ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんの乳糖不耐症の対処法とは?ミルクや離乳食はどうしたらいい?

   

赤ちゃんの下痢は、風邪などによっておこるトラブルの一つですよね。そんな下痢が、風邪が治ったのにも関わらず終わらないという時は、もしかすると乳糖不耐症かもしれません。

乳糖不耐症と聞くと「ちょっと大きな病気なの?」「ずっと続くの?」と心配にになってしまうママさんもいます。

ですが、実は風邪などのウイルスなどで消化器官が弱まることによっておこる下痢という症状も多く、実はどんな赤ちゃんにもおこり得る症状と言えるのです。そんな赤ちゃんの乳糖不耐症の症状やケアについてご紹介します。

ミルクが分解できない!?乳糖不耐症って何?

ミルクや母乳、牛乳には乳糖(ラクトース)という成分が含まれています。これは糖の一種で、消化管で分解することによって、体内に吸収されます。この乳糖を分解するのが「ラクターゼ」と言われる酵素です。

このラクターゼが元々分泌されない体質だったり、風邪などによるウイルスが、消化管内に入り込むことによりラクターゼがうまく働かなくなり、ラクトースを消化できなくなって下痢がおこります

これを乳糖不耐症と言いますが、先天的なものを先天性乳糖不耐症、成長とともに発生する遅発性乳糖不耐症、風邪などによっておきる二次性乳糖不耐症があり、二次性乳糖不耐症が原因となって下痢がおきているケースが多いのが多いとされています

下痢が続く…乳糖不耐症の原因や症状は?

乳糖不耐症の原因の大多数を占めると言われている二次性乳糖不耐症では、風邪などをおこすウイルスや細菌が腸内の粘膜を傷つけたり、急性胃腸炎などによって、ラクターゼの分泌能が低下することが原因と言われています。

症状としては、ミルクや母乳を飲んで1時間くらいから下痢が始まり、風邪の症状が落ち着いたのに下痢だけ長引くという事があげられます

便はべちゃべちゃもしくは形をとどめない形状で、ヨーグルトのような匂いが強いのが特徴です。

下痢が続くという事は、それだけ体に必要な水分がどんどん出て行ってしまっているという状態です。

ミルクや母乳以外からの水分がうまく取れないと脱水の症状に繋がったり、栄養がうまく吸収できていない状態なので、栄養不良に陥る場合もあります。

また下痢が頻回になりいつもお尻に便がある状態だと、お尻が赤くなったりかぶれ、かゆみなどの症状が出る場合もあります。時には嘔吐を伴う場合もあります。いずれにしろ適切な処置が必要となります

赤ちゃんの乳糖不耐症はどう対処や治療をすべき?

赤ちゃんが下痢をしていても元気で遊んでいたり、熱が無い場合は急いで受診する必要はありません。しかし3日以上下痢が続いていると、体力の消耗、脱水やお尻かぶれ、体重減少などがおき来る可能性があるので必ず小児科を受診しましょう。

小児科受診の際は、下痢が「いつから、どれくらい」あるのか聞かれるケースも多いので、下痢が始まったらメモ帳などに回数などを記録しておくと良いでしょう。

さらに便の形状や色も診断基準に入るので、メモを取っておくと良いですが、なかなか説明しにくい場合もあるので赤ちゃんが便をしたおむつをそのまま持って行ったり、写メなどにとって先生に見せるという方法もあります。

便の形状を見る事によって、乳糖不耐症による下痢なのか、その他の病気による下痢なのかを見分けるポイントにもなります。

また他にも発熱や体調不良などがある場合は、しっかりと医師に伝えましょうね。受診後は医師の指導を守りつつ、自宅で出来る乳糖府対象のケアを取り入れる事が重要です。

自宅でも出来る乳糖不耐症のケアをご紹介

乳糖不耐症の時には乳糖をうまく消化できないので、まずは乳糖を含むものを除外してあげることが先決です。とは言っても月齢の低い赤ちゃんは、ミルクか母乳しか飲めませんよね。

ミルクの場合は乳糖フリーの商品や大豆ミルクなどに切り替え、母乳の場合はかかりつけのクリニックで乳糖を分解するお薬を飲んで服用させると良いでしょう。

離乳食が始まっている赤ちゃんなら、牛乳は避けたり乳糖が分解されているものに代用しましょう。チーズやヨーグルトは乳糖がある程度分解されているので、様子を見ながら与えてもOKです

下痢が続いている時は消化器官そのものの機能が低下しているので、脂っこいもの、繊維質のもの、冷たい食べ物を避けて、なるべく消化に良い豆腐や白身魚、うどん、お粥などをメニューに取り入れましょう。

また頻回な下痢でおむつかぶれが気になる場合は、下痢をしたときにはおしりふきでゴシゴシすると刺激になりやすく、症状悪化の原因にもなります。

汚れはシャワーなどで優しく落とし、ワセリンを塗っておくと便の汚れをはじけるのでおすすめです。症状が良くならない場合は、小児科で外用薬をもらって、患部を清潔にした後に塗布しましょう。

脱水症状に気をつけてケアしましょう!

下痢には水分がたっぷりと含まれているので、それだけ赤ちゃんの水分も不足しやすく、下痢が続くと容易に脱水症状へと陥ります。下痢が続くときは、いつも以上に水分補給を心がけましょう

水やお茶、また下痢の際に水分と一緒に失われやすいミネラル類を含んだイオン飲料もおすすめです。冷たいと消化器症状を助長しやすくなるので、常温で飲ませるようにしましょう。

離乳食が進んでいる赤ちゃんなら、スープやみそ汁などを取り入れても良いでしょう。また果汁や乳製品不使用のゼリー類なども、水分が豊富に含まれていますし、風邪の時にものど通りが良くて赤ちゃんも食べやすいのでおすすめですよ。

乳糖不耐症は1週間から長くても1か月で治るケースが多い病気です。適切な受診やケアをして赤ちゃんの乳糖不耐症を乗り切りましょうね。

  関連記事

これだけ知ってれば安心!生後5ヵ月の赤ちゃんの寝返り

寝返りはいつから?寝返りが遅い場合やしない場合でも大丈夫? 赤ちゃんの神経や筋肉 …

離乳食の味付けってどうしたらいい?いつもの調味料が使える時期を知っておこう

赤ちゃんが生後6ヵ月ごろになると始まるのが、離乳食づくり。最初はお粥だけなので何 …

赤ちゃんが無気肺に!?マイコプラズマ肺炎から赤ちゃんを守ろう

「マイコプラズマ肺炎」という病気は聞いたことがありますか?特に冬に流行する病気の …

咳をきっかけに吐く赤ちゃんは、すぐに病院に連れていくべき?

咳は、喉や気管の通りをよくするためにおこる反応なので、赤ちゃんがすることもありま …

赤ちゃんの白目 に血の塊が!原因と対処法を教えて!

赤ちゃんの顔を見た時に、白目に血の塊ができていることに気付き、慌てた経験のあるマ …

はじめての離乳食!月齢別で食事量や回数も変化するの?

スクスク育つようにと願いを込めて育児に励むママにとっても赤ちゃんにとっても、嬉し …

5ヵ月からの赤ちゃんの夜泣きは成長の1ステップ!悩まず向き合おう

0歳5ヵ月の赤ちゃんの夜泣きの原因と対処法 多くのママ&パパを悩ませてきた&悩ま …

離乳食で必須アイテムの調理器具ってなに?

生後5、6ヶ月頃になると始まるのが離乳食です。今までは母乳やミルクで栄養をとって …

生後5ヵ月の赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がったら?

完全母乳で育児をしてきたママも、赤ちゃんが生後5ヵ月になるころには、離乳食を進め …

赤ちゃんの離乳食期は便秘になりやすい?便秘を解消してくれる食べ物とは?

ミルクや母乳だけを飲んで過ごしていた時期には、毎日スムーズな排便があった赤ちゃん …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss