ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠線は突然現れる!その予防方法と出来てしまった後の対処法とは?

   

妊娠線は気づいたときに突然できているものです。赤ちゃんが成長して急激にお腹が大きくなり、皮がその成長についていけずに目一杯伸びてしまった結果、ヒビが入ったような線のことを妊娠線と言います。

妊娠線は妊娠中だけにおこると考える方もいますが、産後に発症することをご存知でしょうか。これらは若い女性にとって非常に気になる問題ですよね。そのため「できるならば妊娠線を作りたくない」と考える人も多いでしょう。

また妊娠中はお腹が大きいので身体の隅々まで確認することができず、出産を終え身体を確認すると妊娠線が見つかった!という声も多いようです。

出来てしまった妊娠線はどうしたらいいの?」と悩むママも多いでしょう。しかし諦めないでください。妊娠線は消えなくても、お手入れすることによって目立たずに薄くすることができるんです。

そこで今回は妊娠中から産後にかけての妊娠線を防ぐ方法や、妊娠中や産後にあらわれる妊娠線への予防クリーム、妊娠線が出来てしまった方へのアフターケアクリームなど、原因から対処法まで詳しくご紹介していきましょう。

そもそも妊娠線とは?どうして妊娠線が出来るの?

妊娠週数が進みお腹が大きくなるにつれ、表面の皮膚(表皮)は同じ様に伸びていきます。しかし表皮の下にある真皮や皮下組織はそのスピードに付いていくことができずに、断裂してしまうのです。これが妊娠線ができる原因です。

また妊娠中に分泌が増えるステロイドホルモンには、新陳代謝を抑制させる働きがあります。このホルモンにより肌のターンオーバーが上手くできないことも妊娠線を出来やすくする原因に繋がります。

妊娠線は断裂した所から毛細血管が透けて見えて、赤紫色をしています。産後は徐々に薄くなり、ピンク色~白っぽくなり目立たなくなってきます。

いつ頃からでき始める?産後は妊娠線は消えないの?

では気になる妊娠線とはいつ頃になると出来始めるのでしょうか。気を付けるべき時期やその後の状態について、ご説明していきましょう。

お腹が大きくなり始めたら気をつけよう

お腹にできる妊娠線は、お腹が急激に大きくなり始める6ヵ月頃からでき始めます。つわりも終わり食欲が出てきて体重が増えるのがこの頃です。

またお腹の赤ちゃんが急に大きくなる妊娠後期は、特にできやすくなります。お腹だけではなく、胸や太もも、おしりにも妊娠線はできるのです。

妊娠線のできやすい人

  • 皮下脂肪の多い人(皮下組織は伸びにくいため)
  • 小柄や細身の人(お腹が大きくなりやすいため)
  • 経産婦(一度子宮が伸びているのでお腹が急激に大きくなりやすい)
  • 多胎妊娠線の場合
  • 乾燥肌の人

こういった人は妊娠線ができやすくなります。

妊娠中だけじゃない!産後に出来る妊娠線について

妊娠線は妊娠中にできるものだと思っている方も多いのではないでしょうか。実は妊娠中に出来るのはもちろん、産後にも妊娠線は出来てしまいます

赤ちゃんが産まれた後、胎盤などが出てくるとお腹が急にしぼみます。そうするとお腹が大きくなるのと同じ様に、真皮や皮下細胞がしぼむスピードについていくことができず妊娠線ができることがあります。

また産後、母乳を作るために乳腺がどんどん発達していきます。妊娠前のバストサイズから2サイズ程up大きくなるので胸に妊娠線ができやすくなります。

できてしまった妊娠線はどうなる?

一度妊娠線ができてしまうと完全に消えるということはありません。産後ケアをして、徐々に薄く目立たなくしていくことはできますが、すぐに消えることはなく時間がかかってしまします。そのため妊娠線ができない様に、日頃からケアをしていきましょう。

そこで大事なのは妊娠線を早いうちから予防することです。妊娠線が出来る時期をしっかりと抑えて、クリームでケアを行うことにより、出産後の身体を鏡で眺めた時に妊娠線で悩みを抱えることを防ぐことが出来ますよ。

早い段階からクリームで予防を行うことにより、妊娠線はしっかりと対策することができますよ

妊娠中に妊娠線を予防するにはどうすればいい?

前述でもご紹介したように、気になる妊娠線はできるだけ作らないように心掛けたいですよね。妊娠線は出来てしまったあとではなかなか消すことができないので、妊娠中にしっかりと予防策を行っておくことが大切です。

それでは実際に、妊娠中でも行える妊娠線を予防する方法について、以下で詳しくご説明していきましょう。

とにかく保湿!!

妊娠線をできにくくするには、オイルやクリームで保湿をしてあげることです。

妊娠線は急激にお腹が大きくなることで、皮膚の伸びがついていけずにできてしまう線です。ということは、お腹の皮膚がよく伸びれば、妊娠線ができにくい、ということになりますね。

よく伸びる皮膚には、水分がたっぷり含まれています。妊娠線予防には、とにかく皮膚に潤いを与えることが大切なのです。1日最低1回、お風呂上りにでも、お腹全体にまんべんなく保湿剤を塗ってください。保湿剤には、オイル、クリーム、ジェルなど、様々な種類があります。

保湿が終わった後に妊娠予防クリームを塗ることで、さらに保湿の効果を高めることができます。

自分の好みに合ったものを見つけて、毎日必ずお手入れすることが重要です。

体重が増えすぎないようにする

妊娠すると、通常ではありえないほどの食欲に見舞われてしまうことがあります。その結果、体重がどんどん増えすぎ、妊婦健診の際に先生に注意されてしまう…よくある光景です。

実は急激な体重増加も、妊娠線の原因となります。赤ちゃんの成長によるものだけでなく、自分自身の贅肉が急激に増えてしまうことでお腹の皮膚が伸びきらず、気が付いたらヒビだらけのお腹になってしまうのです。

体重が増えすぎると、難産になってしまうこともあるので、意識してコントロールしましょう

増えすぎると難産になってしまうことも!妊娠中の体重管理、どうすればいい?

ビタミンCとコラーゲンを意識して摂取する

皮膚の潤いを保つためには、ビタミンCとコラーゲンが必要です。しかしお腹の赤ちゃんに吸い取られてしまい、母体には充分いきわたらなくなる場合が多いのです。そのためビタミンC及びコラーゲンが含まれた食べ物やフルーツをいつもより多めに摂取することを心がけると良いでしょう。

妊娠線予防にも産後のケアにもおすすめな妊娠線予防クリーム7選!

前述でもご紹介した通り、妊娠線は完全に消すことは難しいとされています。そのため、大事なのは日頃の予防ケアを行うことです。

それでは実際におすすめの予防ケアクリームについて、ご紹介していきましょう。以下で紹介するクリームの中には、産後の妊娠線へのアフターケアに特化した商品もご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

妊娠線予防クリーム徹底比較

商品 内容量
使用期間
通常価格
1日あたり
お得な購入方法
おすすめ度
配合成分
01_belta

ベルタマザークリーム

120g
約1ヵ月
6980円
約233円
定期購入価格
4980円
review_5
シラノール誘導体、ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲンなど

詳細

女性100人の声から生まれた マタニティクリーム

120g
約1ヵ月
3024円
約93円
3個セット
8100円
review_5
葉酸、アラントイン、ダーマクロレラ、ライマメ種子エキスなど

詳細

04_nocor

ノコア アフターボディトリートメントクリーム

150g
約1ヵ月
6980円
約233円
2本セット
13960円
review_45
高浸透型ビタミンC誘導体、FGF、コラーゲンなど

詳細

02_mediplus
メディプラスゲル
180g
約2ヵ月
3996円
約67円
初回限定
1000円OFF
2996円
送料無料2回目以降
3796円
送料無料
review_45
グリセリン、ベタイン、ジグリセリン、1,2-ヘキサンジオールなど
詳細
03_plagentra

プラジェントラ クリームプラス

130g
約1ヵ月
7852円
約253円

review_4
EGF、FGF、PGA、甘草根、緑茶エキスなど

詳細

06_amoma

AMOMA マタニティオイル

160ml
約2ヵ月
2299円
約38円

review_35
ライスオイル、 マカデミアナッツオイル、 パルマローザ精油など

詳細

05_primo

primo 超保湿クリーム

100g
約1ヵ月
7214円
約240円
初回限定
100円
review_4
アルゲエキス、サガラメエキス、ガゴメエキスなど

1. ベルタマザークリーム

belta-cream

ベルタマザークリームには、とにかくたっぷりと美容成分が含まれているため、保湿効果が非常に高くなっています。また、無添加・無香料であるため、皮膚を通して赤ちゃんに悪影響を及ぼすこともありませんので、安心して使う事ができます。

なお、ベルタマザークリームには、定期購入コースがあり、通常価格よりも求めやすくなっています。妊娠線クリームは、妊娠が発覚する初期から出産まで毎日使い続けるものですので、それなりの本数が必要となります。お得な定期購入コースがあれば、経済的にも助かりますね。

ベルタマザークリームで妊娠線予防!?口コミや成分、使用量についても紹介!産後も使える?定期便の解約方法は?

