ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

妊娠や授乳で黒ずんだ乳首をピンクにしてくれる!?ホスピピュアの魅力とは?

   

>>ホスピピュアで気になる女性の悩み、黒ずみ徹底解消

妊娠週数が進むにつれて、女性の身体にはさまざまな変化があらわれるようになります。お腹がふくらんでいくのはうれしいことですが、乳首やわきが黒ずむなど、女性として望ましくない変化が起こるのも事実です。

それが、出産して授乳している時期も変わらないとなると、元に戻るのかどうか、心配になるママもいることでしょう。乳首をピンク色にしたいと思うママにおすすめなのが、「ホスピピュア」です。そこで今回は、ホスピピュアとは何か、成分や効果、使用方法などについて、お話しします。

ホスピピュアとは?どんなひとにおすすめ?

まず、妊娠中に乳首が黒ずんでしまう原因について説明しておきましょう。

女性は妊娠すると、女性ホルモンの分泌バランスが変わります。妊娠20週を過ぎたあたりから、卵胞ホルモンであるエストロゲンと黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌量が、急激に増えるのです。

すると、メラニンを形成するメラノサイトという色素細胞が刺激によって増殖します。

その結果、色素沈着が起こりやすくなるのです。

ターンオーバーが乱れるとどうなるの?

本来肌にメラニン色素が増えても、ターンオーバーが正常の場合は、常に代謝されていくので、色が黒ずむことはありません。ですが、ターンオーバーが乱れると、メラニン色素が排出されず、肌に滞ってしまい、黒ずみが濃くなっていきます。

中でも乳首や乳輪、わき、外陰部などはもともとメラニン色素が多い場所なので、黒ずみが目立つように感じてしまうのです。

授乳中に黒ずんでしまうのは赤ちゃんのため!?

また、授乳中に乳首が黒ずんでしまうのは、まだ目がよく見えない赤ちゃんが、乳首の位置がよくわかるように目立たせる意味があるともいわれています。

とはいえ、それまでピンク色だった乳首が、妊娠中あるいは授乳中の時期であるとはいえ、黒ずんでしまうことを喜ぶ女性はいないものです。そんなときにケアのために使ってほしいのが、ホスピピュアなのです。

ホスピピュアの効果を信頼できるワケって何?

ホスピピュアは、乳首の美白専用につくられたクリームです。美容整形の世界では有名な湘南美容外科と共同で開発されています。90人もの皮膚科医が所属する湘南美容外科の協力があったから、より効果的な乳首美白専用クリームをつくることができたのです。

▲画像をクリックするとホスピピュアの公式サイトへ飛びます▲

ホスピピュアがおすすめなのは、妊娠や授乳をきっかけに乳首が黒ずんだ女性だけではありません。乳首やわき、外陰部などのデリケートゾーンの黒ずみに悩んでいるひと、すべてが対象です。

デリケートゾーンにも効果的!

また、ホスピピュアの美白効果は、外陰部やVIOLINEなどのデリケートゾーンでも有効です。開発に協力している湘南美容外科でも、脱毛後のデリケートゾーンに使うように勧められるのだといいます。

このほかにも、顔や唇のくすみ、シミ、クマ、ニキビ跡の改善や、ひじやひざ、わきの下などの黒ずみを解消するために使っている女性も多いようです。

ホスピピュアを使用する上でのメリット

もちろん、皮膚科などで美白クリームを処方してもらったり、レーザー治療で乳首の色を薄くする、食生活を改善してホルモンバランスを整えるなど、ほかの方法で乳首の黒ずみをケアすることもできます。

ですが、病院に通って処置してもらうには高額な費用がかかることが多いですし、食生活の改善では効果を実感するまでに時間がかかってしまいます。

コスパがいいから続けやすい

その点、ホスピピュアは手軽に続けやすいですし、お金も時間も節約することができます。コストパフォーマンスがよく、毎日続けられる乳首ケアをしたいと考えている方にはおすすめです。

特に産後のママは、家事や育児、ひとによっては仕事も抱えていますから、忙しいものです。ホスピピュアなら、短時間でケアが終了するので、続けるうちに効果が実感できるはずです。

>>ホスピピュアをおすすめするワケとは

ホスピピュアの気になる成分と効果は?

妊娠中あるいは授乳中のママが乳首に使うことを考えると、安全な成分で作られているのかも、気になるところですよね。そこで、ホスピピュアの成分と効果について、検証してみましょう。

ホスピピュアには、乳首の黒ずみだけでなく、肌を保湿する成分も含まれています。まず、ホスピピュアの特徴にあげられるのは、「トラネキサム酸」が配合されていることです。

乳首の黒ずみケアのためにつくられたクリームには、メラニンの生成を予防することで黒ずみを防ぐ働きをするものが多くあります。

ですがホスピピュアに含まれるトラネキサム酸は、メラニンをつくるメラノサイトを刺激する因子自体の働きを阻止することで、黒ずみを根本的に改善します。つまり、新しく黒ずみができるのを防ぐことが可能なのです。

ホスピピュアは天然由来の成分を数多く使用

また、ホスピピュアは天然由来成分を数多く配合されています。

  • ヒエフロウエキス
  • セイヨウナシエキス
  • ニーム葉
  • ホップ
  • スギナ
  • 海藻エキス
  • アーティチョーク葉エキス
  • ローズマリー
  • ルナホワイト
  • オクラエキス
  • レモン
  • マツ
  • 大豆エキス

など、敏感肌でも安心して使える成分が、ぎゅっと凝縮されています。

これらは、すでにできてしまった黒ずみに有効な成分です。できてしまったメラニンを、抑える働きをします。

併せて、保湿にもこだわりがみられます。保湿成分であるスクワランが肌の深部までしっかり浸透し、表皮をシアバターがコーティングすることで、乳首にしっかり潤いを残すのです。

この美白と保湿のダブルケアにより、肌のターンオーバーを整えることができるので、くすみも撃退できます。その結果、すでにできているメラニンの排出を促すのです。

ホスピピュアに副作用の心配は?

とはいえ、美白効果の高い成分が豊富に含まれているとなると、副作用が出るのではないかと、心配になるママもいることでしょう。

ホスピピュアは医薬品ではないので、副作用が報告された例はありません。美白と聞くと、近年話題になった白斑が出るのではないかと心配する女性もいると思いますが、それは「ロドデノール」という成分が含まれている化粧品で起きた現象です。

ホスピピュアの有効成分は、肝斑治療や美白化粧品に広く採用されている「トラネキサム酸」なので安全性は高いと言えます。

ただし、内容成分にアレルゲンがあるひとが使うと、アレルギー症状が出ることがあるので、十分注意が必要です。

>>成分や効果を公式サイトでチェックする

ホスピピュアが使える場所は?

ホスピピュアは主要なはたらきとして乳首の黒ずみ解消がありますが、そのほかに顔を含めた全身にも使用できます。

まずは黒ずみのメカニズムについて解説していきます。

身体の中で黒ずみやすい場所とは?

それは、ひじや膝、デリケートゾーンです。ひじや膝は乾燥しやすく、デリケートゾーンも含めて、摩擦を受けることが多い部位です。

乾燥や摩擦は、肌のターンオーバーを乱す要因になりますので、古い角質が溜まりやすくなります。そのため、メラニンによる色素沈着がしやすくなってしまうのです。

そして、妊娠した女性は乳首だけでなく、わきやおしりなどにも黒ずみが起こりやすいです。これは、メラニン色素に身体を守る働きがあるからで、黒ずむことで肌表面をバリアしてくれているのです。

さらに妊娠中には、女性ホルモンの分泌バランスの変化により、メラノサイトが生成しやすくなることも、身体の黒ずみを増やす原因となります。

妊娠中や授乳中にも黒ずみ対策を!

実は、妊娠や授乳によって黒ずんでしまった乳首や、できてしまったシミ、そばかすは、出産後に女性ホルモンの分泌バランスが正常に戻ると、少しずつ色が薄まっていくものなのです。

ですが、完全にきれいな色に戻るとは言い切れません。そのため、妊娠中あるいは授乳中から、黒ずみ対策を行っておくのがおすすめです。

対策というと、どうしても美白に目が向きがちですが、できてしまった黒ずみを排出するためには、肌の代謝をあげることが重要です。その際、乳首を含めて、黒ずみが気になる部分をしっかり保湿するのが効果的です。

ホスピピュアは、美白と保湿の両方を重視した品なので、きっと変化を実感できるはずです。

ホスピピュアは、乳首の美白専用クリームという触れ込みですが、先ほども紹介しましたように、実際には顔やわき、ひじ、膝、おしり、デリケートゾーン、くるぶしなど、あらゆる場所に使えます。

つまり、ホスピピュアが1本あれば、全身の黒ずみケアができるのです。

使い方をインターネットで検索してみると、顔にできたシミやニキビ跡のケアに使っている女性が多いことがわかります。

これは、メラノサイトに働きかけることや、美白と保湿のダブル効果があること、肌にやさしい成分が配合されていることが、顔のトラブルにも有効だと考えられたのでしょう。

試してみた結果、効果を実感しているひとが多いようです。

中にはホスピピュアを、唇のシミ・黒ずみ対策としても使っているひともいるようですが、そもそも唇ではメラニン色素があまりつくられず、ターンオーバーも早いため、ほかの部分ほど効果を実感することはないようです。

ホスピピュアは稗粒腫にも役立つ

また、妊娠中や授乳中のママの中には、眼の周りの白いプツプツが気になっているひともいると思います。そのプツプツのことを「稗粒腫」というのですが、毛穴に皮脂が溜まってしまうことで起こります。

毛穴に皮脂が溜まる理由は、皮脂が多いこと、乾燥、古い角質、やファンデーションなどの汚れが残ることです。

既にできた稗粒腫の治療は、自分で圧出するのは細菌が入ると危険なので、美容皮膚科などを頼りましょう。医薬品ではないホスピピュアで除去してしまうことはできません。

稗粒腫の予防は可能なの?

しかし、ホスピピュアは肌のターンオーバーを整え、十分に保湿することができるので、稗粒腫の予防には役立つと考えられます。

また、湘南美容外科でほくろやイボを除去するためのレーザー治療を行った後に、ホスピピュアを使うように奨励しています。

これは、手術の痕を残さないためのアフターケアを目的としているようです。とはいえ、顔専用につくられているわけではないので、自分で試してみて、顔にも使い続けるかどうかを判断してくださいね。

>>ケア内容を詳しく見る

ホスピピュアの使い方は?

では、乳首の黒ずみに対し効果が発揮される使い方とは、どんなものなのでしょうか。

乳首の黒ずみを改善するためには、肌の新陳代謝をアップさせることで「できてしまったメラニンを排出させる」、「メラノサイトの刺激を防ぐ」という2つのアプローチが必要です。

乳首の黒ずみを自宅でケアする方法に、即効性のあるものはありません。ですから、ホスピピュアの効果を実感するためには、毎日使い続けることが大切です。

ホスピピュアを使用する頻度はどのくらい?

ホスピピュアの基本的な使い方は、1日2回、できれば朝と夜、塗るというものです。ホスピピュアを浸透させやすくするために、入浴後あるいはシャワーで毛穴を開かせてから塗るのがおすすめです。

使うときには、ホスピピュアを2~3プッシュして、手のひらにクリームを出し、伸ばします。そして、身体の中で黒ずみが気になる部分に塗り込みます。

乳首や乳輪の黒ずみを解消したい場合は、手のひらでバストを包み込むようにしながら、マッサージの要領で塗り込みます。手のひらで温めることで、肌になじみやすくなります。

もちろん、バスト全体に塗れば、つやのあるプルプルの乳房にすることもできます。

ホスピピュアの効果を実感するなら3カ月!

とはいえ、先ほども説明したとおり、効果が高いホスピピュアであっても即効性があるわけではないので、最低でも3カ月以上、できれば半年の使用が望ましいでしょう。

また、肌のターンオーバーは続いていくものです。満足のいく効果が出たからといって、ホスピピュアの使用をやめてしまえば、メラニンが生成・蓄積されていき、乳首が再び黒ずんでしまいます。

ピンク色の乳首を維持したいなら、ホスピピュアを継続的に使い続けるのがおすすめです。

乳首をきれいなピンク色にしたいと思うのは、自分自身のためだけではないものです。

夫婦二人だった家庭に子どもを迎えることで、一気にパパとママの関係になってしまうという例もありますが、女性として「パートナーである夫の喜ぶ顔が見たい」という思いで購入する人が多いようです。

その気持ちや努力は、きっとパパにも伝わるはずです。

>>ホスピピュアの使い方をもっと詳しく

ホスピピュアは妊娠中や授乳中でも使えるの?

とはいえ、妊娠中や授乳中のママの場合、赤ちゃんへの悪影響がないか、心配になるものですよね。

実は、乳首の黒ずみケアを行うためのクリームは、いろいろなものが販売されています。その中には、脱色剤を使用しているものもあるのです。

できてしまった色素沈着を脱色剤で無理に漂白しても、自然なピンク色を取り戻すことはできません。

その多くには、人工的に生成された

  • アスコルビン酸Na
  • リン酸アスコルビンMg
  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビン

といったビタミンC誘導体が配合されています。 ですが、こうした人工物は身体に負担をかけますので、長期間使い続けることで、肌の調子が崩れてしまうのも珍しいことではないのです。

ホスピピュアは、天然由来成分をふんだんに配合した、乳首の美白専用クリームです。しかも、湘南美容外科と共同開発されているので、パラベンや香料、着色剤、アルコール、シリコンを一切使用していません。

あくまでもできたメラニンの排出と、メラノサイトの生成を抑えることで、自然な血色の乳首にしてくれます。そのため、敏感肌の女性でも使うことができるのです。

アトピー性皮膚炎でも使用しても大丈夫?

アトピー性皮膚炎を持っているママの場合、ホスピピュアを使うことにためらいを感じるかもしれません。

ですがホスピピュアには、美白成分に加えて、保湿成分もたっぷりと含まれているので、乾燥によるかゆみを抑えてくれるので、まずは少量を試してみて特に異常が起きなければ、使用に問題はないでしょう。

ただし、ホスピピュアは天然由来成分をふんだんに配合しているので、その中にアレルゲンが含まれている女性は、お医者さまに相談してから使用することをおすすめします。

自己判断で試してみて大丈夫であっても、体調が悪い時などにアレルギー反応が起きる可能性があるからです。

妊娠中や授乳中に使用する際の注意点

では、妊娠中や授乳中のママでも、乳首の黒ずみケアにホスピピュアを使うことはできるのでしょうか。ホスピピュアを乳首に塗ることに限っては、妊娠中や授乳中はおすすめできません。

特に、赤ちゃんの授乳をしている時期は、使用をお休みする方が無難です。安心な成分が使われていても、母乳への影響や赤ちゃんの口に入った場合などの安全性が医学的に証明されているわけではないからです。

乳首以外での使用できる?

ですが、わきやひじ、膝、デリケートゾーン、おしり、くるぶし、顔のシミとそばかすなど、乳首以外に使う分には問題ありません。

妊娠中は特に、顔のシミやそばかすが増える時期なので、ホスピピュアを使ってケアしておくのがおすすめです。赤ちゃんが卒乳したらすぐに、乳首ケアでもホスピピュアを使い始めましょう。

ホスピピュアを使っていることを気付かれたくない・・・

とはいえ、乳首の黒ずみを気にしていることを、パパから気づかれたくないママもいることでしょう。

ホスピピュアは、その点の配慮も行き届いています。ホスピピュアは、中身がわからない状態で送られてきます。箱の外側に商品名やブランド名は入れられておらず、送付伝票の品名にも詳細は書かれません。

そのため、うっかり届いたまま開梱せずに放置しても、パパに気づかれる心配がないのです。また、ホスピピュアのパッケージもシンプルで、化粧品やハンドクリームと変わりません。

そのため、鏡台や洗面台に置いておいても、乳首の黒ずみ専用美白クリームだと見抜かれにくいのです。

パパに気づかれることなく女性としての魅力アップにつなげられるのは、ママにとってうれしいことのはずです。パパに気づかれることなく、気になる部分を美白するのにも重宝しそうです。

>>安全に使用するために公式サイトをチェック

ホスピピュアの評判は?

では、実際にホスピピュアを使ったひとたちからの評判は、どうなっているのでしょうか。まず、公式サイトで紹介されているコメントを、一部抜粋してご紹介しておきましょう。

出産後に乳首が黒ずんでしまったときに、友だちから教えてもらいました。使い始めて数日で、驚きの効果を実感。匂いも色もないので、安心して使えました
他の会社の商品もいくつか試してみましたが、ホスピピュアが一番効果があったように感じます
刺激がないのがお気に入り!肌が荒れやすい私でも、ストレスがありませんでした
サラッとしてべとつかないので、とっても使いやすく、塗ってすぐに服を着られます

など、好意的なコメントが寄せられています。

公式サイト以外での感想をみても、

妊娠中に黒ずみ始めた乳首が、産後にもっと黒くなってしまい、ホスピピュアの評判を聞いて、使ってみました。1本を使いきるころには、自分でもわかるくらいの変化がありました
ホスピピュアは顔のシミにもよいと聞いたので、気になっていた眉の上のシミにも使いました。2週間ほどで、何となく薄くなってきたようです
ニキビ跡にホスピピュアを使ったら、2週間ほどでほとんど見えなくなりました

など、乳首の黒ずみ以外にも、効果を実感している女性が多いようです。

ホスピピュアの使用期限は?

