ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

離乳食に安心な材料を揃えたいなら食材宅配サービスが便利!その理由とおすすめ8選

   

赤ちゃんが生後5カ月を過ぎると、赤ちゃんの離乳食をスタートさせるママが多いのではないでしょうか。

離乳食には、「噛む」「飲み込む」といった運動機能を促す目的だけでなく、母乳やミルクだけでは不足しがちな栄養素を補給する意味合いもあります。そして、さまざまな味や触感を覚えるという、食生活の基盤をつくる意味もあるのです。

だからこそ、離乳食をつくるときには、安心できる材料を用意することが大切です。そんなときにおすすめなのが、食材宅配サービスなのです。そこで今回は、食材宅配サービスがおすすめの理由と、人気の業者について、お話しします。

赤ちゃんが口にするなら、安全なものを揃えよう!

離乳食は、大人の食事と同じようにつくるものではありません。いくつかのポイントを守りながら、準備する必要があります。

まず、衛生的に調理することです。赤ちゃんの消化機能は未熟で、細菌にとても弱いです。調理するママの手や、調理した料理を盛り付ける食器も、きちんと消毒・殺菌していることが大事です。

次に、食べものの硬さです。赤ちゃんは離乳食を食べる過程で、噛む練習をしています。そのため、ペースト状のものから始め、半固形食、固形食と、段階的に進めていく必要があります。

そして、味付けです。それまで母乳やミルクしか飲んでいなかった赤ちゃんは、味に免疫がありません。大人と同じ味付けでは、濃すぎてしまうのです。食材の味に慣れる意味でも、薄味で調理するのが基本です。

最後は、離乳食の量です。離乳食のスタートは1日1回1さじから始め、徐々にさじ数や回数を増やしていきます。体調をみながら、調整することが大事です。

このように、赤ちゃんが食べる離乳食は、安全であることが一番です。そう考えると、食材選びも重要です。化学調味料を避け、農薬や放射能の残留がないものを使うなど、ママとして配慮するポイントが増えます。

小さな赤ちゃんを連れて買い物に行かなくて済む!

そして、赤ちゃんが産まれて変わることの一つに、気軽に買い物に行けなくなることがあげられます。

赤ちゃんの生活リズムが整っていれば、買い物の時間をつくるのは難しくありませんが、出かけたいと思っていたタイミングで授乳やお昼寝をすることがあります。

また、赤ちゃん連れで買い物をするときは、抱っこやおんぶ、ベビーカーなどで運ぶことになりますが、その重さに買い物の荷物が加わると、結構な手間になります。

マイカーで出かけるときにも、車から赤ちゃんと荷物の両方を運ぶのはなかなかの手間ですし、天気が悪ければ出かけたくないと思うこともあるでしょう。

そんなときに便利なのが、食材宅配サービスなのです。食材宅配サービスは、インターネットやカタログで注文した食材を、所定の時間に届けてくれます

献立に合わせた食材だけを届けるものから、半調理の状態で届けるもの、温めるだけで食べられるものを届けてくれるものまで、業者によってサービスの内容が変わります。

そのため、自分の家庭に合った食材宅配サービスを利用することで、離乳食のために食材を買いに行く手間を省くことができます。また、食材宅配サービスは新鮮で安全な食材の提供を行っています。

化学調味料不使用、無農薬や有機栽培、国産など、赤ちゃんが食べるうえで、ママが気になる食材のポイントをクリアした食材宅配サービスを利用すれば、より安全な離乳食を食べさせることができます

時短食材や離乳食を扱っている食材宅配サービスを利用するのがおすすめ!

