ハグー!

ママと赤ちゃんのための大切な1シーン

AMOMA ミルクスルーブレンドで「つまり」を改善! 授乳トラブルに効くハーブティー

   

>>ミルクスルーブレンドで乳腺炎対策!

赤ちゃんのことを考えると、できるだけ母乳で育てたいと思うママは多いはずです。ですが、さまざまな理由で母乳がつまったり、乳腺炎をくり返すなど、トラブルが続いて困っているひともいることでしょう。

母乳トラブルの原因がママの体質によるものの場合、マッサージなどのセルフケアだけで改善するのが難しいケースもあります。

そんな母乳のつまりに悩んでいるママにおすすめしたいのが、ハーブティーの「AMOMA ミルクスルーブレンド」です。

今回は、AMOMA ミルクスルーブレンドとはどんな商品なのか、何に悩むママに試してほしいのか、内容成分と効果などについて、お話しします。

母乳がつまる原因やそれを改善するために有効な飲み方なども紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

母乳の流れをサポートする「AMOMA ミルクスルーブレンド」

AMOMA ミルクスルーブレンドは、イギリスのハーバーリストと日本の授乳ケアの専門家が共同開発したハーブティーです。その目的も、母乳のつまりの改善に特化されています。

産婦人科の病院でサンプルとして配布されることがあるほど、商品に定評があるようです。実際に、飲み続けることで母乳がつまった際のチクチクした痛みを和らげ、おっぱいが出やすくなるようにサポートしてくれると実感するママが多くいます。

そのため、「赤ちゃんが欲しい」や「初めてのたまごクラブ」「Premo」「CHANTO」といった、さまざまなメディアでも取り上げられています。

なぜ人気が高いの?

AMOMA ミルクスルーブレンドの人気が高いのは、母乳をサラサラにしてくれる6種類のオーガニックハーブがブレンドされているためです。しかも、使われているオーガニックハーブはすべて有機栽培認証を取得したものだけです。

日本産のハーブは「有機JAS」を、イギリス産のものは世界的にも信頼されている「SOILASSOCIATION」の基準を満たしています。

さらにAMOMA ミルクスルーブレンドは、すべて日本国内のJAS有機認定を受けた工場でブレンドしたうえで、商品として出荷しています。その製造にあたっても、よりフレッシュな状態でママに飲んでもらえるよう、必要な分だけを少しずつ生産しているのが魅力です。

そしてAMOMA ミルクスルーブレンドでは、初回申込者に限り、助産師監修の「母乳育児読本」をプレゼントしています。赤ちゃんを連れて、母乳外来に通うのが負担になっているママにとって、このプレゼントは強い味方になってくれることでしょう。

販売はネットのみ! 気になる価格と送料は?

まず、AMOMA ミルクスルーブレンドは薬局やドラッグストアで購入することはできません。基本的には、AMOMAの公式サイトか楽天市場、Amazonで申し込みをすることになります。

AMOMA ミルクスルーブレンド1箱の定価は、1,851円(税抜き)です。AMOMAの公式サイトと楽天市場で申し込んだ場合は、そこに送料が250円プラスされます。それがAmazonでは、2,000円(税込み・送料無料)です。

公式サイトの定期購入でもっとお得に!

そして、AMOMAの公式サイトと楽天市場に限り、定期購入も受け付けています。

AMOMAの公式サイトでは、毎月1袋から届けてくれる「1ヶ月定期」と、3カ月に一度3袋以上を配送してくれる「3ヶ月定期」が用意されており、こちらの方がお得に続けることができます。

1ヶ月定期の1袋あたりの料金は100円オフで1,758円(税抜き・送料無料)、3ヶ月定期の場合は1袋あたり200円オフの1,666円(税抜き・送料無料)です。

▲画像をクリックするとAMOMAミルクスルーブレンドの公式サイトへ飛びます▲

ルールや縛りは無し! だから気軽に始められる

数量は電話やメールで簡単に変更できますし、何回以上継続しなければならないというルールもありません。AMOMAの商品であれば、途中で変えることも可能です。

定期購入以外にも、お得な5袋セット8,330円(税別・送料無料)が用意されています。

楽天市場でも同じ条件と価格で定期購入やセット販売を行っているので、自分にとってメリットが大きい購入先を選ぶとよいでしょう。

ただし、AMOMAの公式サイトで定期便を始めて購入するひとに限り、初回限定の300円オフクーポンが用意されています。上手に活用してください。

どうして飲むだけで「つまり」に効くの?

