ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

なぜ妊娠中にシミ・ソバカスが増えるの?原因と対処法、おすすめのケア用品をご紹介します!

   

妊娠中にシミが増えるメカニズム、ママができる対策について

144114

妊娠中は様々なマイナートラブルがおこりがち。中でも、シミやソバカスに悩むプレママは多いのではないでしょうか?長い人生の中でも、類を見ないほど幸せイッパイであるはずの妊娠期間…。

思わぬ肌トラブルに見舞われて、幸せを感じる余裕を失ってしまう事のないよう、そのメカニズムや対処法を把握しておきたいものです。ここでは、妊娠中におこる肌トラブルの代表“シミ・ソバカス”についてお話しします。

そもそもシミはどんなメカニズムで発生するものなの?

多くの女性を悩ませるシミやソバカスは、メラニン細胞(別名:メラノサイト)によって作られています。メラニン細胞が血中のチロシンからメラニンを作り、シミ・ソバカスが発生する…というメカニズムです。

この働きは、紫外線に晒される機会が増えれば盛んに行われ、逆に紫外線にあまり当たらない状態になれば緩やかに収まっていきます。この事から、「日やけがシミの原因!」と言われているのです。

「どうしてこんな仕組みがあるの?いらなんだけど!」と感じる方も多いでしょうが、本来メラニン色素は、カーテンのように覆いかぶさり、その下の細胞を紫外線によるダメージから守る役割を担っていますので、不要な存在とも言い切れません。

美容にはデメリットでしかない事は確かですが、紫外線のダメージは皮膚ガンなどのリスクを高めてしまいますので、健康面で考えれば必要不可欠な存在だと言えるでしょう。

妊娠前のシミと、妊娠期間にできたシミの違いは?

「妊娠してから、部屋で大人しくしてる事が多いし、紫外線に晒される機会はむしろ減っているのに…どうしてシミができちゃうの!?」日やけがシミの原因、と聞けば、このような疑問が浮かんできます。

そのヒントは、妊娠中の女性の体内で盛んに分泌されている二つの女性ホルモンにあります。“エストロゲン”と“プロデステロン”と呼ばれる女性ホルモンが、メラニン細胞を刺激してしまうのです。

上記のシミ発生のメカニズムにまつわるお話でも紹介した通り、メラニン細胞はシミ・ソバカスの材料となるメラニン色素の生成を行っています。女性ホルモンに刺激され活性化する事でメラニン細胞はメラニン色素を大量に発生させてしまうのです。

この結果、妊娠中はたとえ紫外線を避けていたとしても、シミ・ソバカスが発生しやすくなります。ふたつの女性ホルモンによる働きかけが、妊娠前のシミ・ソバカスとの違いだと言えるでしょう。

正中線や色素沈着もシミと同じ原因で引きおこされている

2016-09-28_171328

同じ原因から、正中線(おヘソの下へ伸びる線)や乳首、外陰部などの色素沈着をおこす妊婦さんも少なくありません。「妊娠中はオッパイが黒くなる」という現象は、じつは妊娠中のシミ・ソバカスと同じ原因から引きおこされているのです。

そんな正中線を薄くしてくれるクリームも販売されています。正中線だけでなくお肌の黒ずみにも効果的な「メイドバイマムクリーム」でケアしてあげることで、正中線やオッパイの黒ずみで悩みから解放されますよ。

もちろん、すべての女性が妊娠とともにシミに悩まされるというわけではありません。体質や肌タイプは個人差があるものですので、たとえ妊娠中でも「シミやソバカス、色素沈着に悩まされる事はなかった」という女性も存在しています。

【レビュー付】メイドバイマムクリームは産後に残った正中線には効果なし!?楽天では買えない人気クリームの口コミや解約方法も!

妊娠中のシミ、いつ消えるの?対処法は?

