ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

本当に矯正できるの?産前・産後の骨盤ベルトの効果とおすすめ商品5選

   

c2e98f0b8fb75475a9c2c68bb8ac4618_s1

巷ではダイエットや骨盤の歪み解消、腰痛対策に用いられている「骨盤ベルト」ですが、妊娠中や出産後にも活用できることを知っていますか?

目的とサイズのあった骨盤ベルトを着用すると、産前の腰痛対策や産後の体型戻しに役立ちます。とはいえ、正しく着用しなければ、逆効果になってしまいます。

そこで今回は、産前・産後のママに知ってほしい、骨盤ベルトの効果や用途やサイズに合わせた選び方、正しい着用方法などについて紹介します。

産前に使う骨盤ベルトの効果と着用するタイミングは?

産前に着用する骨盤ベルトの効果がわからないという方のために、まず、その効果と使用するタイミングを説明していきます。

産前に骨盤ベルトを着用すると腰痛や恥骨痛が軽減!

骨盤ベルトと聞くと、産後に体型を戻すために使うものだと思っているママが多いようです。ですが、妊娠初期からママの体内ではリラキシンという女性ホルモンが分泌され、子宮が大きく成長できるように、骨盤を支える靭帯がゆるみ始めます

すると、子宮が下がったり、筋肉が骨盤や内臓を支える働きをすることで腰痛を感じたり、骨盤のゆがみが発生します。

特に妊娠中期から後期にかけては、大きくなったお腹を支えている腰や骨盤を支えるために、骨盤ベルトが有効なのです。これは、恥骨痛の軽減にも役立ちます。

いつから使える?

お腹が大きくなってから使うというママも多いですが、妊娠が分かった時点での着用をおすすめします。

もちろん、妊娠直後の着用は不安という方や、つわりが辛いなどの場合は、無理にベルトを着用しなくても問題ないため、必要だと感じた時に付けるのがよいでしょう。

産後につける骨盤ベルトの効果と使い始める時期は?

次に、産後に着用する骨盤ベルトの効果と使い始める時期を紹介していきます。

産後に骨盤ベルトを着用すると開いた骨盤が戻る!

ママの骨盤は、妊娠中に広がってしまっています。産後3~4ヶ月かけてゆっくりと、左右交互に少しずつ縮みながら、正常な状態に戻ろうとします。ですが、妊娠中はお腹の重心が変わるため、身体のバランスが崩れている場合が多く、骨盤がゆがんでいることで、正常な位置に戻りにくくなっています。

骨盤が正常の位置に戻らないままだと、身体のラインが崩れたり、筋肉の動きが変わることがあります。さらに産後は筋力が低下しているママが多いので、脂肪燃焼がうまくいかず、骨盤が開いたままであることも相まって、妊娠前の体型に戻れなくなってしまうのです。そこで活用したいのが、骨盤ベルトです。

着用する時期は?

利用するのは、悪露がおさまった産後2ヶ月から半年の間に使うのが、基本となります。そのため、1ヶ月検診で問題がないことを確認してから、骨盤ベルトの使用を始めましょう。

骨盤ベルトはどうやって選べばいいの?

では、骨盤ベルトはどのように選んだらよいのでしょうか。以下で3つの項目に分けて、紹介していきます。

自分に合ったサイズを選ぼう

自分の体型に合うサイズを選ぶことが重要です。メジャーで腰骨のサイズを計測し、自分に合った骨盤ベルトを選んでください。

目安としては、妊娠中の体重増加が8kg以下だった場合には妊娠前のサイズで、8kg以上だったママは、ワンサイズ上のものを選んでおくと、産後1ヶ月を過ぎてすぐ使い始めることができます。

自分に合った素材を見つけよう

骨盤ベルトにも、さまざまな種類があります。どの素材を選べばよいのかわからないという方のために、下記では、代表的な骨盤ベルトの素材を紹介していきます。

また、素材ごとにつけ心地は異なるため、なるべく自分が毎日つけていても苦にならないものを選ぶとよいでしょう。

メッシュ素材

通気性が高く、蒸れにくいのがポイントです。夏場や暑がりの方にはぴったりです。

ナイロンポリ混合素材

伸縮性に優れ、心地よく身体にフィットします。夏場から冬場まで、年中、使える素材です。

生ゴム素材

程よいつけ心地で、着用していても楽です。しかし、夏場では蒸れやすく、汗をかきやすくなってしまいます。

使いやすいタイプを選ぼう

骨盤ベルトを大まかに分けると、次の3つになります。この中から、自分が使いやすいタイプの骨盤ベルトはどれか、検討してみましょう。

ベルトタイプ

産前から産後まで使えるタイプです。骨盤をサポートするだけでなく腰痛や恥骨痛、早産や逆子防止にも効果があります。

ガードルタイプ

履くタイプの骨盤ベルトで、産後から使用できます。体型の引き締めを期待できますが、他の2種類と比べると矯正の効果が弱い傾向にあります。

仙腸関節ベルト

産後の骨盤をサポートするベルトで、仙腸関節や恥骨の痛みを軽減してくれます。

骨盤ベルトの正しい着用方法と注意しておきたいポイント

骨盤矯正をサポートをしてくれる骨盤ベルトですが、正しい着用方法でないと効果が半減するどころか、逆効果となってしまいます。そこで、骨盤ベルトの正しい巻き方を紹介していくので、参考にしてください。

骨盤ベルトを正しくつけて効果を実感しよう

骨盤ベルトは立ったままではなく、横になった状態で着用しましょう。立ったままだと、子宮と内臓が下がった状態で、着用することになり、圧迫してしまいます。

また、骨盤ベルトを巻く時のポイントは、恥骨のあたりに手のひらを差し込める程度に、余裕を持たせることです。

骨盤ベルトを着用する手順は、次の通りです。

  1. 仰向けになり、ひざを立ててください。
  2. 腰を胸より高く持ち上げます。
  3. その状態(骨盤高位)で、自分の恥骨を起点に、そこから左右に指を動かすとあたる大転子という出っ張った骨の間に巻いてください。

骨盤高位にすることで、下がった子宮や内臓が正しい位置に戻った状態で骨盤ベルトを巻くことができます。

着用が終わったら、正座をして余裕があるかどうか確認しましょう。この際に骨盤ベルトが少しでもきついと感じた場合は、位置が高すぎるか、きつく締めすぎているため、もう一度サイズ調整をしましょう。

骨盤ベルトを使う際の注意したいポイント

骨盤をできるだけ締めたいと、きつく巻きつけるママも多いですが、血流が悪くなることで下半身がむくんだり、冷えや腰痛の原因になるので注意しましょう。

また、産前と産後の骨盤ベルトを間違えて着用しないように気をつけてください。具体的には、妊娠中に産後用の骨盤ベルトを付けてしまうと、お腹を圧迫してしまいます。

妊娠中と出産後別に骨盤ベルトを揃えたくないというママは、産前・産後の両方で使える骨盤ベルトを選ぶとよいでしょう。

骨盤ベルトだけでなく、適切な運動も心がけよう

基本的にはつけっぱなしにする骨盤ベルトですが、そればかりに頼ってしまうと、骨盤を支えていた筋肉が妊娠中や出産後に衰えてしまいます。そのため、もちろん過度な運動は禁物ですが、ウォーキングや骨盤調整ヨガなどを少しずつ取り入れましょう。

適切な運動をすることで、骨盤を整えたり、シェイプアップ効果が期待できるので、体型を早く戻したい方にはおすすめです。また、骨盤ベルトを着用したまま運動すると、正しいフォームで筋肉が鍛えられるため、より効果的にトレーニングできます。

運動をする際は、安静の指示を受けている間や、体調の優れない日は行わないなど、無理なく取り組みましょう。

産前・産後おすすめの骨盤ベルト5選

ここでは、特におすすめするベルトタイプの骨盤ベルトを紹介していきます。骨盤ベルト選びの参考にしてください。

1. 産前から産後まで骨盤を支える!トコちゃんベルトII

出典:tocochan.com

 

素材:ナイロン、発泡ウレタン、綿、ポリウレタン

妊娠中は骨盤や関節の緩みを、産後は広がった骨盤の回復を促進させるためのベルトです。骨盤を前後から支えることで、仙腸関節をサポートし、安定させます。また、ベルトの穴は左右どちらにも対応しているので、自分が巻いてみて気持ちの使い方を選べます。日々歪む骨盤や筋肉を整えることができると、好評です。

>>トコちゃんベルトⅡの詳細はこちら

2. グッドデザイン賞で特別賞を受賞!犬印本舗 産後すぐニッパー

 

素材:ナイロン、ポリエステル、その他

産後すぐ、入院中から使用できる、つけ心地抜群のニッパーです。一度で手早く締めることができ、寝たままでも着脱できます。また、ベルトが交差しているので、締め具合の調節がしやすいのも魅力です。一日も早く骨盤ケアを始めることで、体型を戻すのがスムーズになります。サイズが豊富なので、自分に合ったものを選びましょう。

>>犬印本舗 産後すぐニッパーの詳細はこちら

3. (公社)日本助産師会が推奨!ワコール 産後骨盤ベルト MGQ405

出典:wacoal.jp

 

