ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

お食い初めとは赤ちゃん誕生百日目に行うお祝い事!メニューと食べる順番、百日目の数え方などを徹底調査

   

赤ちゃんが初めて母乳やミルク以外のものを口にする「お食い初め」は平安時代から続く歴史のある行事です。家族だけ、あるいは祖父母たちと集まって一緒に赤ちゃんの100日のお祝いをします。

人生で1度きりなので、当日は万全の態勢でスムーズに進められるようにしたいですよね。しかし、初めての方は特に、用意する食材や服装、場所など分からないことが多いのではないでしょうか。

安心してお食い初めを迎えるためにも、前もって知識を身につけておくことは大切です。そこで、今回は一般的なお食い初めについて、事前の準備から当日の流れ、レシピまで幅広く紹介していきます。

お食い初めのやり方は地域差もあるので、詳細についてはご両親や先輩ママに確認してみてくださいね。

お食い初めってどんな行事?

お食い初めは赤ちゃんが生まれてから100日目前後に行う、ママのお乳以外のものを赤ちゃん初めて食べ物を口にする行事です。子供がこれから一生食べ物に困らないようにと願って行う意味合いがあります。

お食い初めはお魚を使うので「真魚(まな)始め」、100日目に行うので「百日(ももか)の祝い」と呼ばれることも。

また、赤ちゃんが初めて箸を使うので「お箸初め」「箸そろえ」「箸祝い」といった呼び方もあります。呼び方についても地域差が強いようです。

お食い初めはいつ? ぴったりじゃないといけないの?

お食い初めは生後100日目、または110日目・120日目に行うこともあります。ご両親や親戚を集めて行う場合は、生後100日前後で日が良く参加者の都合の良い日に行います。

そのため、正確に生後100日目ぴったりに行う必要はなく、あくまで目安として100日前後というだけです。「そろそろ離乳食も始めようかな」というタイミングで行えば問題ありません。

お食い初めの数え方ですが、祝い事なので、生まれた日を生後1日として数えます。しかし自分で計算するのが大変という場合には、自動計算してくれるサイトを利用するという方法もあります。「子供の祝いの計算―高精度計算サイト」などを活用して調べてみましょう。

お食い初めの準備をする前に知っておきたいこと

お食い初めは、お宮参りの次に行う行事です。自宅で家族だけで行うのもよいですが、近年はおじいちゃんやおばあちゃんも参加するため、ホテルやレストランで行う家庭も増えていると言います。

そこで、お食い初めの準備の前に検討しておきたいことを、まとめました。

まず決めておきたいお食い初めの場所! 自宅とお店どっちがいいの?

お食い初めを行う際に、最初に考えておきたいのが場所です。自宅とお店のどちらでやるか迷っている方もいるのではないでしょうか。

そこで、それぞれのメリットとデメリットを見比べてみましょう。

自宅で行う場合のメリットとデメリット

お食い初めを自宅で行うメリットは、赤ちゃんにかかる負担が最小限になることです。時間や周囲も気にしなくて済みますし、何が起きても対応しやすいので安心です。

デメリットとしては、自分で料理を手づくりするのが大変である、祝いの食器を手配しなければならないことがあげられます。

ですが最近は、器付きのお食い初め膳の宅配サービスがあるので、それを利用するという選択肢もあります。料金は1万円前後であることが多く、冷蔵や冷凍も選べます。

お食い初めは宅配できるって知ってた? オススメのお食い初めセット10選をご紹介!

お店で行う場合のメリットとデメリット

一方、お店でお食い初めを行うメリットには、赤ちゃんの分はもちろん、参加する大人の分まで料理を用意してもらえることがあげられます。

日本料理店や料亭でも、お食い初めのプランを設けているところがあるので、リサーチしてみましょう。

デメリットはやはり、費用がかかることです。例えば、東京都のホテルニューオータニにある料亭 千羽鶴でお食い初めを行った場合、赤ちゃん向けの膳と大人6名の個室使用で、103,000円(税込み)となります。

依頼したいお店にあらかじめ料金を問い合わせ、予算内に収まるかどうかを検討してから予約しましょう。

お食い初めは誰を呼ぶべき? 義父母を招待するもの?

地方によっては、親族を集めて、盛大にお食い初めを行うところもあるようですが、家族水入らずで行っても何の問題もありません

行う場所や何人目の孫かもにもよりますが、両家の祖父母を招待してあげるのはよいでしょう。

両家の祖父母にとっても、孫の祝い事は大切なイベントなので、声をかけたうえで参加・不参加は相手の都合に合わせると、角が立ちません。

お食い初めの服装は決まってる? 大人はどんな格好をすればいい?

お食い初めもお祝い事なので、場にあった服装を心がけるのはよいことです。赤ちゃんや両親・祖父母の服装について、説明しておきましょう。

赤ちゃんの服装

お食い初めの日に、「お色直し式」を同時に行うことを、みなさんは知っていますか?

これは、それまで白い産着を着ていた赤ちゃんに、色物の晴れ着を着せる儀式です。地方によっては、祖父母から小袖を贈る習慣が残っていると言います。

お食い初めの時には、赤ちゃんは和装でも洋装でも構いません

和装の場合は、おむつ替えがしやすい着物がおすすめで、写真撮影の時に羽織を着せてあげればよいでしょう。

洋装の場合は、男の子だと「紋付き袴風 羽織付きロンパース」、女の子だと「ベビー用袴ロンパース」を着せると、洋服なのに着物気分を楽しめます。

もちろん、タキシードやスーツに似せたロンパースや、可愛らしいベビードレスを着せてもよいでしょう。

両親・祖父母の服装

両親と祖父母は、正装が基本です。着物を着るのが大変であれば、スーツなどセミフォーマルな服装にしましょう。

自宅で両家の祖父母だけを招いてお食い初めを行うなら、普段着でもOKです。その場合には、事前に平服で参加してほしいと、両家にしっかり伝えておくことが大事です。

写真に残ることを考えて、いつもよりきれいめの普段着にしておくとより良いでしょう。

お食い初めの前にしっかり準備しよう

お食い初めを行うために、あらかじめ準備しておきたいものがいくつかあります。男の子と女の子では異なることもありますので、しっかり目を通して、必要なものを用意してあげてくださいね。

お食い初めで準備するもの

お食い初めを行う際には、以下のものが必要です。

  • お祝い用の食器
  • 祝箸
  • 料理
  • 歯固めの石

お祝いの食器については、後述します。

祝箸として用意するなら、柳の白木でつくられた、24cmの箸がよいでしょう。末広がりの八寸というサイズは、縁起が良いとされています。

料理は「鯛」「赤飯」「お吸い物」「煮物」「香の物」を用意するのが、一般的です

歯固めの石は、石のように丈夫な歯が生え、長生きできるようにという願いが込められていますので、きちんと用意してあげましょう。

お食い初め歯固めの石とは?その選び方と用途・価格帯

男の子と女の子で違うお食い初めの食器

お食い初めの食器には、ルールがあります。まず、お椀は必ず、漆器か素焼きのものを使いましょう。かつては、母方の実家が、家紋の入った高足の御膳を贈るという習わしがありましたが、それを守る必要はありません。

そして、男の子と女の子では器の色の選び方が違ってきますので、注意が必要です

男の子の場合

男の子は、内側も外側も赤のものを選び、金か黒漆で男紋を入れます。

女の子の場合

女の子は、内側が赤、外側が黒で、銀で女紋を入れます。

現代では紋を入れる家庭は減っているようですが、器の色は間違えないようにしましょう。また、家族でお食い初めを行う時には、木製あるいは陶器製のベビー用食器でも十分です。

お食い初めの食器って色や素材の決まりはあるの? 本格的なものから実用的なものまでオススメ10選&レンタルも

お食い初めの献立は?それぞれの意味とレシピも紹介!

お食い初めの献立は、主食であるお赤飯を除き、一汁三菜を用意するのが基本です。それには、「穀物」「海と山の幸」「塩分」「飲み物」を与えて祝うという意味があります。

そこで、それぞれの献立の意味と調理法について、お話しします。

尾頭付きの鯛の焼き魚

めでたい(鯛)という語呂合わせとなっており、縁起ものです。色が赤で魔除けになり、身は白いので、紅白というめでたい色合わせが、祝い膳にピッタリなのです。尾頭付きの鯛は、スーパーの鮮魚店でも購入できます。

ですが、大きさによっては自宅のオーブンやコンロで焼けない可能性もあるので、あらかじめ魚屋さんに「お食い初め用に尾頭付きの鯛を塩焼きにしてほしい」と、注文して受け取るのもよいでしょう

自分で調理する場合の手順は、以下の通りです。

材料
  • 尾頭付きの鯛
作り方
  1. 鯛のうろこを取り除き、裏にする方にだけ切り込みを入れ、内臓を丁寧に取り除いてから、流水でしっかり洗う
  2. 尾びれと背びれ、腹びれに、たっぷりと化粧塩をする
  3. 身全体に、30cmほど上から尺塩する。ただし、顔には塩はふらない
  4. 竹串を尾の付け根から刺し、身がSの字になるように中央でくねらせて、最後は頭から出す、踊り串にする
  5. オーブンを温めておき、下に鉄板をひいた網の上に鯛をのせ、200℃で25~30分焼く
  6. 身に弾力が残った状態で、焼き色がついたら、オーブンから出す
  7. そっと串をはずし、盛り付ける

鯛はどんなものを選べばいい?スーパーでも買えるの?