また、容器の工夫についても魅力の一つといえます。

独自に開発されたエアレスポンプチューブにより、クリームの変質が防がれ、さらには最後の1プッシュまで残さず使い切ることもできるのです。

ホスピピュアは、1カ月から1カ月半で使い切れるようになっています。開封後は、その期間内に使い切るように心がけましょう。

基本的に肌につけるスキンケアアイテムは、開封後1シーズンが使用期限となっています。使用期間が長期にわたると変質する可能性があるので、適量を毎日使うようにしてください。

>>ホスピピュアの口コミをもっと見るならこちら

ホスピピュアの効果を実感するためにお得な購入方法

ホスピピュアの通常価格は、1本9,000円(税抜き・送料別)となっています。ですが、即効性があるわけではなく、黒ずみケアは一時的なものでもないので、「徹底美白コース」をおすすめします。

▲画像をクリックするとホスピピュア公式サイトへ飛びます▲

ホスピピュアの徹底美白コースには、4つの特典があります。

  1. 特別限定価格である、5,500円(税抜き)で購入できることです。
  2. 送料が無料になることです。
  3. 90日間の返金保証がついていることです。
  4. 2回以降の商品代金も、ずっと39%オフの5,500円で購入し続けることができることです。

ただし、徹底美白コースは3カ月の継続が条件となっており、4回目以降に変更や休止、解約できるようになります。

徹底美白コース申込者に限りますが、90日間返金保証もあります。万が一肌に合わなかった場合、商品を開封していても、所定の手続きを行うことで返金してくれます。

▲画像をクリックするとホスピピュアの公式サイトへ飛びます▲

ただし、初回注文日から90日以内に事前に電話連絡をすることが条件で、初回1個分の商品代金のみが対象となります。

湘南美容外科でも購入は可能ですが、院内価格は6,300円(税抜き)となっています。徹底美白コースなら、最初からお得に購入することができるのです。

>>ホスピピュアのお得な購入方法はこちらから

ホスピピュアでピンク色の乳首を取り戻そう!

ホスピピュアは、湘南美容外科がすべての監修を行った、肌にやさしい乳首の黒ずみ専用美白クリームです。2016年5月までの利用者の満足度は、94.1%にものぼります。

乳首の黒ずみはもちろん、顔からくるぶしまで全身に使えますし、衛生管理が徹底された国内工場のみで製造されているので、品質も信頼できます。

妊娠中や授乳中は乳首以外の場所の美白に、乳首の黒ずみを改善するためには卒乳のタイミングで、ぜひホスピピュアを試してみてくださいね。

>>ホスピピュアの公式はこちら<<

  関連記事

1歳から飲めるアトピーケアサプリ「アトケアプロ」は、効果・安全性・コスパ抜群!

>>我が子のアトピーに悩むママへ!アトピーケアランキング1位のサプリメント 食品 …

【保存版】妊娠・出産・授乳で黒ずんでしまった乳首をピンクにすることはできる?原因と対処法を教えて!

赤ちゃんを授かったときのママの喜びは、人生の中でも最大級のものでしょう。ですが妊 …

妊活を頑張る女性の強い味方!「ハグクミの恵み」で赤ちゃんに会えるかも

>>妊活中の女性のうれしい味方!ハグクミの恵み 赤ちゃんがほしい!…そう思っても …

産後のカサカサ肌や乾燥肌はどうしてなるの?対処法やおすすめの化粧品は?

出産という大事業を終えて、育児をスタートしママによく聞かれるのは、「肌質が変わっ …

産後ハゲが酷い!!出産後脱毛症の原因とは?抜け毛に効く育毛剤で予防・対策を

産後の抜け毛、なおりますか? 出産後2ヵ月~3ヵ月頃になると、抜け毛が目立つよう …

月経前症候群(PMS)とは?不妊に繋がりやすい生理前の体調不良を確認!

妊娠しにくい体質に悩んでいる方の中には、同時に月経前症候群にも悩まされている方が …

妊娠・出産後の薄毛に悩むママにおすすめ!薬用ハリモアの魅力とは?

>>妊娠、出産後の薄毛にお悩みのママへ!リピート率94,6%の女性専用育毛剤! …

不妊原因が性欲減退ならマカ&クラチャイダム12000+がおすすめ!

>>高品質、低価格!男性をサポートするマカ&クラチャイダム12000+ 不妊原因 …

育児中こそ活用したい!ネットスーパーや食材宅配サービスのこと

近年、テレビコマーシャルやインターネット広告などで、ネットスーパーや食材宅配サー …

愛され葉酸の魅力や特徴は?健康だけでなく美容効果も期待できる!

>>赤ちゃんとママを一番に考えた、後藤真希さんも愛用の葉酸サプリ! 元モーニング …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss