ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

最近見かける「ISOFIX対応チャイルドシート」ってどんなもの? 自分の車でも使える?オススメは?

   

6歳未満の乳幼児を自家用車に乗せる際には、チャイルドシートの装着が義務付けられています。

新生児を迎えるにあたり、初めてチャイルドシート売り場に足を踏み入れるママとパパは、その種類の豊富さに驚くかもしれませんね。

事前にチャイルドシートについてリサーチをする過程で、「ISOFIX対応」という言葉を見聞きすることがあるでしょう。近年のチャイルドシートは、ISOFIX対応とシートベルトタイプに大別されているからです。

そこで今回は、ISOFIX対応のチャイルドシートとはどんなものか、そのメリットとデメリットについてお話しします。

さらに、ISOFIX対応のチャイルドシート10選も紹介しますので、購入の際に参考にしてくださいね。

ISOFIXって何? どの車にも取り付けられるの?

ISOFIXとは、自動車のシートに直接取り付けることができる、チャイルドシートの新たな規格のことを言います。

それまでは、チャイルドシートを自動車の座席シートにシートベルトで固定していました。ISOFIX対応の場合は、座席シートとチャイルドシートを専用の金具で固定するタイプなのです。

実は2012年7月以降に発売された自動車には、ISO(国際標準化機構)が規格を統一したチャイルドシートの固定装置の大きさに対応する、ISOFIXの取り付けが義務付けられています。

そのため、2012年7月以降に発売された全車種が、ISOFIXに対応しています。さらにチャイルドシートのメーカーでは、自社サイトで対応機種や取扱説明書を公開しています。

主要チャイルドシート
メーカー
公式サイト
リーマン https://www.leaman.co.jp/lineup/model.php
マキシコシ http://www.maxicosi.jp/support/compatibility/
コンビ http://www.combi.co.jp/shop/childseat/seat_search.php
アップリカ https://www.aprica.jp/products/childseat/attach/
日本育児 http://www.nihonikuji.co.jp/fit.html
エールベベ http://db.carmate.co.jp/matching/output/index.php

購入するメーカーが決まっているなら、各サイトで自分の所有する自動車が対応しているかどうか、念のため確認しておくことをおすすめします。

買う前に知っておきたい! ISOFIXのメリットとデメリット

2012年7月以降に発売された全車種にISOFIXが標準装備された背景には、シートベルト固定型のチャイルドシートの取り付け方に問題があり、事故が起こった時に乳幼児がダメージを受けるケースが少なくなかったことがあげられます。

とはいえ、ISOFIXタイプのチャイルドシートにも、メリットだけでなく、デメリットもあります。

それぞれを具体的に紹介しておきましょう。

メリット

ISOFIX対応型チャイルドシート最大のメリットは、誰でもミスなく、簡単に取り付けができることです。車両シートにある金具に、チャイルドシートのコネクタをワンタッチで接続できます。

ISOFIX対応のチャイルドシートは取付完了後に差込口の色が変わるようにつくられているので、視覚的に安全確認できます。

さらに、サポートレッグの長さが調節できるので、車両の床とチャイルドシートを固定できます。左右の動きを軽減できるので、より安定感がアップします。

デメリット

ISOFIX型チャイルドシートのデメリットとしては、2012年7月までに発売された車種の中だと、ほとんどが非対応になっているという点があげられます。

また、価格もシートベルト固定式のチャイルドシートと比べると、高価な点は否めません。

万が一、事故が起こった場合、その価格に比例してお子さんの安全を守れるのかというと、一概にそうとは言えない点もデメリットと言えそうです。

ISOFIX対応チャイルドシートのオススメ10選

自家用車がISOFIXに対応していて、パパとママ、あるいはおじいちゃん・おばあちゃんの車にチャイルドシートなどに乗せ換える機会が多い家庭には、おすすめのチャイルドシートです。

そこで、ISOFIX対応型チャイルドシートの中でも、おすすめの10商品について、説明します。

1. クルムーヴ スマート ISOFIX(コンビ)

出典:Amazon

 
回転式で軽量コンパクトなので、ワンボックスからミニバン、セダン、コンパクトカー、軽自動車など、さまざまな車種で利用できます。

リクライニングも360°ターンも指1本で操作でき、前向きでも後ろ向きでも3段階のリクライニングが可能です。

赤ちゃんを衝撃から守るコンビ独自の「エッグショック®」が搭載されているのはもちろん、「すっぽりサンシェード」があるので日差しや紫外線から全身を守ってくれます。0~4歳ころまで対応します。

2. クルットNT2プレミアム(エールベベ)

出典:Amazon

 
ロックを解除するだけで、赤ちゃんを抱っこしたママでも、シートの向きをスムーズにターンできます。

赤ちゃんの足元までしっかり覆ってくれる「すやすやサンシェード」が付いており、紫外線や日差しからもしっかりガード。本体カバーはウォッシャブルタイプなので、いつでも洗濯可能です。

普段はやわらかなクッションなのに、万が一の時はヘルメットと同様の素材が頭部への衝撃を軽減する「サイドサポート」を取り入れており、安全と快適を両立しています。

3. 04-i fix(タカタ)

出典:Amazon

 
グッドデザイン賞やペアレンティングアワードを受賞した実績のある、信頼性の高い一品です。シートとベースが分解できるセパレート設計となっているので、シートの向きの切り替えも取り付けも簡単にできます。

ロック部分にはすべてカラーインジケーターが付いているので、確実に取りつけたかどうか一目でチェックできます。メインとインナーのシートには、通気性と耐圧分散に優れたクッションをダブル使用し、赤ちゃんの快適性を向上させています。

4. G-FIX(グレコ)

出典:楽天市場

 
G-FIX(グレコ)はISOFIX対応型のチャイルドシートですが、ISOFIX非対応車にも取り付けることができます(車種によって取り付けられないものもあります)。家族の自家用車間で付け替える際やレンタカーに使用したい場合も、従来のシートベルト方式で装着できるのは魅力です。

座らせていた赤ちゃんが眠ってしまっても、ワンタッチでリクライニング可能。2013年のチャイルドアセスメントで、「前向き」「後ろ向き」ともに優という最高評価を受けているので、新生児から4歳ころまで安心して、長く使用できます。

5. タカタ312アイフィクスジュニア(タカタ)

出典:Amazon

 
3~12歳を対象とした、ISOFIX対応型ジュニアシートです。「フレキシブルサイズ調整機能」により、背もたれの高さと幅、ショルダーベルトガイドが同時に調節できます。

また、「スケールウィンドウ」が付いており、お子さんの目安の身長が表示されます。シートベルトは身長100~150cmの間を、5cm刻みで11段階にしてあるので、常に正しい位置で着用できるのも安心です。さらに使っていない時は、ワンタッチで折りたたんで収納することができます。

6. 360ターンS2(エールベベ)

出典:Amazon

 
片手でシートを360°回転でき、取り付けも簡単な乳児幼児対応タイプです。ワンタッチハーネス調節機能があり、安全性にもこだわっています。

赤ちゃんの頭は「ゆったりシート」で大きめにカバーし、首が座らない新生児は「ネックサポート」で守る、「ベビーキャッチ」ではすべての乳幼児の身体をしっかり支えるなど、多彩なガード機能を装備しています。

本体カバーはウォッシャブルタイプなので、清潔さをキープできるのもうれしいポイントです。

7. フラディア(アップリカ)

出典:Amazon

 
新生児期はベッド型、月齢が小さいうちは後ろ向きのイス型、大きくなったら前向きのイス型と、成長に応じて使い方を変更できます。

360°回転しますが、赤ちゃんが眠っている時にはあえて回転させず、乗せ降ろしをすることも可能です。コンパクト設計なので、軽自動車に搭載しても狭いと感じることはありません

頭のクッションの大きさが従来の2倍あるので、万が一事故にあった時でも、赤ちゃんの首と頭をしっかり支えてくれます。柔らかいマシュマロクッションが、乗り心地も快適にしてくれます。

8. アーク360°(ジョイー)

出典:楽天市場

 
ワンタッチでシートを回転できるのはもちろん、6段階用意されているヘッドレストと肩ベルトの高さも、赤ちゃんの成長に合わせて簡単に調節できます。

本体にはメッシュシートを使用し、側面と背面の内部にエアーホール(通気孔)を設けることで風の流れを生み出し、赤ちゃんが快適に過ごせるように配慮しています。

また、前向き・後ろ向きのどちらでもリクライニング可能なので、赤ちゃんが眠った時にイスからベッドに移行するのも簡単です。

9. チャイルドガード1.0(タカタ)

出典:Amazon

 
タカタの回転型ISOFIXチャイルドシートの次世代モデルです。シートクッションに、エアバックでも採用されているウレタンを使用することで、通常は快適な座り心地を、衝突時にはPAD内の空気を逃がすことで効果的に衝撃を吸収し、赤ちゃんをしっかりガードします。

また、重心が低くなるように設計しているので、遠心力や衝撃の影響を受けず、走行中もチャイルドシートがしっかり安定します。

大型のUVサンシェードは、シート側面に合うようにカーブさせているので、サイドガラスからの紫外線や日差しもシャットアウトします。

10. iA 01(リーマン)

出典:楽天市場

 
側面衝突から赤ちゃんの頭を守るため、ヘッド部分に硬さの異なる3層の素材を使い、衝撃を和らげます。

ヘッドパッドと肩ベルトは10段階で調節可能で、首が座っていない新生児でもやわらかいクッションが頭全体を包み込み、やさしく隙間なく支えてくれるので安心です。

暑がりの赤ちゃんに配慮して118もの通気穴をあけているほか、3Dメッシュ素材をインナーパッドセンター部とシートカバー内部に採用しています。

シートとベースが分離式になっているので、車から車への乗せ換えも簡単にできます。

取り付けの簡単さが最大の魅力! ISOFIXで快適にお出かけしよう

ISOFIX型チャイルドシート最大の魅力は、誰でも簡単に、確実に取り付けができることです。また、2012年7月以降に発売された車種であれば、車から車へ乗り換えて利用する際にも不便はありません。

取付後も、シートベルト固定型ほどグラグラすることがなく、安定感があるのもうれしい限りです。

とはいえ、価格は高めに設定されていますし、どのメーカーの使い心地が最適なのかは、家庭によって判断が異なります。もし、使用感を確かめたうえで購入を検討したいと考えているなら、一度レンタルしてみるのも一つの方法です。

最初から購入する場合も、実際に店頭に出向き、さまざまなメーカーの重量やシートの素材感などを確かめたうえで、商品を選ぶとよいでしょう。

インターネットのランキングサイトや受賞歴をリサーチしてみるのも、参考になるはずです。

可愛い我が子のために、安全で機能性の高いISOFIX型チャイルドシートを見つけてあげてくださいね。

  関連記事

ランドセルの人気色ランキングが知りたい!色でいじめが起きる!? 大人の好みで選ぶと危険?

ランドセルを購入するためにお店に行くと、自分たちの子ども時代には考えられなかった …

雪国だけじゃない!初めての冬・アクティブな冬はベビースノーブーツで決まり!

雪遊びが大好きな子どもたちは、寒さも忘れて雪合戦や雪だるま作りに夢中になるもの。 …

母乳の出をよくしたいママにおすすめの飲み物・サプリ8選

出産後の女性は母乳が出て当たり前といった認識が世間には広がっていますが、母乳の出 …

薬用イビサクリームに美白効果はあるの?効かないの?口コミからも徹底検証!乳首の黒ずみで悩む人はぜひ読んで

>>薬用イビサクリームで気になる部分を集中ケア 妊娠すると乳首や乳輪、わきの下、 …

食事管理が大切な妊婦さんだからこそおすすめ!食事宅配サービスの魅力

妊娠をきっかけに、食生活を見直すママはとても多いです。自分が食べたものによって、 …

漢方生薬研究所 ムーンラックはPMSに効果ありと口コミで話題のサプリ!生理痛がつらい人必見!

>>ムーンラックでPMSの辛い症状から開放されよう 初潮を迎えてから閉経するまで …

赤ちゃんの虫よけ対策におすすめ!ベビー用蚊帳の選び方とは?

赤ちゃんは大人と比べると体温が高く、汗をかきやすいので、どうしても虫に刺されやす …

kodakaraの葉酸に危険性は?口コミで高評価な妊活サプリ、その成分と効果の秘密に迫る

>>妊活に必要な栄養素がたっぷり配合されたkodakaraで妊娠しやすい体に 赤 …

プレミンママ&プレミンパパの口コミ・評判を自分で買ってみて試してみた!!

>>夫婦で妊活するならゲンナイ製薬のプレミン 晩婚化が進み、初産年齢が30歳を超 …

ママ&キッズ ビーアップホワイトはホントに口コミ通りの効果なの?産後のバストの黒ずみを改善できると評判の美容液を探る

出典:楽天 >>ママ&キッズ ビーアップホワイトで産後のバストの悩みを解消しよう …