ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

4ヵ月ごろからはじまる母乳拒否には原因がある!悩みすぎないことも大切

   

それまでは毎日順調におっぱいを飲んでくれていたのに、0歳4カ月頃から急に母乳拒否されてしまうケースがあります。

拒否されているのはおっぱいだとしても、まるで自分自身が拒否されたように感じて精神的に落ち込んでしまう人も珍しくありません。なぜ急に母乳拒否されてしまうのか、原因や対策について知っておきましょう。

母乳拒否の原因

母乳拒否は徐々に始まることもあれば、ある日突然おきることもあります。拒否の仕方も赤ちゃんによって異なり、少しは飲んでくれる子もいれば、おっぱいを出すしぐさをしただけで泣き出す子さえいるので個人差が大きいです。

母乳拒否にはなんらかの理由があるケースがほとんどで、しゃべれない赤ちゃんが何らかの不満を訴えている状態だと言えるでしょう。原因として考えられるものをひとつずつ確認してみてください。

環境によるもの

0歳4カ月の赤ちゃんは言葉を話すことができませんが、環境の変化を敏感に感じ取り、一時的に母乳拒否をすることがあります。

例えば、引越しをした、いつもよりもたくさんの人が近くにいるなどの理由も母乳拒否に繋がるということを理解しておきましょう。

乳頭混乱

ニップルコンフュージョンとも呼ばれるもので、母乳だけでなくミルクも与えている場合に突然母乳拒否がおきる場合があります。これは、哺乳瓶と乳首の違いに混乱している状態です。

赤ちゃんにとっては哺乳瓶のほうが吸いやすく、楽にミルクを飲むことができます。おっぱいから上手に飲むためには慣れが必要なのですが、哺乳瓶で飲ませていると、吸うのが楽な哺乳瓶のほうを好むようになる場合があるのです。

また、ママの乳首の形が関係して赤ちゃんがうまくおっぱいを飲めないこともあります。そういった場合も簡単にごくごく飲める哺乳瓶のほうを好む可能性が高くなるでしょう。

うまく吸えていない

赤ちゃんがおっぱいをうまく吸えない原因が、ママ側にあることもあります。

例えば、ママが陥没乳首や扁平乳首の場合です。どうしても乳首と乳輪部が硬くなってしまうので、赤ちゃんが深く口に含むのが難しくなってしまいます。

その場合は、乳首が小鼻や耳たぶくらいのやわらかさになるように、母乳を飲ませる前に乳頭マッサージをしてみるとよいでしょう。

また、乳首に問題がなくても、授乳する際の姿勢がネックになることもあります

毎回同じ姿勢で授乳するのではなく、1日の中で縦抱きや横抱き、ラグビー抱きなど、意図的に姿勢を変えるとうまく吸えるようになることもあるので、ぜひ試してみてください。

赤ちゃんの体調不良

赤ちゃんが母乳を飲みたがらない原因が、体調不良による場合もあるので注意が必要です。風邪をひいて鼻水が出たり、鼻づまりしている時は、おっぱいを飲みたくても呼吸が苦しくて難しくなってしまいます。

また、赤ちゃんの口の中を見た時に白いカスが残っている時は、「鵞口瘡」が疑われます。

鵞口瘡ってどんな病気?

鵞口瘡とは、カンジダ菌に感染することで起こる病気で、口内炎のように、母乳を飲んだ時に痛みが出るので、飲みたがらなくなるのです。

鵞口瘡は授乳を通して乳首からママに感染するリスクもあるので、すぐに小児科に連れて行き治療を始めることをおすすめします。

赤ちゃんの舌が白いけどもしかして病気?鵞口瘡の可能性も!

母乳拒否の対策

何が何でも完全母乳で育てる!と決め込んでおっぱいを飲まないならミルクも飲ませないという対応をするのはやめましょう。母乳拒否を改善するためには時間がかかるので、その間ミルクを与えないわけにはいきませんよね。

では、どのように対策を行っていけば良いのでしょうか。ここでは2つの方法を紹介していきます。

おっぱいを先に飲んでもらう

まず、哺乳瓶で母乳を与えるとすんなり飲むのにおっぱいからは飲んでくれないという場合、先におっぱいから飲ませるようにしましょう

哺乳瓶から与えてしばらくしたらおっぱいに切り替えるという手順にしてしまうと、飲みにくいおっぱいに拒否反応を示してしまいます。

お腹が空いた状態ならばおっぱいから飲むという子もいるので、おっぱいを先にしましょう。うとうとしている時は飲んでくれる子も多いため、半分寝ているような状態になったらこっそり哺乳瓶を外しておっぱいに切り替えるというのもおすすめです。

哺乳瓶をいつもと違うものにする

普段使っている哺乳瓶をミルクが出る穴が小さいものに変えてみるというのも1つの手です。哺乳瓶のほうが飲みやすいという理由で母乳拒否をしている場合、しっかり吸わなければ出ない哺乳瓶に切り替えることにより徐々におっぱいからも飲めるようになることがあります。

拒否されるからといってストレスを感じてしまうとママの体調不良に繋がり、母乳がまずくなってしまうこともあるので注意が必要です。あまり悩まずに気長に対策を取りましょう。

赤ちゃんが母乳を飲みたがらない原因を見つけて対処しよう!

赤ちゃんが母乳を飲まない原因は、いろいろあります。生後4カ月であっても自分の意思は持っていますから、体調や心理的、環境的な問題で母乳を拒否することがあるのは、不思議なことではありません。

赤ちゃんを心配するあまり、ママが授乳を無理強いしてしまうケースもあるようですが、まず母乳を飲まない原因が何かを考え、一つひとつ対処していくことが大切です。

もし母乳を飲まなくても、ミルクが飲めていれば、発育には問題ありません。赤ちゃんの気持ちに寄り添いながら、母乳が飲みやすくなる方法を探してあげてくださいね。

  関連記事

「キスをしなければ、赤ちゃんに虫歯菌が伝染しない」はウソ!?虫歯菌以外のリスクや、キス以外の予防法を紹介します

今や多くの母親が知っている、「赤ちゃんにキスをすると虫歯菌が伝染る」という常識… …

赤ちゃんはいつからプールOK?ビニールプールの注意点は?

スイミングパンツで大丈夫? 暑い日には、赤ちゃんもプールなどで遊ばせてあげたいで …

うちの子だけ!?赤ちゃんが目線をそらす・合わせてくれない!この悩みとおさらばしよう!

赤ちゃんと遊ぶ時、目を見ながら声をかけたりあやしたりしていますか?そのとき、赤ち …

初めての離乳食!基本の10倍粥の作り方は?冷凍保存しても大丈夫?

実は意外と簡単!離乳食に使う10倍粥の作り方をご紹介します 離乳食の基本的なメニ …

生後4ヵ月の赤ちゃんの授乳回数はどれくらい?間隔は?夜中の授乳についてもチェック!

授乳回数や間隔には個人差があり!たくさん飲んでも飲みすぎにはならない! 0歳4カ …

便利!ミキサーを使った離乳食の作り方

ミキサーを使えばとても簡単に離乳食が作れます!ブレンダ―もおすすめ 離乳食作りは …

赤ちゃんが大量の寝汗をかく…どう対策を取ればいい?

寝汗を放置すると風邪をひいてしまうことも!汗をかかないための対策とは? 赤ちゃん …

赤ちゃんへの読み聞かせがもたらすメリットと、効果を高めるコツについて

育児がスタートしてから4ヵ月…。これまでママは、いたる所で「読み聞かせの素晴らし …

お食い初めとは赤ちゃん誕生百日目に行うお祝い事!メニューと食べる順番、百日目の数え方などを徹底調査

赤ちゃんが初めて母乳やミルク以外のものを口にする「お食い初め」は平安時代から続く …

離乳食をうまく食べさせには?たべさせ方や準備のコツも紹介!

まずは一日一食から!食べさせ方のポイントについてもご紹介します 初めての離乳食は …