ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ベビーカーの防寒対策って、みんなどうしているの?おすすめの商品はある?

   

乳幼児を連れて外出する際には、ベビーカーがあると便利です。赤ちゃんを連れていると、必然的に荷物が多くなるので、ベビーカーを利用することで、ママの負担を軽減することもできます。

ですが、寒い時期に乳幼児をベビーカーに乗せて移動するときには、防寒対策をきちんとしてあげないと、風邪をひきやすくなってしまいます。

そこで今回は、ベビーカーに乗っている乳幼児の状態や防寒対策が必要なのかどうか、ベビーカーに乗せるときの服装とおすすめのベビーカー用防寒グッズなどについて、お話しします。

ベビーカーは寒いの?防寒対策は必要?

乳幼児は、自分が快適な状態にいるのか、不快に思っているのかを、自分で話すことができません。そのため、寒い時期はベビーカーに乗っている子どもが寒くないように、ママやパパが配慮してあげる必要があります。

赤ちゃんは大人と比べると代謝がよいので、暑がりであることは事実です。ですが、風速が1m/s増すごとに、体感温度は約1℃低くなるといわれていますから、気温だけでなく、風の状態を考慮して、防寒対策をしてあげることが大事なのです。

また、ベビーカーに乗っている赤ちゃんは、大人より地面に近い場所にいます。そのため、ママやパパが感じているよりも、ベビーカーに乗っている赤ちゃんの方が、寒さを感じていることが多いことも、忘れてはいけません

寒いときにベビーカーに乗せるときの服装は?

では、寒いときに赤ちゃんをベビーカーに乗せる際には、どんな服装が望ましいのでしょうか。

まず、足首がしっかり隠れる洋服を着せることです。温かいようにどれだけ上着を着せても、ズボンがすりあがって足首が見えているようでは、温かくはなりません。

足が冷えれば、全身が冷えてしまうのは、大人でも子どもでも変わりはないのですから、乳児なら足首まですっぽり隠れるものを着せ、月齢が大きければレッグウォーマーで着脱しやすくして、足が冷えないように配慮してあげましょう。

また、気温が低い予想でも、風が弱かったり、日差しがあるときには、体感温度が上がる可能性が高いです。赤ちゃんは体温が高いので、帽子や上着などで、体温調整しやすくしておくと、かいた汗が冷えるのを避けることができます。

ベビーカーの防寒対策おすすめ5選!

では、いろいろな種類がある、便利なベビーカーの防寒グッズの特徴をまとめておきましょう。

1. ベビーカーカバー

出典:babytwins.jp

 
雨の日でもベビーカーで外出できるように、さまざまなレインカバーが販売されています。実はこのレインカバーは、防寒対策にも一役買ってくれるのです。

風速が強くなると体感温度が低くなることは前述しましたが、そんなときにベビーカーにレインカバーをつけると、ビニールハウスを同じ原理で内部を温かい状態に保ってくれます。

中には、雨や風だけでなく、雪、花粉、ホコリなどから赤ちゃんを守ってくれる、オールシーズンタイプもあるので、一つ用意しておくと重宝するはずです。

>>ベビーカーカバーの詳細はこちら

2. ベビーカーシート

 
ベビーカーシートとは、ベビーカーに敷くことで、赤ちゃんとの間にクッションをつくり、地面からの振動や衝撃を和らげることを目的につくられています。

ですが、素材によってはベビーカーシートも、防寒対策に役立つのです。例えばマイクロフリースを使ったベビーカーシートを入れれば、赤ちゃんを背中から温めてくれます

また、付属の保冷剤を湯せんして温めてからシートポケットに入れることで、頭から背中までを2~4時間温めてくれるものもあります。

>>ベビーカーシートの詳細はこちら

3. フットマフ

出典:rakuten.co.jp

 
フットマフとは、ベビーカーに乗っている赤ちゃんを、足元からのぼってくる冷気から守ってくれる防寒グッズです。ブランケットとは違い、赤ちゃんの身体を足元からすっぽりと包み込み、足をばたつかせてもずり落ちることがありません。

