ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

子どもに我慢を教えるのはどうして大切なの?教える際のポイントは?

   

子どもが将来自立して、社会の中で独り立ちできるようにするためには、幼少期からきちんとしつけをしておくことが大事です。

そして、しつけをする際に、子どもに我慢を教えることを、避けて通ることはできません。ですが、我慢の教え方が間違っているケースも、少なくないようです。

そこで今回は、我慢とは何か、できることでどんなメリットがあるのか、子どもに我慢を教える際のポイントと注意点について、一緒に考えてみたいと思います。

我慢って何?できるとどんなメリットがあるの?

そもそも「我慢」とは、仏教における7つの慢心の一つです。本来の意味は、自分の中に我または我がものがあるという間違った見解を持ち、おごり高ぶって、他者を侮ることを指します

現代の日本では、我慢というと「耐え忍ぶ」「こらえる」「辛抱する」という意味に使われることが多いです。

そう聞くと、不満があっても辛抱するという意味にとらえられがちですが、育児のうえでは「自分をコントロールできるように律する力を身につける」ということです。

子どもが我慢できるようになると、集団生活に適応できるようになるなど、社会性が育まれます。

自分のわがままを通そうとしたり、好き勝手に行動することで周囲に迷惑をかけるようでは、社会の中で自立することはできないので、きちんとしつけておくことが大事なのです。

子どもに我慢を教えるポイントは?

では、子どもに我慢を教えるには、どうしたらよいのでしょうか。

それは、我慢を教える適正な年齢からしつけを始めることです。魔のイヤイヤ期とも呼ばれる2歳児は、言葉は理解できても、自分の目の前のことにしか関心がないので、我慢を教えようとしてもうまくいかないことが多いです。

この時期は、お子さんに自己主張させることを優先し、3歳を過ぎて、幼稚園に入園するなど、集団生活を始めるタイミングで、我慢を教えることをおすすめします

我慢させるということは、子どもに辛抱させる場面が増えるわけですが、そのときに「ダメ!」「我慢しなさい!」と頭ごなしに言うだけでは、まったく効果が出ません。

きちんと、なぜ我慢しなければならないのかを説明し、お子さんを納得させることがポイントです。

子どもに我慢させる際の注意点は?

子どもが小さいうちは、欲しがるものも安価なものが多いですし、ママやパパが何かと面倒をみてくれるので、「何でも買ってもらえる」「何でもしてもらえる」「泣けば何でも許してもらえる」と、子どもは勘違いしがちです。

そして、こうした環境で育った子どもは、成長して集団生活が始まっても、我慢することができず、人間関係にヒビが入ることも少なくありません

一方で、幼少期から何でも我慢させすぎると、「何をいっても聞いてもらえない」「どんなことも否定される」「自分は何を言ってもダメなんだ」と子どもが思い込み、無気力になってしまうケースがみられます。

その反動で、第二次反抗期に家庭内暴力がおこる例も報告されているので、社会性を育むことを目的とした我慢をさせるよう、心がけることが大事です。

小さな我慢から始めて習慣づけよう!

アメリカのスタンフォード大学で、「マシュマロテスト」という興味深い調査が行われました。

4歳児を対象にマシュマロを1個だけ置いた皿を机にのせ、実験者が「そのマシュマロはキミにあげるけれど、私はこれから出かけなければならない。私が戻ってくるまでの15分間、マシュマロを食べるのを我慢したら、もう一つあげる」

そして「私が戻ってくるまでに食べてしまったら、二つ目のマシュマロはないよ」といって席を外したとき、我慢できたのは3分の1程度だったそうです。

ですが、この被験者の10年後を調査すると、我慢ができた子どもはストレス耐性が高く、良好な人間関係を構築していたといいます。

我が子をそのように育てるためには、日々の生活の中で小さな我慢を積み重ね、徐々に大きくしていくのがよいでしょう。我が子の将来のためにも、きちんと我慢ができる子に、育ててあげてくださいね。

  関連記事

少しの意識で大きく違う!息子をマザコンにしない方法とは!?

マザコンという言葉と概念は、80年代からすでに風潮されていた和製英語でした。現代 …

子どものコミュニケーション能力を育てたい!書くことで鍛える方法があるの?

「コミュニケーション障害」という言葉が社会的に認知されている現代、将来子どもが社 …

なぜスクールカーストはおこるの?生徒たちへの弊害とは?

学園もののドラマの中でも、「スクールカースト」が取り上げられることが増えています …

子供の習い事をやめるタイミングはいつ?誰の都合でやめるべき?

子供が幼児のうちは、その可能性を伸ばしてあげたいと思い、いろいろな習い事をさせる …

公立中学校で新任教師が増えているって本当?その理由と影響が知りたい!

2004年度に公立の小中学校に採用された新任教員は、1万9039人でした。ですが …

幼稚園受験は子どもだけの試験じゃない!親子で取り組むお受験ガイド

早期の教育が重要であると言われるようになった昨今、「良い幼稚園」に入るため幼稚園 …

愛着形成の方法は?見逃してはいけない赤ちゃんの愛着行動

生まれたてで目もしっかり合わなかった赤ちゃんが、日に日に成長しじっと一点を見つめ …

子どもの字が汚い!綺麗な字を書かせるコツとは?便利グッズはある?

小学校に入ったばかりの頃はどの子もあまり字の綺麗さに差はないような感じがしますが …

近頃人気のレゴスクールに通わせるメリットは?どんなカリキュラムなの?

近年、子どもの習い事の中で人気が上昇しているものの一つに、「レゴスクール」があり …

実はデメリットも!?子どもにぬりえを行わせるのにはいろいろな影響があった!その内容とは?

子どもの頃に楽しかった遊びのうちに”塗り絵”を思い浮かべる方もいるでしょう。自分 …