AMOMA ミルクスルーブレンドには、母乳育児をサポートしてくれる、6種類のオーガニックハーブが配合されています。

クリーバーズ リンパを浄化し、体内の流れを促す。炎症緩和や消炎効果も併せ持つ。
レッドクローバー イソフラボンが豊富でホルモンバランスを調整し、女性特有の不調を緩和する。血行促進やむくみ解消の効果もある。
マリーゴールド 血流を促進させ、身体に蓄積した老廃物を排出してくれる。解熱や発汗の効果、ホルモン様作用もある。
エキナセア 免疫力を高め、抗ウイルス・抗感染作用がある。体内の不要物の排出にも役立つ。
レモンバーベナ レモンの香りに鎮静効果があり、イライラやうつ、不眠症を和らげるのにもよい。胃腸の調子を整えてくれるほか、消化も促進。
スペアミント 殺菌と消化促進、リフレッシュの効果がある。すっきりとした香りが、清涼感をもたらす。

こうした6つのハーブの相乗効果で、体内の循環をサポートし、母乳をつまりにくくするのです。

母乳がつまる理由

そもそもなぜ母乳がつまってしまうことがあるのでしょうか?AMOMAの公式サイトでは、よみものを用意しており、その中に「助産師に聞く!乳腺炎・しこりの原因とは?」という記事があります。

その記事によると、乳腺炎や母乳のつまりは、ママの体質や授乳姿勢と関係しているといいます。考えられる理由は以下の通りです。

  • もともとママの乳腺が細いことで、母乳の流れが悪くつまりやすくなる
  • ママの血液中の中性脂肪が高い
  • ストレスが溜まっている
  • 神経質である
  • 身体が弱く体調を崩しやすい
  • 同じ方向でばかり授乳している
  • 高プロラクチン血症である

食生活が原因なのでは?という考え方もありますが、ベジタリアンのママの中にも乳腺炎を発症するひとはいるので、無理に食事制限をしても、母乳のつまりがなくなるとは言いきれないようです。

乳腺炎の時に飲むのもOK?

では、AMOMA ミルクスルーブレンドは乳腺炎になってから飲んでも効果はあるのでしょうか。

乳腺炎になった後も飲み続けること自体に問題はありませんが、治療効果は立証されていません。そのため、母乳がつまる前にAMOMA ミルクスルーブレンドを飲むことで、予防に役立てるのがポイントです。

そして実は、AMOMA ミルクスルーブレンドは母乳のつまりだけでなく、母乳の出が良すぎる「たまり乳」のひとにも良いとされています。たまり乳のママは、どうしても母乳過多によって乳管がつまりやすくなるからです。

目安は1日3杯! 効果的な飲み方やタイミングについて

AMOMA ミルクスルーブレンドは、1日3杯が適量とされています。毎食後に飲むのも良いですし、昼ごはんとおやつ、夜ごはんの後に飲むというママもいます。

甘いものや油っぽいものを食べた後に、AMOMA ミルクスルーブレンドを多めに飲んでおくと、体内に余計なものが蓄積されにくくなるので、実践してみてください。

また、AMOMA ミルクスルーブレンドはホットでもアイスでも飲むことができますが、その効果をより引き出すためには温かい方が望ましいです。

夏の暑い時期にホットで飲むのが辛いようならアイスにしてもかまいませんが、常温でもおいしく飲めるので、身体を冷やさない飲み方を心がけてください。

つくり方のポイントは?

AMOMA ミルクスルーブレンドはハーブティーですので、十分に成分を抽出させる必要があります。

そのため、必ず熱湯でつくりましょう。水出しでは、せっかくの内容成分を生かしきれないからです。ハーブの成分を抽出しやすいように、ティーバックはテトラ型になっています。

基本のつくり方
  1. ティーポットにAMOMA ミルクスルーブレンドのティーバックを1つ入れる。
  2. そこに98℃のお湯を200~300ml注ぐ。
  3. そのまま、3~4分置いて、成分が抽出されるのを待つ。
  4. ティーバックを取り出したら、できあがりです。

飲みやすくするコツはあるの?

黄金色が美しいAMOMA ミルクスルーブレンドは、口元に近づけるとレモンバーベナが香り、ほのかに甘みを感じるやわらかな味わいです。スペアミントが入っているので、穏やかなスッキリ感も味わえます。

とはいえ、中にはハーブ独特の香りが苦手、味が好みではないというママもいることでしょう。そんな時は、ホットより常温やアイスの方が香りを感じにくいですし、甘みを加えたいならはちみつを足すと良いです。

2歳未満の乳幼児にはちみつを与えると、乳児ボツリヌス菌症を発症する恐れがありますが、授乳中のママが摂取する分には、何の問題もありません。

産後の疲れをはちみつの甘さや成分が回復させてくれるので、AMOMA ミルクスルーブレンドに加えて、疲労回復に役立ててみてください。

産まれる前から対策したい! 妊娠中に飲んでも大丈夫?

おっぱいのケアは、妊娠中から始まるものです。そして、カフェインを避ける意味で、ハーブティーを飲むママが少なくありません。

では、妊娠中のママがAMOMA ミルクスルーブレンドを飲んでおくと、産後に母乳の出がよくなるのでしょうか。

実は、AMOMA ミルクスルーブレンドは妊娠中のママは飲まないよう、AMOMAの公式サイトで注意を促しています。身体のめぐりをよくする成分が、お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす危険があるからです。

AMOMA ミルクスルーブレンドには、子宮収縮を促すカモミールやセントジョーンズワート、アロエなどは含まれていません。ですが、リスクを避けるためにも、妊娠中にAMOMA ミルクスルーブレンドを飲むのは止めましょう。

ハーブティーなら副作用は問題ない? 母乳の量は変わる?

AMOMA ミルクスルーブレンドは、医薬品ではありません。そのため、副作用として報告されているケースはないようです。

ただし、AMOMA ミルクスルーブレンドに含まれているハーブにアレルギーがあるママは、注意が必要です。

クリーバーズやレッドクローバー、マリーゴールド、エキナセア、レモンバーベナ、スペアミントのいずれかがアレルゲンであるひとが飲むと、体調が悪くなることがあります。

特に、エキナセアによってめまいや吐き気が出るひとがいます。これは、キク科にアレルギーをもっている人が飲むと、アレルギー症状が出ることがあるからです。

アレルギー体質のひとは、事前にかかりつけの医師に相談してから飲むようにしましょう。

目的は「つまりの改善」!だから量は今まで通り

また、飲んだからといって母乳の量が増減することはありません。AMOMA ミルクスルーブレンドは、母乳のつまりを改善することが目的のハーブティーです。

断乳や卒乳でうつ乳になっている時期にAMOMA ミルクスルーブレンドを飲むのは問題ありませんが、母乳の分泌を止めてくれる作用はないことは念頭に置いてください。

母乳の分泌量を減らしながら断乳したい場合は、「AMOMA 卒乳ブレンド」という専用商品があるので、そちらを試してみるのもよいでしょう。

飲みすぎるとどうなるの?飲んで下痢になった場合の対処法は?

AMOMA ミルクスルーブレンドには、クリーバーズというハーブが含まれています。そのため、1日の適量を超えると、お腹がゆるくなることがあります。適量はひとによって異なるので、胃腸の調子をみながら飲む量を調整してください。

また、AMOMA ミルクスルーブレンドに含まれるエキナセアも、下痢をしている時に飲み続けると症状を悪化させることがある成分です。AMOMA ミルクスルーブレンドを飲み過ぎて下痢をしている場合は、一度飲用を止めて様子をみましょう。

葛根湯とは併用できる?

乳腺炎を予防するために、葛根湯を飲んでいるママもいるはずです。AMOMA ミルクスルーブレンドと併用するのは構いませんが、飲む時には1~2時間あけるのが基本です。

AMOMA ミルクスルーブレンドも葛根湯も、それぞれが効果を引き出すために配合成分のバランスを決めています。2種類を同時に飲むことで、その効果を相殺してしまう可能性があるのです。

AMOMA ミルクスルーブレンドの効果を最大限に引き出すためにも、葛根湯を同時に飲むのは止めましょう。

実際の評判が気になる!

AMOMA ミルクスルーブレンドに興味はあっても、ハーブティーを飲む習慣がなく味が気になったり、効果がどの程度なのか半信半疑のママもいることでしょう。

そんな時には、AMOMA ミルクスルーブレンドを実際飲んだ経験者の声をチェックするのが一番です。そこで、商品に対する口コミ情報をまとめてみました。

公式サイトでの良い評判はどんなもの?

まず、AMOMA ミルクスルーブレンドの公式サイトで紹介されている、利用者のコメントをいくつか引用します。

子どもが1歳になるまで、高熱を伴う乳腺炎を3回経験しました。AMOMA ミルクスルーブレンドはおいしくて、毎日飲めるので助かっています。飲み始めてから、今のところ乳腺炎になっていません。(20代)
AMOMA ミルクスルーブレンドを飲み始めて、胸がカチカチにならなくなった気がします。私は飲みだしてすぐに効果を感じました。(30代・れいさん)
乳腺炎になりやすい体質で、2人目も覚悟していましたが、なんとかしないと!とこちらを購入。お菓子や揚げものを食べても、不思議とつまりません!毎晩夕食時にホッと一息いただいています。(20代)
乳腺炎になったことがきっかけで、飲み始めました。高カロリーの食べものを食べるとつまることもありますが、ほぐれやすくなっています。飲んでいると安心という気持ちがあります。(30代)