離乳食を用意するために、食材宅配サービスを利用するなら、時短食材や離乳食を扱っているところを選ぶことをおすすめします。

食材宅配サービスの中には、完全無添加の野菜を裏ごしした状態で届けてくれたり、すでにベビーフードとしてつくられているものを、宅配してくれるところもあるのです。

また、食材宅配サービスの離乳食用の食材やベビーフードは、アレルギーテストが行われていたり、アレルギー対応されているものもあります

そして、食材宅配サービスの中には、赤ちゃんがいる家庭に対する特典を用意しているところがあります。利用金額に関わらずグッズがプレゼントされたり、親子向けのイベントに招待されることもあるようです。

そうした特典も、食材宅配サービスを選ぶポイントとして検討してみてもよいかもしれません。

おすすめの食材宅配サービス8選

では、離乳食を重視しておすすめする、食材宅配サービス業者をいくつかご紹介しておきましょう。

1. おいしっくす(Oisix)

おいしっくすには、「ベビー&キッズコーナー」が設けられています。農薬ゼロという目標を掲げ、添加物の使用を制限し、放射能検査を強化した食材にこだわっています。

さらにおいしっくすには、ベジキューブという、裏ごし野菜を冷凍した商品が用意されています。ホウレンソウやニンジン、ジャガイモ、カボチャなどのベジキューブを使うと、離乳食をつくる手間も軽減できます。

このほかにも、ジャガイモやトウモロコシのフレーク、骨をとった魚やベビーフードもあるのが魅力です。

2. パルシステム

2016-10-20_162015

食材の宅配に定評のあるパルシステムには、離乳食に役立つ商品がたくさん揃っています

トウモロコシを裏ごしした「冷凍キューブ」や、化学合成農薬不使用で栽培した「エコ・産直バナナ」、脂肪分が少ないので離乳食に使いやすい「鶏ささみのひき肉」、骨と皮をはずしてある「カレイの切り身」。

国産のサツマイモを蒸し上げた「冷凍さつまいもスティック」など、すぐに使えるものがたくさんラインナップされています。離乳食の進度に合わせて、チョイスできるのはうれしいですよね。

3. コープデリ

2016-10-20_170120

コープデリには、「CO・OPきらきらステップ」シリーズが用意されています。CO・OPきらきらステップには、離乳食を手づくりするときに利用しやすい商品が豊富です。

冷凍を中心に、「便利なパラパラ国産白身魚のほぐし身」や、「九州産小麦使用やわらかミニうどん」「3種の国産野菜としらすのおかゆ」「国産米をふっくら炊いた白かゆ」など、離乳食に便利なラインナップが充実しています。こうした素材に手を加えるだけで、離乳食のバリエーションも広がるはずです。

4. 生活クラブ

生活クラブには、「きちんと、てがる ぱくもぐ離乳食」という、離乳食づくりに便利な食材がたくさん用意されています

「北海道ポテトのマッシュ」は、生後5~6カ月なら和風ビシソワーズを、生後7~8カ月ならポテトグラタンを、生後9~11カ月ならじゃがいものニョッキをつくることができ、公式サイトでつくり方も紹介されています。

このほかにも、「大豆ドライパック缶」や「ミックスチーズ」「鶏肉ミンチバラ連結」「甘鯛フィレ」など、さまざまな食材が用意されています。

5. 大地を守る会(大地宅配)

放射能検査済みの国産有機野菜の宅配に定評のある大地を守る会(大地宅配)には、離乳食に使える食材を届ける、「こどもたちへの安心コース」があります。さらに、安心・安全のオーガニック ベビーフードも用意しています。

野菜の味が楽しめるかぼちゃのペーストや、有機米つぶつぶ野菜おじやなどのベビーフードだけでなく、皮や芯まで使って加熱してから冷凍した野菜ピューレ、無添加・無着色・保存料不使用の有機ベビー だし醤油など、商品ラインナップも豊富です。

6. らでぃっしゅぼーや

2016-10-20_170200

有機野菜、低農薬野菜、無添加食品の宅配にこだわっているらでぃっしゅぼーやの食材は、そのまま離乳食に使うことができます。そして、「有機babyシリーズ」というベビーフードも用意されています。

