ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ミルクアップブレンドは母乳育児をがんばりたいママの味方!その効果や副作用について教えて

   

>>AMOMA ミルクアップブレンドで母乳育児をサポート!

「我が子は母乳で育てたい!」と考えているママは、たくさんいるはずです。ですが、いざ出産してみると思うように母乳が出なくて、悩むひとも多いのです。

そのため、おっぱいマッサージなどに通うひとも少なくないですが、赤ちゃん連れで通うのは大変ですよね。

そんなときに試してほしいのが、「AMOMA ミルクアップブレンド」です。自宅で飲むだけで、母乳が出やすくなると評判なのです。

そこで今回は、AMOMA ミルクアップブレンドとはどういう商品なのか、気になる成分や効果について、一緒に考えてみたいと思います。副作用や危険性、巷の評判にも触れますので、ぜひ参考にしてみてください。

AMOMA ミルクアップブレンドって何?どうして人気なの?

まず、母乳が出ない原因についてお話ししましょう。出産後に母乳が出ない、あるいは出にくい原因は、2つに大別されます。それは、「母乳の授乳回数」と「ママの生活習慣」です。

授乳回数の減少で母乳が出なくなる!

具体的には、母乳が出ないことでミルクを飲ませることが多く、授乳回数そのものが減ることで事態を悪化させるケースが多いということです。

出産直後は出血量も多く、ママの血液が不足して貧血になりやすい傾向があります。また、出産や育児が完全に回復しない身体にとって、大きなストレスになっていることも多いものです。そこに、睡眠不足や冷えが重なると、母乳不足になりがちです。

ママの生活習慣は母乳を出す大事な要素

さらに、ママの水分の補給量が足りないことで、母乳が出にくくなります。

そして、母乳が出にくい原因には、まだママの乳管がきちんと開けていないということも多いです。授乳中のママがネガティブ思考にとりつかれると、ますます母乳が出にくくなってしまいます。

そんなときに試してほしいのが、乳管を開く効果のあるハーブティーを飲むことです。身体を温めたり、女性ホルモンの分泌をサポートする成分が入ったハーブティーを飲むことで、母乳の出が改善されることが多いからです。

また、ハーブティーはノンカフェインなので、赤ちゃんに悪影響が及ばないのも魅力です。

専門家が開発した母乳育児をサポートするハーブティー

中でも母乳不足に悩むママにおすすめしたいのが、「AMOMA ミルクアップブレンド」です。これは、イギリスのハーバリストと授乳ケアの専門家が、授乳期のママのために共同開発した、母乳育児をサポートするハーブティーです。

AMOMA ミルクアップブレンドをつくるにあたって、東洋医学の考え方が取り入れられています。それは、胃の働きを整えて状態が改善されると、おっぱいがきちんと母乳をつくり、よく出るようになるという考え方です。

さらに母乳は、血液でつくられます。そのため、血の巡りが悪くなると、母乳が不足しがちです。また、血液の量が十分でも、ドロドロに汚れていれば、母乳の出は当然悪くなります。

そもそもハーブティーは、ヨーロッパだけでなく、アーユルベーダでも、古くから活用されてきました。

ですが、実際に母乳育児専用として販売されているハーブティーの中には、授乳中に避けた方がよいハーブが含まれているという現実があります。

そこで、日本の授乳ケアの専門家が、イギリスのハーバーリストと一緒に授乳ハーブの配合をくり返し、ようやく開発したのが、AMOMA ミルクアップブレンドなのです。

気になる成分は?どんな効果があるの?

では、AMOMA ミルクアップブレンドの気になる成分とその効果について、説明しましょう。

まず、AMOMA ミルクアップブレンドに使われているハーブは、すべて無農薬栽培のオーガニック原料です。

乾燥した茶葉に直接お湯を注いで飲むハーブティーに、もし農薬が残留していると、お茶の中にその悪い成分が溶けだしてしまいます。

そのため、AMOMA ミルクアップブレンドでは、過去3年以上、農薬や化学肥料を使っていない畑で、有機栽培の基準を満たしてつくられた作物につけられる「有機JAS」か、イギリスのオーガニック認証マークである「Soil Association」の認定商品を使用しています。

配合されているハーブはどんなもの?

そして、母乳育児をサポートするために厳選された、全部で8種類のハーブを配合しています。その中身は、「フェンネル」「レモンバーベナ」「フェヌグリーク」「レモングラス」「ネトル」「クリーバーズ」「たんぽぽ」「ジンジャー」です。

フェンネル

フェンネルは、中国やヨーロッパで昔から授乳によいと重宝されてきたハーブです。女性ホルモンに似た働きがあるので、母乳の出をよくするといわれています。

レモンバーベナ

香水木とも呼ばれるレモンバーベナは、ストレスや神経疲労を和らげる効果があります。消化促進や不眠にもよいとされています。

フェヌグリーク

フェヌグリークには、多くのサポニンという成分が含まれています。その中にジオゲスニンという物質が含まれており、それが副腎皮質ホルモンや女性ホルモンの原料となるのです。そのため、授乳期の女性が飲むと、母乳の出をサポートしてくれます。

レモングラス

レモングラスは、アジアでは熱病や感染症に聞くとされ、古くから薬草として用いられてきました。リンパの流れを促進し、代謝をサポートしてくれます。

また、レモンのようなすっきりとした風味がリフレッシュさせてくれるため、母乳詰まりで悩んでいるママにもおすすめです。

ネトル

ネトルは、血をつくるハーブと言われています。ビタミンAやビタミンC、ビタミンK、カルシウム、カリウム、鉄など、授乳期に必要な栄養素が豊富に含まれています。そのため、ママの貧血を予防するほか、母乳の量もサポートしてくれます。

クリーバーズ

クリーバーズには、リンパの流れをよくする効果があります。そのため、肌トラブルの緩和や改善にも、よいとされています。

そして、利尿作用があることから、体内に蓄積した老廃物や毒素の排出を促すデトックス効果もあります。さらに、母乳の促進効果もあわせ持っているのです。

たんぽぽ

たんぽぽは、「蒲公英」という漢方として古くから用いられてきました。不妊や生理痛の改善から母乳量の調整まで、女性の悩み解消に役立つハーブです。母乳の出をサポートしてくれるのはもちろん、出過ぎている母乳量のコントロールにも役立ちます。

ジンジャー

ジンジャーは、身体を温める働きを持ちます。産後はホルモンバランスが変化し、自律神経が乱れがちで、身体が冷えやすくなっています。ジンジャーの血行促進作用で冷えを改善し、身体のバランスを本来のものに戻してくれます。

これらの厳選された8種類のハーブが、母乳が出やすいようにサポートしてくれるのです。その効果は、ひよこクラブや赤すぐなど、大手の雑誌でも紹介されています。

乳腺炎にはAMOMA ミルクスルーブレンドがおすすめ

では、AMOMA ミルクアップブレンドは乳腺炎にも効くのでしょうか。

AMOMA ミルクアップブレンドは、足りていない母乳を出すサポートのためにつくられたハーブティーです。そのため、AMOMA ミルクアップブレンドを飲むことで、「急性うっ滞乳腺炎」がおこる可能性もゼロではありません。

もし発症してしまった場合は、同じAMOMAが製造している、AMOMA ミルクスルーブレンドを飲むのがおすすめです。母乳のスムーズな流れをサポートしてくれるハーブが配合されています。

AMOMA ミルクアップブレンドとAMOMA ミルクスルーブレンドは併用することができます。その場合、お互いの効果を引き出すために、同時には飲まず、1時間ほどの間隔をあけて飲むのがポイントです。

乳腺炎のときには、AMOMA ミルクスルーブレンドを試してみてください。

どんな飲み方が効果的?

そもそも赤ちゃんは、1日1リットルほどの母乳を飲みます。そのため、ママは自分の分だけでなく、赤ちゃんの分も考えて、水分を摂取する必要があります。

授乳中のママに必要な水分量は1日2L!

授乳中のママが1日に必要な水分量は、2リットル以上とされています。これにはスープやみそ汁といった食事も含まれますが、1日2リットルを下回らないように、水分摂取をすることを意識したいところです。

そして、その水分の内容にも配慮が必要です。コーヒーや紅茶、緑茶が好きなママも多いと思いますが、そこにはカフェインが含まれています。そして、ママが摂取したカフェインは、母乳を通じて赤ちゃんに影響を及ぼします。

授乳中のママがカフェインを過剰摂取すると、赤ちゃんへの刺激が強すぎて、情緒不安定になったり、不機嫌になりやすくなります。また、大人同様に寝つきが悪くなる、興奮して落ち着きがなくなる、乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクが高まるというデメリットがあります。

そのため、授乳中のママの水分補給は、ノンカフェインのものを選ぶのがおすすめです。だからこそ、ノンカフェインのAMOMA ミルクアップブレンドがよいのです。

効果を最大限に引き出す飲み方とは?

では、AMOMA ミルクアップブレンドの効果を最大限に引き出す飲み方について、お話ししましょう。

まず前提として、AMOMA ミルクアップブレンドは産後すぐから飲むことができます。当然、授乳中のママが飲んでも母乳を飲む赤ちゃんに悪影響が及ばない原料・成分でつくられているので、心配はいりません。

どのタイミングで飲めばいい?

母乳の出をよくするためには、朝に1回、夕方から夜にかけて2回と、1日3杯を目安に飲むのがおすすめです。もし、母乳が出にくくなる時間帯が決まっているなら、その時間の1~2時間前に飲むと効果が出るはずです。

とはいえ、AMOMA ミルクアップブレンドはハーブティーなので、独特なスパイシーな風味に慣れるまで時間がかかるひともいるようです。その場合は、1日1杯から始めて、少しずつ量を増やしていくとよいでしょう。

身体を冷やさないという意味では、AMOMA ミルクアップブレンドはホットで飲むのがおすすめです。ですが、1日分を作り置きしておいて、常温で飲んでも問題はありません。

もし、常用している漢方薬がある場合は、AMOMA ミルクアップブレンドを同時に飲むことで効能を害してしまう可能性があるので、注意が必要です。漢方の服用とAMOMA ミルクアップブレンドの飲用の間隔が1~2時間開くように、配慮しましょう。

AMOMA ミルクアップブレンドの作り方

AMOMA ミルクアップブレンドの作り方ですが、ティーバッグ1つに対して、約200~500ミリリットルのお湯を注ぎます。そして、3~4分待つと、黄金色のハーブティーができあがります。

まれにハーブの粉末が浮くことがありますが、そのまま飲んでかまいません。もちろん、冷やして飲んでもOKです。ですが、冷やし過ぎると身体の冷えにつながりますので、気をつけてください。

また、ティーバッグを長時間カップにつけていると、ヌルヌルしてくることがありますが、これは配合されているフェヌグリークに粘液質が含まれているからです。そのまま飲んでも問題ありませんのでハーブの香りを堪能しながら飲みましょう。

そして、卒乳を始めようと思ったときには、1日2~3杯飲んでいたAMOMA ミルクアップブレンドを1杯に抑えるようにして、卒乳の2~3週間前からは飲むのを止めることをおすすめします

副作用や危険性が心配…

ハーブの中には、妊娠中や授乳中に避けた方がよいものもあります。そのため、AMOMA ミルクアップブレンドを飲むにあたり、副作用や危険性がないのか、気になるママも多いはずです。

授乳中のママがAMOMA ミルクアップブレンドを飲む分には、副作用や危険性はないと考えて大丈夫です。

アレルギーのあるママは注意!

とはいえ、AMOMA ミルクアップブレンドに配合されているハーブにアレルギーがあるママは、飲むのを避けることをおすすめします。

AMOMA ミルクアップブレンドには、副作用が出やすいとされている、「コンフリー」や「イチョウ」「エゾウコギ」「シナモン」などは含まれていません。また、「エキナセア」や「カレンデュラ」「カモミール」などのキク科のハーブで、アレルギー症状がおこるひともいます。

AMOMA ミルクアップブレンドに配合されるハーブにアレルゲンがある場合は、発疹や喘息、アナフィラキシーショックなどのアレルギー症状が出ることもあります。

また、嘔吐や胃痛、下痢、頭痛、めまい、口の渇き、舌のしびれ、不眠症などの副作用が出る可能性もあります。

飲むにあたっては、内容成分について、きちんと確認しましょう。

授乳中に控えた方がよいハーブ

また、AMOMA ミルクアップブレンドには配合されていませんが、授乳中に控えた方がよいハーブがあります。これは、ハーブティーだけでなく、料理に使うのも避けた方がよいものです。以下がその一覧です。

  • アーニカ
  • イエロードッグ
  • ウィロウバーク
  • ウワウルシ
  • エフェドラ
  • エレキャンペイン
  • オレゴングレープ
  • カバ
  • キャッツクロー
  • グーグル
  • グレーターセランディン
  • コルツフット
  • ゴールデンシール
  • コンフリー
  • シャパラル
  • ジャマイマカンドッグウッド
  • スージャ
  • セントジョーズワート
  • センナ
  • タンジー
  • ティロフォラ
  • パスクフラワー
  • バーベイン
  • バーベリー
  • バレリアン
  • ビタースウィート
  • ブラダーラック
  • ブラックコホシュ
  • ブルーコホシュ
  • ブルグウィード
  • ペニーローヤル
  • ポークルート
  • ボルド
  • ヤロー
  • ワイルドレタス
  • ワームウッド

授乳中のママが口にするものは、そのまま赤ちゃんの健康に直結します。卒乳するまでは、ハーブを使う際に十分注意しましょう。

妊娠初期から中期にかけてのママは使用を避けて!

また、AMOMA ミルクアップブレンドは妊娠後期から授乳中のママは飲むことができますが、妊娠初期から中期にかけてのママが飲むことはできません。

それは、AMOMA ミルクアップブレンドに含まれているフェヌグリークに、子宮収縮作用があるからです。

AMOMA ミルクアップブレンドを販売しているAMOMAでは、公式サイトで読み物として、妊娠中に禁忌のハーブを紹介しています。ぜひアクセスして、チェックしてみましょう。

巷の口コミや評判を聞いてみよう!

AMOMA ミルクアップブレンドに限らず、AMOMAが販売しているハーブティーはすべて、日本国内のJAS有機認定を受けた提携工場でブレンド・製造されています。

そして、大量生産するのではなく、その都度必要な分だけを少量生産することで、お客さまによりフレッシュな状態で商品を届けています。

そんなAMOMA ミルクアップブレンドの巷の評判は、どんなものなのでしょうか。まず、公式サイトで紹介されている声をピックアップしてみましょう。

母乳にハーブティー?と半信半疑でしたが、レビューにひかれて試すと、本当に変化を実感して驚きました。最後まで完母で育てるために、これからも飲み続けます(20代)
もう完母を諦めようと思ったころ、友人に勧められて購入しました。飲んでしばらくすると身体がポカポカし、2~3日後に初めておっぱいが張って痛いという経験をしました(30代)

こういった効果を実感したママの声が紹介されています。

他にも、以下のような好意的な声が寄せられていました。

入院中に母乳が出ず落ち込んでいたときに、AMOMA ミルクアップブレンドのサンプルを持参していたことを思い出し試飲したところ、その日の夜に母乳が出て感激しました
産院でサンプルとしてもらったのですが、飲んだ直後から胸が張ってくるのがわかりました。これからも愛飲していきます!
AMOMA ミルクアップブレンドを飲み始めてから、娘が母乳を飲むときに、ごくごく喉をならすようになりました

一方で、使用後については以下のような感想もあります。

カレーの香りというのは口コミで見て知っていましたが、恐る恐る飲んでみたものの一口でギブアップしました
AMOMA ミルクアップブレンドを飲んで母乳の量は増えましたが、子どもに湿疹ができるようになり、日に日に増えたので使用を止めたところ、娘の肌が回復しました
飲み始めて3カ月ほど経ちますが、子どもが満足できる量までは増えません

お得に手に入れるためにはどこで買うのがいいの?

AMOMA ミルクアップブレンドは公式サイトだけでなく、楽天市場やAmazonでも購入することができます。ですが、購入する場所によって、値段が全く違います。

楽天市場で通常購入する場合は、1つ1,851円(税抜き)に送料250円がプラスされ、2,101円(税抜き)となります。また、定期購入しても、1つ1,399円(税抜き・送料無料)です。

Amazonの場合は、1つ1,851円(税抜き・送料無料)で購入できますが、定期購入の取り扱いはありません。AMOMA ミルクアップブレンドを1つだけ購入する場合は、楽天市場と変わらず、1つ1,851円(税抜き)に送料250円がプラスされた2,101円(税抜き)となります。

ですが、公式サイトで「母乳育児サポート定期便」に申し込むと、送料無料に加え、最大で200円オフになります。


▲画像をクリックするとAMOMA ミルクアップブレンド公式サイトへ飛びます▲

こうした定期購入の場合、回数に制限をかける会社も多いですが、AMOMA ミルクアップブレンドにはそれがありません。もし解約する場合でも、解約手数料はかかりません。また、定期便は最長で2カ月休むことができ、卒乳に向けて商品を乗り換えることもできます。

母乳育児サポート定期便に申し込むと、初回は半額の925円(税抜き)で購入ができ、毎月1袋が届く「1カ月定期」に申し込むと1袋あたり100円オフの1,758円(税抜き)に、3カ月に一度3袋届く「3カ月定期」に申し込むと1袋あたり200円オフの1,666円(税抜き)となります。

このほかにも、都度お届けのコースとして5袋セット8,330円(税抜き・送料無料)も用意されています。購入するなら、最安値の公式サイトがおすすめです。

母乳を出したいママはAMOMA ミルクアップブレンドを飲もう!

母乳不足に悩むママは、みなさんが考えている以上に多いものです。そして、母乳が出ないことで、自分を責めてしまうママも少なくありません。

赤ちゃんがいる生活はママが睡眠不足に陥りがちです。ストレスを溜めないようにしたり、飲ませ方を変えたりと母乳が出やすい状態をつくるために様々な工夫をする必要があります。そんなときに、手軽に飲めるAMOMA ミルクアップブレンドは、力を発揮してくれるはずです。

▲画像をクリックするとAMOMA ミルクアップブレンド公式サイトへ飛びます▲

AMOMAでは、数量限定で無料サンプルを配布することもありますので、こまめに公式サイトをチェックしてみるのもよさそうです。母乳不足に悩んでいるなら、ぜひ試してみてくださいね。

【レビュー】母乳育児専用ハーブティー AMOMAミルクアップブレンドで2週間で変化が…?

近くに住んでいる姉は2人目の赤ちゃんを出産したのですが、一人目の時よりも母乳の出が悪く、ミルクを足さなければならないと嘆いています。

そんな姉の悩みをなんとかしてあげたいと思い、口コミでとても評判が良かった母乳育児専用ハーブティー、「ミルクアップブレンド」を購入してみることにしました。

オーガニック・無農薬の天然のハーブで作られたミルクアップブレンド

注文をしてから4日後に、グリーンでハーブが描かれた白い封筒が届きました。

封筒を開けてみると、爽やかなブルーのグラデーションのミルクアップブレンドのパッケージと、パンフレットやちらし類が入っています。

可愛いピンクの縁取りがある挨拶状には、AMONAというブランドは授乳期用のハーブティー作りから始まったということが書かれていました。

ミルクアップブレンドを作っているAMONAは、妊産婦ケア専門の女性医師や本場イギリスのメディカルハーバリストの協力のもと、オーガニック・無農薬の原料をベースにした授乳期ハーブティーを製造・販売してきた信頼できるブランドなのですね。

パッケージの裏側の裏側には、フェンネルやフェヌグリーク、たんぽぽ(根)などの天然のハーブの名前が書いてあります。

化学的に合成された成分ではなく、長年人々に愛されてきた自然の恵みである、ハーブの力で母乳の量を増やすサポートをしてくれるというのは安心でいいですね。

カレーやジンジャーが混じったようなスパイシーな香りのハーブティー

ミルクアップブレンドのブルーのパッケージを開けてみると、ティーバッグがたくさん入っています。開けたとたんにカレーとジンジャーと薬草が混じったような、スパイシーな香りがしたので驚きました。

袋の中身を全部出してお皿に並べてみると、ティーバックが30袋と乾燥剤が入っています。今まで私が嗅いだことが無いスパイシーで薬草っぽいハーブの香りが広がり、これはいかにも体によさそうだと思いました。

ティーバッグが立体的な3角形なので、選りすぐられたハーブのエキスをしっかりと抽出できそうです。

母乳で赤ちゃんを育てるさまざまなメリット

カラーで見やすいパンフレットを開いてみると、母乳育児のメリットが書かれていました。出産してから10日目くらいまでの出始めの母乳は初乳と呼ばれ、免疫物質が豊富に含まれているので、赤ちゃんを病原菌やウイルスによる感染症から守ってくれるそうです。

完全母乳の場合ママは、1日に700calを消費するので体重の調整に役立ちます。また赤ちゃんがおっぱいを吸うことによって、子宮を収縮させるホルモンが分泌されるので、産後の肥立ちが良くなるという効果もあるのですね。

肌が触れ合うスキンシップは母子のつながりを深めて赤ちゃんに生きる力を与え、母乳の飲み方で赤ちゃんの体調の変化がすぐにわかるなど、母乳育児のメリットは本当にたくさんあります。

姉ができるかぎり母乳で赤ちゃんを育てたいとこだわっている気持ちが、よくわかる気がしました。

ミルクアップブレンドに配合されているオーガニックハーブの働き

ミルクアップブレンドには以下の8種類の貴重なオーガニック・無農薬栽培のハーブが配合されています。

フェンネル

老廃物の排出させてむくみを改善し、母乳の分泌を促進する効果が期待できる。

フェヌグリーク

世界中で母乳育児のサポートに用いられてきたハーブで、エジプト医学のパピルスにも出産準備に用いられた記録が残っている。

たんぽぽ(根)

血行を促進し、体の中で母乳がつくられるのをサポートする。

レモングラス

すっきりとしたシトラスの風味で、アーユルヴェーダでは昔から母乳の出をサポートするハーブとして利用されている。

ネトル

血をつくるハーブとも言われ、鉄分や葉酸・ビタミンCなどが豊富で、貧血を防ぐ働きもある。

クリーバーズ

体の巡りを良くし、母乳のつまりを解消してくれる。

レモンバーベナ

香水木とも呼ばれ、爽やかな香りでリラックス効果がある。

ジンジャー

冷えがちな体を内側から温め、巡りをよくする。

ミルクアップブレンドは、妊産婦ケア専門の女性医師と英国認定資格を持つハーブの専門家ハーバリストがブレンド開発した母乳育児専用のハーブティーだから、確かな効果が期待できるのですね。

ホットとアイスで飲んでみたミルクアップブレンド

ミルクアップブレンドのハーブティーは

  • 90度以上の熱湯を沸かす。
  • ティーポットや大きめのマグカップにティーバッグを入れ、熱湯を200~500mlそそぐ。
  • 数分間置いてから飲む。

という手順で作ることができるので、簡単に飲むことができます。

カップにミルクアップブレンドのティーバッグを入れ、熱湯をそそいで5分間置いてから飲んでみました。

漢方薬のような香りがしカレーの風味も感じる独特の味ですが、飲めないほど癖があるわけではありません。

カップいっぱいのミルクアップブレンドを飲んだ後は体が芯から温まってポカポカしてきたので、冷え性で巡りが悪くなりがちな私にもうれしいハーブティーだと思いました。

アイスティーにしてもスパイシーな香りはしますがすっきりして飲みやすく、暑い夏場にぴったりの飲み物になりました。

レモンとクリーム、はちみつで好みの味に

ミルクアップブレンドはそのままでも飲むことができますが、レモンやクリーム、はちみつを加えると、一層飲みやすくなります。

レモンを加えると爽やかな味わいに、クリームを加えるとマイルドになるのですが、私が気に入ったのははちみつを小さじ1杯加えて飲む飲み方です。

ハーブティーがあまり得意でない私でもミルクアップブレンドは飲むことができますが、はちみつを入れるとほのかな甘みが加わってとても飲みやすくなるのです。

赤ちゃんに直接はちみつをあげるのはボツリヌス菌の影響が心配なので避けなければならないのですが、授乳中のママがはちみつを摂っても、赤ちゃんに影響が出ることは無いそうです。

はちみつには疲労回復効果や殺菌効果があるので、授乳中のママの体にも良い食べ物なんですよね。

ミルクアップブレンドを毎日飲むようになった姉

子供たちと一緒に実家に帰ってきた姉にミルクアップブレンドをプレゼントすると、目を輝かせて興味を持ち毎日飲んでみるといってくれました。

姉もはじめのうちは独特の香りと味が少し苦手だったそうですが、ミルクとはちみつを入れるとすんなりと飲めるようになったそうです。

姉は朝と夕方にミルクアップブレンドを飲むようになって2週間経ったころから胸の張りが良くなり、以前ほどミルクを足さなくて済むようになってきたといって喜んでいました。

定期お届け便でまとめ買いしお得に購入

ミルクアップブレンドは1パック30袋入りが1851円ですが、定期お届け便に申し込むと、初回が半額の925円で送料も無料になるので大変お得です。

2回目以降も1袋1758円で自宅まで届けてもらえるので、便利で助かりますよね。3袋から申し込める3か月に1度の定期便なら、20%オフの1袋1666円になるのでまとめ買いもおすすめです。

▲画像をクリックするとAMOMA ミルクアップブレンド公式サイトへ飛びます▲

姉も定期便を利用するようになり、2袋で1リットル分のミルクアップブレンドを作っておいて、クリームとはちみつを入れて毎日飲んでいるそうです。おかげで母乳の出がずいぶん良くなってきたそうなので、本当によかったと思っています。

  関連記事

エンジェルリリアンプラスがあれば産後も心配事なし!?育毛剤ランキングで人気の通販商品!その効果や口コミは?

>>ニ人目を出産したママの抜け毛の悩みの味方!エンジェルリリアンプラス 上の子の …

子ども用マフラーってこんなにおしゃれ?おすすめ10選を紹介!!

焼き芋・ほかほか肉まんがおいしい季節になりました。それとともに警戒しなくてはいけ …

【保存版】妊娠・出産・授乳で黒ずんでしまった乳首をピンクにすることはできる?原因と対処法を教えて!

赤ちゃんを授かったときのママの喜びは、人生の中でも最大級のものでしょう。ですが妊 …

親戚や知人の子どもが保育園や幼稚園に入園!何をプレゼントする?入園祝いのマナーとは?

だんだんと春が近づいてくると、親戚や友人、知人などのお子さんが幼稚園や保育園に入 …

乳児湿疹が出始める生後1ヵ月の赤ちゃんのスキンケア方法を教えて!

赤ちゃんも生後1ヵ月を過ぎると、皮脂の分泌が活発になります。乳児の肌はそもそも大 …

小学生の子どもがきっと喜ぶ!ハッピーになれるクリスマスプレゼント10選!

クリスマスは子どもたちにとって、楽しみなイベントの1つです。当日はみんなでケーキ …

入園式や卒園式に着ていくスーツにひとつ華を添えたい!マナーを守ってコサージュを選ぶ時のコツは?

子どもの晴れの日、一緒に式典に出席するママたちも、スーツを着てコサージュをつけて …

ミトコプラスは妊活夫婦におすすめ!ミトコンドリアサプリの効果とは?

>>ミトコプラスで妊娠しやすい身体を作る! 内閣府が発表した平成28年版少子化社 …

kodakaraの葉酸に危険性は?口コミで高評価な妊活サプリ、その成分と効果の秘密に迫る

>>妊活に必要な栄養素がたっぷり配合されたkodakaraで妊娠しやすい体に 赤 …

卵酢は不妊対策になるって本当?その作り方と気になる効果について

>>「烏骨鶏の卵酢」で赤ちゃんが授かりやすい身体に整えていこう! 晩婚化が進み、 …