ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ドルチボーレ ミルキーベビーローションの成分は新生児に危険!?口コミでの高評価はホント?

   

>>デリケートな赤ちゃんの肌を乾燥から守る!ドルチボーレのベビーローション

赤ちゃんの皮膚は大人より薄くデリケートなので、ちょっとした刺激で乾燥したり、湿疹ができるなど、肌トラブルがおこることが多いものです。そのため、日ごろからスキンケアが欠かせないのですが、何を使っても同じ効果を得られるわけではありません。

そこでおすすめしたいのが、「ドルチボーレ ミルキーベビーローション」です。ドルチボーレ ミルキーベビーローションは最近、ママたちの間で評判のベビーローションです。そこで今回は、ドルチボーレ ミルキーベビーローションの人気の理由について、お話ししたいと思います。

ドルチボーレ ミルキーベビーローションとは?

ドルチボーレはそもそも、ベビーソープのブランドとして人気を誇っていました。高評価の理由は、成分が天然由来成分100%であること、必要最低限な原料を使用していること、無添加であることです。

そうした成分が、赤ちゃんの肌の水分と油分のバランスを整えてくれるので、肌トラブルがおこりにくくなるのが魅力だと感じているママが多いようです。

そんなドルチボーレがそのノウハウを活かしてつくったのが、「ドルチボーレ ミルキーベビーローション」です。

バリア機能の低下

生後3カ月を過ぎたころから、赤ちゃんの肌は皮脂分泌が少なくなります。そのため、乾燥して肌の水分が逃げやすくなり、皮膚のバリア機能が低下します。その結果、外部からの刺激をダイレクトに受けやすくなるので、肌トラブルをおこしやすくなるのです。

ドルチボーレ ミルキーベビーローションは、赤ちゃんの肌の水分と油分のバランスを整え、保湿することで、皮膚のバリア機能をサポートしてくれます。そのため、乾燥肌や敏感肌で悩む大人にもおすすめなのです。ドルチボーレ ミルキーベビーローションを家族みんなで使っている家庭も、少なくありません。

お得に購入するには

ドルチボーレ ミルキーベビーローションは、1本150mlで2800円(税別)となっています。初回申込者に限り、送料無料と、公式サイトから申し込んだ方限定で、最大500円オフで購入ができます。

▲画像クリックでドルチボーレ ミルキーベビーローション公式サイトに飛びます▲

また、2回目以降は、ドルチボーレのほかの商品も合わせて8000円以上の商品を購入すると、送料が無料になります。代金引換や各種クレジットカードの利用など、支払い方法も多彩です。

>>ミルキーベビーローションについてもっと詳しく

ドルチボーレ ミルキーベビーローションの気になる成分は?

赤ちゃんに使うとなると、その内容成分が気になるママが多いと思います。

まず、ドルチボーレ ミルキーベビーローションのベースに使われている水には、精製水を使っていません

周辺に地下水を汚染する施設がない雷山の高地で採水した、非加熱天然水天使の希水」を使用しています。

そこに、「セラミドEOP」「セラミドNP」「セラミドAP」という3つのヒト型セラミドを配合。

そして、転園保湿因子(NMF)である「PCA-Na」と、ヒアルロン酸より保湿効果が高いとされる「ヒアルロン酸ジメチルシラノール」という2つの潤い成分も配合しています。

さらに肌の潤いをしっかり閉じ込めるため、「馬油」と「シアバター」も配合されています。

大切なミネラルも配合

そして、ドルチボーレ ミルキーベビーローションの特徴の一つに、ケイ素が配合されていることがあげられます。

シリカ」とも呼ばれるケイ素は、健やかな肌には欠かせないミネラルの一つで、ドルチボーレは水溶性珪素濃縮溶液「UMO」を配合することで、赤ちゃんにはやさしく、健やかな肌に整えることにこだわりました。

赤ちゃんの肌が敏感であることを考慮して、このほかに配合されている成分ももちろん厳選されています。そのため、ドルチボーレ ミルキーベビーローションで使われている「合成香料」「着色料」「鉱物油」「パラベン」「フェノキシエタノール」「旧表示指定成分」「アルコール/エタノール」「シリコーン」という8つの成分は、すべて無添加となっています。

ドルチボーレ ミルキーベビーローションには、全部で26種類の成分が含まれています。この数は少ないとはいえませんが、多くもなく、だから肌にもやさしいのです。

また、防腐剤には「ジメチロールプロピオン酸ヘキシル」が使用されていますが、これはパラベンやフェノキシエタノールと比べるとずっと、肌にかかる負担が少ないといわれています。そして、「ポリ-ε-リシン」という保湿剤には、抗菌作用もあります。

こうしたさまざまな成分が、肌の水分と油分のバランスを整え、皮膚のバリア機能を高めてくれます。ドルチボーレ ミルキーベビーローションを毎日使うことで、赤ちゃんのデリケートな肌を、健やかに保ってくれるのです。肌トラブルに敏感なママたちの中で、人気が高くなるのもわかりますよね。

>>ミルキーローションの成分を公式サイトで詳しく見る

ドルチボーレ ミルキーベビーローションは乾燥肌や敏感肌にいいって本当?

実はドルチボーレ ミルキーベビーローションは、赤ちゃんだけでなく、大人でも使うことができます。例えば、ママのハンドクリームとして、パパの入浴後の保湿ケア用品として、皮脂の分泌量が減っているおじいちゃんやおばあちゃんの保湿剤として、使っていることが多いようです。そして、2人目以降の赤ちゃんを妊娠しているママであれば、ドルチボーレ ミルキーベビーローションを妊娠線予防のケア用品として使うのもおすすめです。

ドルチボーレ ミルキーベビーローションの用途が幅広いのは、乾燥肌や敏感肌でも安心して使える成分になっているからです。ミネラルが豊富な天然水がベースになっていること、肌を潤す保湿成分とそれを閉じ込める油分にも、肌になじみやすい成分を厳選して配合しているからです。

負担の少ないヒト型セラミド

人間の肌の角質層には、セラミドという細胞間脂質が含まれています。スキンケア商品の多くにセラミドが配合されていますが、そのすべてが天然のものではなく中には合成されたものもあります。

ドルチボーレ ミルキーベビーローションが使用しているのは、最も人間の肌の含まれているものに近い、ヒト型セラミドと呼ばれるものなので、肌に余計な負荷がかかることがないのです。

同様に、人間の肌の角質層に含まれている、ヒアルロン酸といわれる天然保湿因子(NMF)を配合するだけでなく、そのヒアルロン酸と結合することで、より保湿効果を高めるヒアルロン酸ジメチルシラノールという2つの潤い成分が、乾いたお肌を十分に潤してくれます。

こだわった2種類の油分

さらに油分にもこだわり、人間の皮脂に一番近いとされる「馬油」と、シアの木の実から採取される「シアバター」を使っています。

これらは、肌になじみやすいので、潤いをしっかり閉じ込め、乾燥肌や敏感肌を乾燥からしっかり守ってくれるのです。

ドルチボーレ ミルキーベビーローションは乳液タイプなので、赤ちゃんの肌にもすっとなじみ、使いやすいところも魅力です。肌にピリピリした刺激を感じることもないので、ママも安心して使うことができるはずです。

そもそもドルチボーレ ミルキーベビーローションは、肌トラブルを未然に防ぎ、健やかな肌の状態を保つことを目的につくられています。そのため、日常的にドルチボーレ ミルキーベビーローションを使ってあげることで、赤ちゃんだけでなく、大人の乾燥肌や敏感肌にも効果を発揮してくれるはずです。

>>ミルキーベビーショーションの効果を詳しくチェック

ドルチボーレ ミルキーベビーローションは乳児湿疹やアトピーでも使えるの?

子育て中のママに、ドルチボーレ ミルキーベビーローションが人気の理由はほかにもあります。それは、乳児湿疹にも効果があると感じているママが多いからです。

乳児湿疹は、新生児から乳児期の赤ちゃんにあらわれる湿疹の総称です。湿疹の症状も、カサカサしている、ジュクジュクしている、ベタベタしているなどさまざまで、顔だけでなく、手足など、全身のあらゆる場所で見られます。

乳児湿疹ができる原因は、新陳代謝が活発であること、生後3カ月ころまではママの女性ホルモンの影響が残り皮脂の分泌量が多いこと、一方で毛穴は小さく皮脂が詰まりやすいのでトラブルがおこりやすいこと、生後3カ月以降は皮脂の分泌が落ち着き乾燥しやすくなること、皮膚の角質層が薄いことがあげられます。乳児湿疹はきちんとスキンケアしていれば、自然に治まることが多いです。

乳児湿疹を防ぐコツとは

そうした乳児湿疹の予防や改善に、ドルチボーレ ミルキーベビーローションが役立つのです。

赤ちゃんのスキンケアは、清潔に保つことと、保湿をすることの2段階が基本です。この保湿をするときにドルチボーレ ミルキーベビーローションを使うと、赤ちゃんの肌の水分と油分のバランスが整いやすくなります。

また、赤ちゃんの肌トラブルの原因が、実はアトピー性皮膚炎だったというケースもよくあります。ですが、乳児期にアトピー性皮膚炎かどうかを見分けるのは難しく、アレルギーテストや食事の改善をしながら経過観察することがほとんどです。

そんなときでも、ドルチボーレ ミルキーベビーローションは刺激が少ないので、毎日のスキンケアに使うことができます。

また最近の研究で、生まれてから1歳を過ぎるまで、1日2回の保湿ケアを行うことで、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーの発症の予防に役立つという研究発表がありました。日ごろの保湿ケアで発症リスクを減らせるなら、ぜひ実践してみたいと考えるママも多いのではないでしょうか。

ですが、ドルチボーレ ミルキーベビーローションの効果を最大限に引き出すためには、その使い方にも配慮する必要があります。

まず、赤ちゃんの肌を清潔に保つ努力をすることです。新陳代謝が激しく、よく汗をかく赤ちゃんの肌は、ママが考えている以上に汚れがちです。入浴時にしっかり洗うのはもちろん、日中に清拭をしたり、顔が汚れたときにはこまめに拭くなど、肌の汚れを落とすことを意識しましょう。

そして、入浴後はすぐに保湿ケアを行います。ざっと赤ちゃんの身体に残る水分を拭き取ったら、すぐにドルチボーレ ミルキーベビーローションを塗ってあげてください。入浴後で毛穴が開いた肌は、成分が浸透しやすいので、早ければ早いほど、その効果が高くなります。

>>ミルキーベビーショーションの使い方を公式サイトで詳しく確認

ドルチボーレ ミルキーベビーローションの口コミや評判はいい?

では、赤ちゃんがどんな状態のときに、ドルチボーレ ミルキーベビーローションを使ってあげたらよいのでしょうか。

まず、赤ちゃんが乾燥肌で、かゆそうに触っていることが多いときです。次に、スキンケアを心がけているつもりなのに、乳児湿疹がなかなか治らないときです。そして、赤ちゃんの肌にブツブツができたときです。暑い夏、汗疹予防に使うのもおすすめです。

では、実際に使っているママたちの評判は、どうなっているのでしょうか。ドルチボーレ ミルキーベビーローションはまだ販売されてから時間がたっていないので、公式サイトにこの商品のお客さまのコメントは掲載されていませんでした。そこで、ドルチボーレ ミルキーベビーローションの口コミサイトをチェックしてみたところ、以下のようなコメントが掲載されています。

ポンプ式になっていて、必要な量だけプッシュして手のひらに出せる。子どもが小さいときは、片手で使えて便利

 

ややとろみのあるテクスチャーで、肌なじみもいい

 

乾燥しやすい入浴後も、サッと短時間で塗ることができる

 

乾燥肌のママの保湿ケアや、妊娠線予防にもよさそう

 

子どもがいるママ友にプレゼントしたら喜ばれ」

 

息子は乾燥性湿疹がひどいので、ソープと併用。ドルチボーレ ミルキーベビーローションはベタつかないので、おむつ替えのたびに塗っている

 

非常に伸びがいいので、ワンプッシュで全身に濡れる

 

湿疹と乾燥肌の娘のために購入。ドルチボーレ ミルキーベビーローションを使うようになってから、搔きむしらなくなった

 
など、好意的なコメントが数多く寄せられています。

一方で、

量の割に値段が高い

 

リピートするのは価格設定が高め

と、商品の良さは実感できても、継続使用に躊躇するママがいるのも事実のようです。

赤ちゃんの肌によければ、多少高くても構わないと考えているママには、ドルチボーレ ミルキーベビーローションは試してみる価値があるといえそうです。

>>ミルキーベビーショーションをお得に買うにはこちら

赤ちゃんだけでなく、家族でドルチボーレ ミルキーベビーローションを使おう!

赤ちゃんの肌はプルプルでモチモチしていて、いつまでも触っていたくなる感触ですよね。ですが、その柔らかい肌はとてもデリケートで、乾燥や刺激で簡単に荒れてしまいます

肌トラブルで赤ちゃんがかゆみ痛みを感じたり、掻き壊してしまうことがないよう、日ごろのスキンケアは重要です。

▲画像クリックでドルチボーレ ミルキーベビーローション公式サイトに飛びます▲

少しでも赤ちゃんの肌にやさしいものを探しているなら、ドルチボーレ ミルキーベビーローションはおすすめです。なぜなら、ドルチボーレ ミルキーベビーローションは赤ちゃんだけでなく、ママやパパ、おじいちゃん、おばあちゃんにも使ってもらえる安心の成分だからです。

肌が弱い体質の大人がいる家庭なら、赤ちゃんと一緒にドルチボーレ ミルキーベビーローションを使うのがおすすめです。初回購入特典を上手に活用し、まずはその効果を実感することから始めてみてください。

>>ドルチボーレ ミルキーベビーローションの公式サイトへ<<

【レビュー】カサつくお肌の味方!ドルチボーレミルキーベビローションを体験!

学生時代の友人に赤ちゃんが生まれたので、大喜びでお祝いに行きました。

まだ3か月の女の赤ちゃんはふっくらしていてとても可愛かったのですが、油断していると腕やお腹などが乾燥してカサカサになるので、質の良いベビーローションを塗ってこまめに保湿するようにしているそうです。

友人はママ友からとても良いと勧められてドルチボーレというメーカーのミルキーベビーローションを使っているそうですが、今では友人もボディローション代わりに愛用していると聞いて驚いてしまいました。

友人は産後に肌の乾燥が酷く、腕や足、デコルテなどのカサカサに悩まされていたのに、「ドルチボーレミルキーベビローションを使うようになってからすべすべのきれいな肌になったというのです。

私も乾燥肌で腕や足の皮膚がカサカサして粉を吹いたようになり、シャワーを浴びると不快なかゆみがおこって困っていたので、ドルチボーレミルキーベビーローションを使ってみることにしました。

注文して5日後に我が家へ!さっそく開封します!

ドルチボーレの公式サイトから注文し、5日後に届いた茶色のダンボール箱です。

箱を開けて中を見てみると、緩衝材にしっかり包まれたミルキーベビーローションのボトルとチラシが入っていました。

チラシはベビーソープと洗浄用の洗剤のもので、余計なものが入っていないすっきりとした印象です。

緩衝材を取り外してみると、ベビーローションのボトルはフィルムできちんとパッキングされていました。

ドルチボーレはナイーブでデリケートな赤ちゃんの肌に潤いを届けることができる安心な製品を作っている会社で、特に品質管理には厳重に注意をはらっているそうです。

入念なパッキングにも、余分なものが混入することがないようにというメーカーさんの誠意と努力が感じられますね。

ボトル一本で贅沢な気分になれる!

ボトルの成分表示を見て、驚いてしまいました。馬油、シア脂、ヒアルロン酸、セラミドなど、まるで大人が使う美容液のような贅沢な成分がたくさん配合されているのです。

友人が「このベビーローションは、スペシャルだからね。私ももう手放せないの。」と言っていた理由がよくわかった気がしました。

乾燥しがちな敏感肌の私には、肌に負担をかけない無添加だというのもうれしいところです。

赤ちゃんの肌は、しっとりもちもちしていて柔らかいですよね。けれども赤ちゃんは肌の水分を逃がさないように守ったり、外の刺激から肌を守ったりするバリア機能が未熟なので、油断していると肌が乾燥してカサカサになったりぶつぶつやかゆみなどのトラブルをおこしやすいそうです。

ドルチボーレミルキーベビーローションで外からの刺激を守れるのはなぜ?

ドルチボーレミルキーベビーローションは、赤ちゃんのデリケートなお肌に潤いや油分を与えて未熟な肌のバリア機能をサポートし、大切なベビ肌をしっとりすべすべに守ってくれるのですね。

ドルチボーレミルキーベビーローションには

ベースになる水に天使の希水を使用

ベビーローションで一番大きな配合率を占める水に、精製水ではなく雷山の高地で採取された非加熱の天然水「天使の希水」を使っているので、ミネラルが豊富で赤ちゃんの肌に優しい。

3種類のヒト型セラミド

さまざまな種類があるセラミドの中から、人間の肌に近い性質を持つセラミドEOPセラミドNPセラミドAPの3種類を配合しているので、赤ちゃんの肌の水分保持機能とバリア機能をしっかりと守る働きを持つ。

2種類の保湿成分

肌の角質層に存在する天然の保湿因子PCA-Naと、ヒアルロン酸よりも優れた保湿効果を持つといわれるヒアルロン酸ジメチルシラノールという2つの成分で、赤ちゃんの肌をしっとりと潤す。

という3つの優れた潤いバリア成分が配合されています。この手厚い成分なら、未熟な赤ちゃんの乾燥しがちな肌を十分に潤すことができますね。

そのうえドルチボーレミルキーベビーローションには

馬油

人の肌の皮脂に最も近いといわれている油なので、肌に良くなじみ、潤いを閉じ込めるベールの役目をしてくれる。

シアバター

シアの果実から作られる植物油で、オレイン酸の含有量が人間の肌の皮脂とよく似ているため、肌なじみが良く肌を乾燥から守る。

という潤いを閉じ込めて逃がさない2種類の油分も配合されています。

お風呂あがりなどにドルチボーレミルキーベビーローションをつけるだけで、赤ちゃんの肌の水分と油分のバランスを整えてバリア機能をサポートし、健やかな肌を守ってくれるというのは本当にうれしいことですよね。

カサカサになって粉をふきかゆみがおこるわたしの乾燥肌も、優しく潤してくれそうで期待が高まります。

ドルチボーレミルキーローションを選ぶ秘訣ってなに?

ドルチボーレミルキーベビーローションは、合成香料や着色料、鉱物油やパラベン、アルコールやシリコンなど肌に刺激を与える成分が入っていない無添加にこだわった製品なので、デリケートな肌の赤ちゃんも毎日安心して使うことができます。

赤ちゃんだけでなく、敏感肌のお子さんや私のように乾燥肌で悩んでいる大人にもおすすめの、高品質のミルキーローションですよね。肌の乾燥が原因でおこるママの妊娠線対策にも、効果が期待できるそうです。

ドルチボーレミルキーベビーローションを、実際に使ってみることにしました。プッシュ式のボトルなので片手で扱いやすく、中身を清潔に保つことができるので赤ちゃんのスキンケアにもぴったりです。

ミルキーベビーローションを手のひらに出してみると、コクがあってまるで美容液のようにしっとりとしたテクスチャーです。

乾燥してかさつきがちな私の手の甲に塗ってみると、良く伸びて肌にスーッとなじみ見違えるようにつやつやになりました。浸透性にも優れていて、べたつかないのもいいですね。

ほのかに香る匂いの正体は…?

ふんわりと香るのは、配合されているマンダリンオレンジ果実油でしょうか。自然のさわやかな甘い香りにも心地よく癒され、私はドルチボーレミルキーベビーローションの着け心地と香りがとても気に入りました。

普段使う手に試してみました!