素材:ナイロン、ポリエステル、その他

日本助産師会との共同開発で生まれた、骨盤ベルトです。ベルトの両端を引っ張り、ワンタッチテープで留めるだけと手軽に使用できるのに、お腹は締め付けすぎず、ヒップの下から骨盤にかけてをしっかりサポートします。ヒップの丸みを計算した立体設計なので、ズレにくいのも特徴です。体調に合わせて、締め具合も調節できます。

>>ワコール 産後骨盤ベルト MGQ405の詳細はこちら

4. 身体にフィットして装着も簡単!dacco(ダッコ) キュッとベルト

出典:amazon

 

素材:ナイロン、ポリウレタン、ポリウレタン樹脂

産後すぐから6週間が着用期間のベルトです。フチ取りテープの使用を最小限にすることで段差を減らし、身体にフィットする素材を使うことで、産後の骨盤をしっかりサポートします。ベルトをキュッと引っ張って、ワンタッチテープで留めるだけで装着可能です。座ってもズレにくいように、下腹部にあたる部分が一段低くなっています。

>>dacco キュッとベルトの詳細はこちら

5. 産前から産後まで長く着用できる!ワコール 産前&産後骨盤ベルト MGY601

出典:wacoal.jp

 

素材:ポリエステル、ナイロン、ポリウレタン

ワコール人間科学研究所と(公社)日本助産師会が共同開発した骨盤ベルトは、仙腸関節や大転子、恥骨結合の3点を環状に支えます。凹凸の少ない縫製と樹脂製のボーンやバックルが、やさしいつけ心地を実現しています。ベルトを通す感覚でつけられるので巻きやすく、ヒップをY字構造ではさむので、ズレにくいのも魅力です。

>>ワコール 産前 産後骨盤ベルト MGY601の詳細はこちら

骨盤ベルトは用途に合わせてしっかり選ぼう!

骨盤ベルトは、産前はママの腰痛や恥骨痛の緩和、産後は骨盤の位置を正常に戻すためと、用途が異なります。ですが、毎日着用することが効果を引き出す前提であることに変わりはありません。毎日使うとなると、サイズだけでなく、素材や固さが自分の好みに合っているかどうかも、大事なチェックポイントです。

固い素材でできた骨盤ベルトはサポート力が高い反面、動きにくくなるというデメリットがあります。柔らかい素材の骨盤ベルトは、外見にひびきにくく、フィット感は高いですが、骨盤を締め付ける力が弱まります

自分の身体の状態と目的を考え、よく検討した上で、最適な骨盤ベルトを探しましょう。

  関連記事

近頃話題のフォトブックの魅力と選ぶポイントとは?

子どもが生まれてから、デジカメやスマホで写真を撮影し、SNSやブログにアップして …

育児中こそ活用したい!ネットスーパーや食材宅配サービスのこと

近年、テレビコマーシャルやインターネット広告などで、ネットスーパーや食材宅配サー …

美的ヌーボは妊活中から妊娠中、授乳中まで飲める葉酸!お試し価格や気になる副作用、危険性は?口コミも一挙紹介!

妊活中の方に多く飲まれている美的ヌーボについて調査しました! >>天然の葉酸をし …

おすすめの高反発マットレス3選!腰痛を解消したい妊婦さんが選ぶものは?

妊娠週数が進むにつれて、腰痛がおこり、ひどくなっていくことに悩んでいるママも多い …

子供が喜ぶ!2歳のバーステープレゼント選びのコツ

2歳の男の子・女の子にぴったりなプレゼントをまとめました! 2歳になると、お子様 …

人気のマタニティ通販サイトをご紹介!通販だからこそできるクオリティを楽しんで!

ママにもファッションの楽しみって必要ですね マタニティウェアでもおしゃれを楽しみ …

風邪菌の拡散ストップ!かわいいガーゼマスクで子どもの風邪予防を!

気温が安定しない季節の変わり目や、空気が乾燥する冬になると咳をする人が目立ち始め …

子育て中におすすめの布団乾燥機ってある?選び方のポイントは?

  子どもは汗をかきやすいので、陽気がいいときには、頻繁に布団干しをする家庭も多 …

ランドセルの大きさはA4クリアファイル対応とA4フラットファイル対応どっちがいいの?

ランドセル商戦が始まる夏から秋にかけて、店頭にはさまざまな色やデザインのものがズ …

卵酢は不妊対策になるって本当?その作り方と気になる効果について

>>「烏骨鶏の卵酢」で赤ちゃんが授かりやすい身体に整えていこう! 晩婚化が進み、 …