を育てるために、子供に見せたい親の姿勢とは?

いまはかわいい盛りのお子さんも、成長していつか、パパやママのもとから巣立っていく …

子供の自立心を伸ばそうとしていたのに実はママが子供の言いなりに?言いなりになってしまうママの特徴とは?

子供は成長とともに自己主張をするようになります。もちろんそれは成長の証であり、間 …

ユダヤ人の教育の特徴とは?天才をつくるって本当?

みなさんは、ユダヤ人にグローバル企業のトップや、ノーベル賞受賞者が多いことを知っ …

成績の悪い子どもには特徴があった!?その気になる特徴や、改善方法はある?

幼稚園の頃や小学校低学年のころにはあまり気にならなった子供の学力。 最近になって …

小学校で正課になるなら、英語は習わせるべき?そのメリットや教室の選び方は?

2018年より、小学校3年生から英語の授業が行われることになっています。そして、 …