何も塗っていない状態です。

ワンプッシュ程度を目安にのせました。

手の甲全体に広げてみました。

数分置いてみました。

季節の変わり目や冬場に乾燥のせいでかゆみがおこって困る腕にも塗ってみましたが、良い香りにうっとりしながら、肌がしっとりすべすべ、つやつやになっていい感じです。

痒みで気になる腕にも!

何も塗っていない状態です。

手の甲同様にのせてみます。

全体になじませます。

数分置いた結果です。

赤ちゃんだけでなく大人や男性が塗っても効果抜群!

私は毎日入浴後に乾燥が気になる腕と足にドルチボーレミルキーベビーローションを塗っていますが、2週間ほどで肌が見違えるようにしっとりし、ゆううつなかゆみがおこらなくなりました

今では夫も髭剃り後に塗ったらとても気持ちが良くて肌荒れをしないと、ドルチボーレミルキーベビーローションを愛用するようになっています。

私も試しに洗顔後に着けてみたら、それまで使っていたオールインワンジェルよりも肌がもちもちになってメイクのノリがいいのででびっくりしました。

我が家でもそろそろ赤ちゃんが欲しいと思っていますが、赤ちゃんを授かったら家族みんなで仲良くドルチボーレミルキーベビーローションを使おうと思っています。

公式サイトから購入すると嬉しい特典とは?

ドルチボーレミルキーベビーローションは公式サイトで購入をすると、初回購入限定で送料が無料になったり、特典利用で初回購入から最大500%オフで買い物をできるのでとてもお得です。

会員登録をすると初回から使える1円1ポイントとして使える200ポイントプレゼントなどもあるので、公式サイトから購入するのがおすすめです。

▲画像クリックでドルチボーレ ミルキーベビーローション公式サイトに飛びます▲

>>ドルチボーレ ミルキーベビーローションの詳細はこちらから<<

  関連記事

産後のカサカサ肌や乾燥肌はどうしてなるの?対処法やおすすめの化粧品は?

出産という大事業を終えて、育児をスタートしママによく聞かれるのは、「肌質が変わっ …

外出するとき、持ち運びに適した粉ミルクの種類は何?注意点はある?

赤ちゃんをミルクで育てている場合、長時間、外出するときは授乳の準備をする必要があ …

ママ&キッズ ビーアップホワイトはホントに口コミ通りの効果なの?産後のバストの黒ずみを改善できると評判の美容液を探る

出典:楽天 >>ママ&キッズ ビーアップホワイトで産後のバストの悩みを解消しよう …

ジュニアシートはいつからいつまで使うの?2歳では早い?

乳幼児を車に乗せるときには、チャイルドシートを着用しなければならないことは、みな …

こいのぼりの選び方が知りたい!飾るタイミングや場所は?

息子が生まれて、初節句を控えていると、こいのぼりや五月人形をどうするのか、頭を悩 …

ベビーカーレインカバーは必要?選ぶ基準とおすすめの商品は?

ベビーカーを購入するためにベビー用品店に行くと、周囲にレインカバーを含めた、さま …

ベビーニット帽でお出かけが楽しよう!可愛い・防寒対策など機能性バッチリなオススメ10選をご紹介!

赤ちゃんが被るととっても可愛いベビーニット帽。ベビーニット帽は可愛いだけでなく、 …

ランドセルに大切なのは体感重量!フィット感や背負い心地を重視して選ぼう

ランドセルは、6年間使用することを前提に、選んで購入する家庭がほとんどのことでし …

持ち運びができる簡易チャイルドシート、安全面は大丈夫? どんなものを選べばいい?

日本の道路交通法では、6歳未満の乳幼児はチャイルドシートの使用が義務付けられてい …

プレグナオールはパパ・ママ別の妊活サプリ!葉酸など配合成分の違いや口コミを徹底解説!

>>男女別に必要な成分を凝縮!プレグナオールママ・プレグナオールパパ 妊活を始め …