2. mitete 女性100人の声から生まれた マタニティクリーム

100名の女性にヒアリングして生まれた女性100人の声から生まれた マタニティクリームは、保湿成分に葉酸をプラスすることで、急激に大きくなる子宮や皮下組織内の脂肪細胞に表皮や真皮の伸びがついていけるよう、皮膚の成長を促します

合わせて、ヘスペリジンという成分を配合しているので、塗るとじんわりと温まるので、冷え性に悩むママにおすすめです。国産なので日本人の肌に合うように開発され、ベタつかない使用感も好評です。

AFC 女性100人の声から生まれたマタニティクリームで産後のケアをしよう!妊娠線・肉割れなどストレッチマークへの効果は?

3. ノコア アフターボディトリートメントクリーム

nocor

できたしまった妊娠線のケアにピッタリなのが、ノコア アフターボディトリートメントクリームです。高級美容液にも使われている高浸透型ビタミンC誘導体により、保湿とコラーゲンの生成の促進を促します。

また、肌の繊維が細胞の機能をサポートするFGFを配合。生シアバターやアボガド、ベントナイトといった機能性の高いオーガニック成分が凝縮されているので、相乗効果で皮膚の深部まで、しっかり潤いを届けます。

ノコア アフターボディトリートメントクリームで妊娠線は消えない!?セルライトへの効果は?口コミからも検証します!

4. メディプラスゲル

2016-04-18_190736

もっちり肌になれるオールインワンジェルとして人気のメディプラスゲルはヒアルロン酸、高濃度セラミド、コラーゲン、温泉水など62種類もの美容成分がしっかり保湿をしてくれるので、妊娠線の予防にも効果的です。

合成界面活性剤、香料、着色料、アルコールなどは一切使用されていないので、安心して使用できます。また、これ1本で顔と妊娠線予防の両方のケアができて、1ヵ月あたりのコストが1498円とリーズナブルなのも魅力的です。

メディプラスゲルで妊娠線も顔のたるみも予防できる!?実際に試した効果のほどは?口コミから解約方法まで紹介!

5. プラジェントラ クリームプラス

plagentra

出典:楽天

妊娠線ができる原因とメカニズムに着目し、研究・開発されたプラジェントラ クリームプラスの特徴は、グロスファクター成分であるEGFとFGFにより肌を優しく整えることです。さらに、植物から抽出された低刺激なPGAなどの高保湿成分を配合することで、肌をしっかり潤わせます。

臭いに敏感な妊娠初期からでも使えるように無香料・無着色で、合成された界面活性剤は一切使用されていません。臨床試験で安全性も確認されています。

6. AMOMA マタニティオイル

amoma

妊婦さんと産後のママのためのブレンドハーブティに定評のあるAMOMAがつくっているマタニティオイルは、こっくりとした使用感の濃厚なオイルです。

米ぬかを原料にしたライスオイルをベースにしており、伸びがよく、お腹や太ももといった皮膚面積が広い部分もマッサージしやすく、つけ心地はサラサラです。日本人の肌によくなじみ、しっかり保湿してくれます。1本で約2ヵ月持つというコスパの良さも魅力です。

7. primo 超保湿クリーム

primo-cream

20代の妊婦さんに圧倒的な人気を誇るのが、primoの超保湿クリームです。ライマメ種子エキスや二種類のペプチドなどが配合されており、できてしまった妊娠線に働きかけ、深部の傷の再生をサポートします。

さらに体脂肪の燃焼やたるみの引き締めに効果の高い「アルゲエキス」、乾燥や肌荒れを改善する「サガラメエキス」、しみ・しわ・ニキビにも効く「カゴメエキス」などの海洋成分も含まれ、肌トラブルを予防してくれます。

妊娠線は、一度できてしまうと、一生消えることがない厄介なもの。万全を期して、妊娠線を予防したいものですね。

産後に出来てしまった妊娠線をケアする方法とは?

妊娠中や産後にできる妊娠線をいち早く気づくことがでれば一番いいのですが、必ずしもすべてのママが事前に気づくのは難しいでしょう。妊娠をするとお腹が大きくなるため、自分の身体を隅々まで確認することが出来ず、既に妊娠線が出来てしまっていることもありますよね。

そして妊娠線は一度できてしまうと、完全には消えないのが特徴です。そうなると気づいてから後悔するママも多いしょう。

しかしお手入れをすることで目立たなくすることはできるのです。出来てしまった妊娠線でもクリームなどを使用して出来る限りのケアを行うことで、薄くすることが出来ることをご存知ですか。

しっかりとアフターケアをすれば、妊娠線は徐々に薄くなっていきます。ではそのケア方法について、実際にどんな方法があるのか詳しくみていきましょう。

オイルやクリームでマッサージ

予防方法と同様にオイルやクリームで肌を保湿します。たっぷりのオイルやクリームを使って円を描くように、妊娠線に擦り込ませるように塗ると効果的です。予防の時とは違い、産後の妊娠線を薄くするためのオイルやクリームを使うようにしましょう

また上記でご紹介したクリームの中でも、ノコア・AFCストレッチマーククリームは産後のアフターケアに特化した商品となっているので、妊娠線が出来てしまって悩んでいる方は特におすすめです。

新陳代謝を上げよう

新陳代謝が上がり肌のターンオーバーがきちんとされれば、妊娠線も目立たなくなってきます。偏った食事ではなく、栄養のある身体を温める食事を心がけましょう。

適度な運動も効果があります。外からだけではなく、内側からも妊娠線に働きかけましょう。

レーザー治療

どうしても妊娠線が気になる場合は、美容整形外科でのレーザー治療も可能です。また皮膚科や形成外科で瘢痕形成術という方法もあります。

妊娠線の対策は日頃のケアを心掛けよう

妊娠線は女性の誰もが気になる部分ですよね。まず大切なのは事前にケアをしっかり行うことです。そのためにも上記で紹介した方法を行い試してみるてはいかがでしょうか。妊娠線に対する悩みを減らして、産後の生活を楽しく過ごしましょう。

また出来てしまった妊娠線で悩んでいるママも諦めるのは、まだ早いです。妊娠後のアフターケアをしっかりと行うこより、妊娠線を薄くすることはできるので、ご紹介した方法をぜひ実践してみてくださいね。

  関連記事

こいのぼりの選び方が知りたい!飾るタイミングや場所は?

息子が生まれて、初節句を控えていると、こいのぼりや五月人形をどうするのか、頭を悩 …

入園式や卒園式でのスーツはスカート?パンツ?ママスーツの選び方とは

冬が終わり、ポカポカ陽気を感じられるようになってくると思い出すのが「入園式」や「 …

気になる首元のザラザラに効果はある?アプリアージュオイルSの成分と気になる口コミのこと

>>アプリアージュオイルSでザラザラ肌や角質粒をケアしよう スキンケアを続けてい …

キッズレインコートはいつから使うもの?その選び方とは?

梅雨時期など雨が多い時期は、子ども連れの外出が億劫になるママやパパが多いのではな …

メイドバイマムクリームは産後に残った正中線には効果なし!?楽天では買えない人気クリームの口コミや解約方法も!

>>メイドバイマムクリームの詳細はこちら 妊娠をしたら、今まで気にならなかった体 …

可愛くて使える!赤ちゃんの着ぐるみの選び方とオススメ商品10選

赤ちゃんが着ぐるみを着ている姿、とってもかわいいですよね。赤ちゃんはどんな着ぐる …

子どもがわきがかも!その原因と対処法を教えて!

わきがとは、脇の下や陰部から、特有の匂いが出る体質のことをいいます。両親のどちら …

ベビーカーの防寒対策って、みんなどうしているの?おすすめの商品はある?

乳幼児を連れて外出する際には、ベビーカーがあると便利です。赤ちゃんを連れていると …

女性のミカタは生理不順・PMSに効果なしでも解約できる!口コミの信憑性や副作用は大丈夫?

>>PMSの悩みは女性のミカタ「すこやか編」と「やすらぎ編」で解決! 日本のPM …

ホワイトラグジュアリーはバストやシミの美白に効果なし?使い方や口コミを紹介!楽天よりもお得な購入方法とは?

>>ホワイトラグジュアリーで気になる黒ずんだ乳首を美白に 妊娠週数が進むにつれて …