ベビーフードすべてに国産有機栽培の野菜が使われており、味覚が形成される赤ちゃんに配慮して、素材の味にこだわったつくりになっています。

添加物は一切使わず、国内工場でていねいにつくられているので、容器から出してすぐに食べられます。メニューも多彩なので、赤ちゃんの成長に合わせてチョイスできます。

7. ヨシケイ

2016-10-20_175120

食材宅配サービスの老舗であるヨシケイでは、「プチママ」という、乳幼児を含めた家族の夕食を用意できるコースがあります。

その食材を取り分けて、離乳食がつくれるようにレシピが用意されており、時間をかけずに大人と離乳食の献立をつくることができます

これなら、食材をムダにすることなく、赤ちゃんにママの手づくりの離乳食を、バランスよく食べさせてあげることができるはずです。もちろん、月齢別のレシピがあるので、バリエーションも多彩です。

3. ローソンフレッシュ

ローソンフレッシュには、「ベビー・キッズ」というカテゴリーがあり、粉ミルクやおむつだけでなく、ベビーフードもたくさんラインナップされています。

和光堂やキューピー、まつやといったメーカーのベビーフードが販売されているので、食材とともに手配することができます。また、赤ちゃんの月齢に合わせてカテゴライズされているので、離乳食の進み方に合わせて、商品をチョイスすることができます。

市販されているベビーフードは、衛生面も栄養面もよく考えてつくられているので、安心して食べさせることができます。

安全な食材で手間をかけずに離乳食を手づくりしよう!

離乳食は、赤ちゃんの身体や味覚の成長を促し、栄養補給にも大切なものです。だからこそ、安全な食材で、手間をかけずにつくってあげたいと思うママが多いことでしょう。

食材宅配サービスを活用すれば、新鮮で安全、おいしい食材をムダなく用意することができますし、業者によってはレシピ通りにつくるだけなので、メニューを考える手間も省けます。

また、離乳食の時期から食育は始まっています。素材のおいしさを離乳食のうちに感じていると、赤ちゃんは食べる楽しさを知ることができます。食材宅配サービスを利用して、赤ちゃんの味覚も育んであげてはいかがでしょうか。

  関連記事

保育園や幼稚園に持っていく、お弁当箱のサイズの目安は?どう選ぶべき?

保育園や幼稚園の中には、お弁当の日を設けているところが少なくありません。でも、我 …

ベルタマザークリームで妊娠線予防!?口コミや成分、使用量についても紹介!産後も使える?定期便の解約方法は?

>>妊娠線予防で女性の悩みを解決しながらお肌ケア 妊娠すると、女性の身体は大きく …

はぐくみ葉酸の成分の危険性は!?解約はできる?授乳中の摂取についてや口コミまで徹底的に紹介します!

数ある葉酸サプリの中でも天然素材と安心感にこだわって作られているはぐくみ葉酸 > …

アサイー&ノニは楽天より公式通販がお得!PMSに効果ありとの口コミが!?副作用に気をつけて

>>アサイーとノニのWの効果で辛いPMSの症状を改善してくれるアサイー&ノニ ひ …

ベビーカーの防寒対策って、みんなどうしているの?おすすめの商品はある?

乳幼児を連れて外出する際には、ベビーカーがあると便利です。赤ちゃんを連れていると …

そのままだと消えちゃう!?赤ちゃんのエコー写真の保存方法はどうしてる?

エコー写真を保存する時はどんな方法にしたらいの? 妊娠検診でもらえるエコー写真を …

【2018】女の子に人気のランドセル10選! 気になる人気のカラーやデザインは?

ランドセルは赤か黒というイメージがありましたが、最近ではピンクやブラウンなど様々 …

チャイルドシートにおもちゃを取り付けたい! どんなものを選べばいい? 実際のオススメ商品もご紹介

チャイルドシートがあれば、ママが1人で子連れ外出する時でも、ハードルはかなり下が …

気になる首元のザラザラに効果はある?アプリアージュオイルSの成分と気になる口コミのこと

>>アプリアージュオイルSでザラザラ肌や角質粒をケアしよう スキンケアを続けてい …

入園・卒園式に参加する際のフォーマルなママバッグの選び方は?どんなものを選べばいい?

入園式と卒園式の時には子どもの服装や髪型、持ち物など考えなくてはならないことがた …