ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

ランドセルの人気色ランキングが知りたい!色でいじめが起きる!? 大人の好みで選ぶと危険?

   

ランドセルを購入するためにお店に行くと、自分たちの子ども時代には考えられなかった、カラーバリエーションに驚くママやパパも多いことでしょう。

まして、おじいちゃんやおばあちゃんが入学祝にランドセルの購入を申し出てくれた場合、お子さんの好みと合わずに調整が大変という話もよく見聞きします。

さらに、6年間使うことを考えると、高学年になっても持ち続けられるのか、奇抜な色のランドセルにしたことでいじめられないかなど、いろいろと心配になるかもしれません。

そこで今回は、ランドセルの色のトレンドや男女の違い、保護者や祖父母とお子さんの好みが違う場合の対処法などについて、お話しします。

最近の人気色は?デザインのトレンドを知りたい!

ランドセルのカラーバリエーションは、年々増え続けているといっても過言ではありません。そして、年によって色やデザインのトレンドも変わります。

そこで、フィットちゃんランドセル公式サイトの「ランドセル人気カラーランキング」に基づき、2017年の男女別の結果をふり返りながら、2018年のトレンドを予測してみます。ぜひ、参考にしてみてください。

女の子は好みが多様に

フィットちゃんランドセルでは、2017年3月に、小学生の子どもをもつ保護者900名を対象にアンケートを行いました。低学年(小学1~2年生)と中学年(小学3~4年生)、高学年(5~6年生)に分けて、色の人気ランキングを公開しています。

 
高学年の人気カラーの1位は「赤系」で37%を占めています。2位は「ピンク系」、3位は「水色系」、4位は「茶色系」、5位は「パープル系」となっています。

高学年は、赤系やピンク系といった女の子らしい色が全体の70%を占めていました。

中学年を見てみると、赤系やピンク系を選ぶお子さんが減り、シックな茶色系の人気が上がっていることがわかります。

それが低学年になると、1~3位までのパーセンテージにそれほど差がなくなり、人気カラーが分散する傾向にあるようです。

祖父母の世代には、定番の赤系のランドセルの人気が高いです。赤系やピンク系、パープル系、水色系のランドセルは、その色のイメージに合わせて、プリンセス系のデザインのものが多いです。お花をモチーフにしたものなども、根強い人気です。

年々シェアを伸ばしている茶色系は、大人っぽい色に合わせて、デザインもシンプルになる傾向があります。

とはいえ、パイピングやステッチに別なカラーを入れるなど、シックすぎないように工夫を凝らしています。

フィットちゃんランドセルでは、2018年の人気カラーは「赤系」と「茶色系」と予測しています。

男の子は定番の黒系が人気!

では、男の子の人気カラーがどうなっているのか、女の子と同じフィットちゃんランドセル公式サイトのランキングから読み解いてみましょう。

 
高学年の人気カラーの1位は「黒系」で65%を占めています。2位は「青系」で、3位は「茶色系」、4位は「グリーン系」となっています。

中学年の1位も「黒系」で65%、2位が「青系」と、「茶系」と「グリーン系」以外の色を選ぶ家庭が増えています。

低学年も「黒系」が1位で、割合が73%にアップしています。一方で「青系」「茶色系」「グリーン系」が占める割合が下がりました。

男の子のランドセルは、どの年齢であっても、定番の黒系が圧倒的な人気を誇っています。これは、知的で大人っぽく、飽きがこない黒系は、保護者や祖父母の世代にも好評だからでしょう。

ただ、黒系のランドセルであってもすべてが単色ではなく、ステッチや背あての部分にほかの色が使われている、遊び心のあるデザインが人気のようです。

フィットちゃんランドセルの2017年の傾向としては、黒地にブルーのアクセントが印象的な「クロ×ブルー コンビカラー」を選ぶ家庭が多かったそうです。

また、ほかの子どもとは違うランドセルにしたいと思う家庭では、「ブルー・マリン系」を選ぶ傾向がありました。

さらに2017年のおトレンドは、「メタリックカラー」でした。そのため、「メタルブラック」や「メタリックグレー」など、近づくと光沢を感じるタイプの人気も高かったようです。

フィットちゃんランドセルは、2018年の人気カラーも「黒系」と予測しています。中でも、黒地にポイントカラーが使われているタイプが、ますます人気を博すでしょう。

ランドセルの色を理由にいじめられる?

ランドセルのカラーバリエーションが豊富になると、お子さんは自分の好きな色のものを欲しがることでしょう。

そこで奇抜な色を選んだ場合、小学校でいじめられるのでは?と、ママやパパが不安に思うのは不思議なことではありません。

女の子の場合は?

女の子は人気カラーの割合も差が少なくなっているように、ランドセルの色が分散する傾向が強まっています。そのため、ランドセルの色が原因でいじめに発展するケースは少ないと考えてよいでしょう。

かえって、ほかの子どもとは違う色のランドセルを持つことで、「カッコイイ」と評価されることもあるようです。

男の子の場合は?

男の子は定番の黒系などシックな色合いのランドセルを選ぶ家庭が多いですが、ステッチや背あてにお子さんの好きな色が使われているものがあるはずです。

ランドセルは小学校に入学する前に購入しますが、成長しても使い続けられる色かどうかを冷静に見極めるのがポイントです。パステルカラーのランドセルは可愛いですが、使い続けるうちに汚れがつきやすいというデメリットがあります。

また、高学年になって子どもっぽい色を敬遠するケースも少なくありません。その点も踏まえて、お子さんの意見を尊重しつつ、色やデザインの提案をしてあげましょう。

自分のランドセルに自信を持ってもらおう!

ランドセルのカラーバリエーションが豊富になり、一つの教室の中でもさまざまな色が見られるようになりました。

そのため、ランドセルの色が個性的なことでいじめられることは少なくなっていますが、からかわれて傷つくケースがなくなったわけではありません。

友だちに自分のランドセルを「変な色」「普通じゃない」といわれた結果、繊細な子は持ちたがらなくなることもあります。

ですが、ランドセルを選ぶ時には、お子さんとママやパパが相談して、色やデザインも見比べたうえで購入しているはずです。

お子さんがランドセルの色をからかわれて傷ついた時は、「オシャレで大人っぽくてステキだよ」「デザインも凝っていて、よく似合うよ」など、とにかく褒めてあげましょう。

そのうちに、自分のランドセルように自信が持てるようになったり、友だちと仲良くなることで言い返せるようになると気にならなくなるものです。

ママやパパまで、お子さんの言うことを真に受けて、動揺しないように意識してくださいね。

6年間愛着を保てるデザインを選ぶには?

ランドセルを選ぶ時には、お子さんは幼稚園や保育園に通っています。そのため、自分の好きな色やたくさん飾りがついたものを、好む傾向があるようです。

ですが、幼児が選ぶ色やデザインを、高学年になっても好むとは言い切れません。6年間使うことを考えると、いまのお子さんの意見を反映しつつ、年齢が高くなっても使い続けられる色やデザインのランドセルを選ぶようにしましょう。

もし、お子さんの好きな色が明確で、定番の赤系や黒系を好まない時には、生地全面ではなく、ステッチや背あてに差し色として使われているランドセルを提案してあげましょう。

ランドセルに花や飾りなどのモチーフがふんだんに使われているものもありますが、年齢が高くなると子どもっぽく感じることが予想されます。

デザインはシンプルなものをさりげなく勧め、キーホルダーなどで対応するなどのアイデアを話してあげましょう。

また、自分が着ることの多い洋服の色とランドセルがあっているかどうかも、重要になります。

ランドセル商戦は、入学する前の年の夏から秋にかけて盛んになるので、店頭やメーカーのショールーム、展示会に、普段着のお子さんと一緒に足を運び、実勢に背負わせて判断することをおすすめします。

お子さんが納得したランドセルであれば、使い続けるうちに愛着がわいてくるはずです。

大人の好みを押し付けてはダメ!

ランドセルの価格は、素材やメーカーによってさまざまです。最も売れているのが30,000~39,999円という価格帯で、決して安いとはいえません。

そのため、長く使ってもらいたいという思いから、お子さんの意見をママやパパが無視して、自分の好みを押し付けるケースもあるようです。

ですが、実際にランドセルを毎日使うのは、お子さんです。自分の好みではないランドセルだと、大切に使い続けようという気持ちを持ちにくくなってしまいます。

また、男の子が赤系、女の子が黒系のランドセルを欲しがるケースもあります。その際に、性別の定番カラーを押し付けるのも、後々わだかまりを残す可能性があります。

花やハート、キャラクターなどがモチーフになったランドセルもありますが、お子さんと保護者だけでなく、ママやパパとの間でも、好みが分かれるのは珍しくありません。

シンプルな色やデザインのランドセルに、お子さんの好きな差し色が入っているものを提案するなど、お互いが折り合えるポイントを探し、お子さん自身が愛着を持てるものを購入しましょう。

おじいちゃん・おばあちゃんが買ってあげるときは

小学校に入学する孫のために、ランドセルを買ってあげたいと思う祖父母もいることでしょう。

ですが、祖父母の世代では「女の子なら赤、男の子なら黒」という定番カラーのイメージが強かったり、少しでも良いものを贈りたいと考え、人工皮革ではなく本革のランドセルを購入しようとするケースも少なくないようです。

その気持ちはありがたいですが、それをお子さん自身が喜ぶかというと、一概にそうとはいえません。

ランドセルは毎日使うものなので、色やデザイン、重さ、機能など、お子さんの意見を聞くことも重要です。また、入学する小学校によって、ランドセルの色やデザインの傾向が異なることもあります。

学校から配られるプリント類を入れるクリアファイルが曲がらずに入れられる、ポケットが開きやすいなど、お子さんの使い勝手も大事になります。

ママやパパが使っていた時代のランドセルと、我が子が使うものでは、素材や見た目に対する価値観が大きく変わっています。また、お子さんの身体の大きさや、通学時間も考慮して、ランドセルを選ぶ必要があります。

そこで、祖父母がランドセルを購入してくれる場合は、事前にお子さんの好みの色やデザインを知ってもらうため、一緒に店頭で品定めをしましょう。

本人も交えて、相談しながらランドセルを選ぶ際に、いまのトレンドなどを伝えると、祖父母も納得しやすいはずです。

また、祖父母が遠方の場合はカタログなどで確認してから、商品を選ぶようにお願いするといいでしょう。

その際、ランドセルを指定するのではなく、お子さんがこういう色やデザイン、機能がほしいと言っていると伝え、それを踏まえて祖父母が選べる余地を残すように配慮してあげましょう。

子どもが納得できるランドセル選びを!

ランドセルの購入は、本人にとって、一生に一度きりのことです。何より、やがて始まる小学校生活への期待をふくらませるものでもあります。

近年は、素材やカラーバリエーション、デザイン、機能が豊富で、お子さん自身のこだわりも強くなる年頃です。そのため、ママやパパ、祖父母の好みを押し付けても、お子さん自身が喜んでくれるとは限りません。

また、色やデザインだけでなく、使い心地も大切なので、お子さんに実際に背負わせて、フィット感などもチェックしてみましょう。

6年間、愛着を持ってランドセルを使い続けるためには、お子さんの希望がきちんと反映されていることが大切です。

お子さんの意見を確かめながら、使い続けたいと思えるランドセルを選んであげましょう。

  関連記事

赤ちゃんのミルク作りに最適なウォーターサーバーを厳選してピックアップ!

妊娠中や授乳中はママの口にしたものが赤ちゃんに運ばれるということもあり、食べ物や …

ベビーカー派は皆持ってる!必見ブランケットクリップ5選

出典:item.rakuten.co.jp 待望の赤ちゃんとのお出かけはいつだっ …

濃縮牡蠣エキス 海乳EXは妊活にいいサプリだと口コミで評判!女性も摂取できる!?成分や飲み方は?

>>瀬戸内海産のスーパーサプリ!濃縮牡蠣エキス 海乳EX 不妊原因の半分が男性に …

赤ちゃんをお風呂に入れる時にあると便利!お風呂グッズを活用して安全にお風呂に入れよう!

赤ちゃんをお風呂に入れる際にあると便なグッズをご紹介 赤ちゃんをお風呂に入れる際 …

妊娠中や授乳中に増えたシミ!アスタリフトホワイトの美白トライアルキットで改善されるの?

>>アスタリフトホワイトの美白トライアルキットでシミを予防・改善! 妊娠中や出産 …

【保存版】妊娠・出産・授乳で黒ずんでしまった乳首をピンクにすることはできる?原因と対処法を教えて!

赤ちゃんを授かったときのママの喜びは、人生の中でも最大級のものでしょう。ですが妊 …

ホワイトラグジュアリーはバストやシミの美白に効果なし?使い方や口コミを紹介!楽天よりもお得な購入方法とは?

>>ホワイトラグジュアリーで気になる黒ずんだ乳首を美白に 妊娠週数が進むにつれて …

アサイー&ノニは楽天より公式通販がお得!PMSに効果ありとの口コミが!?副作用に気をつけて

>>アサイーとノニのWの効果で辛いPMSの症状を改善してくれるアサイー&ノニ ひ …

なぜ妊娠中にシミ・ソバカスが増えるの?原因と対処法、おすすめのケア用品をご紹介します!

妊娠中にシミが増えるメカニズム、ママができる対策について 妊娠中は様々なマイナー …

アスミールは何歳から効果があるの?楽天や口コミで人気の子ども用栄養ドリンクの成分とは

>>成長期や偏食のお子様向け!栄養チャージドリンク「アスミール」 みなさんは、「 …