ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

薬用イビサクリームの効果はデリケートゾーンだけじゃない!?乳首の黒ずみ解消にも役立てよう!

   

>>薬用イビサクリームで気になる部分を集中ケア

妊娠すると乳首や乳輪、わきの下、デリケートゾーンなどに、黒ずみがみられるようになります。日本の男性の中には乳首が黒ずんでいる女性を見ると、「遊んでいる」「経験人数が多い」と思い込んでいるひとが少なくありません。

妊娠がきっかけで乳首が黒ずんでいることはパパも頭では理解できるものの、それと感情は別の問題なので、ひそかに悩んでいるママもいそうです。

そんなときに試してほしいものに、「薬用イビサクリーム」があります。

薬用イビサクリームと聞くとデリケートゾーンをケアするものじゃないの?と思うママもいそうですが、実は乳首をピンク色にしてくれる効果も期待できるのです。

そこで今回は、薬用イビサームの成分や効果、使える場所、妊娠中あるいは授乳中でも使えるかどうかなどについて、お話ししたいと思います。

薬用イビサクリームとはどんな商品なの?

薬用イビサクリームは、もともとデリケートゾーンのくすみ対策のために開発された薬用美白クリームです。その開発には脱毛サロンが協力しています。

2016年1月に、株式会社ベンチマーク統計研究所が行った、「デリケートゾーン美白ケア商品」によるインターネット調査で、デリケートゾーン用クリームとして堂々の第1位に輝いています。

そのため、「GLITTER」や「MAQUIA」「VoCE」「美的」「美ST」「aR」「STORY」など、さまざまな有名雑誌にも取り上げられています。

黒ずんでしまうには理由がある

妊娠をきっかけに乳首やデリケートゾーンが黒ずむことには、きちんとした理由があります。まず女性は妊娠すると、それまでと女性ホルモンの分泌バランスが大きく変わります。

妊娠20週を過ぎると卵胞ホルモンであるエストロゲンと、黄体ホルモンであるプロゲステロンの分泌量が急激に増え、メラニン色素をつくるメラノサイトの生成が活発になります。

メラニンには皮膚を守る働きがあり、分娩や出産後の授乳のために、ママの身体は大切な部分を守るために、乳首やデリケートゾーンのメラニン色素を生成しようとするのです。その結果、メラニンが色素沈着を起こし、色が黒ずんでしまいます。

授乳期間が終われば元に戻るけど…

そう考えると妊娠をきっかけに乳首やデリケートゾーンが黒ずむことは、悪いことばかりではありませんし、あくまでも一過性なので授乳期間が終わると少しずつ元の色に戻るといわれています。

ですが完全に妊娠前の乳首の色に戻るとも言い切れないので、長い時間がかかります。またママの体質によっては、乳首やデリケートゾーンの色が、元に戻りにくいケースもあります。

そこで、妊娠や授乳をきっかけに、乳首やデリケートゾーンの黒ずみに悩んでいるママへおすすめなのです。もちろん妊娠や授乳の経験がなくても、乳首やデリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる女性すべてに、薬用イビサクリームはおすすめの商品です。

授乳だけが黒ずみの原因じゃない!?

そして乳首やデリケートゾーンの黒ずみは、妊娠や授乳だけが原因ではありません。

不規則な生活や、偏った食生活、ストレス、加齢によってターンオーバーが乱れ、古い角質が排出されずに蓄積されること、

サイズの合わない下着を身につけて刺激することなども、黒ずみの原因となります。

そして乳首の場合、そこに乾燥が加わると角質が厚くなることで乳輪にブツブツがみられる要因にもなってしまうのです。

>>黒ずんでしまう原因を徹底ケア

薬用イビサクリームの成分と効果とは?

そもそも乳首などが黒ずむ原因は肌がダメージを受けることで、メラニンが過剰に発生することです。

そのため乳首の黒ずみを改善するためには、メラニンの生成を抑えるとともに、しっかり保湿をして、肌の状態を整えることが大切です。

黒ずみを綺麗にするための2つの薬用成分

薬用イビサクリームは黒ずみを美白するための「トラネキサム酸」と、肌荒れを防いでターンオーバーを整えてくれる「グリチルリチン酸2K」という、2つの薬用成分が配合されています。

この2つの薬用成分の働きにより、肌のくすみを改善し、きれいな肌づくりをサポートします。

医薬部外品だから安心して使用できる

そして薬用イビサクリームは「医薬部外品」です。厚生労働省が定める薬事法で、医薬部外品は作用が穏やかで、効能・効果が期待できると認められています。薬用イビサクリームの中でも、トラネキサム酸が美白有効成分として、医薬部外品に登録されているのです。

このトラネキサム酸には、メラノサイトの働きを阻害して、メラニンの生成をブロックする働きがあります。

それに加えて抗炎症作用もあわせもっているため、妊娠によって急激にバストアップすることで、合わなくなるブラジャーとの摩擦などで起こる、炎症を抑えてくれる効果も期待できるのです。

4種類の植物成分

さらに薬用イビサクリームには、4種類の植物成分を配合しています。

  • 保湿性と抗炎症作用を持つ「サクラ葉抽出液」
  • 炎症抑制と保湿効果をもつ「カモミラエキス」
  • 保湿性・抗炎症作用のある「ダイズエキス」
  • 美白・抗炎症作用のある「オウゴンエキス」

により、肌のくすみの原因となるメラニンの生成を抑制し、ターンオーバーの正常化を促します。

そのため乳首やデリケートゾーンの黒ずみだけでなく、実は顔にあらわれるシミやそばかす、イボ、ほくろ、稗粒腫にも効果が期待できます。

トラネキサム酸で肌のダメージを改善

薬用イビサクリームには美白化粧品にも使われている、トラネキサム酸が配合されています。そのため薬用イビサクリームを顔に塗ることで、紫外線による肌のダメージや、女性ホルモンの分泌バランスの乱れによる肌トラブルに、効果を発揮してくれそうです。

乳首がかゆい場合にはどうしたらいい?

また、妊娠中や授乳中のママの中には、乳首にかゆみを感じるひともいることでしょう。

その原因として、赤ちゃんに乳首をかまれたことで傷ができた、乳首が乾燥してかゆみを感じる、ホルモンの分布バランスが乱れていることが考えられます。そうした乳首のかゆみを改善するためには、乾燥対策を徹底することが一番です。

贅沢に配合された保湿成分

薬用イビサクリームには、8種類もの保湿成分も配合されています。

  • 保水力と保湿力の高さに定評のある「ヒアルロン酸ナトリウム(2)」
  • ヒアルロン酸をしのぐ保湿力があるとされる「シロキクラゲ多糖体」
  • 抗菌作用と保湿効果が高い「乳酸ナトリウム液」
  • 保湿と殺菌抗菌作用がある「ローズ水」
  • 乾燥防止と保湿を促す「BG」
  • 保湿性と抗菌性が優れている「1,2-ペンタンジオール」と「1,2-ヘキサンジオール」
  • 保湿後にやわらか肌をつくる「グリセリン」

により、肌をしっとりと美しい状態に保ってくれます。そのため、乳首のかゆみの改善にも効果的なのです。

>>有効成分の詳しい情報を見る

薬用イビサクリームが使える場所は?

薬用イビサクリームは、そもそもデリケートゾーンの黒ずみ対策のために開発された商品です。薬用イビサクリームの開発にあたって、ブラジリアンワックス脱毛(VIO脱毛)を数多く手がけた、エステティックサロンが協力しています。

というのもアンダーヘアを脱毛して初めて、自分のデリケートゾーンの黒ずみに気づく女性が多かったからです。

専用美白クリームを開発した理由とは?

海外には、デリケートゾーンの黒ずみに対応するクリームはあったものの、日本人の肌には合わないものも多く、それをきっかけにサロンで開発した専用美白クリームを薬用イビサクリームとして販売することに踏み入ったという開発秘話があるのだそうです。

ですが薬用イビサクリームは乳首やわき、ビキニラインなど、妊娠によって黒ずむことが多い部分に使うことができます。またひざやくるぶし、ひじなど、身体の中でくすみが気になる部分に使ってかまいません。

薬用イビサクリームは顔に塗るのアリ!?

そして公式サイトでは明記されていませんが、薬用イビサクリームは顔に使うこともできます。

それはメラニンの生成を抑制するトラネキサム酸に加え、肌荒れを防ぐグリチルリチン酸2K、厳選された8種類の保湿成分が、顔に起こるしみやそばかす、イボ、ほくろ、ニキビ跡にも有効だからです。

顔に塗る場合の注意点とは?

ただし顔に薬用イビサクリームを塗る場合には、気をつけてほしいことがあります。それは、「使用量」と「目の周辺の粘膜部分への使い方」です。

まず使用量ですが、薬用イビサクリームは一度にたくさん使用したからといって、効果がアップするわけではありません。むしろ、べたつきが残ることで、効果を半減させてしまいます。

顔に薬用イビサクリームをたくさんつけたいときには、乾いてから重ね塗りをするように心がけましょう。

目の周辺に塗る際には要注意

次に目の周辺につける場合には、粘膜に入らないように十分注意してください。皮膚が薄い目の周りには、使わない方が無難です。

唇のくすみが気になる女性の中には、薬用イビサクリームを塗ってみたいと思うひともいそうですが、これはNGです。それは、薬用イビサクリームが口に入ることを想定してつくられていないからです。

間違って薬用イビサクリームをなめて、重篤な副作用が起こるわけではありませんが、身体用の美白クリームは、基本的に唇に使わないのが無難です。ただし、唇周辺の皮膚には使ってもかまいません。その際には、口に入らないように、十分に注意しましょう。

異変を感じたらすぐに使用をやめよう

また生理中や妊娠中は、肌の状態がいつもより敏感になります。

そのため、その期間に薬用イビサクリームを顔につけると刺激が強いと感じることもあります。その場合は使用を中止するようにしましょう。

薬用イビサクリームは身体中に使うことができる!

さらに薬用イビサクリームは、二の腕や太もも、背中、デコルテラインなどにも使用することができます。薬用イビサクリームに含まれるトラネキサム酸は、肝斑の治療薬としても使われているので、身体中にできるしみやそばかすにも有効なのです。

>>使用できる場所についてもっと詳しく

薬用イビサクリームの効果を引き出す使用方法は?

とはいえ薬用イビサクリームの内容成分がどれだけ優れていても、正しい使い方をしなければ、その効果を存分に発揮することはできません。

薬用イビサクリームの使い方は、いたってシンプルです。必要量を手にとり、1日2回、朝と夜に乳首をはじめとする、黒ずみが気になる部分に塗るだけです。ですが、その効果を引き出したいならひと工夫が必要です。

効果を最大限に引き出すコツ

まず薬用イビサクリームの適量ですが、気になる部分に1回1円玉程度の量を使うのが目安となります。

このとき注意してほしいのが、量が少なすぎても、多すぎても、成分がきちんと浸透しなくなってしまうことです。黒ずみが気になる部分に、それぞれ適量の薬用イビサクリームを塗ることを徹底してください。

清潔な肌に塗るのがポイント!

薬用イビサクリームは、気になる部分にやさしく塗るのが基本です。その際、清潔な肌に使用するのがポイントです。朝のシャワーの後、夜の入浴後などが、ベストのタイミングといえるでしょう。

その際、シャワーや湯船につかることで、乳首をはじめとする黒ずみが気になる部分の毛穴を開いておくと、より薬用イビサクリームの成分が浸透しやすくなるはずです。

毎回、シャワーに入るのが大変なのであれば、乳首を蒸しタオルなどで温め、軽く拭いてから薬用イビサクリームを塗るとよいでしょう。もちろん薬用イビサクリームを塗る前に、手指もしっかり洗って清潔にしてください。

そして薬用イビサクリームを塗るときには、摩擦が起こらないように気をつける必要があります。

薬用イビサクリームをしっかり浸透させたいときでも、強くこすらず、指の腹を使ってくるくると円を描くイメージで浸透させてください。また薬用イビサクリームを塗るときには、黒ずみが気になる場所が変わるたびに、手指を洗う習慣をつけるとよいでしょう。

効果を実感するためには3カ月使ってみよう!

薬用イビサクリームに配合された成分は乳首などの黒ずみの解消に効果を発揮してくれますが、残念ながら即効性があるわけではありません。肌のターンオーバーを整えながら、沈着したメラニン色素を体外に排出させるためには、ある程度の期間が必要です。

そのため薬用イビサクリームを使い始めて、約1カ月で効果を感じるママもいれば、効果を実感するまでに6カ月以上かかるひともいます。これは体質による個人差なので、使ってみるまで予測ができません。

少なくとも、薬用イビサクリームは3カ月以上継続して、毎日2回ずつ塗る習慣を続けることが基本となります。

せっかく薄くなっても継続しないと元どおりに!?

この毎日の習慣を守らずに、薬用イビサクリームの効果を実感することはできません。またメラノサイトは日々生成されますので、乳首の黒ずみが改善されたからと薬用イビサクリームの使用をやめると、再び黒ずみ始めてしまいます。

薬用イビサクリームは、継続的に使う必要があることを念頭に置いて、使い始めてください。

そこでも毎日使い続けることができるように、薬用イビサクリームは持ち運びにも便利な約15cm×4cm×2.4㎝というコンパクトサイズになっていますし、オールシーズン対応になっています。その使いやすさも、魅力の一つといえるでしょう。

>>使用方法についての詳しい情報はこちら

薬用イビサクリームは妊娠中や授乳中でも使えるの?

妊娠中あるいは授乳中のママにとって、薬用イビサクリームを使うことでの副作用や、赤ちゃんへの影響は気になるところですよね。

薬用イビサクリームは、敏感肌のひとにも使ってもらえるように、合成香料や着色料、鉱物油、アルコール、パラベンを一切使わずにつくられています。

これは、薬用イビサクリームがもともと、女性の外陰部の黒ずみを解消することを目的につくられた、美白クリームだからです。そうした大切な部分に余計な刺激は不要ですから、赤ちゃんでも使えるやさしさを目指して、開発・製品化されているのです。

そのため、薬用イビサクリームはすべて日本国内の工場で、徹底した管理・検査体制のもとで製造・出荷されています。

妊娠中や授乳中に薬用イビサクリームを使用をしても大丈夫?

では、妊娠中あるいは授乳中であっても、乳首に薬用イビサクリームを使うことはできるのでしょうか。まず、妊娠中の使用については、薬用イビサクリームの公式サイトの中で、「専門医にご相談のうえ、使用を検討してください」と明記されています。

これは、妊娠によって女性の肌の状態は大きく変化するので、使うことで肌トラブルを発生する可能性があるからです。

心配なときには、かかりつけの産婦人科の先生に、質問してみましょう。ただし乳首やデリケートゾーンなど、赤ちゃんに関わる部分以外の使用は問題がなさそうです。

ただし授乳中のママが、乳首の黒ずみ対策に薬用イビサクリームを使うことはおすすめできません。それは赤ちゃんがおっぱいを含むときに、その成分が伝わってしまう可能性があるからで、安全性の確証がない現時点では使わない方が無難です。

とはいえ卒乳後に使う分には問題ありませんし、乳首以外の使用はできるので使い方を考慮するようにしましょう。

アトピー肌の改善に役立つことも!?

またアトピー肌のママの中には、薬用イビサクリームの使用をためらうひともいるかもしれません。ですが無添加でつくられている薬用イビサクリームには、グリチルリチン酸ジカリウムという抗炎症成分が配合されているので、アトピーの改善に役立つこともあります。

皮膚科のお医者さまに相談のうえで、治療薬と併用してみることを検討してみてください。

薬用イビサクリームに副作用はないの?

ただし、薬用イビサクリームを使って、副作用が出る可能性があることも、忘れてはいけません。医薬品ではないので、副作用のリスクは低めですが、妊娠中や授乳中は皮膚が敏感になっているので、薬用イビサクリームを使うことで肌がヒリヒリしたり、赤くなる可能性はゼロではありません。

また、傷や腫れ、湿疹などがある部分に、薬用イビサクリームを使うことはできません。薬用イビサクリームを塗ることで、症状が悪化する可能性があるからです。

さらに、薬用イビサクリームに含まれているさまざまな成分の中にアレルゲンがある場合は、アレルギー症状が起こることがあります。

使用する前にはパッチテストを

これまで使用してアレルギーが出た化粧品などがあれば、その成分と同じものが薬用イビサクリームに含まれていないかを、チェックしてから使うことをおすすめします。

薬用イビサクリームを使用して、赤くなったり、腫れたり、湿疹が出たときには、すみやかに使用をやめて、皮膚科を受診しましょう。

薬用イビサクリームの口コミや評判は?

では本当のところ、薬用イビサクリームの評判はどうなのでしょうか。まず薬用イビサクリームの公式サイトからコメントの一部を抜粋してみましょう。

全身脱毛後、Vラインのくすみが目立って悩んでいたときに、薬用イビサクリームを知りました。脱毛サロンが開発していることも信頼でき、数週間たったころには鏡に映る自分にうっとりしました
さすがの日本製です。成分にこだわっていて、使い心地も抜群だし、私の肌に合っている気がします

など、効果を実感している体験談が数多く紹介されています。

ですが、薬用イビサクリームの公式サイトでは、独身の女性のデリケートゾーンの黒ずみ対策のコメントばかりなので、妊娠を機に黒ずんだ乳首に効果があるのか、心配になるママもいると思います。

そこで、それ以外のサイトでの口コミ情報をチェックしてみたところ、

2本目の薬用イビサクリームを開けたところですが、心なしかトーンが明るくなってきたような気がします
毎日見ていると変化に気づきにくいのですが、1カ月ごとに見比べると、黒ずみが徐々に薄くなっているのがわかります

など、乳首の黒ずみにも効果を感じているママが多いようです。

一方で、

薬用イビサクリームを塗ってすぐ下着をつけると蒸れる
効果が出るまでに時間がかかる

といった口コミ情報も、公開されています。

>>他の口コミ内容をチェックする

薬用イビサクリームの気になる値段は?

薬用イビサクリームは、1本の通常価格が7,000円(税別・送料別)となっています。

▲画像をクリックすると薬用イビサクリームの公式サイトへ飛びます▲

1本は約1カ月から1カ月半使うことができますが、決して安くはありませんよね。さらに、薬用イビサクリームは即効性がある商品ではないため、2カ月以上の継続を条件とする、定期配送の「集中ケアコース」を設けています。

▲画像をクリックすると薬用イビサクリームの公式サイトへ飛びます▲

コンビニ後払い場合は、1本の価格が4,970円(税別・送料無料)なのですが、クレジットカード決済で申し込むとさらに500円安い、1本4,470円(税別・送料無料)で購入することができます。

この集中ケアコースには、28日間の全額返金保障がついています。初回申込者に限り、商品注文後28日以内に「お買い上げ明細書」「商品の容器」を返送することで、初回分の商品代金が返金されます。

これなら、敏感肌のママでも安心して申し込めますよね。

また、集中ケアコースは、約31日間隔で自動配送されますが、3回目以降はこの周期の変更や一時停止、解約、再開の手続きができるようになります。

集中ケアコース以外にも、「お得な2本コース」に申し込むと、2本で特別価格8,800円(税別・送料無料)で購入ができます。まずは薬用イビサクリームの効果を実感して、それから集中ケアコースに移行するのも方法の一つです。

▲画像をクリックすると薬用イビサクリームの公式サイトへ飛びます▲

>>お得な購入方法はこちらから

薬用イビサクリームの使い心地と効果を体感してみよう!

薬用イビサクリームはデリケートゾーンに塗るための商品だということもあり、必要な分だけを押し出して使えるチューブ状になっています。

持ち運びにも便利ですし、どこでも衛生的に使えて、見た目は化粧品と変わりません。また、白濁したクリームは無臭なので、つけていても気づかれることもありませんし、半ジェル状のクリームなので、すっとのび、使い心地がよいと評判です。

▲画像をクリックすると薬用イビサクリームの公式サイトへ飛びます▲

乳首の黒ずみに悩んでいるなら、より効果の高い専用クリームを使うのが、元のピンク色に戻す早道です。まずは薬用イビサクリームを試して、その使い心地の良さと効果を、あなた自身で体感してみてはいかがでしょうか。

>>薬用イビサクリームの公式サイトはこちら<<

  関連記事

なぜ妊娠中にシミ・ソバカスが増えるの?原因と対処法、おすすめのケア用品をご紹介します!

妊娠中にシミが増えるメカニズム、ママができる対策について 妊娠中は様々なマイナー …

科学的根拠が証明するAFC葉酸サプリの吸収率は約85%!

多くの葉酸サプリの中でも確実に体内で吸収されることにこだわったAFC葉酸サプリ …

不妊原因が性欲減退ならマカ&クラチャイダム12000+がおすすめ!

>>高品質、低価格!男性をサポートするマカ&クラチャイダム12000+ 不妊原因 …

月経前症候群(PMS)とは?不妊に繋がりやすい生理前の体調不良を確認!

妊娠しにくい体質に悩んでいる方の中には、同時に月経前症候群にも悩まされている方が …

妊活中のママに試してほしい!ママルナの魅力とは?

>>マカや葉酸だけでなく酵素や和漢の力で妊娠しやすい体に導いてくれるママルナ 妊 …

産後の抜け毛に悩むママは必見!uruotteハーバルエッセンスの効果とは?

>>2種類から目的に合わせて使い分けができるuruotteハーバルエッセンス 無 …

授乳後に始まる貧乳…。ラ・シュシュでママ業をこなしながら美ボディを目指そう!

>>産後のしぼんでしまったバストのハリを取り戻せるラ・シュシュ もともと貧乳キャ …

女性向け薬用育毛剤「マイナチュレ」を産後ママにおすすめする理由は?

>>女性の抜け毛の悩みに注目したマイナチュレは産後の抜け毛にも効果的! 女性向け …

めぐルナでPMS(月経前症候群)が改善できる!?気になる効果とは

生理の10日前あたりから、イライラや体調不良など、不快な症状に悩まされている女性 …

艶つや習慣で気になるざらつきがつやつやになるって本当?その魅力とは?

>>艶つや習慣で気になる肌のざらつきを綺麗なスベスベお肌に 若いころには気になら …

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss