ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

大人より赤ちゃんのほうが暑がり!生後4ヵ月の赤ちゃんの服装選びと注意点とは?

   

赤ちゃんの代謝に合わせた服装選びが重要!大人と同じ基準で選ぶのはNG

117878

0歳4カ月というと首が座ってくる時期でもあるのですが、まだ完ぺきではありません。

かわいさにこだわって服装を考えたいという方もいるかもしれませんが、しっかり首が座るまでは前開きの服装を選びましょう

肌着について

0歳3カ月頃までは短肌着を着せていたという方も多いと思いますが、0歳4カ月を過ぎると動きが活発になっていくため短肌着ではめくれあがってしまう可能性があります。

この時期におすすめなのはコンビ肌着やボディ肌着と呼ばれるタイプの服装です。こういったタイプであれば脚の内側はスナップ留めすることができるので、ばたばた足を動かしたとしても肌着がめくれてしまうことがありません。

短肌着や長肌着がめくれるようになってきたらコンビ肌着やボディ肌着に切り替えましょう。夏場の暑い時期には、ランニングタイプのボディ肌着をおすすめします

内と外での服装の違い

季節によって適切な服装は違いますが、暖かい時期であれば室内では前開きのボディ肌着とボディオール、ロンパースやプレオールなどを選択しましょう。寒い時期は室内でもカバーオールやベストを着せてあげるといいですね。

おでかけをする際の服装に悩んでしまう人も多いようですが、調整できる服装をおすすめします。例えば、気温が高いからといって薄手の服装で出かけてしまうと、冷房がきいた施設に入った時に赤ちゃんは寒さを感じてしまいます。暑い日でもカーディガンやベストは持ち歩きましょう。

赤ちゃんの服装を考える際に理解しておきたいことが、赤ちゃんは大人よりも代謝が盛んであるということです。そのため、寒い日に厚着をさせすぎてしまうと赤ちゃんにとっては暑すぎる場合もあります。大人よりも1枚少ない枚数でもいいと考え、あまり重ね着させないようにしましょう。

また、常に靴下を履かせるというのもやめたほうがいいです。というのも、赤ちゃんは手足で体温を調整しているため、部屋が極端に寒くない限り室内では冬でも裸足で問題ありません。ただ、夏以外は外出する際に靴下を履かせたほうがいいです。

寝る時の服装

寝ている間に寒くないようにとつい重ね着させてしまいがちですが、これが逆効果になってしまうことがあります。寝ている間は汗をたくさんかくので、厚着させてしまうと汗をかくことでかえって体が冷えてしまうこともあるのです。

布団をかけることも考え、あまり厚着をさせないようにしましょう

  関連記事

4ヵ月になった赤ちゃんの体重はどれくらい増えるもの?増えない場合はどうすればいい?

0歳4カ月の赤ちゃんの体重はそれまでと比べて増えにくくなる! 体重というのは赤ち …

りんご病は赤ちゃんでもかかるの?症状と治療法は?

生後4カ月の赤ちゃんは、ママからもらった免疫があるので、病気にはならないと思って …

「キスをしなければ、赤ちゃんに虫歯菌が伝染しない」はウソ!?虫歯菌以外のリスクや、キス以外の予防法を紹介します

今や多くの母親が知っている、「赤ちゃんにキスをすると虫歯菌が伝染る」という常識… …

離乳食はいつ始めればいいの?進め方のスケジュールを教えて!

離乳食はどう進めていけばいい?成長のタイミングに合わせましょう! 赤ちゃんが大き …

お食い初めとは赤ちゃん誕生百日目に行うお祝い事!メニューと食べる順番、百日目の数え方などを徹底調査

赤ちゃんが初めて母乳やミルク以外のものを口にする「お食い初め」は平安時代から続く …

初めての離乳食!基本の10倍粥の作り方は?冷凍保存しても大丈夫?

実は意外と簡単!離乳食に使う10倍粥の作り方をご紹介します 離乳食の基本的なメニ …

難しく考えないで!離乳食作りを簡単にする方法とは?

離乳食を毎回作るのは大変なので冷凍保存を活用しましょう!とても簡単に作れます 離 …

生後4ヵ月目の赤ちゃんもかかりやすい、細気管支炎のこととは?

赤ちゃんは生まれた時点ではまだ呼吸器官が完成しておらず、酸素の消費量の高さに反比 …

赤ちゃんが大量の寝汗をかく…どう対策を取ればいい?

寝汗を放置すると風邪をひいてしまうことも!汗をかかないための対策とは? 赤ちゃん …

そろそろ離乳食スタート?でもアレルギーがでないか心配…

離乳食を始める時期やアレルギー症状の万が一に備える準備について 0歳5ヵ月あたり …