フットマフは、A型ベビーカー用とB型ベビーカー用に分かれているものも多いので、サイズや現在使用しているベビーカーに装着できるかどうか、確認してから購入することをおすすめします。

>>フットマフの詳細はこちら

4. ダウンスリーピングバッグ

出典:rakuten.co.jp

 
ダウンスリーピングバッグはベビーカー専用のフットマフの一種で、北欧で生まれた防寒グッズです。

表面はやわらかいダウンを、裏地には肌触りのよいフリース地を使用しており、軽いのに蒸れず、空気をたっぷり含んだ温かい状態で、赤ちゃんを包んでくれます。

足下だけを開くことができるので、体温調節や靴の脱ぎ履きの際に便利です。また、家で洗濯できるものも多いので、メンテナンスもしやすいです。付属のキャリーバッグに入れれば、持ち運びも困りません。

>>ダウンスリーピングの詳細はこちら

5. ハンドマフ

出典:baby-smile.jp

 
ハンドマフとは、ベビーカーのハンドル部分に取り付けるものです。これは、赤ちゃんの防寒対策ではなく、ベビーカーを押すママの手が冷えないようにつくられた、防寒グッズです。

乳幼児をベビーカーで移動させている最中、突然泣き出すことがあります。そうしたときに、冷え切ったママの手で赤ちゃんに触ると、触られた赤ちゃんは驚きますし、かわいそうです

ベビーカーに取り付けたままにしておけるので、手袋を忘れても安心です。

>>ハンドマフの詳細はこちら

しっかり防寒対策をしてあげよう!

寒い時期でも乳幼児がベビーカーで快適に移動ができるように、さまざまな防寒グッズが用意されていることがわかりました。そのどれを使うのかは、居住している地域やベビーカーの使用頻度などによって異なるでしょう。

ですが、こうしたベビーカー用の防寒グッズを上手に活用することで、風邪をひくのを防ぐことはできます。アウターや帽子なども含めて、赤ちゃんがベビーカーで快適に過ごせるように、使いやすいものを選んであげてくださいね。

  関連記事

雪国だけじゃない!初めての冬・アクティブな冬はベビースノーブーツで決まり!

雪遊びが大好きな子どもたちは、寒さも忘れて雪合戦や雪だるま作りに夢中になるもの。 …

赤ちゃんのミルク作りに最適なウォーターサーバーを厳選してピックアップ!

妊娠中や授乳中はママの口にしたものが赤ちゃんに運ばれるということもあり、食べ物や …

敷くだけでこんなに便利!ベビーマットの賢い選び方

ケガ防止、騒音防止、人気のベビーマットはここがスゴイ! ベビーマットというのは、 …

子供が喜ぶ!2歳のバーステープレゼント選びのコツ

2歳の男の子・女の子にぴったりなプレゼントをまとめました! 2歳になると、お子様 …

プレグルCB-1カプセルの口コミは怪しい!?ミトコンドリアサプリの危険性や成分、副作用が気になる人必見

>>妊活中の30代、40代のご夫婦のために作られたプレグルCB-1カプセル 晩婚 …

赤ちゃんの寝冷え対策におすすめのスリーパーの選び方とは?

赤ちゃんが成長して、自分で手足を動かせるようになると、布団をけとばすことが増えて …

出産祝いはいつまでに贈るもの?電報がおすすめの理由とは?

妊娠していた友だちから出産の報告が届いたら、いち早くお祝いを伝えたいと思うことで …

ジュニアシートはいつからいつまで使うの?2歳では早い?

乳幼児を車に乗せるときには、チャイルドシートを着用しなければならないことは、みな …

ノンカフェインのハーブティーなら、妊婦は何を飲んでもいいの?

妊娠がわかると、お医者さまにカフェインを控えるようにいわれます。これは、カフェイ …

おすすめの高反発マットレス3選!腰痛を解消したい妊婦さんが選ぶものは?

妊娠週数が進むにつれて、腰痛がおこり、ひどくなっていくことに悩んでいるママも多い …