お食い初めのために鯛を用意する場合、切り身ではなく、尾頭付きを選びます。尾頭付きの魚は縁起がよいとされているだけでなく、一つの物事を最後まで全うするという意味も併せ持っているからです。

サイズについては、自宅の調理器具で焼けるものであればよいでしょう。

可能であれば、養殖ではなく、天然物を用意したいところです。その場合、小ぶりだと2,000円程度、大きな鯛にすると5,000~8,000円ほどが相場とされています。

とはいえ、天然物の鯛は時価なので、あくまでも目安と考えましょう。養殖の鯛の場合は、3,000円程度で、それなりの大きさのものが購入できます。

鯛を購入する時には、色と形が美しいものを選ぶのが基本です。尾頭付きの鯛は、常にスーパーや魚屋さんに置いてあるとは限りません。お食い初めに間に合うように、早めに問い合わせて予約しておくことをおすすめします

魚屋さんに依頼する場合は、下処理も合わせてお願いしておくと、調理の際に手間がかかりません。また、お食い初め用に焼いてくれるお店もあるようなので、予約の際に確認してみましょう。

近年は、ネットショップでお食い初め用の鯛を購入する家庭も増えています。鯛だけを購入することも、お食い初め用のほかのメニューも合わせて依頼することもできるので、検討してみましょう。

吸い物

吸う力が強くなるようにとの願いを込めて、用意します。将来、良縁に恵まれるように、はまぐりの潮汁にするのが基本です。ですが、餅麩や旬の食材に変えても構いません。

だし汁に、薄口しょうゆと塩で味付けします。鰹と昆布でだしをとるとおいしく香り高く仕上がります。もちろん、だしのもとや白だしを使ってもよいでしょう。

仕上げに三つ葉やゆずの皮、飾りきりにしたかまぼこなどを加えると、祝い膳らしさを醸し出します。

ここでは、1人前のはまぐりの潮汁の作り方をご紹介します。

材料
  • はまぐり4個
  • しょうゆ小さじ1杯
作り方
  1. はまぐりの殻をよく洗い、鍋に水をかけて入れ、火をつける
  2. 灰汁をすくい、はまぐりの口が開いたら、しょうゆと塩を加えて味を調える
  3. お好みで、三つ葉や麩を入れてもOK

煮物

煮物は入る食材ごとに、意味が異なります。レンコンは先を見通す力がつくように、サトイモは子だくさんになるように、タケノコはまっすぐスクスク育つようにという、意味が込められています。

彩を意識して、紅白のニンジンとダイコン、長寿を願って亀の甲羅の形に切ったかぼちゃなどを入れるとよいでしょう。野菜を飾り切りしておくと、よりキレイに仕上がります。

では、4人分の野菜の炊き合わせの材料と作り方を紹介しましょう。

材料
  • レンコン120g
  • 干しシイタケ3枚
  • こんにゃく160g
  • ニンジン100g
  • ゴボウ1本
  • ダイコン180g
  • だし汁550cc
  • 白だし大さじ1.5杯
  • しょうゆ大さじ1杯
  • 砂糖小さじ1強
作り方
  1. レンコンは8mm程度に花形に切り、酢水につける
  2. ゴボウは7mm程度のななめ切りにする
  3. 干しシイタケを水で戻し、5mm程度に切る
  4. こんにゃくは8mm程度に切り、中央に切り込みを入れてひっくり返してから、お湯で1~2分茹でる
  5. ニンジンとダイコンは8mm程度に切り、型で抜く
  6. だし汁と白だし、しょうゆ、砂糖を入れた鍋に切った材料をすべて入れて落し蓋をし、野菜が程よい硬さになるまで弱火で煮る
  7. 煮えたら火を止めて、そのまま味をしみこませる

香のもの(お漬物)

香の物は、紅白なますを用意することが多いです。これは、色合いがめでたいことに由来します。

紅白なますの材料と作り方は以下の通りです。

材料
  • ダイコン600g
  • ニンジン60~80g
  • 米酢300㏄
  • 砂糖60g
  • 塩小さじ1/2杯
作り方
  1. 米酢と砂糖、塩を合わせて、合わせ酢をつくる
  2. ダイコンとニンジンは皮をむいて、千切りにする
  3. 合わせ酢の中に、ダイコンとニンジンを入れ、2日ほど置く
  4. ダイコンから水分が出てヒタヒタになったら食べごろ

