ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

赤ちゃんが大量の寝汗をかく…どう対策を取ればいい?

   

寝汗を放置すると風邪をひいてしまうことも!汗をかかないための対策とは?

adorable-21998_1280

赤ちゃんがすやすやと寝ている姿を見るのはとても幸せですよね。ですが、大量に寝汗をかくことに悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

赤ちゃんにとって寝汗は体温調整をする大切なものです。ただ、寝汗をかいたままで放置してしまうと風邪をひいてしまう可能性もあるわけなので、寝汗対策について知っておきましょう。

赤ちゃんが寝汗をかく原因

大人に比べると赤ちゃんはとても汗っかきです。その理由は、大人に比べて体温調整の機能が整っていないということ。それから新陳代謝が活発であるというのも汗をたくさんかく理由です。

大人になると自律神経機能がうまく働くために体温調整がしやすくなるのですが、赤ちゃんの場合はそうではありません。

赤ちゃんの寝汗対策

赤ちゃんの寝汗を抑えるためには、いくつかの方法があります。まず、赤ちゃんが寝る前に室温を少し下げておきましょう。赤ちゃんは大人に比べると体感温度が1~2℃も高いので、大人にとって少し暑い室温は赤ちゃんにとってはかなり暑いです。

特に寝入る時に体温が上がるので、ぐっすり寝付くまでの間はエアコンの設定温度を低めにしておくといいですね。寝汗がひどくないということであれば適温であると考えられます。

次に、寝具についても考えてみましょう。汗をかくことを考えると吸湿性のいい綿100%などの布団を選ぶことをおすすめします。寒いのではないかと布団をたくさんかけてしまう人もいるようですが、先に説明したように赤ちゃんは大人よりも体温が高いということを理解したうえで調整しましょう。

また、赤ちゃんは足の裏から熱を逃がして体温調整しているので、それほど寒くない季節であれば足首から下は出していいです。寒い季節でも、薄手の布団をふんわりかけてあげる程度でいいでしょう。

アイスノンなどを使うという手もありますが、赤ちゃんは寝ている間によく動くので、動いても大丈夫なように広範囲を冷やせるものを選択するといいですね。

寝汗をかいたあとの対策

対策を取っていても寝汗をかいてしまうことがあります。この場合は可能ならば体を拭いたうえで着替えさせてあげましょう。ただ、寝ている間はなかなかこういった対策が取れないので、通気性が良いパジャマを着せたり、室温を調整するなどして対策を取ることになります。

汗をかきやすい場合はあせもの心配もあるので、体の状態をよく確認してあげましょう。また、とてもたくさん汗をかくということであればそのまま放置すると脱水症状に繋がってしまう危険性があるので注意しなければなりません。赤ちゃんが夜におきるようであればこのタイミングで水分補給をするといいですね。

  関連記事

赤ちゃんの水疱瘡はどこから感染するの?予防法や治療法は?

赤ちゃんに水疱瘡ができたらどうしたらいいの? 小さな子がかかりやすい病気の一つが …

うちの子だけ!?赤ちゃんが目線をそらす・合わせてくれない!この悩みとおさらばしよう!

赤ちゃんと遊ぶ時、目を見ながら声をかけたりあやしたりしていますか?そのとき、赤ち …

便利!ミキサーを使った離乳食の作り方

ミキサーを使えばとても簡単に離乳食が作れます!ブレンダ―もおすすめ 離乳食作りは …

4ヵ月になった赤ちゃんの体重はどれくらい増えるもの?増えない場合はどうすればいい?

0歳4カ月の赤ちゃんの体重はそれまでと比べて増えにくくなる! 体重というのは赤ち …

覚えれば簡単!離乳食の基本の作り方とは?

離乳食はだしが決め手!素材の味を楽しめるようなメニューがおすすめです! 離乳食は …

「キスをしなければ、赤ちゃんに虫歯菌が伝染しない」はウソ!?虫歯菌以外のリスクや、キス以外の予防法を紹介します

今や多くの母親が知っている、「赤ちゃんにキスをすると虫歯菌が伝染る」という常識… …

4ヵ月ごろからはじまる母乳拒否には原因がある!悩みすぎないことも大切

それまでは毎日順調におっぱいを飲んでくれていたのに、0歳4カ月頃から急に母乳拒否 …

生後4ヵ月目の赤ちゃんもかかりやすい、細気管支炎のこととは?

赤ちゃんは生まれた時点ではまだ呼吸器官が完成しておらず、酸素の消費量の高さに反比 …

2歳までに一度はかかる!?RSウイルスについて知っておこう!

乳児が感染する可能性があるウイルスはいろいろありますが、「RSウイルス」は耳慣れ …

初めての離乳食!基本の10倍粥の作り方は?冷凍保存しても大丈夫?

実は意外と簡単!離乳食に使う10倍粥の作り方をご紹介します 離乳食の基本的なメニ …