効果を実感する声にあふれていることが分かります。

@コスメの口コミもチェック

そのため、@コスメでの評判もチェックしてみました。

産後4カ月にして白斑ができ、マッサージも行きましたが、何とか自分でケアしたいと思って購入。私はそれなりにおいしく飲んでいます。味はさっぱりめで、はちみつを入れてもおいしかったです。(31歳)
産後2ヶ月で乳腺炎になり、苦しんでいる時にサンプルを飲んでみたのですが、かなり効果がありました!硬かったおっぱいがふわふわになるだけでなく、チクチクした痛みも改善します。(32歳)
私は効果あり!でした。飲んですぐからつまりが少なくなり、ガチガチにならずに済むようになりました。1カ月2,000円かからない程度なので、続けやすいです。(38歳)

口コミ数はそれほど寄せられていませんが、好意的なコメントの方が多く、効果を実感されたママが多いといえそうです。

悪い評判はどんなもの?

AMOMA ミルクスルーブレンドの公式サイトでは、お客さまの声を真摯に受け止め、きちんと公開している点に好感が持てます。

というのも、以下のように悪い評判も掲載しているからです。

効果が実感できませんでした。子どもが産まれて3カ月まで飲んでいましたが、2~3日に1回つまっていました。決して安いものではないので、残念でした。(20代)
味はおいしく飲みやすかったのですが、体質に合わなかったようで残念でした。(20代)
初めて飲んだ翌朝、赤ちゃんが2~3回の下痢になり、おっぱいも飲みたがらず…。もしかしてお茶が原因!?と飲むのを止めたら、下痢も治まり母乳も飲み始めました。すぐに合わないのがわかり、よかったです。(40代)

AMOMA ミルクスルーブレンドは万人に合うお茶ではないので、こうしたコメントを参考に、試してみるか否かを判断してくださいね。

オーガニックだからママも安心、ハーブティーで気になるつまりを改善

ママの体調や乳房による授乳時間帯の違いなど、些細なきっかけで母乳がつまりやすくなります。そして、いざ母乳がつまってしまうと、チクチクした痛みを感じるだけでなく、悪化して乳腺炎に苦しむママもいます。

そんな時に母乳をサラサラにするサポートをしてくれるのが、AMOMA ミルクスルーブレンドなのです。

▲画像をクリックするとAMOMAミルクスルーブレンドの公式サイトへ飛びます▲

厳選したオーガニックハーブ100%で、原材料から出荷まで徹底管理されているのはもちろん、少量生産で常にフレッシュなハーブティーが届くのも魅力です。

AMOMA は、妊娠中あるいは産後のママと赤ちゃんのためになる製品づくりを行っていることで定評があり、女性スタッフに電話でいろいろな相談をすることもできます。

厳しい食事制限は辛いと考えているなら、一度AMOMA ミルクスルーブレンドを飲んでその効果を体感してみてはいかがでしょうか?

  関連記事

産後ハゲが酷い!!出産後脱毛症の原因とは?抜け毛に効く育毛剤で予防・対策を

産後の抜け毛、なおりますか? 出産後2ヵ月~3ヵ月頃になると、抜け毛が目立つよう …

外出するとき、持ち運びに適した粉ミルクの種類は何?注意点はある?

赤ちゃんをミルクで育てている場合、長時間、外出するときは授乳の準備をする必要があ …

車のチャイルドシートはどう選ぶ?日よけの選び方とは?

自家用車がある家庭は、妊娠中に購入しなければならないベビーグッズが増えます。それ …

敷くだけでこんなに便利!ベビーマットの賢い選び方

ケガ防止、騒音防止、人気のベビーマットはここがスゴイ! ベビーマットというのは、 …

出産祝いはいつまでに贈るもの?電報がおすすめの理由とは?

妊娠していた友だちから出産の報告が届いたら、いち早くお祝いを伝えたいと思うことで …

子どもがわきがかも!その原因と対処法を教えて!

わきがとは、脇の下や陰部から、特有の匂いが出る体質のことをいいます。両親のどちら …

【保存版】妊娠・出産・授乳で黒ずんでしまった乳首をピンクにすることはできる?原因と対処法を教えて!

赤ちゃんを授かったときのママの喜びは、人生の中でも最大級のものでしょう。ですが妊 …

寒い季節の子どもを守るにはイヤーマフがオススメ!おすすめな理由や人気の商品10選をご紹介

寒さが厳しくなる季節がやってきました。今年の冬は、お子さんの防寒対策のアイテムと …

おすすめの回転式チャイルドシート10選!メリット・デメリットは? 固定式とどう違う?

6歳未満のお子さんを自動車に乗せる場合、チャイルドシートの着用が義務付けられてい …

子ども用タブレットで知育ができる!大人顔負けの充実した機能、使うメリット、オススメ10選をご紹介

近年普及しているスマホやタブレット。大人のまねをして、“自分もやりたい”と興味を …