ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

チャイルドシートの選び方やおすすめ10選を紹介!安全な取り付け方や種類の違い、固定方式についても知っておこう

   

平成12年以降、6歳未満の幼児が車に乗る際には、発育に応じたチャイルドシートを装着する事が道路交通法で義務付けられています。

ママと産院を退院する時から必要になる必須ベビー用品ですので、今や出産準備の際には、「どのチャイルドシートにしようか?」と検討するご家庭がほとんどなのでないでしょうか。

大切な赤ちゃんの安全を守るチャイルドシートです。また、毎日のように使うものでもありますので、性能以外のデザインや使い勝手などにもこだわりたいものです。

そこで今回は、チャイルドシートを選ぶ際に気をつけたいポイントを紹介します。満足のいく選択を叶えるために、ぜひ参考にしてみてください。

チャイルドシート、ベビーシート、ジュニアシート…、何が違うの!?

「チャイルドシート」の事を、時折「ジュニアシート」や「ベビーシート」と言い表す事があります。どれも同じものを指しているようにも感じられますが、実はそれぞれ少しずつ意味が異なります。

新生児、乳児用ベビーシートとは…

生まれたばかりの新生児から、1歳頃まで使用できるのがベビーシートです。メーカーや商品によって異なりますが、おおよそ10キロを超えるまでは使用できます。まだ首が座っていないなど、赤ちゃんの体はとてもデリケート。

そんな赤ちゃんの体全体をサポートできるようなデザインになっています。また、進行方向に向かって後ろ向きや横向きに装着できるのも、他のチャイルドシートと異なっている点です。

ベビーシートって何?何を基準に選べばいいの?

幼児用チャイルドシートとは…

ベビーシートを卒業したら、次は幼児用チャイルドシートの出番です。目安としては、しっかりとお座りの姿勢ができるようになった頃から使い始めましょう。

ベビーシートとジュニアシートの中間に当たる時期ですので、赤ちゃんの体をしっかりとサポートしてくれるのと同時に、ベビーシートよりも体の自由がききやすいデザインになっているのが特徴です。4歳頃まで使用できます。

チャイルドシートとベビーシートとジュニアシートは何が違うの?

学童用ジュニアシートとは…

幼児用チャイルドシートを卒業した後、6歳頃まで使用できます。体はしっかりしている幼児ですが、大人のようにシートベルトをつけると座高が足りなくなってしまいます。ジュニアシートで座高の高さを補い快適・安全に乗車できるようになります

「チャイルドシート」とは、これら全ての総称を指す言葉です。

ジュニアシートはいつからいつまで使うの?2歳では早い?

6歳を過ぎたらチャイルドシートは不要?

チャイルドシートの着用が義務付けられているのは、6歳未満、つまりは5歳までです。

そして、通常のシートベルトを着用できるのは身長135cm以上とされています。シードベルトが体のサイズに合っていないと、衝撃を受けた際の体へのダメージも当然増えてしまいます。

6歳以上でも身長が135cmに達していない場合など、子どもの体格によっては着用を続けた方がいい場合もあるので注意が必要です。

チャイルドシートの義務年齢について!罰金はあるの?

チャイルドシートの着用が免除される場合も

道路交通法では、6歳未満の乳幼児が自動車に乗る場合、チャイルドシートを装着するように義務付けています。

ですが、例外として免除されるケースがいくつかありますので、まとめておきましょう。

  • 車の座席の構造の問題でチャイルドシートを固定できない
  • 乗車人数が多く、子どもの人数分、チャイルドシートを固定できない
  • ケガや病気により、療養上、チャイルドシートの使用が適さない
  • 著しい肥満など、身体的な理由でチャイルドシートが使えない
  • チャイルドシートに乗せたままでは、授乳などの世話ができない
  • バスやタクシーに乗客として乗車している
  • 国土交通省から許可を得ている、特定非営利活動法人等が運送を行う
  • 応急救護のために、医療機関や官公署に緊急搬送する

赤ちゃんとタクシーに乗る時にチャイルドシートは必要?用意したほうがいい?

チャイルドシートの固定方法は2種類!

チャイルドシートの固定方法は「回転式」と「固定式」の2種類あり、それぞれメリットとデメリットがあります。そこで、2種類の特徴をまとめてみました。

回転式

回転式は、シートの向きを自由に変えられるのが特徴です。そのため、左右どちらの後部座席に設置しても、赤ちゃんを乗せ降ろししやすいというメリットがあります。

お子さんの成長に合わせて、座席の向きを変える際にも、チャイルドシートを設置し直す必要がありません。

一方、多機能な分、どうしても価格が高めで、本体が大きく重量が重い点がデメリットです。

また、座面も高くなるので、車種によっては回転式のチャイルドシートを設置すると、手狭に感じることもあるようです。

おすすめの回転式チャイルドシート10選!メリット・デメリットは? 固定式とどう違う?

ISOFIXなら取り外しが簡単に

2012年7月以降に発売されている車種はすべて、ISOFIX対応となっています。

ISOFIX対応であれば、車の専用金具にコネクター2カ所を差し込むだけで、簡単にチャイルドシートを設置できます。もちろん、ロックを外せば簡単に取り外すことも可能です。

車に直接チャイルドシートを設置することで安定性がアップし、取り付けに不備がないよう、目視できるチェック機能が搭載されているのも安心です。

チャイルドシートメーカーの公式サイトや取扱説明書の中で、対応車種がくわしく紹介されているので、購入前に自分の車でも使えるかどうか、必ずチェックするようにしましょう。

最近見かける「ISOFIX対応チャイルドシート」ってどんなもの? 自分の車でも使える?オススメは?

固定式

固定式は機能が限定されている分、軽くてコンパクトな構造になっています。そのため、大抵の車種に使用することができ、付け替えの手間もかかりません。商品ラインナップが豊富で、価格が安めであることも、メリットと言えるでしょう。

一方で、座面が固定されているので、状況によってはお子さんの乗せ降ろしが大変になるというデメリットもあります。

特に首が座る前の赤ちゃんや、座面が後ろ向きになっている時に、不便さを感じるひとが多いようです。

チャイルドシートの安全な取り付け方

チャイルドシートは、適切な位置に正しく装着しなければ、お子さんを安全に守ることができません。

そのため、エアバッグがついている助手席やシートベルトのない座席、車の進行方向に向かって横あるいは後ろ向きの座席に装着するのはNGです。

また、2点シートベルトタイプ、3点シートベルトタイプ、ISOFIX対応タイプによって、取り付け方が異なります。

シートベルトタイプはたるみがないかどうか、ISOFIX対応タイプは金具にコネクターがきちんとはまっているかを、必ず確認しましょう。

チャイルドシートを取り付けた後、前後左右にゆすってみて、大きくずれるようなら、方法が間違っています。取扱説明書やDVDによく目を通し、ゆすってもシートの動きが3cm程度で収まるよう取り付けてください。

チャイルドシートはどの位置がより安全? 前向きに座らせても大丈夫?取り付けの際に気をつけたいこと

チャイルドシートはいつから前向きにすべき? 後ろ向きとの違いは?

首あるいは腰が据わらない月齢の乳児は、後ろ向きのチャイルドシートに乗せる方が安全です。その際には、取り付け角度が座面から45°になるように固定します。

この姿勢で乳幼児を座らせておくと、万が一事故に巻き込まれても、後頭部から肩、背中と広い面積で衝撃を分散・吸収できるので、身体にかかる負担が軽減されます。また、飛び出しにくいというメリットがあるからです。

お子さんを前向きに座らせるのは、体重が10kgになったころ(生後9カ月が目安)からとされています。

ですが、ベビーシートからチャイルドシートに切り替えるのが1歳前後であることを考えると、それまでは後ろ向きの方がよさそうです。

何を基準に選ぶ?チャイルドシート選びのポイント!

はじめに紹介したように、一口にチャイルドシートといっても様々なタイプがあります。お子様の年齢や発育に適したものをチョイスするようにしてください。

加えて、チャイルドシート選びで気をつけたいポイントを紹介します。

Eマーク・自マークをチェック!

国土交通省では、安全基準を満たしたチャイルドシートには、マークを添付させています。それが、「Eマーク」です。

これは2012年7月から導入されており、ヨーロッパの安全基準であるUN R44/04またはECE R44/04に則っています。そのため、対象の体重範囲とチャイルドシートの種類、装置を認可した国の番号、当該装置番号が必ず明記されています。

それ以前に使用されていたのが、「自マーク」です。これは、2012年6月30日以前につくられたチャイルドシートについているマークです。

チャイルドシートを購入する際は、安全性を考えて、いずれかのマークがついているかをチェックしましょう

自分の車が対象車種か確認しよう

チャイルドシートは多種多様で、固定する方法にもいくつか種類があります。

そのため、タイプによっては適合しない車種がある可能性があります

チャイルドシートを購入する際には、欲しいチャイルドシートが自分の車に取り付けられるのかどうか、メーカーの公式サイトなどで下調べしておくようにしましょう。

あまり重すぎるものはNG!車への装着方法も確認!

チャイルドシートは、一度つけたらそれっきり…と言うものではありません。家族以外を乗車させるときなど、案外取り外すシーンは多いものです。

そのため、重厚感のありすぎるものは不便に感じてしまうかもしれません。取り付けの方法も、あまり複雑でないものを選びましょう。

また、シートベルトを正しい位置に設置することで、事故による死亡や重傷などのリスクを減らすことができます。

助手席にチャイルドシートを設置するのは、法律違反なの?どこなら安全?

カバーは洗濯可能?

吐き戻しやよだれ、汗や食べこぼし…。赤ちゃんや幼児が使用するチャイルドシートですので、よく汚れる事を考慮しましょう。洗濯ができると便利ですので、カバーの洗濯が可能かどうかをチェックしておきましょう

やっぱり使い勝手は大切!

デザインを重視してしまうあまり、使い勝手の悪いものを購入してしまっては意味がありません。

ママと赤ちゃんが負担なく使いこなせる商品を選ぶためにも、やはり実物をみて購入する事を心がけてください。ネット通販で購入する際にも、一度はお店で商品を見るようにしてください。

気になる価格も

新生児を乗せることができるチャイルドシートの価格帯は、10,000円台から70,000円以上まで、かなり幅があります。

30,000円未満のチャイルドシートにも、回転式で4歳まで対応のものがあります。70,000円以上ともなると、安全性に居住性やデザイン性が加味されており、魅力を感じるママとパパもいるかもしれません。

ですが、チャイルドシート選びで一番大事なのは、機能性です。各家庭により、チャイルドシートを車間で乗せ換えることが多い、移動距離が長いのでドリンクホルダーがある方が便利など、優先順位が変わるはずです。

価格より、安全性と機能性、利便性を考慮して、チャイルドシートを選びましょう。

おすすめ!チャイルドシート10選

一口にチャイルドシートといっても、機能性や価格は様々です。今では種類がたくさんあるため、どれを選べばいいのかなかなか決められない人も多いのではないでしょうか。

ここでは、特におすすめのチャイルドーシートを、いくつかご紹介していきます。見比べていく中で気になるものがありましたら、チェックしてみてください。

1. ジュニアプラス(グレコ)

出典:Amazon

 
ヘッドサポートには6段階、ひじ掛には2段階の調整機能がついているため、対象年齢の3歳から11歳まで、お子様の体の大きさに合わせて使うことができます。シートがずれにくいように、座面の裏にはスポンジの滑り止め加工が施されています。

また、簡単に取り外しができるウォッシャブルシートが使われており、汚れも手軽に落とせて衛生的です。収納可能なカップホルダーは、飲み物だけでなくおもちゃを入れて利用することもできます。

2. コッコロS UX(コンビ)

出典:Amazon

 
コッコロS UXの最大の特徴はコンパクトさです。1.5リットルのペットボトル3本分という超軽量で、座面はわずか9.6cmと赤ちゃんの乗せ降ろしをしやすい作りになっているため、ママ1人のときでも楽に扱うことができます。

立体型のインナークッション「ダッコシートα」を採用しており、赤ちゃんにとって無理のない姿勢を維持してくれます。ヘーゼルナッツ、セサミ、ビスケットと可愛らしい色合いの3色展開です。

3. クルムーヴ スマート エッグショック JG(コンビ)

出典:Amazon

 
赤ちゃんを衝撃や振動から守る、コンビ独自の衝撃吸収素材「エッグショック」を搭載。エアシート構造で通気性が良いだけでなく、足元まですっぽり覆うサンシェードもついているため、快適に過ごすことができます。

また、コンビのチャイルドシートの中でも最小サイズなので、スペースをとらず、車内を広々と使えるのもうれしいですね。

指1本でリクライニングも360℃回転もできる操作レバーがついており、ストレスが少ない作りになっています。赤ちゃんにもママにも嬉しいチャイルドシートです。

4. エレベート(ジョイー)

出典:楽天

 
ヨーロッパの基準であるECE R44を満たしており、世界最高レベルの安全性を誇るエレベート。5点シートベルトと横からのショックに対応する「サイドインパクトシールド」でお子様を衝撃から守ってくれます

大型のヘッドレストには、10段階の高さ調節が可能なGrow Together機能を搭載。背もたれをはずしてブースター仕様にすることで、1歳~12歳まで長く使えます。

4色のカラー展開とイギリス国旗のワンポイントがオシャレで、デザイン性も重視したいママにおすすめです。

5. タカタ 04 ビーンズ(タカタ)

出典:Amazon

 
通気性と心地よさに優れた「ファイバーモールドクッション」や大きな力を要さずに固定ができるロックオフ機構で、赤ちゃんにもママにも優しいつくりになっています。

機能・デザイン共にとてもシンプルですが、国内生産で、信頼性と評価の高いチャイルドシートです

過去には、Amazonの新生児対応チャイルドシートランキングで1位の実績があり、国土交通省と自動車事故対策機構が行うチャイルドシートアセスメントでは最高評価である「優」を獲得しています。

6. ジョイトリップ エッグショック GC(コンビ)

出典:楽天

 
「エッグショック」搭載のヘッドサポートと体を中心に安定させるランバーサポートで、眠ってしまったときでもしっかりと支えてくれます。頭部のパノラマビューシートは、成長に合わせて幅を調整できるので長く使い続けられる設計になっています。

背面がめくれるオープンシートになっており、後ろに手を回す必要がなく簡単に装着が可能。ドリンクホルダーは左右のどちらにでも取り付けられてとっても便利です。

7. ディアターンプラス AB(アップリカ)

出典:楽天

 
赤ちゃんの頭・首を安定させ、呼吸がしやすい自然な姿勢をキープしてくれる「フルリクライニング」と、足先までを保護してくれる「やわらかクッション」で、退院時から使用可能です。

新生児のときはベッド型、機嫌がいい時は後ろ向き、4歳頃までは前向きのイス型など、成長に合わせて3ステップで使い分けられます。ベルト位置が分かりやすく、取り付けが簡単なのもうれしい特徴です。本体は片手で回転させることができるので、乗せ降ろしも楽チンです。

8. チルト(ジョイー)

出典:Amazon

 
チャイルドシート専門の工場で生産されており、ECE R44適合で安全性が確保されています。

ベビーモードとチャイルドモードで、0か月から4歳頃まで使い続けることができます。滑り止めつきの肩ベルトと側面衝突対応機能で、赤ちゃんをしっかり保護。

クッション性の良いソフトパッドと4段階のリクライニングで、快適な座り心地です。シンプルなものから個性的な色合いまで全部で11色が用意されており、車内の雰囲気に合わせやすくなっています

9. トラベルベスト ECプラス(日本育児)

出典:Amazon

 
重さ2.9kgと非常にコンパクトなため、折りたたんで持ち運べます。カーシェアリングやレンタカーを使う方には特におすすめのチャイルドシートです。

3点式のシートベルトが装備されており、シートが平らであれば後部中央座席にも装着が可能です。もちろん安全性にも優れており、ヘッドレストサポートやベルトロック機能でお子様を衝撃から守ってくれます。

背もたれの部分には3Dメッシュ素材を使用しているため、汗をかいても蒸れにくくなっています。

10. サラット3ステップ クワトロST(エールベベ)

出典:Amazon

 
通常のチャイルドシートと異なり、ラウンド形状の「インパクトシールド」が体を支えてくれるため、肩ベルトが苦手な赤ちゃんには最適です。

また、22個ものエアボールを頭から座面まで採用しているので、通気性も抜群です。「ナチュラルフィットシート」と厚さ40mmの「やわらか3層クッション」で、長距離のドライブによる疲れを軽減してくれます。

3年間ものロング保証付きで、事故が起こった場合に無料交換をしてくれるなど、サポート体制がしっかりしているのもうれしいですね。

レンタカーに使える、持ち運びができるチャイルドシートも

自宅にセカンドカーがある、おじいちゃんやおばあちゃん、友人の車に乗る機会が多い、カーシェアリングを利用している場合は、チャイルドシートをそのつど、乗せ換えなければなりません。

そんな時に重宝するのが、簡易チャイルドシートです。通常のチャイルドシートより軽量で、コンパクトに設計されているので、持参して簡単に車に設置できます。

他人名義の車であっても、自家用車にお子さんを乗せる場合は、チャイルドシートの装着が義務付けられますので、持ち運びしやすいものを一つ用意しておくと安心です

持ち運びができる簡易チャイルドシート、安全面は大丈夫? どんなものを選べばいい?

