ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

生後4ヵ月の赤ちゃんの授乳回数はどれくらい?間隔は?夜中の授乳についてもチェック!

   

授乳回数や間隔には個人差があり!たくさん飲んでも飲みすぎにはならない!

119616-1

0歳4カ月の赤ちゃんに対する正しい授乳回数はどれくらいなの?と疑問に思っている人も多いはず。哺乳瓶でミルクや母乳を与える場合は飲んだ量が分かりやすいのですが、おっぱいから直接飲ませていると赤ちゃんがどれくらい母乳を飲んだのか把握しにくいですよね。

しっかり飲めているのか不安に感じてかなり頻繁に授乳をしているという人も珍しくありません。

頻繁に与えると飲み過ぎになる?

母乳を飲ませすぎるとなにか問題があるような気がするかもしれませんが、飲みすぎにはなりません。というのも、母乳は消化機能がまだしっかり完成していない赤ちゃんがたくさん飲んでも問題がないほど消化・吸収に優れているのです。

ただ、一度に飲む時間が非常に長いという場合、ずっと飲んでいるわけではなく遊び飲みをしている可能性があります。特に0歳4カ月というのは様々なことに興味が出てくる時期でもあるので、授乳中にちょっとした物音などが気になり、おっぱいを飲むことに集中できなくなることも。

片方のおっぱいにつき15分ずつを一つの目安とし、遊んでいるようだったら一度切り上げましょう。また、赤ちゃんが集中しておっぱいを飲めるようにテレビやラジオを消すのも効果的です。

赤ちゃんによっては1~2時間おきにおっぱいを欲しがることもあり、一日に10回以上授乳しているという人もいます。一般的な目安としては一日5~6回、授乳間隔は3~4時間という人が多いのですが、これには個人差があるのでそれほど気にする必要はないでしょう。

赤ちゃんが平均体重(男の子は5.5~9キロ、女の子は5~8.5キロ)であれば授乳回数にこだわる必要はありません。平均体重よりも重いという場合は少し授乳回数を減らすように心がけるといいでしょう。

授乳間隔が短い

1時間ほどですぐに泣く、間隔をあけることができないという場合は一度に飲めている量が少ないのかもしれません

0歳4カ月はおっぱいを吸う力もついてきて一度にたくさん飲むことができるため、0歳3カ月頃までに比べると授乳間隔が長くなるのが一般的です。もし授乳してもすぐに泣くという場合は母乳の量をチェックしてみましょう。

夜の授乳については赤ちゃんがぐっすり寝ているようならばおこしてまで授乳していないという人もいるようです。しかし、長時間授乳をしないと朝おきた時におっぱいがパンパンになってしまうことがあります。

しこりや乳腺炎の原因になってしまうことがあるだけでなく母乳の生産量も落ちてしまうので、母乳育児をしたいと思っているのであれば夜中も3~4時間おきに授乳したほうがいいでしょう

  関連記事

赤ちゃんへの読み聞かせがもたらすメリットと、効果を高めるコツについて

育児がスタートしてから4ヵ月…。これまでママは、いたる所で「読み聞かせの素晴らし …

生後4ヵ月目の赤ちゃんもかかりやすい、細気管支炎のこととは?

赤ちゃんは生まれた時点ではまだ呼吸器官が完成しておらず、酸素の消費量の高さに反比 …

大人より赤ちゃんのほうが暑がり!生後4ヵ月の赤ちゃんの服装選びと注意点とは?

赤ちゃんの代謝に合わせた服装選びが重要!大人と同じ基準で選ぶのはNG 0歳4カ月 …

難しく考えないで!離乳食作りを簡単にする方法とは?

離乳食を毎回作るのは大変なので冷凍保存を活用しましょう!とても簡単に作れます 離 …

うちの子だけ!?赤ちゃんが目線をそらす・合わせてくれない!この悩みとおさらばしよう!

赤ちゃんと遊ぶ時、目を見ながら声をかけたりあやしたりしていますか?そのとき、赤ち …

初めての離乳食!基本の10倍粥の作り方は?冷凍保存しても大丈夫?

実は意外と簡単!離乳食に使う10倍粥の作り方をご紹介します 離乳食の基本的なメニ …

4ヵ月の赤ちゃんがよくミルクを吐く!原因と対処法を教えて!!

初めての育児をしているママは特に、赤ちゃんがよくミルクや母乳を吐くことに、驚くの …

発見が難しい赤ちゃんの難病「点頭てんかん」症状と治療法をしっかり解説

難病のひとつに指定されている「点頭てんかん」は別名、「ウエスト症候群」とも呼び、 …

赤ちゃんの水疱瘡はどこから感染するの?予防法や治療法は?

赤ちゃんに水疱瘡ができたらどうしたらいいの? 小さな子がかかりやすい病気の一つが …

そろそろ離乳食スタート?でもアレルギーがでないか心配…

離乳食を始める時期やアレルギー症状の万が一に備える準備について 0歳5ヵ月あたり …