お赤飯もしくは白米

赤飯には、魔除けの意味が込められています。白米でも構いませんが、できれば赤飯を用意してあげましょう

お餅屋さんや和菓子店でも、注文ができます。自宅の炊飯器で赤飯をつくる場合の手順は以下のようになります。

材料
  • もち米が2合
  • 小豆50g
  • 水400cc
  • 塩小さじ1/2
作り方
  • もち米をといでざるにあげ、水気を切る
  • 鍋に水と小豆を入れ、沸騰したら火からおろす
  • ゆで汁を捨てて、小豆を鍋に戻し、再び水を入れる
  • そのまま中火で約20分煮つめ、塩を入れる
  • 炊飯器の釜にもち米と小豆のゆで汁を入れ、おこわの水加減に合うように水を加える
  • その上に茹でた小豆をのせる
  • おこわで炊飯し、蒸らしたらできあがり

お食い初めの食べる順番は3サイクル 後に歯固めの儀

お食い初めでは、食べさせる順番があるので、きちんと守りましょう

その順番とは、赤飯→お吸い物→お赤飯→焼き魚→赤飯→お吸い物→赤飯→煮物→赤飯→お吸い物→赤飯→酢の物→赤飯→お吸い物→赤飯→歯固めの石→赤飯→お吸い物が基本です。

地域の風習がある場合には、それに合わせましょう。

歯固めの儀のやり方

歯固めの儀式にも、正しいやり方があります。祝い箸の先を歯固めの石につけ、その端をやさしく赤ちゃんの歯茎に触れさせるだけです。

地方によっては、歯固めの石を直接、赤ちゃんの歯茎につけることもあるようです。歯固めの儀式まで終了したら、大人もお祝い膳を楽しみましょう。

お食い初めをする「養い親」。誰がするべき?

正式なお食い初めでは、お食い初めに参加した方の中から一番年長の方に「養い親」という役割をお願いします。養い親だからといって、必ずしも両親が行うというわけではありません。

長寿の方に養い親をやってもらうことで、赤ちゃんも長生きするようにという意味が込められているのです。

基本的に男の子であればパパか祖父が左ひざに、女の子であればママか祖母が右ひざの上に赤ちゃんを乗せて、食べさせる真似をしましょう。

生後100日目の赤ちゃん、本当に食べるの?

生後100日では、まだ離乳食が始まっていません。そのため、食べ物を口元に持っていき、食べさせる真似をするだけでOKです。

間違っても食べものを赤ちゃんの口の中に入れないように、気を付けましょう

お食い初めは赤ちゃんの健康を祝う大切な行事

お食い初めは、我が子が一生食べものに困らないように願う儀式です。また、これまで健康に成長してきたことを、祝う意味もあります。

そのため、家族だけでも祖父母を招待しても構わないので、節目としてきちんと祝ってあげたいものです。

とはいえ、お食い初めのやり方は地方によって異なるので、行う場所の風習に合わせて、時期や献立などを準備しなければなりません。

また、お宮参りや初節句とお食い初めを同時にやる家庭も増えているようです。日本古来の伝統行事なので、できる範囲でしきたりを守りましょう

自宅で準備するのが難しければ、宅配サービスやお店にお願いすることもできます。一般的なやり方を理解したうえで、思い出に残るお食い初めを実現してくださいね。

  関連記事

離乳食をうまく食べさせには?たべさせ方や準備のコツも紹介!

まずは一日一食から!食べさせ方のポイントについてもご紹介します 初めての離乳食は …

赤ちゃんの水疱瘡はどこから感染するの?予防法や治療法は?

赤ちゃんに水疱瘡ができたらどうしたらいいの? 小さな子がかかりやすい病気の一つが …

発見が難しい赤ちゃんの難病「点頭てんかん」症状と治療法をしっかり解説

難病のひとつに指定されている「点頭てんかん」は別名、「ウエスト症候群」とも呼び、 …

便利!ミキサーを使った離乳食の作り方

ミキサーを使えばとても簡単に離乳食が作れます!ブレンダ―もおすすめ 離乳食作りは …

赤ちゃんへの読み聞かせがもたらすメリットと、効果を高めるコツについて

育児がスタートしてから4ヵ月…。これまでママは、いたる所で「読み聞かせの素晴らし …

覚えれば簡単!離乳食の基本の作り方とは?

離乳食はだしが決め手!素材の味を楽しめるようなメニューがおすすめです! 離乳食は …

生後4ヵ月でも大切!赤ちゃんの生活リズムを整えるポイントとは?

赤ちゃんの生活リズムを整えるには一日のスケジュールをしっかり立てよう 0歳4カ月 …

2歳までに一度はかかる!?RSウイルスについて知っておこう!

乳児が感染する可能性があるウイルスはいろいろありますが、「RSウイルス」は耳慣れ …

りんご病は赤ちゃんでもかかるの?症状と治療法は?

生後4カ月の赤ちゃんは、ママからもらった免疫があるので、病気にはならないと思って …

大人より赤ちゃんのほうが暑がり!生後4ヵ月の赤ちゃんの服装選びと注意点とは?

赤ちゃんの代謝に合わせた服装選びが重要!大人と同じ基準で選ぶのはNG 0歳4カ月 …