お下がりがもらえそう!そんな時の注意点は?

先輩ママからのお下がりや、リサイクルショップなどで、お得にチャイルドシートをゲットする方もいるのではないでしょうか。

赤ちゃんとの新生活には様々な出費がつきものですが、「助かる~!」と飛びつく前に以下の項目をチェックしましょう。

中古品をゲットする際の注意点
  • 取扱説明書はありますか?
  • 付属品は全てそろっていますか?
  • 過去に事故歴はありませんか?

また、古すぎるチャイルドシートや、傷・ひび割れが確認できる場合はお断りしましょう

いくら節約できるといっても、お子様の安全を確保するものであるとう根本を忘れないようにしてくださいね。

赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がる! まずはこれを試してみて

赤ちゃんが起きている時間が長くなり、自分の意思で身体を動かせるようになると、チャイルドシートに寝かされるのを嫌がるようになるものです。

車内で赤ちゃんが泣き続けたり、ぐずってばかりいると、ママやパパが運転に集中できなくなるので危険が増します。

そこで、赤ちゃんがチャイルドシートで楽しめるように、専用のおもちゃを取り付けておくことをおすすめします

ママやパパの顔が見えないことが問題の時は、鏡を取り付けて、表情を確認できるようにするのも良いですね。ぜひ、試してみましょう。

チャイルドシートにおもちゃを取り付けたい! どんなものを選べばいい? 実際のオススメ商品もご紹介

子どもの成長に合わせたチャイルドシート選びを

どんなに気を付けていても、いつ事故が起こってしまうかは分かりません。しかしチャイルドシートをつけていれば、安全性を高めることができます。

それぞれの特徴を理解した上で、年齢や体格に応じたものを選んであげてください。最近は、機能性だけでなくデザイン性が高いものもたくさんあります。

素敵なチャイルドシートを取り入れて、家族で安心してドライブを楽しんでくださいね。

  関連記事

プレグルCB-1カプセルの口コミは怪しい!?ミトコンドリアサプリの危険性や成分、副作用が気になる人必見

>>妊活中の30代、40代のご夫婦のために作られたプレグルCB-1カプセル 晩婚 …

近頃話題のフォトブックの魅力と選ぶポイントとは?

子どもが生まれてから、デジカメやスマホで写真を撮影し、SNSやブログにアップして …

【レビュー付】大人の青汁 シトルリン桑抹茶は妊活に効果なし!?成分や口コミ評価から楽天よりお得な購入方法まで一挙紹介!

>>サプリが苦手な方も安心!男性の妊活を支える青汁! 妊活のために体質改善をした …

【レビュー付】ドルチボーレ ミルキーベビーローションの成分は新生児に危険!?口コミでの高評価はホント?

>>デリケートな赤ちゃんの肌を乾燥から守る!ドルチボーレのベビーローション 赤ち …

ルナベリーは返金保障ありのサプリ!口コミで評判だけど生理不順やPMSに効かない!?成分に副作用の危険はないの?

>>ルナベリーで生理前の憂鬱なPMSとおさらば! 生理前になると、お腹は痛いし気 …

妊活中から産後まで飲める!女性に嬉しい効果がいっぱいのルイボスティーが最強な理由とは?

「ルイボスティー」って、ここ数年で名前を目にすることが増えましたよね。ペットボト …

【レビュー付】パティ葉酸サプリは楽天では買えない!?その成分を徹底検証!口コミやお得な購入方法も紹介します

弁護士の大渕愛子さんも愛用しているパティ葉酸サプリの効果や成分を大調査! >>安 …

新生児こそ抱っこ紐は必需品!その選び方のポイントとは?

「新生児は軽いし、連れて外出する機会も少ないだろうから、抱っこ紐は首が座ってから …

チャイルドシートにおもちゃを取り付けたい! どんなものを選べばいい? 実際のオススメ商品もご紹介

チャイルドシートがあれば、ママが1人で子連れ外出する時でも、ハードルはかなり下が …

お食い初めは宅配できるって知ってた? オススメのお食い初めセット10選をご紹介!

お食い初めは、子どもの健やかな成長を願う、日本古来の儀式の一つです。そのため、食 …