プレママの体内でおこるエストロゲンやプロデステロンの分泌は、出産後落ち着いてくるものです。そのため、これら女性ホルモンによって発生してしまったシミ・ソバカスは、産後しばらくすれば徐々に薄くなっていく一過性のものであるとも言われています。

むしろ、これらのシミ・ソバカスは紫外線ではなく、女性ホルモンによる働きかけが原因ですので、ママ本人の工夫や努力で発生を食い止める事はできません。いくら紫外線対策を万全にしても、シミができてしまう事もあるでしょう。

もしも妊娠中にシミやソバカスができてしまった場合は、ある程度仕方のないものとして受け入れてしまう方が良さそうです。

とはいえ、「いつか消えるのなら、何のケアもしないで良いって事でしょ?」と、紫外線対策や保湿を怠る事はあまり賛成できません。確かにシミ・ソバカスのきっかけは女性ホルモンであっても、その後の紫外線によるダメージなどから、出産後も消えない根強いシミにパワーアップさせてしまうケースも珍しくはないのです。

そんな事態を食い止めるためにも、いつも通りの紫外線対策・保湿を行い、産後に尾を引かないよう備えてください。また、日々のスキンケア以外にも、食生活や睡眠時間など、健やかな生活習慣を心がける事も重要です。美しいお肌の土台は、やはり健やかな体。お腹の赤ちゃんはもちろん、ママの健康と美容のためにも、健康的なマタニティライフを心がけましょう。

シミやソバカス以外にも、つわりや体重の増加などなど…。幸せなはずのマタニティライフには、プレママの気分を落としてしまうトラブルが沢山あります。気分はもちろん、ママの魅力のダウンまで招いてしまっては、幸せも遠のいてしまいそう。

できる事なら、やっぱり出産後は、妊娠前よりも美しいお肌でパパをドキッとさせてみたいものです。

  • 妊娠中のシミは、女性ホルモンが原因!
  • 一過性のもので、過度な心配は必要ない!
  • 発生を食い止める事は難しいが、悪化をさせないための努力は可能!
  • 美しいお肌の土台は、健康的な生活習慣!

以上のポイントを念頭に、産後も美肌ママを目指しましょう!

妊娠中に使ってほしい、おすすめ美白化粧品7選

それでは、妊娠中のシミのケアにおすすめの美白化粧品をいくつかご紹介します。

妊娠中のシミ対策におすすめの化粧品徹底比較

商品 内容量
使用期間
通常価格
1日あたり
お得な購入方法
おすすめ度
配合成分
03_hanamoonnightHANAオーガニック
ムーンナイトミルク
30ml
約1ヵ月
4629円
約154円
初回特別価格
体験7日間トライアルセット
1480円
送料無料
review_5
ダマスクバラ花水、プロパンジオール、α-グルカンオリゴサッカリド、ツバキ油、ヒマワリ種子油など
詳細
decencia サエル
サエル ホワイトニング
ローション クリアリスト
125ml
約1ヵ月半
4860円
約108円
初回限定
10日間トライアルセット
1480円
送料無料
review_5
グリセリン、コウキエキス-2、アルニカエキス、マロニエエキス、ハトムギ発酵液、など
詳細
01_risou
リソウ リペアジェル
32ml
約2ヵ月
16200円
約270円
2週間トライアルキット
2052円
送料無料
review_5
アスコルビン酸、グリセリン、グルコシルヘスペリジン、リゾプス/コメ発酵エキス液など
詳細
04_ampleurhqアンプルール
ラグジュアリーホワイト
コンセントレートHQ110
11g
約1ヵ月半
10800円
約240円
ラグジュアリーホワイト トライアルキット
1890円
送料無料
review_45
ジメチコン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、DPG、セタルコニウムクロリド、ハイドロキノン、BGなど
詳細
05_whiteshotPOLA
ホワイトショット
ホワイトショット SX
ジュニアサイズ
10g
約1ヵ月半
7020円
約156円

review_45
4-n-ブチルレゾルシン、アスコルビン酸2-グルコシド、シクロペンタシロキサン、BG、グリセリンなど
詳細
06_bglenwhiteビーグレン
ホワイトケア
QuSome
ホワイトローション
150ml
約1.5~2ヵ月
5400円
約90円
ホワイトケアトライアルセット(7日分)
1750円
送料無料
review_4
グリセリン、BG、乳酸Na、ラフィノース、ペンチレングリコールなど
詳細
07_astaliftwhite富士フイルム
アスタリフト
ホワイトローション
<美白化粧水>
150ml
約1ヵ月
4104円
約137円
アスタリフトホワイト 美白トライアルキット
1080円
送料無料
review_4
アルブチン、グリチルリチン酸ジカリウム、コラーゲン・トリペプチド F、水溶性コラーゲン液、アスタキサンチン液など
詳細

1. HANAオーガニック

2016-09-28_165715

HANAオーガニックは100%天然のオーガニックコスメです。中でも、ムーンナイトミルクは、肌の老化の原因となる、自律神経の乱れや常在菌のバランスの乱れ、細胞の酸化にアプローチしてくれる、オーガニック乳液です。

花精油やビルベリー葉エキス、厳選されたオーガニックな植物エキスが配合されています。中でも特筆すべきなのが、水を一滴も使用せず、ブルガリア産の濃縮ローズウォーターを使っていることです。

保湿や抗アレルギー、抗酸化作用が高いと評判です。妊娠中は、女性ホルモンのバランスが変化し、自律神経が乱れがちです。そんな時こそ、おすすめの乳液です。

2. decencia サエル

decencia サエルは敏感肌の女性が日常使いできるように開発された、薬用美白ケア化粧品です。敏感肌の女性は、普通肌の人に比べて紫外線のダメージを受けやすく、シミやくすみが定着しやすくなっています。

それは、敏感肌の場合、表面の角質が乱れることが多く、紫外線や花粉、ほこりなどの外部刺激を肌の内部がダイレクトに受けてしまうので、炎症がくり返しおこりやすく、過剰なメラニンを生成してしまうからです。

decencia サエルは、その乱れた角質の代わりにバリア機能を果たし、刺激をブロックしながら、水分の蒸散を防ぎます。また、ヒト型ナノセライドが肌深部まで浸透するので、保湿効果も高いです。だからこそ、肌の状態は不安定な妊娠中のママにも、おすすめなのです。

【レビュー付】ディセンシア サエルの妊娠中に使用しても大丈夫?口コミで話題の美白成分…そのシミへの効果は本物!?

3. リソウ リペアジェル

2016-04-18_190002

リソウ リペアジェルは、医学誌にも掲載されたことがある、エイジングケアを目的とした美容液です。その特徴は、無農薬栽培された米から抽出した独自の美容成分「アミノ酸生命体®」と、コラーゲンをサポートし肌を集中的にケアしてくれる「ビタミンC生命体®」を配合していることです。さらにその原料は、100%天然由来で、水を一滴も使用していません。

また、その効果を持続させるため、成分が一切空気に触れないエアレス容器が使われています。それでも、開封後は6ヵ月以内に使い切るよう注意書きがあるほど、自然素材の力を引き出しているのです。

妊娠中は敏感肌になりがちで、それまで使っていたスキンケア商品でも刺激を感じるママが増えるものです。その点、リソウ リペアジェルは植物由来の製品なので低刺激ですし、1本で化粧水、乳液、クリーム、美容液の役割を果たしてくれます。

4. アンプルール ラグジュアリーホワイト

2016-09-28_170316

アンプルール ラグジュアリーホワイトシリーズは、皮膚の専門家が開発に関わった、美白化粧品です。その特徴は、「新安定型ハイドロキノン」が配合されていることです。

ハイドロキノンには抗酸化作用に加え、メラニンを生成するチロジナーゼという酵素の働きを阻害したり、メラノサイトに直接働きかけます。つまり、シミやそばかすを予防するだけでなく、すでにできているものを減少させる効果も期待できるのです。

アンプルール ラグジュアリーホワイトには、気になるシミにアプローチするスポット集中美容液と、顔全体を24時間美白に導く薬用美白美容液があるので、妊娠中のママの肌の状態に合わせて、使い分けることもできます。

5. POLA ホワイトショット

2016-09-28_170508

POLA ホワイトショット SX、ホワイトショット CXは、メラニンの生成抑制ではなく、人間が自ら白くなるメカニズムである「セルフクリア機能」に着目して開発された、薬用美白美容液です。ビワの葉から抽出したオリジナル美容成分「SCリキッド」は保湿効果が高く、透明感のある肌へと導きます。

また、美白有効成分である「ルシノール®」とビタミンC誘導体に加え、美容成分マジョラムエキス、ショウキョウエキス、クジンエキスクリアを配合した、オリジナル複合成分「ルシノール®EX」が、メラニンの生成を抑制しながら、肌細胞の酸化を遅らせ、シミ・そばかすを防ぎます。角質への親和性が高く、肌の隅々まで素早く行きわたるので、手軽にしっかりケアできます。

6. ビーグレン ホワイトケア

2016-09-28_170747

ビーグレン ホワイトケアは、アメリカの医師が開発した、サイエンスコスメといわれるほどの美白効果が期待できるとされるシリーズ化粧品です。その特徴は、シミを消す効果の高いハイドロキノンをふんだんに配合していることと、美容成分をQuSome化することで、低刺激と高浸透を両立したことです。

そもそも美白効果が高いハイドロキノンは、刺激が強く、酸化しやすく、肌の奥まで浸透しないという、デメリットを抱えた美白成分でした。それを解決したのが、QuSomeの技術です。QuSomeがハイドロキノンを小さなカプセルにし、刺激を抑えて、成分を安定させ、しっかり浸透させることで、美白効果を最大限に引き出せるようになったのです。

トライアルキットが用意されているので、続けるかどうかを使用してから決められるのは、肌が敏感になっている妊娠中のママには魅力です。

【レビュー付】独自のテクノロジーを駆使したビーグレン ホワイトケアは、妊娠中や授乳中でも使えるの?

7. 富士フイルム アスタリフトホワイト

2016-09-28_170915

富士フイルム アスタリフトホワイトシリーズの特徴は、美白を「守る」と「攻める」のスパイラルで捉えてアプローチしていることです。

肌の深部まで届く「Deep UVA」を防ぐために、写真の色を保つために使った紫外線研究を活用。紫外線散乱剤と紫外線吸収剤を機能的に結合させることで、「D-UVガード」を実現しました。同時にシミが定着する原因となる、メラノソーム構造タンパクである「gp100」を発見。これを「シミの骨」と名付け、分解を促進する「オリザノール」を配合しました。

合わせて、「アジア酸」「マデカッソ酸」「アジアチコシド」の3つをナノ化して浸透させることで、メラニンの生成を抑制します。この相乗効果で、妊娠中にできやすいシミ・そばかすをなくし、透明感のある肌へ導いてくれます。

【レビュー付】妊娠中や授乳中に増えたシミ!アスタリフトホワイトの美白トライアルキットで改善されるの?

妊娠中のハイドロキノン入りの化粧品を使用しても大丈夫?

美白化粧品の中にはハイドロキノンが配合されているものがあります。ハイドロキノンは2%以上の高濃度のものになると副作用の心配が高くなりますので、妊娠中の使用は控えるようにしましょう。

2%以下の濃度の低いものや、化粧品メーカーが妊娠中に使用することを記載しているものなら使うことができます。

ですが、妊娠中はホルモンバランスの影響により肌が敏感になっていますので、パッチテストをしてから使用するようにしましょう。

  関連記事

子ども用マフラーってこんなにおしゃれ?おすすめ10選を紹介!!

焼き芋・ほかほか肉まんがおいしい季節になりました。それとともに警戒しなくてはいけ …

本当に矯正できるの?産前・産後の骨盤ベルトの効果とおすすめ商品5選

巷ではダイエットや骨盤の歪み解消、腰痛対策に用いられている「骨盤ベルト」ですが、 …

【保存版】妊娠・出産・授乳で黒ずんでしまった乳首をピンクにすることはできる?原因と対処法を教えて!

赤ちゃんを授かったときのママの喜びは、人生の中でも最大級のものでしょう。ですが妊 …

気になる顔のポツポツが取れるって本当?アンミオイルの成分やその効果、口コミ情報が知りたい!

>>気になる顔や首のポツポツをアンミオイルでケア! 鏡を見ていて、首やまぶた、わ …

子供が喜ぶ!2歳のバーステープレゼント選びのコツ

2歳の男の子・女の子にぴったりなプレゼントをまとめました! 2歳になると、お子様 …

ランドセルに大切なのは体感重量!フィット感や背負い心地を重視して選ぼう

ランドセルは、6年間使用することを前提に、選んで購入する家庭がほとんどのことでし …

マカナ(makana)は妊活専門の管理栄養士が開発したオールインワン妊活サプリ!その魅力とは?

>>オールインワン妊活サプリで授かりやすい身体づくりを! 「妊活を始めたのに、な …

月経前症候群(PMS)とは?不妊に繋がりやすい生理前の体調不良を確認!

妊娠しにくい体質に悩んでいる方の中には、同時に月経前症候群にも悩まされている方が …

畑のレンタルサービス「シェア畑」とは?親子で楽しめる新サービスについて知っておこう!

>>親子で手軽に!野菜づくりや自然とのふれあいが楽しめるシェア畑 みなさんは「シ …

赤ちゃんと一緒にリラックス♪胎教におすすめのCD10選

お腹の中の赤ちゃんにママが最初にしてあげられる「胎教」。どうせなら、赤ちゃんにも …